マリインスキーバレエ白鳥の湖

2015.12.14 09:20|theaters
あっというまにこの日がやってきました。
ドキドキしながら初めての上越新幹線です。

IMG_2176.jpg

MAX朱鷺
私が乗ったのはピンク色のんでしたが、あの夢の超特急ひかりとこだまから40年以上、、とうとうこんな形になったのねぇ、、と感慨深く眺める。なんと新潟駅から上野駅まで2時間。飛行機だと乗り降りと空港までの時間がちょっとあるので電車のほうが早いぐらいです。なんちゅうても地べたを這うのが一番ですねぇ、非常に精神的に良い(笑)。
というわけで、ワクワクしながら新潟駅を出ますと、、

IMG_2182.jpg

いきなり停車(笑)停電だそうで(あははは)。
しかも止まった場所がちょうど私がいつも鳥屋野潟にいく時に通る道の上。車や自転車で通る道もこうしてみるとなにやら素敵にみえないこともない(気のせい)。たいしたことがなさそうで、直ぐに再発進しました(よかったよかった)。
燕三条、長岡ときて、トンネルが増えて来ます。実は東京まで2時間といえど、新潟県外に出るまでに1時間を要します(あははは)。

IMG_2187.jpg

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
ま、新幹線なんで情緒もなにもないですが(笑)。この逆バージョンで、まだ雪国と言う状態ではないですが厚い雲に覆われた寒々しい空の新潟、山の半分は雪で白く化粧された山々を見ながら列車は走り、
国境の長いトンネルを抜けると晴れていた。空が奥まで青くなった。信号もぶっちぎって進んだ。
って感じでしょうか、情緒も糞もありません。南国なんですねぇ。青い空、白い雲、キパーっと晴れ渡った太平洋側のお天気が健やかに広がっておりましてねぇ。たった電車で2時間の距離でこげに違うのだなぁと身をもって感じました。
列車はなにせ揺れないし音は静かで非常に快適、あっという間に到着。

IMG_2192_201512071547143e9.jpg

上野駅です。もんのすごーーーい久しぶり。
上野駅の近所のホテルを予約しているが、まだチェックイン時間ではないのでカバンだけ預けに行きます。ていうか、ホテルが近くなくても駅にはたくさんのコインロッカーがあって本当に便利やねぇ。ちょっとコインロッカーでゾッとするけど、さすが日本です、治安がいいから使えますねぇ。
で、東京にナニをしにきたのかというと

IMG_2262.jpg

東京文化会館
マリインスキーバレエの公演を見に来ました。
Mariinsky theatre
ほんま全部観たかったんですが、そんな訳にもいかんのんで悩んだ末、ワガノア学生時代から大注目のアリーナ・ソモアの白鳥を選択。ま、ウリアナのチケットは売り来ててて無理だったんですが(あはは)。でまぁ、チケット購入後ソモアが来れないことになりまして、かなりガックリ。でも、イリーナ・ゴルブとかに変更したら嬉しいなぁとか思っていたんですが、、ヴィクトリア・テリョーシキナに変更。シベリアのクラスノヤルスク出身で体操選手だったそうですが、10歳でバレエに転向、16歳で出場したバレエフェスティバルで当時ワガノアのディレクターだったイゴール・ベルスキーに認められてワガノアに転入、2001年卒業マリンスキーバレエに入団2005年ソリスト08年にプリンシパルという恐ろしい才能です。なんちゅうてもこのバレリーナはフェッテで名を馳せているのでビクトリアのスワンが見られるのは非常に嬉しい。



これがビクトリアのオディールのグランフェッテまわりまくり
fouettés フェッテ
フランス語で”むち打つ”。片足をアラセゴンに開いてその勢いで回転し始める、回転時はパッセにして軸足膝の前後につけてパッセルルべで止まる。このフェッテを32回連続でやるのが白鳥3幕のオディールなんですが、32回まわるだけでもすごいのに、さらにドゥーブルとかダブルトリプルもっと仰山まわることもあるという、、ものすんごい事になっております。記録が更新されるのはスポーツだけではないんですわ、もちろん芸術なので記録とかいうもんではないですが、テクニックの進歩は凄まじい。
てなわけで↑まさにこのオディールを生でみたんですわ。実際自分の目で見るともうねぇ、アドレナリンどっぱーーーと出まくり。まぁ、白鳥はあほほどみてるのでオケだけでパが脳内再生できますが(踊れはせんが、笑)、ちゃうのよ生は。ウリアナが歳を経たコハクチョウの精というか、猫又ならぬ白鳥又で、エカテリーナがちょっと猛禽っぽいナキハクチョウ、ヴィシュニバはコハクチョウでしょうねぇ、そうくるとビクトリアはオオハクチョウです。線が太い(あはは)。1幕の登場のシーンとかハクチョウにしか見えませんねぇ。いはやや、どんなパも黒鳥のグランフィッテですら50%ぐらいの力なんとちゃうん?と見えるほどのエフォートレスぶり、なんせ見ていて全くしんどくないのがすごいですわ。そしてコールドの凄まじいこと!!
いやはや、もう言葉は要らない。
技術的なものは申し分ないですが、マリインスキーの白鳥の解釈はヨーロッパ的といいますか、自然を力でねじ伏せるという流れですねぇ。ロットワルトは無理くりに森(ロットワルトのテリトリー)に侵入してきてボウガンで手当たり次第に殺戮しようとした”人間”に応戦したために羽を捥がれてぶち殺されてしまうという、、。泣ける。しかし、そんな傲慢な人間というのは美しくもありまして、人も動物も石ころもいっしょくたに魂を感じる古代日本人的な私と自然との立ち位置が違うなぁとつくづく感じます。ま、違うから面白いんですが。

IMG_2420.jpg

マリインスキーの白鳥(デコイというか剥製というかぬいぐるみというか、、)の登場を生で見られてうれしい。マリインスキー劇場とちがい、東京文化会館では白鳥(ダンサーではなく作りもんの白鳥)が出てくる時に拍手はありませんで(それは要らんとはおもうが、笑)、ロットワルトへのブーイングも無く(あはは)、素晴らしい舞台へのスタンディングオベーションも禁止されていて、なんとなくダンサー達に申し訳ないような気分になりました。
ホントに素晴らしい舞台でありました。ああ、たまらん。
興奮し過ぎて脳みそギンギラになって2時頃まで眠れませんでした(爆)
ついでにあちこち寄ったので、東京おのぼり観光ちょいと続きます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング


オマケ

IMG_2195.jpg

ああ上野駅
上野といえば、東博、西美、都美とランランカンカン(笑)
なんちゅうか、上野って大阪でいうと阿倍野とか天王寺みたいな感じで東京の他の地域(所謂若者の好きそうな地域)にくらべてまだとっつき良いです。が、しかし、駅から出るとなり空気の悪い事といったら、たまりませんねぇ。頭が痛くなりました。こんな所に住むのは大変ですねぇ。よっぽどどうしようもないかぎり、住みたくないです。が、駅前に不動産屋があってビラが沢山貼ってあったので、ちょいと目をやると有楽町のアパートなどは家賃3万円代です。同じぐらいの広さだと和歌山市内とほぼ同じ値段です(ぶっ)新潟では2万円ぐらいだと思いますが(笑)。もっと高額だと思い込んでいたんですが、そうでもないんですねぇ。ま、もちろん新築のテレビドラマにでてくるような物件の事を言っているのではないです。

20151207155019d5e.jpeg

このバレリーナというビシュニバがカバーのDVDでソモアの学生時代の映像を見る事ができます。今も美女ですが、10代のソモワは天使です、妖精と言うてモ良い。そらもうめちゃめちゃ可愛いです。

IMG_078900.png
注:これは私が撮った写真ではなくて、私を撮ってもらった写真(あははは)。

道ばたでクリスティーナ・シャプランとティムール・アスケロフが立ち話していたので、厚かましくも一緒に写真をとらせてもらいました。それがまたものすんごく快く撮らせてくれて、気持ちよく話ししたので。スパシーバ♪と御礼をいうと(爆)、ちょっと目をクリリンと見開いて驚いた後、そりゃもう絶品の笑顔でスパシーバ!!と返してくれました。シャプランめちゃくちゃ可愛いです。ああ、サーシャにロシア語もっとならっときゃよかったよ(あはは)。


シャプランとアスケロフのロメオとジュリエットのCM
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

おっ、新幹線停車
焦ったでしょ!?
あかん、クルクル
見てるこっちの目が回る~
記念撮影良かったですね

No title

生で観るのはやっぱり迫力が違いますよね。
興奮しまくりですよね♪
観終わった後もしばらく続くんですよね(笑)
演者さんたちと写真。
良いですね~
記念になりますね

No title

東京にいらしてたんですね~。
日本でのバレエはいかがでしたか??
しかし、新潟から2時間とは!!
新幹線ってすごいなぁ。
演者さんと記念撮影!!
すごーい!大興奮ですね♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
観光しようとおもって早めに出発していたので大丈夫、非常停車を楽しみました:)
これがアムトラックだったら絶望してたと思いますが(あははは)。
記念撮影、うれしかったです♪

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ほんとーーに迫力が違いますよね♪もー、鼻血ブーでした(あはは)。
そうなんです、観賞後に頭ギンギラになってしまって、眠れなくなります。
いやー、写真はラッキーでした♪

リクさん

コメントありがとうございます
そうなんです〜。新潟から初めての上越新幹線、こんなに楽で早いのならちょくちょく行けますわ。なんせ主要なイベントなどは東京で行なわれる事が多いですし、ほんま便利です。
このシリーズのロミジュリ(主役)の二人と会えたのはものすごくうれしかったです♪期待の新人です。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ