平将門の首塚

2016.01.21 09:01|soul
本日超早朝はちらちらとミゾレが降っていましたが、現在曇ってはいるものの所々に水色の空もみえて久しぶりにきもちのいい朝を迎えました。とうとう記録が途絶えたか、と思ったら時折天気雨ならぬ天気雪がぱらついていまして、”なんも降ってない”という状態ではありません。地元の人曰く、いつもなにか降っているのが普通の1、2月の様子だそうです。
昨日は時折青空がみえて気持ちよかったです。が、終日雨&ミゾレ&雹、時々雷。天気が悪いからと待っても晴れはしないので、図書館へいって、雹とミゾレが突発的に横殴りに降る中、ぐるりと鳥屋野潟をあるき(42種類、なんとオオワシが居ました、爆)。帰って来て、車を置いてから歩いて郵便局とコンビニへ。郵便局ババコミで、2人ほど(別々の客)年賀お年玉のアタリが少ないという苦情と、お年玉切手が減って要らん賞品が増えてけしからん、もっとお年玉切手ばっかりにしてほしいという苦情だった。その人、しつこくお年玉切手のすばらしさを説いてました。かなりおもしろかった。
さて、
馬喰町でのホスピタリティあふれるホスピタルのようなホテルでの(笑)夜が開けて、
出立です。帰りの新幹線は午前中とっとと帰ります。

IMG_3589.jpg

東京駅
上野に比べてインターナショナルでオノボリ感が少ないようなイメージではある。東京駅の駅舎はとても美しい。
日の出ちょっと前なので、かなり空が白んでます。
早い新幹線とはいえ、まだ少し時間があるのでカバンを預けてせっかくなのでちょっと寄り道。
お目当ての場所は東京駅からすぐ近く

IMG_3596.jpg

レネ・マグリッツ(René Magritte)の絵みたいな朝焼け。
月が美しい。
バカチョンのセンサにゴミがついている、、、
気になるがとれないし分解に出すのも業腹なんで放置(笑)。

IMG_3629.jpg

皇居に月が隠れていく
夜よさようなら

IMG_3630_20160107161125b3b.jpg

朝日がキーーンと来た。
黄金やねぇ。
楽しく歩いていると、あっという間に到着

IMG_3643.jpg

日本三大怨霊といえば、菅原道真、崇徳天皇、そして平将門
先だって神田明神さんで将門様にご挨拶した折りに、首塚の方にまいる時間が無かったのでいつかはと思っていたんですが、アクシデンタリーにも早々に実現しました(呼ばれたかっ)

IMG_3636.jpg

天慶3年2月14日(940年3月25日)、現在の茨城県にあった幸島で討ち取られた平将門(満37歳説が有力)の首は平安京に運ばれて、東の市都大路で獄門となる。ちなみに歴史上記録に残っている最古の獄門がこの平将門の首。そして、そこからが大変。将門の首は何ヶ月たってもフレッシュなままでギリギリと歯ぎしりまでしているようだったらしい。藤六左近がそれを見て和歌を読むと、一転にわかにかき曇り雷が鳴りはじめ突如首が笑いだし、体はどこだ!と騒ぎだすようになったらしい。その状態が数日続いた後、其の首は東の方に飛んで行った、、。(『太平記』だと騒いでいた首が藤六左近の歌で大人しくなって朽ち果てる)。ちなみにこちら飛んで来たご当地だと京で3日獄門の後、ぶっとんでこちらに到着したとの事である。ま、色んな説がありますが、、。
1、ろくろ首(ろくろ首族は首が長くなるのと抜けるタイプがある)
2、アンドロイド(頭の記憶回路だけあれば再生できる)
3、寄生型エイリアン(頭部分が本体で胴体は地球人のものを拝借している)
という説は、平安時代にはありません。今、ねつ造しました(爆)
また罰当たりな事ばかり考えていますが、平安時代の”人”というのは精神力が現代人とは全く違うと想像されるので、首が腐らない(と、見える)とか、呪いで死ぬというのは起こることなんでしょうねぇ。飛んで行く、、というのは単に持ち去られたのだとは思いますが。
そして、首塚の敷地内に

IMG_3639.jpg

酒井家上屋敷跡
伊達騒動、寛文事件で刃傷沙汰があった酒井雅楽頭邸の跡地です。書かれているように浄瑠璃や歌舞伎の”伽羅先代萩”で知られていますねぇ。名前はちょっとヒネってますが、そのまんまです。
今も昔も、、、ってつづくづ思います。
ともかく、首が到着した付近で刃傷沙汰というのはいかがなものか。
人情と刃傷は紙一重。おあとがよろしいようで、
また皇居の横を歩いて東京駅に戻ります。

IMG_3751.jpg

おっかさん、あれが二重橋よぉおお
今回九段坂と浅草には行く間がありませんでしたが、笑



記念の写真を撮っているのは外人の家族でした。
アメリカ人だった、、ちょっと喋りましたがめちゃ元気(爆)
そりゃそうと、食堂が満員で順番待ちの列で並んでいた時に、私の次の順番で並んでいたシドニー出身オーストラリア人と暇つぶしに話ししてたら、なんと現在和歌山の◯◯高校(母校ではないが故郷の学校でよく知っている)で教鞭をとっているという。大爆笑しました。イッツアスモールワールドでおま。
話しはズレましたが、皇居は非常に楽しかったです。



双眼鏡も荷物とともに預け入れしてしまっていたのが悔やまれた、、
明日、皇居バーディング!!(笑)つづくっ
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

月と烏?の画像、素敵です
何ヶ月たってもギリギリと・・・
おぉ、怖ぁ~
皇居バーディング
何が出てくるのか、楽しみ

No title

東京駅、本当に美しいですよね。
一度東京ステーションホテルに泊まってみたい・・・。
日帰りできる距離ですが(笑)。

皇居、確かに鳥も多そうです!
実際いろいろな動物がいるらしいですし。
今、愛子様が飼われているわんこも
皇居内にいた野良ちゃんだったような?

No title

首塚の隣のビルの工事に、その昔ちょいと携わりました。
その際、安全の為手を合わせてきました。
約20年前。ああ懐かしい。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
そうです、烏です:)とても良い色の空でした。ありがとうございます。
獄門は当時の人にものすごくインパクトあったでしょうね。
皇居、実は通り道だっただけなんですが(笑)通過するだけでもりだくさんでした:)(ぐふふ)。

リクさん

コメントありがとうございます
日帰り距離の場所に宿泊て、温泉旅館以外ではなかなか泊まる機会はないですよね。確かに。
やっぱり!←皇居
この近所に住んでいたら、皇居がバーディングスポットとなること確実だと思います。近場の緑はほんとうにありがたいものです(笑)。野良犬がまだ居たとは、、。ノラってた時はさぞや苦労したでしょうね。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
それは重要な事ですわ→手を合わせ
20年前、、というとうちの爺さんが生まれた年ですわ。ものすごく最近のような気がしてなりません(あはははは)。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ