FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

福島県立博物館・上

Posted by jube on   6 


人気ブログランキング

H27C, L18, RH76%, S2m/s, 1009hPa, cloudy
雨が来るのは夜になってからみたいだが、気圧が低い〜〜。昨日はかなり楽しい日でした。久々にキビタキの若いオスを見ましたわ。頭の半分とプライマリーがねずみ色っぽくてねぇ、鯔背やねぇ(ぐふふ)。

IMG_5218.jpg

福島県立博物館
立派だが、入り口までが遠くてすでに嫌になってくる。ていうか、そんなに長い距離でもないんだが、なんとなく気が滅入るというか、入り口がいまいちどこかわかりづらいんで、歩いて行ったらもしかしたら入り口とちゃうかったらどうしようとか(←おしゃれ建物にありがち)。小学校のフィールドトリップなどで入場前に並ばせるには良い場所かもしれない。

IMG_5219_201805261809362bb.jpg

やっと入り口、入り口で正解だった。よかったよかった。

IMG_5227_2018052618093997e.jpg

まず土偶
真ん中に展示してある「うずくまる土偶」、腕のストレッチしているような土偶で、全国的にも有名。福島県福島市上岡遺跡出土で、たしか福島市の資料館に展示していると記憶しているんですが、ここにあるのはレプリカ。右隣は郡山市の荒小路遺跡出土のハート形土偶。三島町小和瀬遺跡出土の土偶。レプリカでも原寸でみるとオモチロイ。

IMG_5230_20180526180936b10.jpg

土鈴や土笛、猿型取手 イノシシの土人形
やっぱりサイズ感がリアルに感じられて良いが、展示の仕方がかなり見辛い。もうちょっとなんとかならんか。まぁ、土鈴とか人気ないからかなぁ。

IMG_5284_2018052618144229b.jpg

縄文式土器
信州やガタ信濃川流域の縄文土器の流れは感じるが、やはり少し違う。その違いがとてもオモチロイ。そこらへん書き出したらまた字だらけになってクレームをいただくので(笑)割愛。

IMG_5289_20180526181443079.jpg

土器の装飾の人型
やっぱり楽しいねぇ。なんかもっそい興奮する。
土器とか土偶をみていると、当時のアーティスト(あえて言わせてもらおう、アーティストと)の意図とかどんな環境で製作されたのかとか、色々想像しだして止まらなくなる。もちろん人型や装飾などをみていると何をどのように見てモチーフを決めたのかとか、そのモチーフの原型なんかも想像するのでエンドレスで眺められる。

IMG_5223_20180526180937c20.jpg

シンプルで素晴らしいデザイン
今、これこのまま商品化できるで
総合展示室は旧石器時代から弥生時代、古墳時代から平安、鎌倉から戦国、江戸、現代、福島のネイチャーと人との関係てなかんじのセクションに分かれていて、きっちりと地元視点の展示になっていて大変見やすく興味深い。

IMG_5235_201805261813350e8.jpg

福島というと東北ではいち早く土師器が導入されているキャッチのいい地方、古墳もそこそこ発掘されているしねぇ。ほとんどが円墳だけど、前方後円墳、帆立貝式古墳なども見られるんですわ。ホタテはええよぉ、もう想像しすぎて悶えるねぇ。乙巳の変の後には古代白川の役所なども建設され、有名な関和久官衙遺跡があるのが福島県。埴輪も大変レベルの高いものが揃っているんですわ。確かに地形的にも当時好まれた地形感ありますよねぇ。

IMG_5236.jpg

鷲に乗って魂が運ばれる
このクチバシの形状はシーイーグルやねぇ。

IMG_5253.jpg

もちろん戊辰戦争のセクション
福島県出身者視点で資料が集められている。

IMG_5274_20180526181445206.jpg

そして古代の福島
福島というとフタバスズキリュウですな。ほんまもんは上野のカハクにありますが、こちらは原寸大レプリカ。子供のころにこのフタバスズキリュウの発掘記を読んで感動したのを覚えている。懐かしい。たくさんのサメに襲われて死んだとか(サメの歯の化石が一緒にたくさんでてきて、フタバスズキリュウの骨にも咬傷がのこってたとか書いてたような)。

IMG_5279_20180526181446777.jpg

化石標本のコーナーが充実していて非常に楽しかった
全体的にかなりのヴォリュームで素晴らしい。
そして、お目当てでなかったにもかかわらず、一番私の心を鷲掴みにした展示が!!
長くなってきたので、また明日!
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ



IMG_5254_201805261813416f3.jpg

近代の福島

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
jube

Welcome to all my guests. I am a serious birder and nature enthusiast that loves Birds, mammals, Nature, Books, movies, arts, and New England Patriots

6 Comments

ロンゲのオヤジ says..."No title"
場所が変われば
土器の形も変わるんですね
面白いです
2018.06.08 09:12 | URL | #jsYRjXfs [edit]
ふくねえ says..."No title"
入り口まで遠くて
歩いてって入り口ちゃうかったら
どっと疲れますよね
入り口で良かったですね(笑)
人も少なそうでゆっくり見れそう♪
2018.06.08 18:53 | URL | #mQop/nM. [edit]
jube says..."ロンゲのオヤジさん"
コメントありがとうございます
同じ縄文土器なんですが、一つ一つが違いますし、土地によって微妙な共通点があるんですよね〜。とっても面白いです。
2018.06.08 22:19 | URL | #t5k9YYEY [edit]
jube says..."ふくねえさん"
コメントありがとうございます
そうなんです!そうゆうことあったんです(笑
しかも暑い時に歩いていったら入り口ちゃうかってがっくりしますよねぇ。
ちゃんとはいれまして、人も少なくて涼しくてゆっくりできました♪
2018.06.08 22:31 | URL | #t5k9YYEY [edit]
リク says..."No title"
めっちゃ広いですね・・・・
天安〇広場風と言いますか。
確かにたどり着いたはいいけど、入り口じゃなかった時のダメージは大きそうです。

土偶も複雑なポーズのものがあるんですね。
それに、縄文式土器、なんというかあまりデコラティブじゃないんですね。
弥生式土器に近い縄文式土器なのかな??

サメ、そんな大きな恐竜も襲ったんですね。
弱ってたのかしらん?
しかし、骨にまで傷が残ってるなんて・・・・痛かっただろうな。
2018.06.08 23:04 | URL | #- [edit]
jube says..."リクさん"
コメントありがとうございます
写真なんでもひとつ広く見えるようには撮ってますが(笑)、妙に不安感のあるタイプ(←入り口わからない系)。しかも看板というか掲示板には特別展のポスターだけで入り口がどこかとかは書いていない(笑)。どうやら門らしきものはありましたが、道路からの徒歩道から少し遠回りせなあかんところに標識のようなものがありまして、見てもないです(あははは)
土偶も色々なんですよ〜〜、そこらへんも見所です。縄文土器もデコりまくりの火炎からシンプルな描き模様までありますし、形も用途によって様々です。弥生と縄文土器の違いって色々ありますが、模様よりも形状や装飾以外の部分の技術、焼き方がとても違うのが一番わかりやすいところだと思います。模様的には弥生風の模様がたくさんありますよ〜〜。
サメなんかは軟骨系なんで歯ばっかり出て来ている感ありますが、エイとかサメとかって魚類でもすごく古い系なのでどっさりおったんやとおもいますわ。
2018.06.09 07:49 | URL | #t5k9YYEY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。