FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

カラスバト

Posted by jube on   6 


人気ブログランキング

H31C, L24, RH70%, S2m/s, 1016hPa, partly cloudy and hot
最近30℃超えてもビッグニュースにならんねぇ、体がついて行かずヘロヘロ
さて、
ええもん見ました。



ガタフレンドのHさんからラインがきたので、ぎゃーと叫びながらすっ飛んで行きました。現地で待っていてくれたHさんに写真を見せてもらうと正しくカラスバトですわ♪とはいえ、、もうおらんようになってましたが。鳩ですもん、去ったと言われても諦められません、ともかく暗くなるまでは、と頑張って待ちました。
ガタ県内では、佐渡などの島に時折飛来するという噂はあるものの公式記録では1931年1986年1978年。本土側となるとさらに少なくて2011年の11月に飛来、一例報告があるだけです、そう、一例報告になるレベルのレアっぷりです。とはいえ、お隣山形の某島ではレジデントなのでガタバーダーはそちらで見ている方から、まあいいや、って言う方が多いです。鳩に興味ないらしい(うう、もったいない)。

IMG_8751.jpg

カラスバト、美しい鳥です。これこそまさに構造色!!って実感できる感じ。
食べているのはさくらんぼ
でも、そんな遠くにいかんでも、自宅から十数分で見られるカラスバト
ありがたみがちがいますわな。ちなみに和歌山ではレジデントですな。

IMG_7948.jpg

これはカワラバト
都会では黒っぽいカワラバトがよくカラスバトと間違われてぬか喜びさせることが多々あるらしい。ちなみにこの翌日にガタ市内でカラスバトを見たと自慢したら、カワラバトなんじゃないの〜〜と言われました。写真撮っといて良かった(笑)。
驚くべきことに地元の鳥撮さんたちにはカワラバトもカラスバトもほぼ同じ扱いで、「ハトだすけ」で一枚撮ったら終わりになっていた(ブルジョアや!)。しかも鳩ビヘイビアなので撮りやすいということもあるようで、、。次の日に若い衆が見に行ったら、カメラ人は誰もいなかったと言っていた。もちろんカラスバトは居たそうですが(笑)。
ちゅうわけで、
鳩の魅力を語ろう

mdove_2018061920483886f.jpg

これはナゲキバト
モウニングダブですな、これも見られる場所ではアホゲにおるんですが、おらんとこには全くおらんかったりしますな。昔、某地でカウントしてるときにナゲキバトおらん地域で出現して現地バーダー大興奮してるなか、うちの地区はどっさり居るんで逆にウケたのを思い出します。白っぽく、草原で名前の通り嘆くような声で朗々と歌うようすはまさにウイリー(バレエのジゼルで出てくる妖精)。乙女を泣かすと呪い殺されますな(あはは)

IMG_0937_201806192048335ba.jpg

これはキジバト
綺麗な鳩よねぇ。首の飾り模様はカラスバトと同じで鰓みたいで素敵です。
キジバトは多すぎるのと、人との距離感がカワラバトレベルなのでちょっとありがたみはないのですが、この頭の小ささ、胸筋のガチムチ具合、なんとも言えません。

IMG_7959_20180619203706787.jpg

寒い時に膨らんで首を縮めていると印象が違うキジバト
モフモフで可愛さアップ。
カラスバトに比べてなよなよしてそうに思われているようですが、実はパワフルです。

IMG_6266_2018061920483538f.jpg

リョコウバト(剥製)
空が真っ黒になるほどのパッセンジャーピジョン
すごかったやろなぁ、、。人間が絶滅させた鳥の代表格です。
ハトは42属290種、実は一番身近なドバトと呼ばれていたりもするカワラバトは1500年ちょい前に日本に移入された外来種でして、家禽化したのは紀元前3000年ほど前。食用だけでなく、現代では色々な品種改良がおこなわれていて観賞用のハト品種がたくさん存在する。家畜の歴史というとざっくり哺乳類のイヌがダントツに古くて1万2千年前ぐらいだったか、そこから紀元前7〜6000年前ぐらいにブタ、ヒツジ、ヤギ、ウシなどが家畜化、紀元前4〜3000年ぐらいにウマちゅう感じですねぇ。ニワトリはブタ同時期説とウマ同時期説がありますな。鳩関係の話をほりだすと止まらなくなるのでここら辺にしときますが、鳩というのはとても奥が深いです。

IMG_9472_20180619204836620.jpg

実はカワラバトシャツを着る程度には鳩好きではあります(笑)。
若い頃はガラモンの服はあんまり着なかったんですが、最近結構痛いキャラものとかも大好きで好んで着用しています。話は戻りますが、実は4時間ほど出待ちしました。他の鳥もおったんで存外楽しく過ごしましたが。

IMG_8634.jpg

カラスバトが現れたのは日没ぐらいだったので、
光量がものすんごく足りなかったが、

IMG_8829_20180619205158eab.jpg

7時過ぎまで眺めていました。
蚊だらけ(爆)
とっても良い日となりました。
シアワセ〜〜〜

あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

jube

Welcome to all my guests. I am a serious birder and nature enthusiast that loves Birds, mammals, Nature, Books, movies, arts, and New England Patriots

6 Comments

ロンゲのオヤジ says..."No title"
ほんとカラスの様ですね
実際に見れて良かったですね
こう見ると鳩も色々いるんだ
2018.07.02 17:47 | URL | #jsYRjXfs [edit]
ふくねえ says..."No title"
見られたんですね♪
ネバッて良かったですね(笑)
鳩ってそんなに種類いるんですね。

2018.07.02 21:40 | URL | #mQop/nM. [edit]
リク says..."No title"
カラスバト、やっぱり羽が黒いからカラスバトなんですか?
カワラバトやキジバトはたくさん見る印象ですが、カラスバトやナゲキバトは
見かけたことがない・・・か、見かけていても認識していないかのどちらかです。

4時間の出待ち!
愛だわ、愛!!
2018.07.02 22:58 | URL | #- [edit]
jube says..."ロンゲのオヤジさん"
コメントありがとうございます
今までキャパティブの個体しか見たことがなかったので、とても嬉しかったです〜〜、
ハトは種類が多いんです〜〜、DNA調査ではドードーと違いのがハト目だと解析されてますし、とてもオモチロイんです。
2018.07.03 07:12 | URL | #t5k9YYEY [edit]
jube says..."ふくねえさん"
> コメントありがとうございます
> ネバり勝ちです!がんばりました(あはは)
> ハトは繁栄していると言える種だと思います〜。
2018.07.03 07:15 | URL | #t5k9YYEY [edit]
jube says..."リクさん"
コメントありがとうございます
黒いものに”カラス”とつけるのはティピカルですわ。
リクさん地方でカラスバトやナゲキバトを見る確率はほぼゼロに近いと思います。いたら誰かが気づいて新聞沙汰になるかと思います。ということで、小笠原諸島などに行って見ることを思えば、近所で4時間他の鳥みながらぶらぶら待つぐらい屁でもありません。それより自宅付近で観察するというのが興奮しますしね〜〜。
2018.07.03 07:29 | URL | #t5k9YYEY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。