FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

よりもり

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

ノゴマきました。
昨日は暑かった、、そして、若い衆にまみれて大変楽しかった。
興味をもってくれた学生が少し居たので、このまま沼にハマってくれたらいいのになぁと思う。
さてさて
シリーズ神戸7
祇園神社→雪見御所旧跡→
地元の商店街を通って頼盛の山荘へ向かう

IMG_2968_201904182105038d6.jpg

昭和のガチャ!!
回したい!(笑)

IMG_2970.jpg

いい感じの本屋さん
大切にしたい地元の小さい本屋さん

IMG_2967.jpg

平野商店街

IMG_2969_20190418210506a87.jpg

うきうきカードという会員カードがあるらしい
ウッキー君、、
なんかぶらぶら見ながら歩いていると、

IMG_2962.jpg

ナビを使うまでもなく、ずぐにわかりました。
看板があると安心するねぇ。

IMG_2954_20190418203737e45.jpg

荒田八幡神社(あらたはちまんじんんじゃ)
昔は高田神社といって熊野権現を祀っていたそうだ。南西にあった宝地院内にあった八幡社を、明治の神仏分離で1898年に合祀し荒田八幡宮となったらしい。よりによって八幡さまとは、結局源氏に負けたからかねぇ。

IMG_2958_201904182037439c0.jpg

この付近一帯は清盛の弟で、池大納言頼盛の山荘があった場所だと言い伝えられています。
安徳天皇の父院高倉上皇(先だって言及した高倉宮の異母弟)の『厳島御幸記』に、
”申の刻に福原に着かせ給ふ””あしたといふ頼盛の家にて笠懸、流鏑馬など仕うまつらせ、御覧せらる。日暮れ帰らせ給ふ”と書かれていますんですわ。さらに
『平家物語』には”池の中納言頼盛卿の山庄あら田までご覧ぜらる”と記述があります。

IMG_2956_20190418203739b52.jpg

1180年6月の福原遷都の折には、このあたりにあった頼盛の山荘が安徳天皇の行在所となったとされています。ちなみにその翌日には雪見御所に滞在された高倉上皇と御所を交換されて、頼盛山荘には高倉上皇が、雪見御所が安徳天皇の行在所となったそうです。源氏贔屓の読み物を見ると、清盛が勝手なことばかりをしていたような事になっているが、ちゃんと筋は通してるのがわかりますな。”象徴としての天皇”的ではありますが、筋を通すというのはとても大切だと思う。
そんなつながりで、100年ほどのちの1279年、安徳天皇の御菩提を弔うため宝地院が創建(ファウンダーは智鏡)されて、その境内にあった八幡様が熊野権現を食った、というような感じですな。

IMG_2957.jpg

福原遷都800年記念碑
八幡神社の境内に立っている、というのがとてもオモチロイですな。
次は通盛の供養塔へ!

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

スポンサーサイト



jube

Welcome to all my guests. I am a serious birder , bird ringer and nature enthusiast that loves Birds, mammals, Nature, Books, movies, arts, and New England Patriots

4 Comments

ふくねえ says...""
jubeさん、あんなとこも行ったんや~
こんなとこも行ってる~♪って
ふくにいと楽しみながら読んでます♪
その商店街も車で通ったことはあるけど
じっくり歩いたことはないんで
も~見るもの見るものが新鮮で(笑)
2019.04.24 18:16 | URL | #mQop/nM. [edit]
リク says...""
いい感じの商店街ですねぇ。
昭和のカホリ、私によくなじみます(笑)。
あぁ、令和がもうすぐやって来る~!ひぃぃ。

平家ゆかりの神社、思ったより小さくてびっくりです。
まぁ、いろいろな理由があるんでしょうね・・・。
2019.04.24 20:19 | URL | #- [edit]
jube says..."ふくねえさん"
コメントありがとうございます
神戸もほんとに萌えツボが凝縮されてますわ。
なんかもう、まだまだ行き足りないところがあって、なのに気になるところは2、3、4度と足を運んだのでさらに時間がなくて(あはははは)。興奮した場所よりも、なにげな商店街の写真の方が多かったりして我ながら笑えました。どうも今回はっきりと自覚しましたが、好きなものほどアガるというか、テンパって通常の行動をとらなくなります(笑)。他所からの来訪者の目の地元って結構面白いもんですよね。私も和歌山の旅行記とか新鮮で好きです!
2019.04.24 23:17 | URL | #t5k9YYEY [edit]
jube says..."リクさん"
コメントありがとうございます
昭和、ついつい目についてしまいます。とうとう3時代にまたがってしまいますね!私なんぞは平成すらまだ慣れてないのに(笑)、いっそ令和で仕切り直しでわかりやすいかもしれないと、思ったりもしてしまいます。ま、結局西暦つかうんですが(爆)
実は震災後に訪れて居なかったので、どこも生々しく新しくなってしまっていたり、跡形もなくなっていたりと、愕然とした社地や境内がありました。そういう天災以外にも、現在の行政区域のために強制転地とか、、今も昔も変わりないもんだなぁ、、と非常に心動かされました。平家、負けましたからねぇ、、。でも、勝った頼朝や源氏たちの墓なんかにくらべて清盛のお墓や供養塔は立派で今でも崇敬を集めていてとてもプラウドに思いました。
2019.04.24 23:24 | URL | #t5k9YYEY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。