ゼロ6桃花源奇譚

2016.01.23 09:20|books
昨日は本当にすばらしいお天気で、久しぶりにいい気分でぽかぽか日和でした。しあわせしあわせ。が、朝から病院めぐり(爆)、早く帰りたいばっかりに早朝から診察券を出し、先生に「異常なしです!!」と声たからかに宣言し、処方箋薬局で急かしまくり(笑)。帰宅して出かけようと思ったものの、ふと、部屋の中が篭りまくっていることに気付いて結局出かけずにアパートの窓全開にして換気!で、洗濯干し場で本読みながら寄ってくるメジロやらシジュウカラを眺めていると、いきなりシジュウカラがギチギチと警戒音。数十秒後、

ゲッゲッゲッゲッ

と、うちの屋根のあたりから聞こえてくるこの声は、、
ハヤブサ(ちーん)
2分ほどでどっかへいった様ですが、、、小鳥達は目がどっちらけになってウルトラナーバスになってました。たまにハヤブサがつーーっと飛ぶのは窓から見えてたんですが、立ち寄ったのは初めてかも。最近ヒヨが増えだしたんで目立ってきたかいな。というわけで、良い天気でした。1時過ぎに天気雪がちらちら降ってはいましたが(あははは)。
さて、

20160106164902a28.jpeg

奉仕会館の近所の本屋で買った本
安生正『生存者ゼロ』
このミスの大賞作で”全員死亡死因不明””未知の恐怖が日本を襲う”という帯につられましたが、死因は不明ではありません、原因が不明なんです、コレ(あははは)。これはかのシャークネードーとかゾンビシャークとかに匹敵するブツだと思います(笑)。超御都合B級サイファイ映画な感じでコケながら読みました(笑)。「ツボそこかいーーっ!」というものからはじまりありとあらゆる点で突っ込む箇所多数(爆)。恐怖感ゼロ、ええもんわるもんすべておしなべて変な人ばっかりでとくにヴィラン人物の性格醜悪さにはちょっと辟易。最後申し訳程度に数行でバチ当てるて感じで生温く爽快感はなし。話しの大筋は笑えるんですが、、。折角シロアリが凶悪ってことになってるんやから、それ以上ワルモンはふやさんほうが好みやねぇ。人間VSシロアリとシンプルにしてほしかった、醜悪研究者と醜悪政治家の所為でせっかくのシロアリの悪さが半減。これがハリウッド的に書かれると、素晴らしいリーダーの元、人間は基本全会一致で一丸となりまず全国のシロアリ駆除会社ペストコントロール会社の精鋭が北海道と津軽に導入され、シロアリ駆除専門家によるケミカル攻撃、その支援と補佐に自衛隊の銃火器と移送ということになって、普段妻子にも好かれていない零細駆除会社社長のお父さんが国会議事堂の大モニター(何故か種子島あたりに作られた特別対策本部とかそういう安全圏からとか)から見守る家族の前でシロアリと戦って死んで行く姿に家族は尊敬とともに涙する、、と、まぁそんなんで(ベタ)。アンダードッグヒーローはそこらへんまで突き抜けてもらいたいっちゅうか。ていうか、日本的に考えてまず爆弾よりもフマキラーという発想になるとおもうけどねぇ。弓削もせっかく弓削なんやからなんか術とか使ってくれたらなぁ(爆)。それにこんだけマスコミと情報関係が出て来ないってのもあるいみサイファイ映画。それだけに生存者ゼロかもしれんがリアル感ゼロで楽しく読めました(爆)。
あ、ふと思ったが、現在の日本人の死因順位の1位が”悪性新生物”ですが、これはシロアリとか新ウィルスとかそんなんではなくて、悪性腫瘍ですねぇ(あはははははは)。Malignant neoplasmの訳なんやからそのまま腫瘍にしときゃええと思うがtumorと区別したかったんかな。もそっとええ言葉を使えばよかったのにねぇ。

2015122416345988b.jpeg2015120815414917f.jpg20160106153848e5e.jpeg20160107173321244.jpeg


『桃花源奇譚』全4巻 井上裕美子
開封暗夜陣
風雲江南行
月色岳陽楼
東京残桃夢
中国舞台のRPG系、勇者白公子、賢者包拯(文曲星)、パラディン漢臣(武曲星)、踊り子/戦士宝春(桃精)、盗賊玉堂と、非常にバランスのとれたパーティになっていて安心して読む事ができます(笑)。白公子は皇帝の実子ながら誕生後直にライバル妃に追われたものの、紆余曲折ありで皇帝の実弟の庶子長男として育てられる事になる。で、結局皇帝には子が出来ず、実弟のその子が皇太子に迎えられることになるんだが、それでそのライバル妃が黙っている筈もなく、白公子自身も実の母を探す旅に出ると、その旅の中で仲間に出会い、協力者や敵に出会い、謎を解きながら最後は大団円という話。サックリ読めました。

あさのあつこ著『NO. 6』1
1巻を読んでみて、そこそこ読めたので続きを借りましょう〜と思って図書館に行ったら、2巻だけ借りて行った人が居た。ちーん。長らく1巻すら借りられているのをみていなかったので、なんか七並べの8をとめられた気分(あははは)。ま、そんなに急いで読みたい本でもないのでまた返却されていたら借りようと思う。
というのが年末の話しで、年明けに2巻が返却されまして再開
2、3、4、5、6
1巻で#6から逃れた紫苑がエリア外の西ブロックで色々とやっちらかす。ハンガーゲームス系の珍しくない筋で、字が大きくページ数が少ないので、嫌になるまえに1冊終わるて感じか(笑)。小ネズミと犬が可愛い。
7、8.9、beyond
#6崩壊、大団円で終わりました。結構スッキリした。内容はおもしろかったが、残念だったのは全巻通して大変うとましく挿入されている挿絵ならぬ挿写真、、非常に忌々しいほどにうっとおしい。しかも暗い写真の上に黒字で印刷された部分もあって読みづらいこと甚だしい。なんちゅうデザインやねん、とちょっとイラっとしました。

『ドキュメント死刑囚』篠田博之
先日、駅の本屋で平積みになっていたので気になったんですが、買う程でもないので図書館で借りた。宮﨑勤、小林薫、宅間守、3人の死刑囚の死刑判決前後のルポ。囚人の書いたものや会話記録とそれについての著者の考察。

201601150712592c1.jpeg

久しぶりに車屋のT君が年賀に来てくれた。というか、年末から何度か連絡をもらってたんだけど、なかなかタイミングが会わなくて今頃(笑)。カレンダーをもらったが今年は鳥のん買うたからなぁ(笑)純正のカレンダーでユーラシア大陸内の支社の写真と概要が書かれてあって面白かった。

20160113083729b16.jpeg

ヨー稼動の玄関に飾られていた。地元ニュースの初セリで見たのんの実物ですねぇ。
なんかとっても新年っぽいです。

201601131451017be.jpeg

右に枝がわっさーとあるのは越後小正月用のお飾り”まゆ玉飾り”
長岡のほうに行くと舞玉とも言うらしい。
普通にスーパーでも売っているもんみたいです。一瞬欲しい、、と思ってしまうぐらい可愛らしいです。
関西でも商店街なんかに紅白の玉がついた飾りはありますが、こんな色んな形のんはないねぇ。微妙に七夕とかクリスマスとか被った感じではある。ていうか、こんなけかわいいんだから、越後はクリスマスツリーは止めて全部繭玉にしたらええのにね(あはは)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ゼロはゼロでも永遠ではなく生存者がゼロなんですね。
題名からして絶望からのスタートなのに恐怖感もリアル感もゼロなサバイバルものなら私でも安心して読めそうな気がします。
まゆ玉文化があるのか否かこちらではそれほど見かけません。。
よくみると猿が子連れなのがまた可愛らしい。

No title

いい天気なのにお出かけ出来なかったの?
残念ですね
ハヤブサが、やって来たんですね
いっちゃんには、隼来なかったです  (笑
小正月、懐かしい響きです

No title

久々のお天気、おめでとうございます(?!)
苦節約3週間、やっとの晴れですね♪

生存者0アメリカ映画化した場合それなんてアルマゲドン
になるわけですね、わかります。
あ、でも・・・・シロアリは出てこないか(笑)。

へぇ、そんな可愛いお飾りがあるのですね。

ゆーなさん

コメントありがとうございます
あはは、ま、全く違う系統です。
かなり安心できるほどのリアリティの無さ加減なのでええエンターテイメントだとは思いますわ。
まゆ玉は新潟あたりだけの文化だと地元の人が言うてます。調べたわけではないので断言はようしません。関西でも白とピンクのもち粉玉をつらさげたりはしますが(商店街には今でも飾られてます)、新潟のようなオーナメントは初めてみました。かなり可愛いです。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
そうなんですわ(涙)。でもまぁ久々に洗濯モノも自然乾燥、室内の換気も存分にできてきもちよかったです:)
いっちゃんに来るハヤブサもカッコイイですよね〜〜。色も良いですし:) 鳥の事なので来る日もあれば来ない日もあり(あはははははははは)。
小正月、祝わなくなりましたよねぇ(遠い目)

リクさん

コメントありがとうございます
ま、天候用語的には”晴れ”とは言えませんが、新潟的晴れでした(笑)。とはいえ、降ったりもしたので一日ナニも降らない日というわけでもなく記録更新中ではあります(あはははは)。
あははははは、読んでいるときに頭の中でエアロスミスが絶唱しました、其の通りです(笑)。
お飾り、可愛いですよね〜〜〜。来年は買おうと思います〜〜〜。トリだから(笑)。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【17件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ