人を呪わば穴八つ・ヘイトフル・エイト

2016.03.01 09:09|movies
昨日はものすんごい低気圧到来、土砂降り、さらに強風で室内アクティビティに徹しました。そして今朝はまたまっちろけに雪が降って積もってすっかり冬に戻りました。この天気が去った後は鳥のワタリがどかっと来そうですねぇ。
さて、
昨日は88回オスカー、ほぼ予想通りの結果になりまして、マーク・ライランスも獲ったし、デカプリオよかったですねぇ。 ていうか、見てない作品があるオスカーてほんまイマイチ盛り上がれやん。
というわけで、アカデミー賞受賞作品を見ました。

201602291424489a9.jpeg

The Hateful Eight(ザ・ヘイトフル・エイト)脚本監督クエンティン・タランティーノ作品(8作目ですねぇ)。なんというか相変わらずのタランティーノテイスト、タイトルロールからUltra Panavision 70ってバーンです(偽り無し70ミリフィルム撮影だそうだ)まさに数奇者ですねぇ。南北戦争後サミュエル・L・ジャクソン(バウンティハンター・メイジャーワレン)、カート・ラッセル(ハングマン・ルース)、ジェニファー・ジェイソン・リー(プリズナーデイジー)、ウォルトン・ゴギンズ(シェリフ・クリス)、デミアン・ビチル(メキシカン・ボブ)、ティム・ロス(リトルマン・オズワルド・モブレィ)、マイケル・マドセン(カウパンチャー・ジョン・ゲージ)、ブルース・ダーン(コンフェデレイト・ジェネラル・スミサーズ)の8人がワイオミング山中のミニーの店で吹雪避難をするという。吹雪と田舎シチュエーションによる認定密室サスペンスミステリあーーーんどホラー(ぶっ)。Cabin fever(キャビンフィーバー)ではありません(笑)。もー、ものすごくワイオミングな感じで美しい景色ですが、吹雪はほんとうに大変ですねぇ。ナレーターはタランティーノがやってました。タランティーノ組のジェームス・パークスももちろん御者OBで出てますが、彼だけがストレージコーチでやって来た人々の中で一人だけ良い人でほっとさせてくれました(笑)。ハードボイルドで、ホラーテイスト(タランティーノ的スプラッタ)で懐古的ウエスタン。マカロニウエスタンで育った私としてはかなり泣けます。ゆうても音楽がエンリオ・モリコーネ(今回オスカー作曲賞、涙、クリントの夕日のガンマンらへんはほとんどこの人)が作曲、いやほんまタランティーノもっそいオタク(笑)。ま、好き嫌いパックリと別れる作品ではあると思います。言葉も悪いし、脳漿飛び散るし、良い人から先に殺されるし、男性の汚いフリチンは出てくる。日本の映画もとうとうモザイク無しになったんですねぇ、出したほうが隠すよりも汚い感とか恐怖感が出て監督の狙いはダイレクトに伝わりますが、、。ワイオミングも大概寒い土地であそこらへんであの青空でとなると多分マイナス10度以下っぽい景色、そこをフリチンで2時間歩かされるという拷問シーンなんですが、もー、想像しただけで全身痛くなりました(涙)。久しぶりに怖い映画(あはははは)。全員、めっちゃウマいです。特にカート・ラッセルがねぇ、べたっちゃぁベタやけど傷ついた表情とか捨てられた子犬的悩殺力といっても過言ではない(笑)こんなにウマかったか?と驚くほどです。なんというか、剥き身で汚くて非常に哀しい、悪人ばっかりなんですが愛さずにはいられない。ちょっと長い映画ですが、細かく気になるところが多いのとシークエンスの画のかっこよさとかっこわるさのバランスが良くて、全く飽きずに最後までもってかれました。

"'Ole Mary Todd..." That's a nice touch.

やっぱりリンカーンの手紙の件が一番のミステリだろうかと、勝手に思っている(あはは)。

20160201160522392.jpeg

一月に結構雪が降った日の写真が出て来た
手袋がダッシュボードにほっぽらかってます。結局2回しか手袋使わんかったし、その2回も結局すぐ脱いだし。ダウンジャケットも全く着る機会なし。出してもない(笑)。耐寒スノーブーツも今年は全く出番なし(笑)。長靴が大活躍でしたんで、長靴はほんと嵩張るんで悩んだけどギブアップしなくてよかった(笑)。

IMG_5008.jpg

選択干場プチバーディング、あいかわらず結構鳥が来ています。
新種類は見てませんが、メジロはたまにわんさかと集まってます。
シジュウカラは減りました。ちょっとテリトリアルになっているようです。

IMG_4989.jpg

ヒヨドリは逃げなくなりました
しかも私の顔をみて「ヒーーーーーギーーーーーヨ』と叫びます。
めっちゃ腹立つ。

IMG_6513.jpg

近所のスズメ
美雀率高いです。やっぱり日本の穀倉地帯だからか(あはは)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

いやいや、この映画はグロかったですね
ウエスタンは、大好きですが
あんな展開になるとは・・・ (苦笑
時間も約3時間って、もっと短く出来たはず  (笑
息子と、ましてや娘となんかと見に行けない
ある意味凄い映画でしたね
面白かったですが・・・  アハハ
ヒヨドリ、図々しい
ウチの金柑、ずい分やられました  (涙

No title

ヒヨドリめっちゃ見てる(笑)
もうすっかり慣れっこですね。
スズメ動きが素早すぎて
あんまりじっくり見る事ないけど
可愛らしいですね♪

No title

穴8つは・・・・多いです(笑)。

て、手袋出動回数2回って!
そんな雪あるのに!!
私の今日の服装(最高気温約10度)
・ヒートテック
・タートルネックシャツ
・セーター
・レギンス
・デニム
・靴下
リクの散歩時はコートに毛糸の帽子と手袋装着です。
jubeさんなら脱水で大変なことになりそうです・・・。

スズメ、可愛いですよね~。
やはり日本のスズメは美形なのですね♪むふふ。

No title

やっと「エージェント・ウルトラ」観てきました。
主役の2人、とっても似合って(役にも)ましたね♪

次はそれです。
モリコーネですか、さすが。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
あはは、R指定の映画は大人と一緒なら入場可とはいえど、、あまりおすすめできるもんでもないですわ。とはいえ、、私が子供の頃は父と一緒に平気な顔してみていたような、、(あはは)。
私ももっと短くできるんでは、と映画を見る前には思ってたんですが(キルビルとか長っ尻でしたしねぇ)、存外削れそうなところがなかったです。オタクですから〜〜(あははは)。
一昨日公園である人が、ヒヨドリに金柑全部やられたとぼやいていました(あはははは)。どの地方でもヒヨは金柑なんですねぇ。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
そうなんです←ヒヨドリ
しっしっって言うても逃げないんですわ。悔しいです。
雀もじーーーーっと見ていると、たまにボーっと動きが止まる間があるんですわ。
ま、じーっっと見るっていうのがマニア的なんですが(笑)。

リクさん

コメントありがとうございます
もー、屍体累々です(笑)。
雪=”寒い”ではなくて気分が寒々しくなるだけです(笑)。
10度でソレは我慢大会ムレムレ劇場ですよ。ちなみに私の昨日の服装は、シャツ、薄手のセーター、ペラペラのウインドブレーカー(雨合羽の役割)、綿パン、長靴、以上です(笑)。建物の中にはいると暑すぎるのでシャツ1枚になります。特に図書館に入ると癇癪起こすほど暑くて本を選んでいて倒れそうになったことが数回あります(笑)。私もこちらの暑さに体が適応したら、同じぐらい着込むようになると思います。まだ体がバカです。
日本のスズメは所謂スパロウ種の中でもズヌケて可愛いと思います。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
この公開日の差、、配給会社でここまで違うもんなんでしょうか?それともアメリカのように一部都市で公開してあかんかったら全国公開無しとか?エージェントウルトラ、もっぺん見たいです。
モリコーネもそうですが、マニア的泣けるシーン多いです。もー、オープニングからしてたまりません。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ