The Devil wears Jūnihitoe

2016.02.23 09:09|books
昨日はなにも降りませんでした!!嬉しかった(笑)。
さて、

20160205154104518.jpeg201602051540476c2.jpeg

図書館本
内館牧子『十二単衣を着た悪魔』
かなりおもしろかった。源氏物語を弘徽殿女御サイドから見るフィクション。弘徽殿女御ファン急増必至(あはは)。現代の男子が平安時代の正史にタイムスリップするんではなくて、物語の中に入る。物語の中なのでタイムパラドックスは無しでややこしところは置いておくと(笑)。ま、問題はというと私が現代の若者の文化がわからんのんで(笑)視点人物の雷(雷鳴)の”あっちの世界”(所謂現代)の会話言葉が読みづらい、読みづらいどころか良く解らない(笑)。そこらへん解らんということでより物語の”Lost in translation”(主演ビル・マーレイ)的でおもしろい。ラストもいい感じで読了感良し。おすすめ。

津本陽『波上の館』
石川県の豪商、銭屋五兵衛のバイオグラフィ。弁吉はほんの1ページほどしか出て来ないがかなりの天才と書かれている。おもしろいねぇ、銭屋五兵衛。ていうか弁吉はこれだけ濃いキャラクターなんだからもっとミステリとか奇想天外ものとか伝奇な感じの小説に登場していいと思うが、無いんかちょっと探してみようと思う。久しぶりに和歌山の文豪津本陽本。

上遠野浩平『ブギーポップは笑わない』
本屋から送られてくるおすすめ本にリストされていたので借りてみた。とある高校を舞台に起こる猟奇的な事件をとブギーポップというニュータイプのヒーロー。雑さはちょっと気になるがキャラクターがとても魅力的でひきこまれた。続きがあるようなので機会があれば読んでみたい。

20160107173343d68.jpeg20160113083708260.jpeg

図書館本
筒井康隆『モナドの領域』
久々にこってり筒井康隆本を読んだ気がして、高校生の頃の気持ちを思い出しました。2年ぐらいのときか、数ヶ月ばばくそにハマったんですわ(遠い目)。筒井風味蘊蓄本というか神論というてしまうとオモロなさそうですが、はっきりいって相変わらずめちゃくちゃおもろいです。彼の著作全部がそうではないですが、これは『薬菜飯店』と同じタイプの”現実感ゼロなのに現実と錯覚してしまう”タイプで物語の中に無理矢理にドラグされていきます。読みながら「小説やって」と何度も思うし、作中で作中人物がそれを示唆するにも関わらず、引きずり込まれる(あはははは)。ズレながらズレてないようなズレてるような、なんともいえない独特の味わいがたまりません。ああ、久しぶり。

私蔵
篠田節子『転生』
ブックオフでなんとなく目について何となく買ったんだが、これが大当たり。ものすごく面白かった。そんで覚えていなかったがこの作家の本は結構読んでましたわ(笑)途中で思い出した(笑)。舞台はチベット、パンチェンラマ10世の活仏がそのままほんまの”活”仏となって冒険、漢人の悪事を潰すという痛快なアドベンチャーストーリー。世間一般ではダライ・ラマだけがやたらと有名になってなってしまっているが、チベタン仏教の化身ラマ(転生ラマ)はダライラマ(観音菩薩転生)の他にもパンチェンラマ(阿弥陀如来転生)や弥勒菩薩、文殊菩薩などの転生ラマが居て、さらに派によって転生ラマがいたりする。そこらへんは置いといてパンチェンラマ11世問題というと世界で知られた話だが、ダライラマが認定した霊童とその後に中国政府が両親と霊童を拉致、別の中国当局が認定したパンチェラマ11世をチベットに押し付けた。そこらへんの話しもさっくり出て来て、さらに中◎漢民族だったらヤルな、というようなありそうすぎる話しになさそうなパンチェンラマ10世すらありそうに(いや、居ってほしい)思えてとても笑えました。痛快痛快。チベットレフュジの友人から聞いた話なんかも思い出したし、他にも色々と考えさせられましたわ。

20160113083819eaa.jpeg

はじめてマルイに行ってみた。
ま、ふつーのスーパーですが、ここでローズヒップドリンクを発見。

2016011309102623d.jpeg

日東のローズヒップ
いままで同じく日東のレモンのん(カリン&はちみつ入り)を飲んでたんだが、味的にはローズヒップのほうが好みですねぇ。ジェロ(JELL-O)の味に似ている。夜寝しなに熱いのを入れて飲むのが日課となりつつある。

201601130837486ef.jpeg

はり糸のカステラ美味いです。
切り落としが廉価で売ってまして、ついつい(笑)
ちなみにはり糸さんの前にはドカベン
古町5番町のアーケードは水島新司まんがストリートといって、水島新司さんの漫画のキャラクターの銅像が立ち並んでいます。ちなみに岩城はセブンの前。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

jubeさんのレビューを読んでいると
読みたい本がどんどんたまっていきます(笑)。
読む速度がいまいちなので追いつきません~(笑)。

素敵なお店♪
カステラ、おいしいですよねぇ。
一本ぐらいあっという間に食べられます!
(自重しますが(笑)お金が持たないもん!)

No title

カステラ美味しいですよね。
あのザラメがついてるのとか好き♪

リクさん

コメントありがとうございます
ちょっとサルなので(笑)、図書館てお財布リミッター無しで読み倒せるので本当に幸せですよねぇ(笑)。でも私も読みたい本がどんどんたまっていて、積読本も結構な量に(汗)。一日60時間ぐらいあれば、、(笑)。
カステラ、激ウマです。自分で作ったのが遠い彼方の話しですが(あはははは)何処にでもカステラが売ってるんですよ。しかもピンキリで選びたい放題(笑)。このはり糸さんのカステラはものすんごく弾力があってもっちもちで美味しいです。本体は高級なので、自分が食べる分は切り落としの端っこパックを買います(あははは)。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
そう、ザラメファン多いですよね。実は私はあのザラメが苦手で、、、いま想像しただけでも脇腹にさぶいぼがぞわわーーーっと(あはははははは)。きんつばの砂糖のところが固まったやつを噛んでもゾワワーです(あははははは)。というわけで、フクサヤのカステラ大好きなんですが、ザラメの部分は慎重に舐めて噛まないように食べます(あはははは)。

No title

時空モノ面白いですね
オヤジも大好きです
マルイ、写真だけみると
アメリカンなスーパーに見えます
水島新司まんがストリート
ファンには、たまりませんね

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
時空もの大好きです♪面白いですよね〜。
マルイ、私も高級輸入系かと思ったんですが、結構ローカルで進物詰め合わせなどが置いている、そんなに高くも安くもない微妙なスーパーでした(あはは)。
この通りにマンガ専門学校とかマンガミュージアムもあるのでかなりコアな通りになってます(笑)。このドカベンにケツバットされる女子とかいうのが流行って、水島さんが激怒して、銅像を全部撤去せよとかなんとかモメたというのをききました。確かに観光客がいつも銅像と一緒に写真を撮っているのを見かけますが、ケツバットは見た事が無いです。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ