胎内昆虫の家

2015.11.12 09:13|museums
昨日はフラフラと歩いて、ふと気が付くと公園の端まで歩いてしまい、7キロm近く歩いてしまっていました(笑)。しかもスポットを担いでいたのでそれが約5キロ、その他モロモロで10キロgぐらいですわ。普段それで3キロぐらいしか歩かないので、倍程歩くと驚く事に肩が凝るのなんのて(笑)。でもまぁ、モニター画面みて肩凝るのよりは爽やかではあります。楽しかった。
さて、
新潟で絶対行きたい所ナンバーワンだったミュージアムに漸くやってきました:)

IMG_3979.jpg

胎内昆虫の家
虫といえば胎内!!あっちこっちで胎内に行けと言われましたんで、もちろん言われんでも行きたいんですが、言われまくると気がそぞろになってくるもんで(笑)。しかも冬場は閉館なので早よ来なあかん(笑)。

201511011536425c6.jpeg

生くるはかなし、死もまたむなし
館内には馬場金太郎博士の特別展示室がありまして、
ムッと篭るホルマリンの香がなんともいえず蟲蟲しております。

20151101153717c0e.jpeg

むはーーー

2015110115373557a.jpeg

言葉は要らない。
もう、ただただ大興奮(笑)
もちろん常設展示もものすごくためになるものばかりで大興奮。
鼻血でそう(笑)
特に国蝶オオムラサキ、非常に気になっておりますんですわ。新潟ではオオムラサキ、ギフチョウが見られます。来年はもうちょっと体力をつくって坂道込みのトレッキングができるようになりたいです。ちょろちょろ歩いていると、70、80歳台のグループがどえらい山道のトレッキングをグイグイ歩いて来て自慢するのよ。すごいのよ、話を聞いているだけでむーーーりーーー(笑)。

20151101153801d8c.jpeg

アゲハ展示室ではアゲハ放し飼いなので、こうしてポカリスエット(アクエリアスか他のスポーツドリンクでもいい)をもっていると、ふわふわーっと飛んで来て手元でちゅーちゅーしてくれます。
蝶恐怖症の人にはただの拷問です(あははははは←笑い事ではない)

20151101153830092.jpeg

ほかにも宇宙メダカも見る事ができます。
1994年に向井千秋博士と一緒に宇宙へ行き地球を236周したメダカ元気(雄)と夢(メス)の子孫。ちゃんと認定証も展示されています。もちろん見た目普通のメダカではあります。

IMG_3983.jpg

ヘラクレスオオカブト、触っていいんです。
ふれあいコーナー、、触ってもええんか!!!と心の中でツッコミを入れながらも触るのだった(笑)。

20151102153115d51.jpeg

もちろんピンズを購入しました。
早速帽子につける。
私もとうとう胎内へ、、、
なんか字面だけミクロの決死隊かアントマンかって感じですねぇ(笑)。
この昆虫の家の近くにはまだまだ面白いところ沢山ありますんで、明日は寄り道ストーリー
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
まだ稲刈り前のすとーりーです。
すっかり仮称だった”きのふはけふの”というのがぴったりのブログになりつつあります(笑)

IMG_3978.jpg

もうねぇ、すばらしい田園風景です。
ところどころとまっては眺め、とまっては眺め
なかなか先にすすめません(笑)
しかも道を間違って、エグイところへいってしまったし(笑)

IMG_3975.jpg

ここで曲がらないとあかん
道に名前がないのでほんまに悩みます。
が、なるべくナビを使いたくない。ナビを使うと敗北感があります。

2015110115392666e.jpeg

馬場金太郎博士の展示室には博士の書籍も陳列されている。
欲しい本もあるが、アマゾンの古書にすらない、、(ちーん)

IMG_3984.jpg

名残を惜しみながら昆虫の家を出て車に乗り込むと、
いっしょにオオアオイトトンボが乗り込んで来た(笑)
まぁ、どこに行きたいのか解ったらソコまでリフトあげてもいいんですが、いかんせん意思の疎通が、、あはは。

IMG_3998.jpg

でかーーーー
さすが、大きい青い糸とんぼ。オオと名前につくだけあって、ころもしデカイ。
ものすごく楽しかった。また来よう。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ありゃ、アレの画像なし
お気遣い、ありがとうございます 
アゲハ展示室なんかに入ったら
オヤジ、気絶します  (笑
トンボちゃん、「お~きに」といってそう
何で関西弁やねん  アハハ

すみません、タイトルを「胎内昆虫 の家」と読み違え、物凄くエイリアン的な生き物を想像してドキドキしました(笑)

No title

やはり、危険な雰囲気を醸し出す地名「胎内」。
タイトルをみて一番に思い浮かんだのは
昆虫のお腹の中に子昆虫がいっぱい状態の図(笑)。
そして、ふと
「いや、昆虫は卵だし」
と冷静なツッコミを自分に入れてみました。

すごい!
館内が巨大な昆虫採集だぁ。

オオカブト、触っていいんですか!おおおおお。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
あはははは、ほんまに大きな部屋の室内四面全部アレの標本がギッシリミッシリというセクションもあって、オヤジさんがこの部屋の真ん中に座ったら、、とか想像してしまっていました(あははは)。生きアゲハの展示室とかすごいですよ(あはははは)。汗かいたらその汗を吸いにまたとまりにくるんです(いひひ)。
トンボの前脚がツッコミの型だから?(あはは)。

satちゃん

コメントありがとうございます
胎内市、いつ目にしてもものすごい名前だなぁと思います。付く言葉によってかなりホラー化。

リクさん

コメントありがとうございます
カスピ海ヨーグルトがどうしても食べたくてたまりません。今日はスーパーで探してみます(笑)。
でしょ、でしょ、←胎内
もー、ニュースとか新聞で目にする度にツボります。この胎内昆虫も高橋良子的寄生虫を想像してやみません。ツェツェバエとか卵胎生ですからねぇ、胎内昆虫有りです(こわーー)。
オオカブトだけでなく色々触ったり見たりできまして。結構ハマったのがムシクイズコーナー(テレビ画面でできる)、全問正解難なくできる程度(子供向け、爆)ですが、妙に4択のハズレ答が笑えて笑えて(あははは)。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ