1円玉5個の宝石

2015.12.20 09:28|Birding
ちょっと気温が下がりました。
山の方ではようやく雪がつもってスキー場がオープンしたそうです。まだ全コースとまではいかんようですが。
気温はそんなに低くないのですが、風が強いのでウィンドチルがそれなりに低いので、気をつけないとしもやけになりますねぇ。凍傷にはならんけど、なんちゅうか火傷にならんが低温火傷、の逆で寒いバージョンなんか、と思ったりしてねぇ。またゆっくり調べてみたいとおもいます。
さて、
鳥屋野潟がものすごく賑やかだった日の事です。
いつもの用に、ブラブラと歩いていますと、シジュウカラやヒヨドリ、スズメなんかの声に混じって
シッ
シッ
と、前歯の隙間から息を出すような音が聞こえます。口笛までいかない、すこしかすれたような小さな声です。でも、小さすぎて聞こえないってわけでもない。
この声は聞き覚えがありますねぇ、キングレットです。探すと



キクイタダキ発見♪
体重約5グラム、一円玉ぼっきんこ5枚分の重さです。
スズメはスティックノリ5百円玉3枚だというのから想像してください。いかに可愛らしいかが解ると思います。が、怒らせると頭頂部をパックリ開いて、中の黄色い部分がバーンと見えて派手になります。恋の季節にも開きます。でも黄色なのでそんなにグロくないです。ルビーキクイタダキは朱色っぽい色なので、ホラー映画で斧で頭勝ち割られたゾンビみたいな感じになります。ズレましたが、

IMG_7558.jpg

小さいだけでなく、動きも非常にせからしのでコンデジで撮るのは難儀です。
ま、それをなんとかするのが腕の見せ所(あははは)。
証拠写真なのでこれぐらいで許してもらいましょう。先発隊というのは動きがいいですから、後発隊のズボラちゃんが来たらもそっと落ち着いて見せてくれるとは思うんですが、、、どうだろう。
そんでもって、キクイタダキと格闘していると、
近くに集まって来たシジュウカラ(←シジュウカラは物見高いのでものすごく近くに寄ってくる)の中に、微妙に違うこえが聞こえる、、、
秋でラブソングをうたわないので何処がどう違うかというのを文字にするのはムツカしいが、、シジュカラが30過ぎ3人の子持ち女性だとすると、この声は10代後半の乙女(昔の乙女)、、それぐらい違う。
未だ見ぬ乙女を探しますと、、予想通り

Coal tit

ヒガラでした:) LIfe birdです。
これまた小さいです、ガラ系最小。60円です(50円玉と10円玉で)笑。
ヒガラ<コガラ<シジュウカラ<ヤマガラ
ヤマガラのメスとシジュウカラのオスが同じぐらい。もちろん個体差はありますが。ヒガラとヤマガラでは10グラムぐらい違いますから、えらい差です。
ともかく、めちゃくちゃかわいらしいです、ヒガラちゃん。

Pygmy woodpecker

コゲラ
ワタリだけでなく在所の鳥達もちょっと浮き足立った感じはありました。
コゲラもなんか近くまで寄って来て、ぎーぎーとネジまいてました。
未だにコゲラとコガラがこんがらがります。ゲラ=キツツキ、ガラ=シジュウカラ、わかっちゃいるが舌がまわらない(あはははは)。



ジョウビタキのメスもものすごく近寄って来ました。
あらまー、なんなんやろか???
もしチョウチョに寄られたんなら、どっかで糞でも踏んできたかと靴の裏を見てしまうところですが、、
こんな可愛い小鳥達が近寄ってくる理由はないので、そういう日もあるのねぇ、と有り難く楽しむことにした。電磁波かもしれない(あはははは)。

IMG_7516.jpg

そんなんで、小さい小鳥達の中で一番賑やかで目立っているのは
シジュウカラです。
背中がメジロ色なのが素敵。
うちのアパートにも住んでいるのでスズメよりも毎日欠かさず合う小鳥ですが、どんだけ毎日みても見飽きない可愛さです。そして、シジュウカラは普段からまったく私に遠慮をしませんが、美味しそうに食事しだしたので、動画を撮りました。
Japanese tit

ビデオが動かないときはこちらをクリックしてください→シジュウカラ食事
エゴノキの実をモリモリ食べるシジュウカラのオトウチャン
オスは胸の黒線が太くて尻尾のほうまで繋がっているんですが、、
胸の線が太くて濃いほうがモテるかどうかは、私は知らない。
ま、テストステロンぶりぶりっぽくてかっこいいとは思うけどね。シジュウカラの雄の胸線の太さとテストステロンの関係とか、、気になるねぇ。誰か調べてくれんやろか(笑)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
oct22, 2015
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

小鳥パラダイス~♪
5グラム!!!かるっ!!
スティックのりよりだいぶわかりやすい
お金換算ですね(笑)。
自力で空を飛ぶんですもの、軽い方がいいですよね。
スズメは今日登場の小鳥たちと比べると
重量ありますね~。
体が大きいってのもあるでしょうけど。

No title

スキー場一安心ですね
ほんと、霜焼けの季節になりました
オヤジも気をつけなきゃ~
コゲラって、そんな顔してるんですね
背中しか見た事なかったです

リクさん

コメントありがとうございます
大きい鳥も良いですが、小鳥はまた別の萌えありますねー。
スティックノリよりも小銭にすると、直ぐに実験できるのでよかろうかと思いました。
白鳥でも見た目よりも随分軽いですから、持ち上げると結構びっくりしますよ〜。
重い軽いも比較の問題なんですわ、自分のライフスタイルと背丈にあった体重が一番です(何の話かっ、笑)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
なんと今日はまた土砂降りでまた雪が流れてしまいそうです。
中途半端な気温て、凍傷にならずに霜焼けになるんですね、面白いです。
コゲラ、いっときこの小さい公園に6羽ほどいまして、コゲラだらけみたいに感じました(笑)。結構美形なんです:)
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ