タコがフォースの覚醒

2015.12.22 09:30|movies
2015年、今年は引っ越しの隙間のお陰で劇場でみのがした映画もたくさんありましたが、結構記憶に残った映画も多かったです。
なんちゅうてもスターウォーズの第三部開幕、これは祭りです、儀式ですんでいっとかないと罰があたります(笑)。それにハンガーゲームスが完結、ターミネーターにシュワちゃん出演色々ありました。パッと脳みそに浮かべてみると、やっぱりレイテストということもあり、スターウォーズ7が浮かびます、続いてモッキンジェイ2(ハンガーゲームス)、スペクター、アントマン、The man from U.N.C.L.E.あ、そうそうアベンジャーズAge of Ultron、ジュラシックワールド、ターミネータージェネシス、Furious7、MI-5、Selma、Focus、こうして並べると所謂超大手作品が中心、ま、ここら辺はコテコテですがハズレないですねぇ。San Andreasも良かった、Tomorrowland、テッド2、Pixelsけっこう笑えました。なんとなくコメディが少なめな年だったような気がします。が、アベンジャーズなどのヒーローものにお笑い要素多く、笑いたいならマーベルというようなノリもないことはない。期待の割にガックリこけたのも多かったですねぇ(笑)、Fantastic four, Mortdecai, Chappie, The Gunman(これはガッカリ1位)、Survivor, Last night, Jupiter ascending, Cinderella、、あとは書くほどの事も無いか、思い出せもせん映画(あはははは)。
さて、
映画もたまりにたまっております、ログ糞詰まりです(爆)。とりあえず、11、12月の映画からスペクターとスターウォーズフォースの覚醒だけは年内に済ませておこう。
じつはこの二つには共通点がありました。ていうか、ちょうど同時期なのでわかりやすいです。
1本目、
オープニングからコテコテでした。
タコでした。

20151216162712b94.jpeg2015121616281305c.jpeg
サム・メンデスは北斎ファン?(笑)。

Spectre(スペクター)サム・メンデス監督作、アメリカン・ビューティーの監督で前作スカイフォールからボンド2作目。ジェームス・ボンドは4作目ダニエル・クレイグ、スペクター首魁フランツはクリストフ・ヴァルツ(Django Unchained、Big eyes)、ミスター・ヒンクス(デヴィッド・バティスタ)、ボンドガールズ、DRスワン(レア・セドゥ、Inglourious Basterds、Mission: Impossible – Ghost Protocol)、イタリアの至宝モニカ・ベルリッチ、以下割愛。ダニエルボンドのカジノロワイヤルから始まったスペクタークロニクルが一応の完結を見ました。オープニングからしてコテコテにハーレクインな感じでして、いいですねぇ、ファンタジーですねぇ。メキシコの死者の日のお祭りにコスプレで出てくるボンド、ダニエルは耳に特徴があるのであんまし仮装になりません。モロバレ。そしてタイトルロールはタコ。スペクターなんでタコちゅうのはわかりますが、いやー、ヌードにタコはいかんでしょう(あははは)。セクシーな人間達にセクシーな車がどっさりでてきまして、破壊しまくりましてスッキリ。ノリはショーンコネリーの頃のボンドです。もちろん、それを狙っているのはモロバレなんですが、コテコテでもいい、コテコテだからこそノレるんです(あはは)。悪役も大変良い、バティスタの台詞が「Shoot」(クソッ)だけだったのが笑えました。ボンド映画は肉体派の敵と頭脳派の敵がバランスよく(笑)出て来ますが、あまりにバランス良すぎて笑える。ていうか、全体的にちょっとお笑いシーンが多めだったように思う。
ダニエルボンドは今作で終わりという噂がとびかってますねぇ。確かにダニエルは非常にセクシーで私の好みではありますが、ボンド=183センチ76キロアゴ割れ青眼黒髪ムチムチですんで、178センチブロンドのダニエルはちょっとイメージがちゃうんですよねぇ。ま、ムチムチっぷりとフェロモンは十分ボンドですが。で、ニューボンド、トム・ハーディだとかヘンリー・カヴィルだとかリチャード・マッデンだとかマイケル・ファスベンダーだとか、なんとイドリス・エルバの名前まででてきて噂は飛び交ってますが、次は誰がボンドをするのか楽しみです。さすがにエルバは無いと思うけどねぇ。

”Well, it's all a matter of perspective. ”

そして、2015年年末ジャンボなこちら

20151216174202aaa.jpeg20151216174119def.jpeg201512161740482f7.jpeg20151216174142315.jpeg

Star Wars: The Force Awakens(スター・ウォーズ:ザ・フォース・アウェイクンズ)邦題『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
ミレニアム・ファルコンが出た瞬間、目が潤みました。その後、ソロがでてきて乾きましたが(爆)。私の大好きな映画ジャンルはアクションとスペースオペラなんですが、コレこそまさに王道!スターウォーズにハズレ無しです。年明け、客が減ってから4DXでも見とこうと思います。4DXで見る価値アリ。
J.J. エイブラムス監督作品、ミッションインポシブル、スタートレックで有名ですが、スーパー8も良かったですねぇ。脚本もいいのを書きますが、アルマゲドンもこの人の脚本(笑)。ストーリーは偉大な父母に育てられたバカ息子が非行に走り、親殺しの罪を犯す、という地獄堕ち確定的PG13でも甘いのではないかというキッツイ大筋。、期待通りのコテコテでした。そして続編が進むとコメディになってくるハリウッド法則にもれなく、かなりお笑い有り(あはは)。なんというか、吉本新喜劇で育った私には良いクリシェというのがありまして、なんともはや安心感とともにどっしり見させてもらいました。C-3PO, R2-D2, チューバッカ、それにソロとレイアはちょっとヨレヨレでしたが、自然な感じ。それよりもルークがねぇ、存外かっこ良くなってて、70年代の頃のマーク・ハミルよりもずっと私の好みの男前になっていて、ジェダイらしくてエエ感じ(しゃべったらどうなるか、不安はちょっとまだ残っておるが)。ちゅうことで旧メンバーは全く問題なし。新メンバーのカイロ・レン、ポー・ダメロンは二人ともコーエン兄弟のインサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌Inside Llewyn Davisに出ていてインパクトがあったのと、ルーウィンデイビスのときに散々「嘉門達夫さんだ!」と言いまくったのでそれを思い出して独りウケ(ぶっ)。EP456のダースベーダーがあんなにすばらしいキャラだったのに、EP123では見た目と設定の良さで超期待キャラだったダースモールがあっさり討死でガックリ、今回のヴィランは設定はいんですが、キャラがなぁ、、、八つ当たりする人嫌いです、私(笑)。ライトセーバーをモヤモヤのはけ口に使ってはいけません(爆)。それと、今回ライトセーバーを使う人員3名、まったくもって剣技がなっていません。だからええんか?ダースモールとヨーダかえってきてくれー。とまぁ、色々とナニではありますが、この年末の超巨大セールになることは確実でしょう。ルーカスフィルムがディズニーに買収されて以来初SW本編なので映画外売り上げも入れてえらい収益になることは確かです。全米では封切り一晩ですでに記録がでているようですねぇ。ま、お祭りってことです。

Rey, may the Force be with you.

さて、スターウォーズとジェームス・ボンドの共通点は
今回、非常に人間臭くなったストーム・トルーパーズですが、その1人がボンド(ダニエル・クレイグ)がボンドでした(あはははは)。"You will remove these restraints and leave this cell with the door open."、台詞もあるので声でわかります(あはは)。蛇足ですが、クリストファー・リー(合掌、EP2と黄金の銃をもつ男)ジェイミー・ブロック(5、6とオクトパシー、ユアアイズオンリー)、マックス・フォン・シドー(7、ネバーセイネバーアゲイン)、全員ボンドの敵役。
 あ、そうそう、満員御礼のスターウォーズ7が終わって、満足胸いっぱいでとりあえずトイレに行こう、と席を立って、ぞろぞろと出て行く列に混じってロビーに向かう時に、私の前に背が私のお腹ぐらいまでしかない小さい婆ちゃんが2人歩いていまして、そのままトイレまで婆ちゃんズの後を歩いていました。もちろん2人の会話が聞こえてきまして、聞き耳立てんでも無理矢理私の鼓膜に押し入ってくるその会話、

媼A「よくわかんなかったねー」
媼B「チカチカして大変だったよぉー。なんであんなにケンカするか、良く無いねー」
媼A「良くないねー」
媼B「この映画ねー、なんか前にあったんだって」
媼A「ほー、そーなのぉ」
媼B「わかんなけど、コレ見たから安心だよぉ〜」
媼A「そだねぇ〜」

な、、、、(絶句)
そうか、フォースの覚醒は見ないと安心できないのか?!前回までの6本は見てなくても解らなくてもいいのか!これはケンカの映画だったのか!!!!!
そうです、こうして色々な儀式や伝承は形骸化されて元の意味を失われていくがやっとけば(見ておけば)、意味はわからんけど大丈夫、、という流れを5分で見たような気がしました(ぶっ)
とにかく安心するために見たい人(どんなんやねん)でも、前作を見てなかったら(もしくは忘れていたら)人間関係わからんからオモロさ激減なので主要人物の血縁関係だけでもある程度頭に入れておくことをおすすめする。
アナキン・スカイウォーカー=ダース・ベーダー
アナキンとクイーン・アミダラの子がルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ
ハン・ソロとレイア・オーガナの息子がベン・ソロで(ジェイセンではない)
ルークとマラ・ジェイド(マラだと思うが映画の設定は別なので不明)の子がベンではなくてレイ
観ればフォースの加護があるみたいです(笑)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

どちらも面白かったですね
確かにあのタコは、春画っぽかったですね (笑
スターウォーズ、期待を裏切らない展開
エピソード7そのものって感じで
涙が、ちょちょぎれました~
ルーク、貫禄ついてカッコ良かったですね
ハン・ソロ親子は、どうなったのか?
レイは、どこまで強くなるのか?
あ~8が待ち遠しい~

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
面白かったですね〜〜〜♪
あのタコはあきませんよねぇ、もうツボにはまりまくりまして、笑いをこらえるのに往生しました。
スターウォーズ、涙ちょちょぎれましたわ、ホントに。ルーク(マーク)はものすんごく心配してたんですが、結構威厳があってかっこよかったですわ。ほっとしました(笑)。スターウォーズ新作が出る度に、初めて見たEP4の時の子供の自分に戻ります。ていうか、劇場で4から見てる世代ってのもナニなんですが(笑)。あの頃にみた映画は本当に脳に焼き付いていますわ。特にスターウォーズと未知との遭遇それと燃えよドラゴン、、私の映画ルーツです。いや〜〜〜ほんと単純に興奮です♪8が待ち遠しいですね〜;)

No title

スターウォーズ、大盛り上がりですね!
映画館にとどまらずスーパーやら雑貨屋さんなどでも
コラボ商品で溢れかえってますもんね。
私の周囲ではアメリカンなお友達から
「ライフセーバーお箸」(もちろん光る)が
日本に売ってるのかという問い合わせ殺到中(笑)。
売っているよ~と返事すると、もだえ苦しんでおります。
(数膳配送済み)
しかし。
しかし自分はスターウォーズをあまり観たことがないという(大汗)。
すっかり乗り遅れております。
おばあちゃんたちのこと笑えません~(笑)。

No title

あ~早く観に行きたい♪
今行くといっぱいやろうから
ちょっとズラして行こうかなと!
昔はハン・ソロのんが好きやったけど
ルークがどうなってるのか楽しみ~~

No title

SWは明日あたり観にいこうと考えております。
予告編を観るに、旧シリーズっぽい感じで期待しております。
ボンドがカメオ出演してるのも確認済です。
007、新シリーズ非常に良かったのですが、
ボンドガールはハントガールに負けてるような・・・。

リクさん

コメントありがとうございます
エピソード1の時よりもオタ以外のファンが増えているように感じます。これもディズニー戦略かと感じますね。やっぱり大手の宣伝力はすごいです。
>ライトセイバー箸
あ、見た事あります、米アマゾンで20ドル以上でした!!(あはははは)。ちなみに私はベーダーセイバーのスタイラスを愛用しています(笑)。悶えます(笑)。
ていうか、どんだけ流行ってても興味のないもんは見る気にはならないですねぇ。仕事ならともかく(笑)。なので、興味ない=見ていない、というのはものすごく理解できますが、興味ない=でも皆見てるから見なければならない、というのは全く理解できませんって〜。ま、おばあちゃん、金と暇が有り余っているので、ほな、見ときましょうか、って所なんでしょうねぇ。どうせなら収益の上がらなさそうな映画をバンバンみて頂いて、映画館振興に加勢してほしいです。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ものすごい人でしたが、最近の映画館は指定席なんで安心ですね〜。ネットで買っとくこともできますし安心。
ハン・ソロはかっこよかったです。私、未だにスーツケースの名前札がハンソロの石化したやつです(笑)。
映画、お楽しみに!!!!

無楽斎さん

コメントありがとうございます
SWはもう出来不出来の問題ではないです。なんというか、初詣みたいなもんですね、お参りです(笑)。
上映時間の関係上今回2D字幕で見たんですが、また3Dと4DXも見ておこうと思います(笑)。
あ、レア・セドウはハントガール/ボンドガールですやん。どちらも萌えました。私の好みではボンドガールのほうがムッチリセレクションで好みです。ハントガールはちょっと色気が少なすぎるような気がします。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ