浮かぶ選鉱場と無名異焼

2015.10.12 10:21|trips
佐渡金山をあとにして、相川にやってきました。

IMG_3742.jpg

北沢浮遊選鉱場跡
この円形の建物はシックナー、直径50メートルの遠心分離機です。
またもや雨が降り出した。とはいえ旅行前日には全日程雨予定だったので文句ゼロです。さすが必殺晴れ女、別名旱、世が世なら疫病神でございますねぇ(笑)。ともかく、お天気がぐずぐずなのでおどろおどろしい廃墟によりいっそうムーディな視覚効果が加えられております。こちら”出る”という噂で若者に人気の場所らしいです。

IMG_3741.jpg

ちょいとラピュタ的でありまして、しばしボエっと立ち尽くす
近代産業遺跡ですが、なんともダークファンタジー系ロケーションで、そのまま物語がうまれてきそうな感じです。
佐渡市北沢町3−2
で、この北沢選鉱場に無名焼の北沢窯さんがあります。

20151005112708574.jpeg

無名異焼窯元 北沢窯
佐渡名物の無名異というのは赤土の事で、酸化鉄を含有していて昔はキリキズスリキズを作ると「赤土塗っとけ」と言われたもんですが、あの赤土です。無名異焼は佐渡金山採掘の際に赤土が出土したので、陶土に利用して焼かれたのがはじまりだそうだ。高温で焼き締めるために非常に固く、叩くと金属音のようにキンキンっと高く澄んだ音がなります。2003年に重要無形文化財の指定を受けたそうだ。んでもって、この無名異焼は佐渡市内はもちろん、新潟空港や新潟駅、ふるさと村で売られていて、手に取ってみるとしっとりつべつべでなんとも言えない肌触りが非常にきもちよくてねぇ、、今までとても気になっていたんですが、折角なんで佐渡で佐渡らしい柄を窯元で買おうと思って待っておりました。
ひょいと覗きますと、出会いました。

20151005113044418.jpeg

祝放鳥
お店には3つだけ残っておりまして、どれもいいお顔の朱鷺さんでしたが、こちらを選びました。なんとも今回の旅にぴったりの湯のみですやん。どんだけ朱鷺好きやねん、って突っ込む声が聞こえてきますが(笑)、今回明確なシーム(テーマ)のある旅なので、朱鷺レスペクトなんよ(あはは、そうきたか)。

IMG_3716.jpg

そして”君の名は”の尖閣湾に向かってドライブ。途中もすばらしい景色がたくさんあってなかなか先にすすまない(笑)。なんといいますか、和歌山の三段壁(白浜)を思い起こさせる場所でありまして、でもなんとなく日本海の海岸て黒潮の海岸よりもなんとも悲しいというか寂しい感じがするんですよねぇ、気温と植物の雰囲気が起因するんかもしれませんんが海の色もとても違います。面白いもんです。ともかく、ここらへんからちょいと疲弊してきたので、へこたれる前に両津に辿り着いておく事にしました。
というのも今日のメインエベントは帰りのフェリーでまたシェアウォーターを探すんです。やる気満々です。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

オマケは目かつら

オマケ
またもや晴れてきました。新潟らしいといえば新潟らしい、
狐がよく嫁入りするお天気です。

IMG_3749.jpg

天空のラピュタ、ではなくて空に浮かぶような選鉱場の入り口には
相川郷土博物館、この向かいに北沢窯があります。とても解り易いです。

IMG_3748.jpg

北沢窯さんでトイレを借りたら、久しぶりに頭上タンクの紐引っぱりタイプの水洗でした。
ものすんごく懐かしいです。
そして、佐渡、公衆トイレの99%が和式でした。障害者用トイレはもちろん様式のがありましたが、非常に数が少ないです。膝が駄目なので結構難儀しましたし、その和式も異常にせばいので個室にはいると膝どころか冗談抜きでしゃがめないほどの狭さ、、、小人の国に迷い込んだかと錯覚を起こす所でした。頭打つ鴨居も多し。

IMG_3744.jpg

目鬘 
火力発電所だった建物がありまして、その中に写真が展示されています。入場無料。
この選鉱場が華やかなりしころの様子の写真を見てから外に出ると

IMG_3747.jpg

功名一時の叢、ちりーん
国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、
帽子を脱いで時のうつるまで泪を落してしまうのだった。
夏草やガリンペイロの夢の跡

ま、泣きはしませんが(笑)目は真っ赤っかになっていました。
え?運転しすぎ?

IMG_3731.jpg

漁港に寄った
イカ漁船がビジュアル的に素晴らしい。

IMG_3723.jpg

まだお昼ご飯前です(あはははは)。
なんか買い食いしまくり、コーヒー飲みまくりでお腹だぼだぼであんまりお腹すいてませんのんで両津に着いてからなんか食うことにします。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

トロッコ電車

小学校に入るまで、相川の門前町で過ごし、母に時折浜へ連れて行ってもらうと、そこにはト
ロッコ電車が来て、浜から沖合いの船に鉱石を積んでいました。まだ、相川が警察署のそばまで海で、後に次々と埋め立てられて今は温泉や県の庁舎ができましたが、あの頃はまだ、相川はとても素敵に生き生きしていました。残念。

No title

廃墟ってなんか惹かれるんですよね。
お天気ぐずぐずなんがまた雰囲気あって
良いですね(笑)

素敵な湯のみですね♪
色がほんと良いわ~~

No title

??遠心分離機?!?!
これまた想像もしない建物が登場でした!(驚)
でも・・・・ひ、昼間は出ないんですよね、ね?

朱鷺徳利に次ぐツボお土産発見ですね。
温かい緑茶を入れて飲むのにぴったりな感じですね。

No title

銅山、金山諸々の後はやはり寂しい雰囲気ですね
当時はそこに一つの町があって学校や病院等があって
生活していたんですからねぇ、、、
時代は移り変わっていきますね
さて、朱鷺づくしの〆にふさわしい時湯のみ♪
どうかあの朱鷺徳利と一緒にお使いくださいませ~
湯のみで冷酒、任侠映画の一場面ではありませんが粋だと思います。
日本海の海、11月に見たときはもう悲しい海の色でした。
夏の色とも太平洋側の色とも違う色だと思いました。

No title

頭上タンク、懐かしいですね
いっちゃんのトイレも和式
しかも、ぼっとん  (爆

sirokitiさん

コメントありがとうございます
ほんとうについ最近まで生きていたそうで、地元の人に当時のお話をたくさん聞かせていただきました。人が生活していない建物はあっという間ですね。確かに佐渡鉱山は静かになっていますが、農業はかなり活発で生き生きしていました。こうして移り変わっていくものなのでしょう。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
私も廃墟って妙に気になるんですわ。撮りたくなりますよねぇ。引っ越して来てしったんですが、最近は廃墟めぐりというのも流行って?いるそうで。確かに古代遺跡めぐりのはしのはしのはしに数えられるんでしょうし、エジプトのピラミッドも廃墟の一種なんでしょうか、と考えて笑けてきますが。廃墟て、私にはつい最近まで賑やかにしていた記憶のある建物が多くてねぇ(笑)。和歌山なんか廃墟の巣窟ですから写真でみていてあまりのさびれようにびっくりします。
いい湯のみです、色もいいし手にすいつくようにしっとりそれでいてスッキリ。

リクさん

コメントありがとうございます
回すんですよ。小さいのは見慣れていますが、こう大きいと迫力ですね。
昼間も出ているんかもしれませんよ、明るくてみづらいだけで(おほほほ)写真↑に写ってませんでした?
ほんとにいい記念になるお土産を超短時間で発見してまして(笑)、大満足です。いい出会いの旅でした:)

ハイジさん

コメントありがとうございます
これもまた人間の生活の移り変わりの一種なんでしょう。さらに何百何千何万年前の遺物も非常に興味深いですが、目の前にこういう自分の生きて来た時間時代の移り変わりを見るのは別の意味で有意義だと感じます。
でしょう♪←朱鷺旅
あ、徳利はもう空です(ちーん)
洗われ干され乾かされて、飾り台に鎮座しています♪かわいいです。
日本海、実はすでに日によっては非常に悲しい色になってきております。夏の色ともちろん太平洋側の色とはほんとに違います。海も生きもんですね、個性があります。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
土地が古いと条例とか法律とか水まわりが難しですよねぇ。特に水洗は市町村でものすんごく違ってきますし、和歌山もまだまだかなり難しいらしいです。そういえばミネソタもぽっとん結構ありました(笑)。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ