ネコる

2016.02.17 09:09|Birding
昨日、晴れ間が見えたのは朝8時すぎまでで、あとは吹雪きました。チーン。しかも気温が下がって鳥屋野潟も笑う程人がいませんでした。2時間近く外でいて見た人間2人でした(公園作業者除く)。さらに測量作業があって、マーカー埋め込みとかしてたんで杭叩く音で水禽が全部逃げてチーン。潟の奥のほうには居るようでしたがビジビリティが非常に低く20メートルほどで見えず。スワンスタジアムすら消失(笑)、ちゅうてもなんやかやと30種類以上は見ましたが、久々にものすんごく寂しい日でした。
さて、
聖籠町です。
近くを通ったのでちょっとなんか居るかも、と寄って見ました。

IMG_3976.jpg

オカヨシガモ、コガモ、マガモ、カルガモ、カンムリカイツブリなんかがちょぼちょぼ浮かんでいましたが、、
カモメの類いがゼロ!!ちょっとガックリ
飛んでいるものといえば、

IMG_3967.jpg

ドローン(笑)
飛んでいるんではなくて飛ばされているもんですねぇ。
鳥はあんましおらんかったんですが、ネコだらけ

IMG_4026dec2315.jpg

ネコらしい踞り具合
テトラポットの中の奥にキャットフードとかミカンコンテナで作ったデンとかがありました。

IMG_4004.jpg

ゴロンゴロンするネコ
ネコて、ぐねぐねですよねぇ、抱っこしても軟体ですしねぇ。
いつか本格的にリタイアしたらネコと暮らしてみたいなぁ、と最近思うようになった。
文鳥も非常に魅力的よねぇ。文鳥と仲良しのネコ、、という妄想を抱いてます。

IMG_4028.jpg

嫌そうなネコ
カメラを向けると露骨に嫌そうな顔をされました。
耳がぎゅーっと引けてかわいい。さらに嫌がらせをしたい欲望が(あはははは)。

IMG_4036.jpg

後ろ足と尻尾を怪我したネコ
かなりびっこひいていました。怪我はまだカサブタがのこったところと、カサブタが剥がれてピンクの皮膚が見えている部分がありました。

IMG_3954.jpg

美猫
他ネコなので触りませんでしたが、
たっぷりネコを眺めて楽しかったです。やっぱりネコは動きがおもろい。
鳥を見るのはbirdingていいますが、こうネコばっかり見ているとはcattingですねぇ。って、違う意味みたいですねぇ(あははははは)。ま、ノラちゃんたちに鳥は狩らんといてねとお願いしておきました。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

猫も可愛い~ですよね♪
好きなんだけど
猫アレルギーなのが残念。
長時間一緒にいると鼻がムズムズ
目が痒くて真っ赤になります(涙)
飼うのは無理なので昔は猫カフェとかで
猫ちゃんと戯れてました(笑)

No title

お山の猫は、少なくなりました
ボランティア去勢の成果かな!?
ほんと、美猫ですね

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ネコも犬とはまったく違う魅力でひかれますわ。
アレルギーは辛いですよねぇ。あ!!そういえばうちの近所に猫カフェがあるのをすっかり忘れていました。行こうと思っていたのに(笑)。近々出撃してみます:)

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
お山に猫が少なくなったので、鳥がウロウロしやすくなったのかもしれませんね〜♪
先日ボランティア去勢のドキュメントを見ました。活動もすばらしいですが、それよりなにより野良猫の多さにびっくりしました。
美形でした〜〜。

No title

ドローン、こんなに有名になってきてるのに
実物を見たことがありません(笑)。
いいなー。見てみたい。

猫さん、我が家の周辺にもたくさんいます。
中には人懐っこい子がいるので
会うと挨拶してます。(そして返してくれます♪)
猫好きさんがせっせとご飯をあげているみたいで
丸々太って毛並みもいいです(笑)。
鳥さんを狩るなんて思ってもなさそうです(笑)。

ねこ好き

うちで生まれたオジ(弟息子の意)17年8ヶ月、次のぶーちゃん浪人の末家へ来た時推定10歳でそれから10年、生きました。
ぶーちゃんを見送った後、次の猫が彼らなみに生きるとすると、それまで私が保つか自信がなかったので、ぶーちゃんがおしまい猫、と宣言していました。
じじばば暮らしの猫好きに、どうしても猫を持たせたかったらしい娘の策略で来たピースは、初めての女の子です。ひとりでどこかへ潜んで居るのが好きで愛想無しですが、朝、一番に顔を合わせたとき「オアヨー」(と、言っていると私が言い張る)というのが特技です。「オアヨー」「はいお早う」。

追伸

嫌そうな顔をしたほうの猫は、毛色は分類すると三毛のようですが、顔は男の子っぽい。
男の三毛なら珍しい、または男っぽい女の子なのかなあ。
一番下の美猫。この毛色の猫は賢く、人なつっこく、身体能力もいいです。ぶーちゃんがこれでした。断っているところへ連れてきたピースは黒と白(ソックス穿いている)です。
自分で選べるのならこのヨモギットラ(と、越後では言う)でしたが、ピースが本当のおしまい猫でしょう。猫のシェルター出身だから猫助け。度々ご無礼しました。

No title

最近書店に、犬猫の写真集が多くて萌えます。
猫もカワイイです、が、ウチのも猫アレルギーです。

リクさん

コメントありがとうございます
ドローン、確かにガタに越してからはあんまりみたことがありません。とはいえ、用事もなしであげなものを飛ばす意味がないのでいっぱい飛んでいたらアレな感じですし、見ない方がいいかもしれません(笑)。
リクくんが近寄っても逃げないですしね:)、この地域の野良猫もまるまると太っていました。食べ残しのキャットフードが散乱していましたし(笑)。でも、鳥を狩るのは別なので、腹が減ってなくても食わなくても本能で狩ったりもするみたいです。猫によるみたいですが。

すばるさん

コメントありがとうございます
猫は可愛らしいですね。私もいつかは猫を飼ってみたいと思っています。
良いお話ありがとうございます。

すばるさん

コメントありがとうございます
三毛トラちゃんは雌かとおもわれました。去勢されたオスという可能性はゼロではないですが、股を広げて寝転んでいた所を目撃したので。先日シェルターを見に行ったんですが、犬に比べて猫のほうが貰い手が見つかるのが早いという話しを聞きました。日本全国の傾向なのか越後性なのか気になっています。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
私も萌えてます(笑)、図書館では猿の写真コーナーが出来て入り口付近に設置されており、目についてどうしようもないんですが、猿はあまり萌えません。
犬に比べて猫のほうがアレルゲン物質が多いというのを何かで読んだ記憶があります。肉食と雑食の違いなのか、オリジンの地域の違いとか勝手に色々考えてモヤモヤしています。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ