FC2ブログ

デボンハムとチェダーの塩系タルト

2018.08.09 09:00|英国
ロンドン5

人気ブログランキング

さて、どないしてまとめましょかいな、、
とりあえず、先に忘れそうな(笑)ぶらぶら通りすがりの見聞とか食べたもんから行こうと思います。

IMG_3517 (1)

駅とかに無料の新聞がありますんで、自由に読めます。車内にも置き去りになっているので、それを読んだりもする。ただし、手が真っ黒になるので(笑)気にする人はウエットティッシュとか要るかもねぇ(あはは)。新聞読んだ後に棒につかまると、びっちりと指紋がつきますな。
ヘッドラインにも書いてますが、この前日ぐらいから超ヒートウェーブでロンドン熱々。地下鉄内部は37℃!!中でもピカデリーラインは恐ろしいほどの暑さで非常にへこたれました。ほんま暑かった。とはいえ、この異常気温もこの数日後には最高気温23℃ぐらいに落ちて一息つきました。今日なんか最高気温19℃、最低気温12℃ですんで、ロンドンの夏て25℃前後にたまに20℃切る日が入るっちゅうイメージですな。ま、エアコンはいらんわな。暖房はバッチリ設備されていますんですが。

IMG_3519_20180806152311c65.jpg

しかも、紙面に暑苦しいニュースが、、
いや、寒いか。

IMG_8613 (1)

36℃超え予報で盛り上がる。エアコンレスなロンドン、、
本気で暑かった、、。暑いのと時差ボケでレストランを探し回る元気もない、食欲もイマイチ。
ちゅうことで、同じ界隈の同じ店で食うことになりますな(笑)どうでもいい感じ。

IMG_3075.jpg

コヴェント・ガーデンへ
そう、ロイヤルがあるところですな。とはいえ、現在オフシーズンなのでプリンシパルクラスのダンサーが歩いているというのはまずないな。サマースクールとかあるので学生さんはおるが。ともかく、食うた後で行ってみることにしましょう。なにしろピカデリーラインは恐ろしく暑いので早く外に出たい、出たいけどコヴェントGはちょっとすっといかない。

IMG_3076_20180806145116002.jpg

コヴェントガーデン駅から地上に出る階段
”Stairs to only be used in an EMERGENCY There are 193 steps to climb, equal to a 15 storey building. Those with luggage, pushchairs & heart conditions PLEASE USE THE LIFT"
あはははは
階段は緊急時のみ使えと、なんでかというと193段あって、15階建のビルと同じ高さだからだそうです。荷物やベビーカー、心臓病の人はエレベーターを使え!と。螺旋階段ですわ、ぎゅうぎゅうにすし詰めになった地下鉄から吐き出された人間をものすんごい密室なエレベーターでギュウギュウに詰められて上に運ばれます。非常用って書いてますが、別に普通に使ってええのんで、昇りたい人はぜひ(笑)。あと、閉所恐怖症気味の人も階段のほうがええやろうねぇ。リフトが待てない人はガンガン階段を登っていきます。若者観光客とかキャーキャーいいながら走って登って行ったりしてますわ。元気やねぇ。

IMG_3078.jpg

イギリス人の生花の持ち運び方
紙に巻いてることもあるが、大概、素ぅで握ってはる。
しかもクソ暑いのに(あははは)。まず、切り口を水で浸した紙でくるんでラップして、というような状態を見たことがない。そういう選択肢がないようですねぇ。それにそんなに萎びませんねぇ、水揚げいい切り花をチョイスしてるんか、気にしないのか、花持ち気にしないんやろねぇ(あはは)。
これが、リフト(エレベーター)待ちの行列。エレベーターは4基あって、2基故障(おいおい)。乗ってる途中で故障したらとおもうとビビるねぇ。空港に行く途中で乗りたくないリフトではある。

IMG_3508_20180806145136147.jpg

なんかもうどこへいってもものすんごい人
特にロンドンオリンピックの後から観光客超倍増ってのは聞いてましたが、
毎年100万人ぐらい増えてるらしい(すごっ)
ちなみにここ数年、海外旅行客数トップ3位に入り続けているらしい。

IMG_3094.jpg

どこに行ってもものすごい人、特に中●人の多さには本当に驚く。特に無料系有名美術館博物館はどこも大型マイクロバスにすし詰めになった中●人団体ツアー何十組もやってきて、館内9割マナー極悪な中●人だらけという状態でちょっと辟易しました。ともかくそこらへんはまた後にして、
パブやレストランや有料/高額施設の中●人率は比較的低いです。団体で入れない場所も(そりゃそうやな)ていうか、そ言う場所はアジア人率ががっくりと下がるように感じる。地元の人や従業員さんたちも昔に比べて外国人観光客になれたようで、ものすごく旅行客フレンドリー化しているように感じますねぇ。ていうかお店の従業員さんたちも外国人が目立ちました。特にトルコ人やソマリ人も目立った。久々にソマリ語を使った(あはは)。
ともかく、お食事

IMG_3093_20180806145134e02.jpg

ベーカリーは外れないです。
La Pain Quotidien ラ・パン・コティジョン
かるーく、なんか食べたいんでベーカリー。

IMG_3086.jpg

the Devon Ham & Cheddar Home Baked Savoury Tart
メニューを見たら塩っぱい系タルトがあったので迷わずチョイス、ハムとチェダーのタルト。EVOOとバルサミコをぶっかけて食べます。暑い食欲のない時にふわふわタルトにバルサミコのちょいすっぱ甘いのがたまらんうまい。

IMG_3090.jpg

珍しく草も食う、それぐらい美味しかった(どれぐらいやねん)。
こういう、塩っぽいセイヴォリなタルト大好きなんですわ。たまらんねぇ。
ともかく、これはちょっとイギリスな食事ではないかもしれませんが、イギリスの食事は私の口に本当によく合うので、食事の心配がなくていいですな。タップウォーター(水道水)飲んでも腹大丈夫だし(←個人差あり)。なんにせよ、征露丸もってきてるしな(あははは)。
飯食ったんで、ちょっと腹ごなしに歩きます。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

凄い人の数
オリンピック効果なんだ
イギリスに旨いもんなしと聞きましたが
そうじゃないんですね

No title

クーラーなしでその気温はキツイですよねぇ。
しかも暑さにも慣れてないでしょうし・・・。平年並みの気温に戻ってよかった。

うわぁ・・・人一杯・・・・。
100万人ずつ増えてるってすごい!
でも・・・中〇人が増えるのは・・・・ちょっと・・・・
マナーのよい中〇人なら歓迎ですが、マナー極悪なのは勘弁願いたいです。

しょっぱめのタルト!おいしそう~。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
まぁ所謂一つのオリンピック効果ですよね。オリンピックって宿泊施設や観光系が計画的大規模に整備されるので、旅行環境が快適になるんですよねぇ。誰もいない僻地に旅行したい人もいるようですが、やっぱり旅行はそれなりに観光慣れした場所が快適でいいですわ。
そうなんです、みなさんイギリスは美味しくないといいますよね。多分、口が合わないか、イギリス食に求めるものがまちがっているか(あははは)、もしくは美味しくないものを食べているんだと思います。まぁ、肉や揚げ物が嫌いでお刺身や野菜料理が好きな人には向いてないと思いますわ。

リクさん

コメントありがとうございます
暑かったです。扇子大活躍でした(笑)
とはいえ、さすが3年灼熱ジャパンで鍛えられただけに、結構体ががんばってくれている感はありました。普段の鍛錬て大事ですよねぇ。
そりゃもう、メジャーな場所はどこもえらいこっちゃの人だらけでした。とはいえ、人のいなかった昔よりも行列なんかはスムーズに動いていましたわ。田舎にいけばまた違うんでしょうが、さすが中心地なだけあって、働いている人がそれなりに訓練されていましたわ。マナーのいい人もいるんですが、悪い人のほうが目立つんですよねぇ。ステレオタイプで言うのは失礼ですが、大型マイクロバスでやってくるグループにうるさい人の含有率高いような感じはうけますね。
タルト、ものすごく美味しかったです!!

はじめまして

ロンドンの交通網は30年前の経験しかありませんが
その後は、ボードゲーム「スコットランドヤード」で鍛えられているので
土地勘だけはあります(^^♪
飛び込みで入ったカフェや小さなレストランも美味しかった。

自分の経験の中ではオーストラリアの田舎が最低で、ハエが飛びまくるばかり。
ろくなもんがなかったです。

隣国のあの人たち、親しくつきあうといい人らなんですが
他人としてみると、台湾人でも敬遠する騒々しさがどうしようもありません。

あいうえだぁさん

コメントありがとうございます
スコットランドヤード!懐かしいです、昔ニンテンドdsのゲームでよく遊びました。
ロンドン、とてもいい街ですね。たしかに英国の料理は自虐ネタになることが多いですが(笑)、美味しい料理を食べずにこき下ろす人が多いのが悲しいです。どの国の料理にしろ、旅行者個人の口に合うか合わないかがですね。店の当たり外れもありますし。そういえば、隣国の人々(特に団体客)、オーストラリアの某都市のレストランで差別門前払いされているのを見たことがあります。隣国本土人も全員が世界標準マナーを知らないとはいいませんが、人数の多さがバッドマナー人数の底上げもしますので、如何ともしがたいです。
非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ