午砲台と初代新潟奉行

2015.11.11 11:11|Birding
ショアバード、wader達を見た後にぶらぶらと西海岸公園を散歩するのも好きです。
ここがまた仰山鳥がいまして、むふふふなんです
が、夏は蚊と草がもじゃもじゃでねぇ、、

IMG_2954.jpg

とにかくオナガが多いです。
ついつい立ち止まって眺めてしまう。声がなんとも魚河岸の鉢巻きゴム長オヤジみたいなんですが、たまに結構可愛い声もだしたりして(もちろん恋の季節は良い声で歌うそうなので聞くのが楽しみ)それがまた萌えます。

IMG_2965.jpg

めちゃめちゃこっち見てるし(滝汗)
それにオオタカなどアシピターがうろついています。小鳥はもううじゃうじゃです。所謂”結構人気のある鳥”が沢山みられるんですが、いかんせんもじゃもじゃでかなり広い公園なので大っきなカメラで双眼鏡無しの人々の姿を見た事がありません。ていうか、バーダーてほんとに居らんよねぇ。鳥を見ながら歩いていてばったり出会ったことはありません。据え置き型で歩かないタイプの人はたまにみかけますが。ま、鳥を探しているんであって人間を探してるのではないのでどうでもいいんですが、ふと気になりました。
もちろん鳥以外にも見所があります。

IMG_2932.jpg

ボーッ
汽笛がぁ汽笛がぁ汽笛ぃがぁ
ひとりぼっちで鳴いぃてぇいぃるぅううう
小樽へ向かうフェリーが出て行きました。小樽までは18時間。
新潟から出る船は佐渡汽船だけではないです。新日本海フェリーは小樽、秋田(秋田経由で苫小牧)、敦賀を結びます。2010年に廃止されたそうですが、ロシア(ザルビノ)航路もあったそうです。

IMG_2947.jpg

私が好きなのは午砲台です。
階段をちょびっとのぼります。

20151028182958eb2.jpeg

ドン山と呼ばれています。
明治4年、陸軍近衛兵団が開始した空砲による報時、新潟で明治6年から大正13年までの52年間続けられたそうです。そう、だから大砲がドーンとなるのでドン山(ひねりはない)。明治6年までは普通に鐘やったらしいです。ちなみに私も現在お寺の鐘で時間を知ります(便利)。たまに部屋を閉め切っていると聞こえないのでうっかり遅れる事がある(笑)。とにかく空砲ではありますが(当たり前やっちゅうの)大砲の音で正午を知らせてくれたそうです。で、大砲なんで風向きによっては新発田まで聞こえたそうです(ま、そらそうだろうが近所の人は耳キーンてならんかったんやろうか)。初代は旧新潟大学理学部跡で二代目はこちらの二葉中学校の海側。さすがにドーンと五月蝿くて勉強にならんので町の中心に向けて撃たれていたのが海向きになったのだそうだ。ちなみに初代と二代目の大砲は現存せず、↑これは復元されたものだそう。

2015102818301913e.jpeg

木の隙間から見えている青は日本海。
とても気持ちの良い丘です。



ニホントカゲが居ました。
尻尾が綺麗な青色で美しいトカゲです。



ニホンカナヘビのほうが懐くので結構よく飼うていましたが(笑)
見た目はやっぱり色が派手なほうが惹かれますねぇ。
新潟に越して来て、ものすごく目につくのは大きい石造りの彫刻とか灯籠、もしくはただデカイ岩、それに彫刻とブロンズ像、銅像、モニュメントがやたらめったら多くて目立つ。市町村などの記念碑以外にも民家や私有地に石碑とかバンバンあるし。陛下が訪れた場所なんかは勿論巨大石碑、なにか歴史的イベントがあった場所にも記念碑、なんとなく句碑、歌碑、詩碑とか、そりゃもうどっさりデカイ石造りブツがある。しかもものすごく新しいものが多いので新潟はバブリーやな、とつい感じてしまうんですが、この碑好き、箱好きはどういうヒストリーがあるんでしょうね。

IMG_3037.jpg

川村修就像
1843年、天保14年に新潟港が長岡領から収公されて幕府直轄(天領)になったんですが、その際に初代新潟奉行になったのがこの方だそうです。しらん、、が、川村清雄の祖父といえば嗚呼あの人かと言うでしょう。どうやら御庭番(スパイ)としてキャリアを積んだ方だそうで、新潟の後は堺奉行大坂奉行長崎奉行とかなりややこし地域で奉行をされたそうだ。バックに水野忠邦がついていたそうで、御庭番名門の明楽家とも親戚筋、、なんか高橋克彦の小説にでてきそうな(あはははは)。この銅像は本人に似てるかどうかはしらんが、線の細い美青年風でありまして、プーチンな感じはない(笑)。

IMG_3034.jpg

市島三千雄作 『ひどい海』詩碑
ひどい海からの抜粋

”白いペンキが砂に立つて。その灯台がたほれさう
日本海が信濃川を越えた
漁猟船の柱が河上へ走った
あれもこれも貧弱に北の冬に負けてゐる
その内俺は泣いてしまつてあやまつたあやまつたと風にお許しを願ふた”

たしかに”ひどい海”だとは思います。新潟から見る日本海は(あはは)。私の知る日本海は近畿以西の日本海、しかも旅行だけなので、実情は知らないんですが、、色んな詩や歌で日本海が”ひどい海”だとは見聞きしていましたが、ほんまに酷いのよこれが(笑)。和歌山の海も豪快に災害をもたらしたりはしますが、こういう”ひどさ”が無いですねぇ。なにが違うのか、、気象学とか海洋学的なことではなくて、心情的にナニかが違うような気がするのは日照時間とか紫外線量が関与しているように思えてならない。新潟島の砂丘から見る日本海は鬱鬱とした色の日が多いです。

IMG_3051.jpg

そして蓑塚
芭蕉、、そういえば芭蕉も隠密疑惑がありますねぇ。
新潟はそういう拠点ではありそう。

IMG_3047.jpg

ヒガンバナの咲いている期間がとても短かったです。
ワーブラーがたくさん居った。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

お寺の鐘で時間知るってなんか良いですね~
この辺りは近くにお寺がないから今は聞こえないけど
昔住んでた所は大晦日に除夜の鐘が鳴るのが聞こえて
しかも耳澄ましたら聞こえるぐらいの音やったのが
また良かったです♪

木の隙間から日本海
わ~♪ええ景色ですね~♪
海が青くて綺麗。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
お寺、いいですよ〜〜。あ、そういえば除夜の鐘とか全く考えていませんでした。お寺と神社に囲まれているのでお正月はすごいことになるかもしれませんね(あははは)。今からちょっと楽しみです。
海はほんとーーーに良いですねぇ。チャリでちょっと海に行けるという幸せをつくづく感じます。

No title

あ!またJubeさん見つめられてる(笑)。

フェリー、船酔いさえなければすごくしてみたいのになぁ。
新潟からロシアだなんて♪ウットリ
また就航してくれたら酔い止め飲みまくって乗ってみたい!

しっぽの青いトカゲ!懐かしい~!!
久しくお目にかかってないです。
その青、えげつないほど青いですよね(笑)。

No title

オナガ、優雅な姿なのにね~  (笑
ニホントカゲが、カナヘビと思ってました
そう言えば、今年は彼岸花見なかったな~

リクさん

コメントありがとうございます
基本、ヤングなのがじろじろと見てきます。アダルトはさっさと逃げるか、無視(笑)。
船旅っていいですよねぇ。ロシア航路だと20時間以上かかってくるかとおもうんですが、、(笑)。ちなみに一日以上船にのっていると揺れているという感覚がなくなって、地面におりたあとで揺れているように感じてしまいます。おもろいですよね。
えげつなく青いです、たしかに。そして青い故にカナヘビよりは見つけたときのラッキー感が大です(笑)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
優雅なんですけどねぇ(あはは)。
あ、ニホントカゲとニホンカナヘビがひっくりかえって覚えている人、結構います。なんででしょう??鳥なんかもそうですが地方で呼び方がてれこになっていることが多いので、そこらへんが原因なのかもしれません。だから目撃証言がおもしろいことになってたりするんですよねぇ(あははは)。
ヒガンバナ、久しぶりに観ましたが、どれぐらいの期間咲きつづけていたのかとか全く覚えてませんで、あっという間に枯れたのに驚きました。それで枯れた後で葉がでてくるんですね。ということはヒガンバナの花と葉っぱを一緒に活けることはできないんやな、としょーもないことを考えました(笑)。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【22件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ