胎内フラワーパーク

2015.11.14 10:01|museums
クレイストーン博士の館を出て、向いにある胎内フラワーパークにやってきました。

IMG_4034.jpg

胎内フラワーパーク
キャッチコピーは”季節の花々に囲まれてやすらいで癒されて”
確かにものすんごく面白い公園で、有料(200円)は安い!!と思うぐらいなんですが、、
でもねぇ、、園内ラジオの音楽番組が大音量でがなり立てられていまして、非常に五月蝿くて心がめげます。やすらぎも癒しからものすごーーく遠い、とにかく集中力を削がれます。隣のクレイストーン博士の館までガンガン聞こえるほど、あかんやん。実は白山公園でもアグリーな赤いラジオの塔がありまして、これが白山の素晴らしい庭園を台無しにしています。美しい蓮の花の前で世知辛いニュースとかただただ悲しいニュースだとかアホみたいな話とか馬鹿笑いの声とか腰が砕けるような歌謡曲だとか、、やめてぇええ。さらに素晴らしい紅葉で有名な新津の中野邸にも大音量ミュージック、、(脂汗)。そういうのは長いドライブの目覚ましだとか、単純作業の目覚ましだとかのBGMには良いが、なんなんかねぇすでに3件です。これもまた新潟テイストなのだろうか??石碑やスカルプチャーなどと合わせて注目していきたいです。
ともかく胎内フラワーパーク、私、歌謡曲はさっぱりわかりませんで知らん曲ばっかりだし、たまにまぁ悪くない曲もながれるんですがそれもスーパーマーケットの店内なんかでかかっていれば全く気にならない”良い曲”であって残念ながら胎内の大自然だとか美しい自然だとか、鳥の美しい鳴き声には全くそぐわない。
ということで、動画無しで写真だけとりましょう(笑)
この写真は”花の妖精花壇”で中央には”花の妖精の泉”があります。
ま、ナニなセンスではありますが、大きな御影石のナウマン象があるよりはマシか、、いやナウマンのほうがいいか、、微妙なところです。そこらへんの命名だとかオブジェには目をつむりまして、なんせセセリとヒョウモン(蝶)天国。
ツマグロヒョウモンのメスウラギンヒョウモン、撮りまくりフィーバー(笑)。ツマグロとメスグロてなんか好きです。メスが黒くて綺麗なんですねぇ。鳥でもものすごくメスが綺麗な種類がいますが、そういう種類はとりあえず嬉しいです。
で、その妖精の花畑の外れに六角休憩所と言う場所があって、その裏手(クレイストーン博士の館寄り)のところに新潟の在所の野草や樹木が植えられていて、1つ1つ丁寧に説明がそえられています。これが一番面白かった。しかも

Mountain brown frog

ヤマアカガエル
わさわさもぞもぞ居った(あはははは)。
見た瞬間ニホンアカガエルだと思って喜んだが、ヤマアカガエルだった。
どっちでもアカガエルは嬉しいんだけどねぇ。
カエルフィーバーしていると

IMG_4015.jpg

もうちょっとで罠にかかるところだった(爆、それは無い)
イノシシの罠が普通に人の通るトレイルに仕掛けてありました。これ、、はっきり言って小さい子供は簡単に狩れるで(あははは)さすが新潟、子供も大人もそこらへんよう解ってるんでしょう。猪のこのタイプのケージ罠を見た事が無い人に説明しますが、これ、身長170センチぐらいの所謂標準体重の大人が普通に入れるサイズです。

20151102170506973.jpeg

孝樹園という一画があり、盆栽80種400点展示されている。
と、パンフレットにありますが明らかに枯れてるのもありまして(滝汗)
でも、結構な盆栽量なので盆栽好き必見やとは思います。
とまぁ、こんなんで昆虫、ミネラル、フラワーパークで予定時間を超過しまくりまして、
天文台は次のお楽しみにすることにして下山

IMG_4066.jpg

胎内川の絶景
たいないだいら橋のちょうどいい所に駐車場が設けられていたので駐車してちょっと景色を楽しむ。
ものすごく楽しかったです♪
胎内、、もうあの三面記事を思い出す前に馬場金太郎博士の顔を思い出すと思う(笑)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

今日もまたおまけがあります。いったいどーしたら短くなるのか(笑)




追伸


IMG_4062.jpg

カエルおるところ、ヘビもいます。
ま、そういうもんです。普通のシマヘビ、ガータースネイクなので毒もなけりゃ性格も大人しいです。酒にするには毒のあるマムシが良いです。精がつきますんで(酒に漬けたあと、長い事漬けてても死んでいるのを確認してからラッパ飲みしましょう。たまに生きていてえらいこっちゃになります)。

2015110217054796e.jpeg

結構みいってしまう。実は盆栽好きです(笑)
フラワーポットで可愛い花の寄せ植え、、というよりも盆栽のほうがむいていると自分でも思う。
ながらく好きで華道をやってましたが、あれは盆栽と同じ考え方なところが多いわ。

IMG_4071.jpg

たいないだいら橋
多分胎内平橋だと思うが、すばらしい景色を堪能した後に駐車場に戻ると(とはいえ5メートルぐらい)、駐車場から見えるのがこれまた無粋な西洋城パチもん風箱ビルホテルがドッカーンと川岸に建っていまして、アグリーな景色やな、、と思ったら

IMG_4072.jpg

胎内大噴水 絶景フォトスポットと書かれていた、、。
ナニな感じやして、、、(-公-、)
つらいわ、このセンス。
しかも噴水動いてないし、、。

ひっくりコケ要素もありましたが、やっぱり胎内はすばらしいです。
冬場は山閉鎖になるらしいですが、何度も来たくなる所です、ていうか絶対また来るってば(笑)。
ていうか、今ふと思ったけど音楽大音響って聞こえている範囲で居なさいってことか?音楽が遠くなってきたら中心部から外れてるから遭難するぞ、とか?いや、ちゃんと柵のある公園やし、、そんなん白山とか中野邸とか全く関係ないからねぇ、、。うーん、気になるなぁ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

カエルにヘビ、自然がいっぱいですね
そんな所に罠あるのは、
近くにやって来ると言う事なの?  (汗

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
胎内のここらへんは所謂”山奥”なので色々出ます。
ていうか、猪は和歌山でも結構普通に出るのであまり違和感ないんですが(あははははは)。特にこちらに猪の好きそうな植物も栽培されていたので来るんでしょうねぇ。それにしてもトレイルにドーンと仕掛けてあって爆笑しました。

No title

胎内、見どころいっぱい(笑)。
そんなに大音量BGMがかかってるんですか?!?!
ふ、風景にそぐわないですねぇ(汗)。

アカガエル、こちらもお久しぶり♪
まだ冬眠してないんですね。

ええっ!
マムシ酒、たまに生きてることあるんですか!!!
ぎょええええ。

リクさん

コメントありがとうございます
胎内はものすごく魅力的な場所です。12月から3月中頃までミュージアムは閉館だそうです。その分スキー場が元気になる季節ですね。
アカガエル、まだ冬眠していないとは思いますが、、。実はこれは9月22日です。もうログが遅れて遅れてズレまくりになっておりまして、、。まだお盆の頃の事なんかもほったらかしになっているのでまた真冬に真夏の話しがでてくるかもしれませんが(あはははは)。たまにflickrの画像を差し込んでますが、それをクリックすると何時撮った写真かがわかります。自分でも把握しきれていないのでウェブアルバムは便利です(あはは)。
マムシ酒をラッパ飲みしようとして、生きていたマムシに舌を噛まれて病院に運び込まれたという報告を読んだ事があります。それ以来、マムシ酒を見る度に思い出します(笑)。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ