三匝堂、厳島神社、戸ノ口堰洞穴

2016.01.07 09:07|soul
今朝も6時頃に雨&強風、今は少し止んでますが雷注意がでている上にものすんごく曇っているのでいつ降ってもおかしないという鬱屈とした状態。いやはや、すごいです。
さて、
お山を降ります。
飯盛山というと、

IMG_8452.jpg

三匝堂(さんそうどう)が有名です。
栄螺堂(さざえどう、さざいどう)と呼ばれていまして、みたままサザエのようですが、内部はDNAのような二重螺旋構造になっていまして、昇る時と降りる時に違う道を通ります(前に進むかぎり人と前から来る人に逢う事はない)。寛政8年(1796年)に建立されている建物でレオナルド・ダ・ビンチ設計のシャンポール城を真似て作られたのではないかという説もあるそうです。最近では立体駐車場で見られる構造ですが、建立当時は人々の度肝を抜いた事だろうと思います。ちなみに螺旋堂というのは関西にはないので、やっぱり江戸後期の”今時”最先端な建築だったのだろうなぁ、と思ったりしてねぇ。

IMG_8483.jpg

さざえ堂からスロープを下ると階段もあって同じ場所に到着するだけだった(笑)。
かなり雨が酷くなってきて、参拝客もまったく見えなくなりました。
みなさんどこかで雨宿りしてはるんでしょうねぇ。
ものともせずに進みます。

IMG_8492.jpg

厳島神社が勧請されています(1380年代)
もちろん各主柱に2本ずつの控柱がつく木造両部鳥居です。鳥居をみると大まかにどちらの神様か大まかに解ります。両部というと岡山足守の葦守八幡宮の鳥居を見にいきたいです。
年末に厳島神社関係の本を読みあさったので、この山に血が流れたことと合わせて非常に考えがつきません。もちろん白虎隊が自刃したのはずっと後年の事なのですが、、
厳島神社は戸ノ口堰の隣りに建てられていまして、

IMG_8487.jpg

猪苗代湖北西岸の戸ノ口から会津盆地に水を引く用水堰、前兆31キロメートル
1623年に八田野村肝煎が開墾の為に私財を投じて工事が開始、1641年に八田野村まで開通、約200年後の1832年会津藩が5万5千人を動員し大改修を行い完成したそうです。1868年、戊辰戦争(会津戦争)時に戸ノ口原から敗走した白虎士中二番隊20名が潜ったのがここです。

IMG_8496.jpg

白虎隊記念館も私的ハイライトでした。
なんと、高速道路使用者2割引、自己申告です(あはははは)
もちろん私も高速道路を使いましたんで、その旨伝えましたら「ああ、はいはい」と2割引にしてくれました。なんとなく申し訳ない気分になりました(あはははは)。館内、撮影禁止です。非常に見ごたえあるんですが、展示の仕方が非常にユニークです。おじいちゃんの家に遊びに行って勝手に見てる感大です(笑)。そんな展示の仕方ですが、展示されている所蔵品はとても真面目に鬼気迫るもの多し。必見です。

ああ、来て良かった、、と
感動しました。
参拝した後、お土産物屋に寄ったんですが、ここで素晴らしい土産物多数発見!!
全部買いはしませんが、厳選して数点購入(爆)、さらに買わなかったものも写真に撮らせてもらいました。絵だけでも連れて帰りたかったから(あはははは)。というわけで、真面目な話しはこれでおしまい噂の飯盛山土産店へつづく。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング



オマケ

IMG_8458.jpg

真横からみた会津さざえさん
かなり興味深いです。

IMG_8465.jpg

さざえ堂正面から
雨が降っていたので参拝客グループがさざえ堂の入り口で雨宿りしていて、かなり待ったんですが移動しなかったのでそのまま客ごと撮りましたが、、ちょっとナニな感じだったので全部ボツにしました(あははは)。だってカメラ目線なんやもん。なんとなく話しかけるなオーラが出ていたので掲載許可をとろうとも思いませんでした。
なんというか、観光地とか撮影スポットで無意味に長時間立ち話したり雨宿りするのはやめたほうがいいですねぇ。ていうか、さざえ堂の数メートル横に屋根付きの観光休憩所もあるんですけどねぇ。

IMG_8471.jpg

白虎隊十九士霊神
仏様なのか神様なのか微妙に混ざった感じですが、神様です。
なので仏像ではなく神像なのですが、仏教の影響で作られた像なので切って離して考える事はできないと思います。この会津を守るカミサマ達になったのでしょう。祟らないでくださいね、という事です。
こちらの神像は必見です。かなりダイレクトに胸に迫ります。

IMG_8491.jpg

8月23日というとそんなに水量の少ない時期でもないと思うのだがどうだろう。
この真っ暗な水路を31キロ
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

栄螺堂、凄い造りですね
行きと帰りが違うなんて・・・
コレは、見てみたいです
お土産、何だろう?

刀でしょ

白虎隊というと、渋谷のハチ公と同じ忠義。大昔。佐渡の中学校の遠足はどういうわけか、会津若松。皆が、東京がいいのにという声を、本当に無視して。今は、古希を超えたばあんさたちの(爺サンは取り合えづ除いて)思い出を探索(蘇っているかどうかは個人の感触ですので、当方は関知しておりません)。東蒲原郡の一部に2回にわたり、会津藩から新潟県に編入したのは明治半ば。白虎隊の思い出はぜったい、白い木刀みたいな刀でしょ。魔除けに(男よけに)買ったんでしょ(もてすぎも困るんでしょ)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
面白い構造ですよね!!是非見てほしいですわ。
お土産は、ベタですがここ最近で一番嬉しいセルフ土産となりました:)
おたのしみに〜

sirokitiさん

コメントありがとうございます
確かに東京で国会議事堂や皇居へ訪れるというのは中学生には良い経験かとは思いますが、、最近はどうなんでしょうね。会津若松もすばらしいデステネーションだと思います。当時、会津をはじめ北国の江戸から明治にかけての小説や伝記を読みあさったので非常に興味がありました。和歌山ではピンとこない過酷な自然の様子が心に残っています。白木の木刀、、、それはさすがに本物がありますんで(笑)。でも、近いです、材質は同じですがもそっと婆にぴったりなものを、、(あははは)。

No title

栄螺堂、なんて素敵な♪
約200年前にこんな斬新なデザインって!
出来上がったときびっくりしただろうなぁ。

自己申告(笑)。
なんだろう・・・ここにも緩い雰囲気が満載。
きっといい人ばかりの土地柄なんだろうなぁ。

リクさん

コメントありがとうございます
新築当時は本当に魔法のお堂だったことと思います。
面白いですよね〜。
もう、いたるところゆるゆる(笑)。通常モードの冬がまだわからないので私にはなんともいえないんですが今冬は自然もゆるいそうで、非常に弛緩した生活です(笑)。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ