SLばんえつ物語号  

2015.12.10 09:09|trips
昨日のお昼過ぎ、電気屋さんが故障したエアコンを見に来るのを自宅で待ってんとあかんかったので(居らん間に勝手に入って修理してはくれない、面倒な事だ)、座りこんで本を読んでいたら、窓の外でステンレスを爪でこっそり引っ掻くようなシャカカチャという音が聞こえてくる。
そお〜〜〜っとゆっくり窓の方に振り向くと



メジロがジロジロと室内を覗いていました。
野次目白(あはは)。網戸がなければ室内に入って来そうな勢いでした(笑)。
昨日は暑かったから窓を開けてたので気付いたが(いや、うちに居ったから気付いたんか、爆)、ともかくもしかしたら毎日来てるんかもしれない。オナガ、ウグイス、シジュウカラは常連だったが、メジロも。ええ所やねー。

さて、昨日のつづき
というわけで、突然SLばんえつ物語号を見る事に、、
ていうか、なんでSLばんえつ物語という名前にしたんやろねぇ。SLとばんえつはええけど、”物語”てなぁ、、ちょっとセンス的にナニよねぇ。ま、ええけどねぇ。調べて見るとSL郡山会津路号とSL磐梯会津路号という月に1回ほどに運行するらしい。そっちのほうがカッコイイ名前だと思う。
というわけで、飯食ってから津川駅に向かう途中

IMG_6859.jpg

麒麟橋踏切という津川駅のホームがよくみえる場所があった
ここから撮ったらええんちゃうん、ていうかSLが来なくてもとてもすばらしい景色です。

IMG_6857.jpg

もう見るからに鉱石がとれそうな山が多い。
江戸時代、会津藩の銅山として知られた山々があるのがこの地区ですもんねぇ。そりゃそうだわな。
まだ時間があるのでとりあえず津川の駅へ

IMG_6868.jpg

キツネが花嫁衣装を着ている。入場券を買ってホームへ
そういえば、阿賀町は狐の嫁入り行列で有名だそうだ。5月3日に行なわれる行列は観光客が5万人だとか!!阿賀町の人口11,764人(2015年5月現在)に5倍の5万人。すごいですねぇ。新潟は青空がでているのに雨が降る事が多いのでそんで狐の嫁入りなんかな、と思ったら、どっこいそうではなくて、
1、麒麟山には狐がたくさん居った。
2、津川の狐火は世界一(なにを根拠に?どうやって比較したのか?)
3、特に麒麟山に数多くの狐火系伝説が残っている。
4、ここらへんでは昔、嫁入りは夜間に行なわれたそうで、その際の提灯行列と狐火とが混同されたのではなかろうか?

IMG_6887.jpg

まぁ、新潟は石油や石炭がよく出る地域で鉱山も多いので狐火現象がよくみられてもまったく不思議ではないです。さらに夜型イベントの地域のようなので狐火と見なされる人的灯も多かったのでは。
ともかく、仮説だけ考えて狐の嫁入り屋敷という施設もあるのでこの後寄ることにしましょう。

IMG_6886.jpg

ばんえつ物語号のキャラクターはこのオコジロウというのだそうだ。これも所謂ゆるキャラというものなのだろうか、、。蒸気機関車とオコジョの関係がわからない。ま、機関車の形状にするとどないしてもトー鱒のパチもんになってしまうのかもしれない。それは困る。
言うてる間に機関車がやってくる時間になりまして、ぞくぞくと見物客がホームにはいってきました。なんか勝手に想像していたような”トリテツ”な人は居らず、小さいコンデジのおっちゃんおばちゃん、子供連れの若いお父さん風とかが目立ちます。なんとなく、よかった、、と思う。それだけ蒸気機関車のファンは広域なんやろね。解るわ、ソレ。

IMG_6901.jpg

ぽーーーーーーーー
と、警笛をならし黒煙をはきながらホームに入って来ました。
やっぱり重そうでかっこいいです。

IMG_6925.jpg

補給をしばし眺める。
乗客が降りて来まして、ツアー団体が集まって記念撮影をしたり、個人客もびしばしとばんえつ物語と一緒にセルフィー撮ったりしてごったがえしています。
で、駅を出て先ほど目をつけておいた麒麟橋へ向かうと、すでに4組ほどスタンバイしてました。
とはいえ、ほんの数人なので場所取りとかそんなもんもなくて、
「こんにちは」と挨拶をしながら和気あいあいと機関車が来るのを待ちます。

SL Banetsu Monogatari

これは動画でないとあきません。白い蒸気がかっちょいいんですわ。
こういう鉄の塊は非常にワクワクムラムラきますね。
あ、それとこの汽笛のボーーーという音を聞くと
「めーーーてるぅうううう」と叫びたくなります(あははは)。
条件反射かもしれません(笑)。

Locomotive Banetsu

かなり満足しました(笑)
というわけで、狐の嫁入り屋敷と麒麟山、酒です酒(笑)へゴー
つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

人懐っこいメジロですね
毎日来てくれると嬉しいですね
お~久しぶりに聞いたポッポ~
いい響きです

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
今日もきてくれていました♪この窓の外に見えているのが大きなカリンなんですが、その横に紅葉もあり小鳥に人気です。このまま居着いてくれるとうれしいんですが♪
蒸気機関の音はなんともたまりませんね〜〜。

No title

jubeさんのお宅にはいろんな訪問客が♪

私も狐の嫁入りは晴れてるのに雨なのかと思いきや
そちらにはそんな言い伝えがあるんですね。
面白い~。

おお~♪
SLはやっぱり迫力ありますね!
しかし、そんなにお客さんがいらっしゃるんですね。
・・・・乗りたい気持ち、めっちゃわかります(笑)。

リクさん

コメントありがとうございます
利便性的立地をプライオリティにして決めたんですが、小鳥が遊びにきてくれるというのはほんとに嬉しいサプライズでした♪結構町中なんでそこらへん全く期待してなかっただけに。
そうでしょ!!キツネの嫁入りというと天気雨が一番に思い浮かびますよね!それに本当に新潟市内では太陽が覗いているのに雨が降っていることが良くあるんですわ、だから阿賀もてっきりそうだと思ったんですが、実際のキツネと狐火とは、やっぱり新潟は興味が尽きませんわ。
SL、威圧感ありました。テツでないファンが多いのも頷けますし、乗客もあきらかに鉄っぽくない人がほとんどに見えました。贅沢な旅ですよね〜。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ