クレーストーン博士の館

2015.11.13 09:43|museums
昨日はあさっぱらから洗濯機が壊れました。エラー表示を取扱説明書でみてみると”購入したお店に連絡して修理を依頼せよ”との事(あははははは)。で、水と洗剤と洗濯モノが入ったままでピーピー言う洗濯機のコンセントをひっこぬいて、水栓も閉めてほったらかして出かけました。早すぎてビックカメラもまだ開いて無いし、どうしようもないからねぇ。で、10時過ぎてから電話したら、電話番号で顧客管理しているようで、名前を言うだけでいつどの洗濯機を買ったとか全部わかる、、一応保証書とか置いてあるがいちいち探し出さんでええと(笑)。とにかく、エラーコードを伝えて電話終了。直後にメーカーから電話があって、夕方に来てくれることになりまして、ほんとーーーに携帯電話って便利だとつくづく感じた。そんで、ちゃんと予定時間に来てくれて、さくっと基板をとりかえたら治りました。すばらしすぎる。エラーコードというものでどの部品をなおしたらいいかわかるのねぇ。ほんま便利。ま、複合的故障もあるそうで、そうなるとまた修理がややこしみたいですが、ま、洗濯機のほうはハズレキバンだったということで(あははは)。ちゅうことで久々のお天気だったんですが、洗濯モノは結局かわくことなく、、、。ま、コインランドリーもいつも行くウオロクの向いにあるのを見つけたのでドライヤー使えばいいし、色々と生活が楽になってきました。
さて、
胎内に居ります。
昆虫の家を辞した後、やってまいりましたのは

201511021657248fa.jpeg

クレーストーン博士の館
Tainai Clay Minneral Pavilion 胎内クレイミネラルパビリオン
ネットで調べたところ、小さいちょっとした”パビリオン”の様だったので実は期待していなかったんですが、これが予想を裏切ってとても面白かったです。これまた大興奮。ま、展示の仕方が”自分の家”っぽい=イマイチ整理がなってない(あははははは)なのですが、じっくり見ているとツボなものがわんさか!!

20151102165745770.jpeg

その名の通り鉱物資料館です。
クレーストーン博士、Clay(粘土)とStone(石)を名にもつ人が地質学者てこれまたすごいな、とおもったが架空のキャラだそうだ(だまされた、笑)。館内は粘石博士の研究室をみせてもらうという風体になっていて、面白い。

IMG_4003.jpg

希土類元素を含む石がUVにあたると石の中の原子エネルギーが活発に変動するので光る。色はその希土類元素を不純物として含有する親石のほうに左右される様子。
なんとも美しいです。数十秒置きにライトが当てられ、消えてと繰り返す展示になっているのでついつい足を止めてじーーーっと見続けてしまう。

201511021659474a1.jpeg

粘土の”石ケン”の実験ができる。
フュラーズ・アースといって昔、ヒツジの毛の油をとる職人さんが使う土のことをそう呼んだそうだ。その、粘土は油をとったり美容パックになったりと色々と使用されてきたが、近年は石油精製物資としてたいそう活躍しているらしい。このフュラーズアースは新潟、新発田市で黒崎彌助氏により1893年に発見、現在も胎内にある有名な化学会社水澤化学工業で、この胎内フュラーズアースを原料として活性白土やその他の工業製品などが製造されている。てなことが説明板に書いてあった。
というわけで、その胎内版フュラーズアースがどれだけ脱色効果をもつのか実験してみる→気になる人は続きを読む。

20151102170312bc9.jpeg

とりあえず、単純に楽しい。
石は眺めていて飽きないねぇ。もちろん触ったり探したりするのも好きですが。

20151102170436b5f.jpeg

ほんまに一個一個眺めているとめちゃくちゃ時間がかかりますんで、
基本、新潟で採取できるミネラルを中心に観察さしてもらいました。
オモロイもんとか、触れるのもあって結構楽しめました。
が、
やっぱり展示の仕方がかなりナニな感じ(笑)。
クレーストーン博士のパビリオンの向いにはフラワーパークがありまして、そちらもものすごくおもろかったんですが長くなりすぎたので明日にまわします(あはははは、なぜこう短くできないのか)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
フラワーパークを明日にまわしたにもかかわらず、
まだまとめきれないので続きへ来ました(笑)

201511021704175a3.jpeg

とてもムードのいいクレーストーンドクター研究室です(笑)
ここに住みたい(夏だけ)

20151102170027b6e.jpeg

脱色粘土の実験
容器の中に既に適当量のフュラーズアースが入れられていて、そこへ自分で赤く着色された色水を投入する。
で、しばし待つと、、、

20151102170337b34.jpeg

脱色されました。
水が洗われたんですねぇ。水て洗うもんで洗われるもんだとあまり考えないかもしれませんが、水をピュリファイするのはとても重要です。こうして、美味しい天然水も雨水が天然のお山でピュリファイされて生まれてくるんでしょう。ミネラルよありがとう。

2015110216590848e.jpeg

そしてミネラルといえば、欲望ギラギラの金がでる。
これもまた新潟のミネラルなのだった。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

さすが、日本のサービスは世界一
と、実感されたんじゃ?  (笑
鉱石って、綺麗なんですね

No title

こ~いう実験って楽しいですよね♪
ついやってしまう(笑)
光る石♪私もその場におったら
きっと見入ってるだろうな~
面白そうな場所ですね♪


No title

私もクレイストーンてなんてドンピシャな!と思ってたのにー。
架空の人物でしたか~。残念ッ。

石、すべすべからゴツゴツ、色も色々。
普段ただ単に"石"ってひとからげにしてるけど
観察し始めると奥が深いですよね。

美しい水は石のおかげでもあるんですよね。
ありがとう、石♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
いやはや、ちょっとうんざりするほど謝り過ぎ感がありまして、そこらへんはナニなんですが(あははは)それにしてもほんとうにサービスが細やかで迅速です。感動ですわ。
鉱石は美しいものが多いです。地味なのがほとんどなんですが(あはは)。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
楽しいですよね♪子供の頃に科学と学習とかいう雑誌があって、科学のほうを定期購読してました、、本当に小学生の頃から興味が変化していません(笑)。
光る石、写真では全く表現できない美しさですわ。おもろかったです〜。

リクさん

コメントありがとうございます
まんまとだまされました(笑)。本名やったらすごいですよねぇ。
石、ほんまにおもろいんです。奥が深すぎ感はありますが(笑)上みすぎて首痛くなった時なんかに下みると石があって、これまた下ばっかりみて腰が痛くなるんですよ〜〜。アホですよねぇ(あははははははははは)。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ