FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

日本の鳥550

Posted by jube on   2 


人気ブログランキング

昨日の土曜日は特記事項なし、
天気はどんより、たまに雨が降るので
窓は開けっ放しにできず。
相変わらずドクターヘリの往来が激しかった。
往来に人が多く、子供達の嬌声がよく聞こえてた。
なんか、啓蟄感ありますな。虫でなくて人だけど。
まあ、今季もうデータもとってないし、
季節失業中なので(あはははは)
心安らかにキープ、引き続き巣篭もります。
さて、
おすすめガイドブックの続きです。
以前おすすめしたビギナー時期から長く使い続けられる
フィールドガイド日本の野鳥←過去ログ
ここから先に踏み込んで
もうちょい詳しく知りたいとなってくると

IMG_3081_20200508081714ea0.jpg

ネイチャーガイド
日本の鳥550 山野の鳥 水辺の鳥
インハンドでの識別も多いので非常に役立ってます(主観)
フィールドオブザーブだけのI.D.にはちょっと難はある。
鳥類学も日々アップデートされているので、
お土地柄と紙媒体故の古い情報もある。
そこらへん差っ引いても
かなり信頼性の高めないいガイドブックです。
識別の試験勉強として中心に使ったのがこの2冊。
お陰様でパツイチ合格しました(あはは)。
やっぱり領土も狭いので覚える鳥も少ないのがありがたい。
おすすめです
ただし、初めて買うガイドブックとしてはおすすめしない。
まずしっかり基本種のI.D.ができてからが良いと思います。

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

スポンサーサイト



jube

Welcome to all my guests. I am a serious birder , bird ringer and nature enthusiast that loves Birds, mammals, Nature, Books, movies, arts, and New England Patriots

2 Comments

リク says...""
ガイドブック
野山の鳥編は、真ん中の段と一番下の段
水辺の鳥編は、下から2段目と一番下の段
ちゃんと写真で見ても区別が難しい~~!!
それが、観察時には動いてたり飛んでたりするんですもんね・・・・。
ちゃんと見分けられるようになった時の喜びは一入だろうな~。
2020.05.17 22:35 | URL | #- [edit]
jube says..."リクさん"
コメントありがとうございます
じつは実際に野外で観察のほうが簡単(私比)ですわ、
というのも、生息地や季節、時間、ビヘイビア(飛びかた、狩/漁、止まり方/場所、シルエットなど)総合的にI.D.するので判断材料が多いです。比べて写真同定は本当に難しいですね。わかり易い識別ポイントが写っている写真というのも少ないですし、場所もサイズも不明で点みたいな荒い画素の写真で問い合わせとか、無理ゲーですね。とはいえ、基本種識別なんてもんはちゃんと構造を勉強すればすぐにできるようになりますよ!それよりも、ものすんごく難解な識別とかで、やっぱりわからん、というのが出てきた時に大興奮します(笑)。
野山真ん中左から、タヒバリ、ムネアカタヒバリ、ビンズイ、ヨーロッパビンズイ、マキバタヒバリ、最下段左からシラガホオジロ、ホオジロ、シロハラホオジロ、キマユホオジロ、カシラダカ、水辺下から2段目左から、トウネン、ヨーロッパトウネン、ヒメハマシギ、ヒバリシギ、オジロトウネン、最下段左からセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、ウミネコです。面白い装丁ですよね♪
2020.05.18 08:23 | URL | #t5k9YYEY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。