エゴノキの実の使い方

2015.11.20 09:08|Birding
先週ラジオで鳥屋野潟の事が紹介されたそうで、ちらほらとカメラや双眼鏡をもった人を見かけるようになりました!私も鳥屋野ビギナーですが既にマイテリトリーだという意識が芽生えているので鳥好きに注目されると嬉しいです:) 鳥屋野潟は北の女池(メイケ)と南の鐘木(シュモク)に公園があって、どちらもとても楽しいですが、女池のほうが歩く距離が少ないし(笑)図書館もあるのでついでに鳥が見られるという、、。ルーチンのズボラ定点観察にとてもいい場所です(笑)。趣味なんてものは苦になった瞬間に拷問になりますんで(ていうか、続かない)。ま、ストレス解消とか精神リフレッシュ、そしてちょっとした運動になるのが私の好みです。となると、読書と映画はほとんど中毒で趣味というよりも悪趣味とか嗜好品といった風体になってますんで(笑)、純粋にホビーというのは自然観察になりますねぇ。ま、今時「ご趣味は?」なんて聞かれることもないんですが(ぎゃははは)。なんの話しやねん、
ちゅうわけで、この日は所用が朝10時からの予定でしたので、その前に鳥を観に鳥屋野潟に寄りました。

IMG_4481.jpg

コサメビタキ
この日もコサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキがたくさんうろちょろしていました。眺めていると時間の経つのを忘れてしまうので危険。遅刻しないように携帯電話のアラームをセットしておく。

IMG_4536.jpg

ムラサキシキブがとても綺麗

Arctic warbler

メボソムシクイ
この日はムシクイがわっさーとやってきていました。
センダイムシクイはこの数週間前にどっさり見たんですが、この週にはまったく見なくなりまして、かわりにメボソムシクイが沢山やってきていました。あとはなんか違うなってのも居ましたが、あんまし鳴かないし近くに来ないのでIDコンファームはでけず。

IMG_4487.jpg

アケビの実もでっかくなってきました。
人間の手の足る範囲のアケビはとられてしまいますが、高い枝についたのは熟れるとメジロやヒヨドリなどの鳥がわさわさ集まって食べています。ここらへんはクルミの木が沢山あるので毎日朝6時頃にはクルミとりの人がわらわら歩いて実を拾っています。それに山椒やら万年青、色々な野草も生えていてとても面白いです。ま、クルミのお陰でいい感じに小道ができているので鳥を見るのにとても便利です(笑)。葦が生えている近辺まで寄ると足下がヌゥになってまして、かなり危険ですのでトレイルオフするのは全くおすすめできません。リスクは自分で負いましょう。

IMG_4378.jpg

エゴノキも沢山ありまして、実がたわわになっています。↑これはまだ熟れていない。
エゴノキは人間が食べると毒になりますが、シジュウカラなんかは大好きでいつもモリモリ食べているグループを見かけます。シジュウカラにも食べ物の好みがあるようですが。
たまにこのエゴノキの実をもくもくと拾っている人もいるんですが、、いったいナニにつかうんでしょうね???石鹸でもつくるのか?チシャムシとりか?

IMG_4510.jpg

シジュウカラの雄
雄のほうが大きいですが、小さいオスも居ますので一概にサイズだけでは判定できんところがあります。雄のほうが胸の黒い線が太くてゴツく尻のほうまでバッチリと通っています。

Japanese Tit

これは6月の末に見た親子。
子供はクチバシの口角のところにまだ黄色いのが残るのが可愛くていいですね。すっかり大人の顔して飛んで自分で餌をつついているスズメでもクチバシの付け根が黄色かったりして、うふふとニマニマしてしまいます。雛と幼鳥は首のワッカが繋がっていないし、胸線もお尻まで繋がっていない。子供っちゅうのはこうでないと(あはははは)。なんというか、新潟島の中だとスズメよりもシジュウカラのほうが目立ちます(笑)。気温が下がって来たのと並行してスズメもずいぶんと町中に入って来た感はありますが、、シジュウカラが1羽でスズメ10羽分ぐらい賑やか。
というか、うちのアパート周囲に巣があるようでよけいにそう思うのかもしれませんが(あははは)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ラジオやテレビで紹介されると
結構人来ますよね。

携帯のアラームって便利ですよね♪
楽しいとつい時間経つの忘れて
居座っちゃいますよね(笑)

No title

大人風な顔をして実はまだまだ子供。
そりゃーかわいいっ!
シジュウカラのちびっ子、お父さん(もしくはお母さん)に
なに話してたんだろう??
口の開け方からして、何かを必死に訴えてる感が。
あぁ、また妄想癖が(笑)。

No title

文字通り、クチバシの黄色い“ひよっこ”ですねぇ(萌)
木の実もりもり食べておっきくなりよし♪
胡桃/エゴノキの実採り、こちらで云う銀杏拾いの感覚でしょうか。
アケビもヤマボウシも近隣で見かけた事有りですが、食べられる状態ではなかった;ので、未知数です。

↓小生も、昨今のTV(民放地上波)は苦手なもの多し・・・です(汗)
どこのどれを観ても同じ様な内容(服飾だの飲食だのショッピングだのか、喧しいバラエティ)ばかり、
もしくは、可也り若い世代向けのドラマですし、、
まぁ、読書(とゲーム)に費やす時間が殆どなので、結局は淘汰されて、
元来好きな分野しか観ていない事になっているのですけどね(^^;ゞ
歴史/紀行/科学/生物(と深夜帯アニメと洋画)主軸ですが、中でも、
必ずと言ってよい程「世界・地球・宇宙」の何れかが(番組名に)入っているので、
好きな番組を挙げると、(あまりにも徹底している故)爆笑されます・・・(笑)
・・・あ!ナイトスクープと新喜劇は別です(笑)。(新潟では放送されています??)。

No title

親子の画、ほのぼのします
ムラサキシキブ、初めて見ました
鮮やかな色ですね
コレだけ実があれば、小鳥も寄ってきますよね

ふくねえさん

コメントありがとうございます
テレビとかラジオの影響力はほんとにすごいですね。
携帯のアラームも便利ですよね〜〜〜〜、昔は旅行には目覚まし時計にラジオに、ってもってたのが今は携帯が全部やってくれますんで便利ですよねー。用事がなければ日が暮れるまで遊ぶんですが(あはははは)。

リクさん

コメントありがとうございます
ま、巣立った時点で親と同じサイズですし、飛べますが、
なにが難しいて餌探しとかなにが外敵なのかとか、外敵の撃退法とかまったくわからないところが子供でねー、手がかかるみたいです。親大変(笑)。
シジュウカラのちびっこ、せっかくの物語をズッコケさせるようでナニなんですが、単に「腹減った、飯くれろ」と(笑)。
口を開けて、背中をぐぐっと低くして羽根をぱたぱたさせるのが、鳥のおねだりポーズです。どんな親鳥もそれをみたら餌をとってこずにはいられないらしい(あははは)。

さくらいさん

コメントありがとうございます
ハクトウワシやカモメなんかはクチバシの黒いひよっこなんですが(あははははは)。エゴノキの実は毒なので、ちょっと別ですねぇ。クルミ、銀杏、栗、キノコなど食べられるのは拾っていてもなんにも疑問に思わないのですが、単に私が利用法の思いつかないようなものを拾っている人をみるととても気になります。
↓実はテレビショッピングはたまに眺めてしまいます。特に料理系(鍋系)は笑えます。ドラマはSFとかスーパーヒーロものはとても好きですが、所謂メロドラマは昔からどうも興味がもてません。指摘されたのですが、どうやら私には昔からテレビの話題をしている人の話しの輪に入ろうという気がビタイチないようで(笑)言われてみればテレビ以外でも興味のない話題に参加する意味がわからないというか。その指摘者曰く、興味がなくても”話題に乗り遅れないように”するそうです。話題に乗ってナニになるん?と尋ねたんですが、その人も良く解らないとの事、????謎です、謎。
あー、分野かぶってますわ(笑)でもテレビよりも書物とDVDでカバーしてますねぇ。多分まだテレビを使いこなせてないんだとは思います(笑)。
ナイトスクープはもう起きていられない年頃になっているので、ビデオで(笑)今ネットで探してみたんですが、新潟では2011年に一度だけ総集編のようなものが放送されたそうです。が、ちゃんと調べていないのであとでゆっくりまた探してみようと思います。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
実は洗濯干し場から撮りました(あははは)。
ムラサキシキブ、綺麗で世話がかからないので結構公園なんかに植っぱなしになっていたりします。和歌山でも結構みますわ。
計算されて小鳥が食べる実のなる木が植えられているそうです〜〜〜。人間も食べてますが(笑)
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ