イナゴ体菜せんべい

2015.11.29 10:07|food
ブロ友リトルガルさんと行った中野邸美術館のつづきです。
ていうか、最初の目的は新津フラワーパークにパンを買いに行こうということだったのを失念していました。
で、新津にある花と遺跡のふるさと公園へ向かう
向かったものの、もうお昼過ぎだったので案の定パンほとんど売り切れていた。最初に寄るべきだったんですねぇ、覚えておきましょう。食パン系が欲しかったんだが全滅していたので他のもんを物色

IMG_0772.jpg

高原の風味 いなご
イナゴの佃煮、未体験です。なんというか、これはさすがに上級者編ですよねぇ。こんな大量パックで600円、割高でいいからこの4分の1のサイズのがあればなぁ、、と眺めているとリトルガルさんが傍に来て、イナゴを調理するのに足をもぐ作業をしていると手が黒くなる、、というのを教えてくれた。
さらに顔を近づけてよくよく観察すると、一匹一匹がとても小さい。よく田んぼでトビが食ってるよなビョンビョンとんでいるのは私の人差し指ぐらいのサイズなんですが、、、これはシンコの佃煮(いかなごの幼魚)だといって出されたら、なんも考えんと口に入れるでしょうねぇ。老眼だから(ぶっ)。
とにかく、眺め倒して結局手をだせず。この数日後にニイガタンの鳥友さんにその件について話ししたら
「いなごはうめよぉ〜」と言われてやっぱり買ってみればよかったかな、と微妙に心惹かれております。白飯に合うらしい、、う、、白飯っていうのは上級どころの騒ぎではなかろうよ?プロレベルやで、それ。

20151119190347fdf.jpeg

店にはよぅわからん品物も売られている
これはアート?台座付き枝、、、
退色して値段がわからんようになった値札がついていた。いったいナンボやったんやろうか??レジで値段を聞こうかな、と思ったが、、連れがいたのでちょっと恥ずかしかったから、こんど1人で来た時に聞いてみようと思う(笑)。

20151119190407b80.jpeg

これも売り物なのだろうか、、、、
梱包用のポリプロピレンバンド(所謂PPバンド)で作成された犬
腰が砕けそう、、、と眺めていると、これまたリトルガルさんがこのポリプロピレンバンドでカバンをつくるのが流行っていると教えてくれた。これでカバン、、、なんちゅうか中央部アフリカ系民芸品店で売っているようなアレやろか?
そんな感じで目を引くものが多いですが、普通の野菜とか普通の手作り品も売っています。
お店を出て新津美術館へ←これは明日に
植物園の池でカモを愛でて←これも明日に
古津八幡山遺跡で古墳とか鳥を観て←これもとばして
あ、そうそう遺跡の竪穴式住居で作業をしている方々が竪穴式住居を燻していまして、全住居を2日にいっぺん燻すそうです。でないと屋根がむさるそうだ。ま、ここで暮らしていれば毎日燻している状態なので、やはり人の住んでいない家は傷むというのはこういうことなんやろうな、としみじみ感じる。ともかく、そのおじさんたちが竪穴式住居の前に大根やら野菜を並べていました。

IMG_0775.jpg

長さ60〜70センチぐらいのでっかいBok choy(ボクチョイ)に似た野菜。
もしかして、竪穴式住居で古代の調理法を再現したりして見せてくれるんだろうか。よくあるやつよ。そうだったら観たいなぁ、と思いながら、シンプルに野菜の名前とここで何かのイベントをするのか?と質問してみると、どうやら竪穴式集落の一画で野菜を作っていて、実ったのでハーベストしてもってかえるところらしい。あははは。
で、この野菜の名前はタイナ(体菜)、アドバンスドな新潟弁だったのでリトルガルさんが通訳を(う、悔しい)してくれながら理解したところによると
・昔からある野菜である
・塩漬けにして食うものである
で、おじさん、「食うかい?」と言うので、その場で齧れるもんなんだろうか??と思いながらも
「食べます食べます〜〜」と言ったら
1株くれました(あはははは)

20151119190519356.jpeg

もろた〜(あはははは)
齧っていいのか?どうして食べるのか?と聞くと、体菜をくれたおじさんがもう一人のおじさんのほうが調理に詳しいといって読んでくれました。で、その別のおじさんが説明してくれたのをまとめると(やはり通訳をしてもらった、ちーん)
・白い所だけ樽で塩漬けにする。青い葉の部分は食いたきゃ食えるだろうと(あははははは)
・2週間ぐらいすると水がでてくるので、そしたら塩抜きをして普通に煮て食う。
そんなんだそうです。
で、竪穴式住居の前で「古い野菜だ」といってもらったので、弥生時代の野菜なんか??それにしては野菜野菜した感じやな、、と思ったんですが、山を下りながらリトルガルさんに
「これって、ボクチョイそっくりなんよねー」ってな話しをしてたんですわ

20151119190611c42.jpeg

で、帰ってインターネットでしらべてみたら
ボクチョイでした(あははは)
明治時代に中国から導入されたものの全国ではあまり普及せず、冬季に野菜が不足する雪国で長期保存野菜として生き残ったらしい。
めちゃめちゃ最近やん(あははは)>
とりあえず、言われた通り塩漬けにしてみます。葉の部分は普通にボクチョイ炒めにしました。味はボクチョイです(あははは)。

20151119190627381.jpeg

当然うちには樽はない(笑)購入予定もないので
ナイロン袋に入れて冷蔵庫へ
2週間はちょっと寂しいので雪積もるころに食べてみようと思います。
あ、そうそう、もっぺん新津にもどりまして、
新津から帰宅途中、リトルガルさん御用達のせんべいアウトレットに連れて行ってもらいました。

20151119190540a8a.jpeg

そう、亀田のターン王子がまっている(笑)
白鳥の瓢湖の近くにありまして、割れてしまったような規格外せんべいを廉価で入手できます。ただ、割れが出る日と出ない日があるらしく、普通の商品のように計画的に買えるというもんではないらしい。漁ににている(ぶっ)

201511191905578b7.jpeg

あかんやーーーん(あははは)
揚げ醤油せんべい(所謂ぼんちあげ/歌舞伎揚げ)が8袋で400円。
これはかなり危険です。賞味期限が年明けまであるのでこれで年内安泰やな、、と思ったが既にかなり消化してしまっております(笑)。こんど病院に行ったら先生に小言を言われそうではある。でも、この缶のんはまた買うと思います(笑)。
それはそうと、リトルガルさんはLittle gullさんなのだろうか??ヒメカモメ?だったらいいなー(笑)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

イナゴの佃煮、見るのは大丈夫ですが
口に入れるには・・・  (汗
せんべいにシュウェップス?
カロリー高いですよ~  (笑

No title

おおおお!イナゴ!
佃煮だから・・・佃煮の味なんでしょうけど
「イナゴ」と聞いてしまうと二の足を踏んじゃいますねぇ。
聞かなければ・・・いけるかも!?

ふふふ。
いわゆる「おかんアート」というやつですね。
おかんアートはいつも不思議なものなのです(笑)。

ターン王子♪にアウトレットのぼんちあげ!
最高ですね~。

No title

あはは、ボクチョイやったんですか。というてもボクチョイよー知りません(笑)
「古代の野菜」とか言うてましたやん。も~~。竪穴式住居には新しすぎましたやん。も~~(笑)
イナゴはね、確かにおいしいらしい。私は未だ食べられません。田舎の方の友達がつくるひとだったんだけど、丁重にお断りしてました。スーパーとかで売ってません?イナゴ。近くの商店とか覗いてみたらあるかも、小さいパック(笑)逆にものすごいでかいのもある。お徳用(笑)

little gull.ええですね~~。ほんまはちゃうんですけど、それでええですよ~~~♪
というか、そうしといてください(笑)
さして意味のある名前ではなかったりするんで!!

No title

嫁の実家の北関東もイナゴを食しますね。
私は苦手です。
蜂の子はOKです。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
私も見るのはいいんですが、、苦すぎるものが結構苦手なので虫って苦いというイメージがあって今ひとつ手がでません。が、↑この後、毎朝の鳥ウォークで出会う方々に、「いなごは美味い」というのを聞きまして、次に目についたら買おうと思っています(あはははははは)。白飯にってのは微妙ですが。
カロリーは気にしたら食べられません。でも、ぼんちあげ8袋は後悔しています。賞味期限までに食べ終わらないのではないかと、、(ドキドキ)。

リクさん

コメントありがとうございます
そうなんです、佃煮なんで醤油ベースだとは思うんですが、醤油といってもシイタケの佃煮はシイタケの味、昆布の佃煮は昆布の味、いかなごの佃煮はイカナゴの味がするもんですから、、、イナゴ(イカナゴに似て非なる形状ですが)、、きっとイナゴの味がするのだと想像中です。次みたらチャレンジしますわ。
>おかんアート
初耳単語です!!検索してみました。なるほど、オカンというよりも”おばあちゃんの暇つぶし”的な指先運動系手作りこものといった感じですねー。昔、タバコの紙袋で傘とか鞠とかつくったのとか、五円玉の五重塔とかそんなかんじのものをおぼろげに想像しております。廃品小物アート系?
この犬のほうが”おかんアート”だとすると、枝オブジェは”おやじアート”でしょうか???枝におばはんの匂いはしないんですが、、(あはははは)。
ターン王子は非売品でした。いちおう値段をきいてみたんですが(笑)。

リトルガルさん

コメントありがとうございます
ボクチョイやったんですわ、調べていて爆笑しました。そのままですやん。
量が多いのにものすごく安い野菜で、中華の食べ放題の野菜炒めに大量に混入しています。炒めても煮ても嵩張ったままなのがコストパフォーマンスいいんだと思います。
イナゴ、あれからあちこちですすめられまして、その気になっております。今日はスーパーに行くのでそんときに探してみようとおもいます。伊トーヨーか堂にあるといいんですが、なかったら隣りの総菜屋も覗いてみます。
カモメの名前というのはいいですね。そういう事にしておきましょう!!(笑

無楽斎さん

コメントありがとうございます
イナゴの味というのが、虫味しか想像できません。
いったいどういう味なんでしょうか、買わなかったことを後悔しています。が、どこでも売っているという情報もありますので、入手しだいチャレンジしてみます。
蜂の子、、、こちらも未体験なんですわ。さすがにへぼめしとかはビジュアル的にちょっと二の足を踏みますが、いちど食べてみたいと思っています。ほんの少しの試食だけでいいんですが(笑)。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ