聖痕ソマリ海賊夜は短し味噌家族

2016.01.30 09:09|books
昨日は朝から降っていた雨が昼前にミゾレになり、雪になってずーーーっと降ったまま。今朝もあいかわらず雪降ってます。あんまり積もっては無い。
さて、

20160105090707f50.jpeg20160114170248832.jpeg

私蔵
筒井康隆『聖痕』
言葉では言い表せないぐらいの絶世の美男子、、美しすぎた男児が生殖器をすべて切り落とされるという犯罪でスタートし、その男児、貴夫の人生をおっていく。割烹着を着た天使の腹が減る話です(笑)。途中、グルメ旅団が遠征グルメ旅行に行く件、まず和歌山は有田川ではじまり、新潟ではいごねり、のっぺ、おけさ柿など名物がずらずらーっと(笑)でてきて妙にウケました。やっぱり知っている土地とか食べものが出て来たら「おっ」って思うねぇ。旅情系が売れるはずや。ラストがなんとも心温まるというか、悪くないねぇ。こういうショッキングな題材なんで辛い所で終わるんちゃうかとドキドキしてたが、ハッピーエンドでスッキリしました。読みやすいです。

図書館本
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』
おすすめ本だったのですが恋愛小説でどうかな、とびびりながら読み始めた。が、これが非常に面白い。話しの大筋はたしかに恋愛なんですが、恋愛ドラマではないところが笑える。へべれけな感じがとても良いし、文章も大変読みやすい。先だって呼んだ”ぼくは明日”と同じ高柳雅人さんの装丁なので激甘をイメージしてしまっていたのですが、全く違うノリ。しかし、こちらもお京阪で京都、先斗町や下鴨神社のあたりを中心に妖怪のような人々が跋扈し、飲んだくれ、本蘊蓄やらなにやらで、なんといってもダレルの『鳥とけものと親類たち』と『虫とけものと家族たち』が出て来てとても嬉しかった。この10年いつも車に置いて、なんども読み返した本ですわ。こういうの嬉しい。

熊谷達也『潮の音、空の音、海の詩』
東日本大震災で始まるSF小説。気仙沼をモデルにした架空の都市での東日本大震災とその17年後に起こるアウターライズを経て60年後の世界。前半の胸を打つ描写から一転、後半はかなり近未来SF色となる。最近流行のゾンビや戦争後世界小説に大変似た感じ。ラストが自然に勝ったような仄めかしもあって、コントリバーシャルだとは思うが、防潮堤に囲まれた都市の様子にちょっと嫌悪感を感じた。というか、感じるように誘導されているような所もあってこれまた嫌悪感(笑)。

飴村行『ジムグリ』
これまたタイムパラドックスな感じ。熊谷筒井と東日本震災で、熊谷飴村で時間弄りもの、と妙に繋がってて変な気がした。夢の中でくぐもった感じの物語。ツッコミつつも最後まで読んだが、、前半はかなりおもろないものの、後半結構快適。ラストがなぁ、、ご都合すぎてちょっと肩すかし。

望月諒子『ソマリアの海賊』
これでロマンスがからめばハーレクインですねぇ、それぐらいあり得ない設定(笑)、テンポよくて笑えた。ハリウッド的トンデモ冒険活劇。主役のリヨヘイはトライリンガルの帰国子女で自動車会社に勤めるエンジニア。ありえないアクシデントで着の身着のままでソマリアに到着することになり、ソマリア人とともに解らんままに活動することになる、というよな話し。ちゃんと世界をまたにかけるルパン的泥棒とかスパイとか出て来てさぁ大変(笑)。かなりステレオ的なソマリ人が出てくるが、たしかにそういうソマリ人も結構居るなぁ、、と思いながら楽しく読んだ。イッシャアーラ、、其の通り(爆)。すかっとします、おすすめ。
ソマリで思い出したが、、2月のアイオワコーカサス、どうなるんでしょうねぇ。今の所トランプ氏がトップ独走のようで、全米のムスリムがひんやりしているとは思います。


20151216162922263.jpeg

みそ鍋家族、、、みそ鍋家族てどんな家族よ。
しかも若奥さん独りしか描かれていない。まつやのとり野菜みそ
味噌が目立ちます。
味噌スープの味噌からはじまって食う味噌とか食品を漬ける味噌とか、味噌味のお菓子とかも。
中華そばも味噌が目立つような気がします。
私はあまり味噌を食べないのでなかなか手がでませんが、先日こんなのを見つけて食べてみました。

20151216172555843.jpeg

新潟県魚沼発ご飯の助っ人
助さん 飯の友 
牛すじの油味噌だそうで、売り場の前でオバちゃんが2人、「これ、ばかうめのぉ」とか言うてたのをこっそり聞いてゲット(あははははは)。ま、美味いです、飯に合う。が、私的には金山寺味噌のほうが好きかなぁ。油っぽすぎるのとトンガラシがきいているのがちょっと苦手。今までの新潟経験から類推するに、新潟の人は好きだろうと思う味です。米がめちゃくちゃ美味しいので、こんなに濃いもんでなくてええと思うんだが、不味い米だった場合はものすんごい威力を発揮すると思います。

201512161627311a6.jpeg

またぎ汁とけんちん汁も売っている。
みるからに塩からそうで手が出ない。熊肉とか猪肉の缶詰も売っているが、、。缶詰てなぁ。

20151216162754714.jpeg

小林醤油店の醸スコ和風辛口ソース
タバスコのパクリでカモスコ(あははは)。
オモロイけど、まずもってホットソースをつかわんからなぁ。年々辛いものを食わなくなってきた。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

『夜は短し歩けよ乙女』面白そう~
探してみます
本物のソマリアの海賊は、
某回転寿司の社長が撲滅したとか・・・
まつやのみそ鍋家族、試して下さい
めちゃ旨ですよ
近所には売ってませんが、大好きです

No title

とり野菜は石川の味
高校は石川県でしたので、女子高だけになんでもありで
弁当としてとり野菜もってきた強者いましたねぇー
どーやって持ってきたんだろ?おぼえてないなぁー

筒井康隆 この人も読んだことないですねぇ、あぁー未経験がいっぱい
本屋に行きたいなぁー

No title

むふふ。
jubeさんの本レビュー、参考にさせてもらってます♪
こっそりブクログも覗いてたりしてます。

ま、またぎ汁・・・
ジビエですねぇ~。

カモスコもあるんですね~。
ユズスコとかは買ったことあるのですが
確かに一瓶使い切るまでに果てしない時間がかかるんですよね。

No title

奥只見のけんちん汁、豆腐を入れて美味しくいただきました。昔は新潟市に売っていなくて、尾瀬の帰りに、銀山湖のほとりの売店で細々と売っていましたので、買って帰り、パンフを見て、ゆうパックで送ってもらいました。何十年も前の話ですが、今は新潟市のスーパーで売っていますので購入パンフが毎年来ますが。少し量が多いので、調理後小分けにして。野沢菜も行けます。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
”夜は短し〜”おすすめです:)
ああ、寿◯三昧の(笑)ソマリアの海賊ももともと漁師ですからね〜、もどっただけとも言えるかもしれませんが(あははは)。寿司だけでなくたこ焼き会社の一役買っているとか。
みそ鍋家族、今度試します!最近まったく調理器具を使っていませんっ(笑)。

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
とり家族、やはり石川では超メジャーなんですねぇ。弁当にとり野菜、まったく想像できません。ていうか、とり野菜が未体験なのでそれがどういうハイレベルなのかがすでにわからないですねぇ。水っけの多いもの、、というと一時ポットのようなインドの弁当箱のようなのが出回ったのを思い出しました。
筒井康隆は私が中ー高のころに流行ましたわ。子供の頃は星新一阿刀田高筒井康隆そこらへんで、他の人と読書の会話ネタできる作家としての位置づけでした。小学校の頃に横溝半村読んでまして(笑)そんなん読んでる同級生が居らんかったんですわ。いやー、本屋はいいですよ〜〜、本屋、古本屋、図書館、非常にしあわせです。

リクさん

コメントありがとうございます
ブクログ、始めたばっかりでまだいまいち勝手がわからないんですが、数年前に使っていた読書メモ系サイトが潰れた後ようやく発見ですわ。便利です、じつはすでに読んだ本二度買いやってしまいまして(笑)、特にオモロ無かった本でやってしまうんですよねぇ、綺麗サッパリ忘れてしまってて(笑)。こうしてメモっておけば、本買う時にやっちらかさんで済むかと(あはは)。リクさんもブクログ始めたら教えてください〜フォローします:)
またぎ汁、なかなか豪快な感じです。
ホットソースは使う人はものすんごく消費するらしいですよねぇ。最近ピザにすら一味唐辛子をかけるようになってしまって、ソースの出番がありません。

sirokitiさん

コメントありがとうございます
たしかにかなり大きい缶だと思いました。ご当地の面白い食品も多くて楽しいです。
熊汁のお店もみつけて一度訪ねてみたいと思っています。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ