新潟市マンガの家

2016.03.06 09:09|museums
昨日は数ヶ月ぶりの晴れ土曜日、ものすんごく気持ちの良い屋外でしたが、道路がどこもかしこもババ混み、、、初めてこんなに混んだ状態を見ました。ていうか、まだ平日よりも週末のほうが道が混むのが慣れない。ずーっと逆やったからねぇ(あはははは)。それはそうと、ガタの冬は雨と雪と曇りだそうですが、春はやたらと晴れるらしいので(比較の問題かもしれないが、笑)これから楽しい季節となりそうです。わくわく。
さて、

20160216133518b36.jpeg


だーれが殺したクックロービン!!!
新潟市マンガの家
古町のアーケードの裏っちょにあるので、結構よく前を通ります(笑)。

20160216133459510.jpeg

1F常設展は新潟出身のマンガ家作品のフィギアなどの展示。赤塚不二夫のイヤミとシェーして一緒に写ることができるやつとかあります。もちろんパタリロとクックロビンを踊っても良い(あはははは)
私の好きな魔夜峰央、小林まこと、赤塚不二夫さんも新潟。『うる星やつら』の高橋留美子、『頭文字D』のしげの秀一、『ヒカルの碁』小畑健、『実験人形ダミーオスカー』叶精作、『ハイスクール奇面組』新沢基栄、『超人ロック』聖悠紀、『ドカベン』水島新司、『翔んだカップル』柳沢きみお、『るろうに剣心』和月伸宏、もちろん東京や大阪のほうが人数が多いかもしれんが、人口比でいうならかなりの漫画家密度らしい。蛇足だが和歌山県はというと梅図かずを、さいとう・たかおの両巨匠を輩出している(あはは)。

20160216133706d7d.jpeg

魔夜峰央というとパタリロ、
今まで気にもしなかったが、マリネラ王国は佐渡だった(あはは)

20160216133624b06.jpeg

館内直筆のサインなどが所狭しと書きまくられている。
が、ほとんどは知らない人(あはは)
この十ウン年、漫画をほんまに読まなくなったが、全く読まないわけはない。
が、邦画と一緒でとっかかりがなくて、昔読んでいた作家のものなら手をだすが、
読む所が少ないのでページをめくるのが面倒、というか両手を使うので面倒(笑)

20160216133414abc.jpeg

コンビニへ振込に行った時に、ふと目にはいってしまったので読んでみた。
これ、とんで和歌山だったらもっとおもろいのにー、と思うのは関西圏だからかもしれない。ていうか、和歌山だと田舎すぎて知られてなさすぎて弄られへんか(あはははは)。とにかくかなりオイシいです。関東の人はこういう弄りを嫌う人が多いらしいので、文句言うひとも多かろうかと思うが、、ギャグ漫画に文句言うのも小さい話なので文句というか話題になっているだけなんかと思うが、どうだろう。1983、83年頃の漫画。
この帯に書かれている”埼玉ディス”のディスのところに叩きとルビがついているのでbashing(バッシング)とかバスだったらまだわからんではないが、ディスって、、diss?打ち消しのプリフェックスの。それがナゼ”叩き”になるのか???こんな感じで意味のわからん言葉がものすごく多い。書かれたものならまだゆっくり考えたり類推したりもできるが、聞き取りとなると皆目わからんこともしばしば(あはははは)。テレビとか結構日本語が聞き取れないこと多いです(聞き取れても意味がわからんというのもある)。で、解らんから見なくなって、さらに解らなくなるという、、ま、所謂流行言葉を使わない人とはちゃんと意思疎通できるし意味も解るので問題ないんですが。自分は使わんでも一応知っときたい(流行語を)とは思ったりもしますが(言語学的にも)、、。このままではお笑い番組がいつまでたっても笑えない(涙)。ほんまお笑いて最先端文化直結なんが多くて語学よりもナウをどれだけ解ってるかちゅうのがおもろさのカギですよねぇ。

20160216145434a2a.jpeg

古本屋でセット買いしました。
大和和紀『イシュタルの娘』1〜12巻以下続
よく見ずに買ったら完結していなかった、、(笑)。小野於通(おののおつう)安土桃山から江戸時代にかけて活躍した謎の女流芸術家のバイオグラフィ漫画。もちろんかなり史実も入っているがフィクションでこれが非常に面白い。そういえば真田とも縁の深い人物だが、現在大河ドラマで真田の話しがオンエアされているそうだけど、お通はでてくるんやろか?
おすすめマンガがあれば是非教えてください。こんな感じかガイバーみたいなのが好きでした。一番好きな作家は永井豪です。でも新しい分野をチャレンジする意志もあります(笑)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

パタリロ~♪
しかも立体まであるなんて!(笑)
マリネラ王国が佐渡っていうのもびっくり(笑)。
そうだったのかぁ~。

そうそう、「ディスる」。
いつの間にか若者たちの間で
叩くとか悪口いうとかいう意味で使われてますよね。
ほんと、語源は何なんでしょうね??

No title

マンガ、あまり詳しくありませんが、富山県は藤子不二雄両先生がいらっしゃいます。

リクさん

コメントありがとうございます
パタリロの顔は非常にでっかいです、カネゴンみたい。
ディスる、、打ち消しというか否定するプリフェックスなんで、きっと対象人物を否定するという意味ではないか、と推察しましたが、、。よくわかりません(あはははは)。隠語て他の人に解ったら意味ないですからね〜。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
藤子不二雄両先生、ビッグネームですね。マンガ、20年前ごろはそれなりに詳しいとは思っていたんですが(私比)、今はさっぱりです。日本が誇る近代文化の1つであるとは思います。

No title

ガタの春は、晴れが続くんですね
鳥見が楽しみですね
さすが漫画家、サインが洒落てます

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
潟の春は晴れが続く説はあちこちで聞いているんですが、冬の間の雨の多さからの比較の問題で晴れてばかりのような気がするんではなかろうか、とちょっと懐疑的ではあるんですが(あははははは)。とにかく、2ヶ月連続雨の後は1日2日でも非常に感謝の念が沸くものですわ。
壁にみっしりと絵とサインが描かれているのでそれを眺めるのも楽しかったです。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ