泖都新潟古町花街で芸妓さんのお点前

2015.10.01 09:30|relaxation
つづきです。
旧花岡邸に移動しました。



花岡邸は元古町芸妓で現役引退後は清元や小唄のお師匠さんとして活躍した方の住居兼お稽古場だったそうです。昭和9年頃に建てられたと言われている(詳細不明)。数寄屋造のティピカルな花街置屋建築です。

IMG_4820.jpg

もったいない事に現在公開されていませんで、今回が初公開。細長くて京町家を思い出させます。そういえば学友の祖母ちゃんが京都芸妓さんでねぇ、引退後東山の哲学の道沿いで住んでまして、私は学生の頃京都へいかなあかんことが多かったんですが、泊めてもらったのを思い出しました。おばあちゃん当時70代でしたが所作に艶があってねぇ、、あのお家もこんな感じでの所謂”うなぎの寝床”でしたわ。懐かしいなぁ。
さて、現在に脳みそもどしまして、
花岡邸にて芸妓あおいさんのお点前でお薄をいただきます。あおいさんは今年の春に柳都から独立されニュースになったスター芸妓さん。お運びさんは先ほどお稽古を見せてくれた初音さんと和香さん。
たしかにチラシにはお茶と書かれていましたが、全くカジュアルなお茶なので茶道知識は不要初心者歓迎、と書かれていたので、よくある茶室喫茶の椅子に座ってお薄と茶菓子が同時にでてくるアレだろうと、、(ううう)。で、お茶席に入ると座卓4卓を並べた四畳間にミッシリと15人、足を崩す隙間もなく、その時気付いたのはグレーの靴下を履いてきてしまっている、、(滝汗)そういえば白い靴下て足袋しかないし(爆)洋装に足袋はアレやで、とかしょうもないことが頭に浮かぶ(あははは)で、あれよあれよというまにハンドバッグも預けてしまいまして、

IMG_4793.jpg

座ってびっくり、江戸裏千家の新潟県茶道連盟新潟市茶道連盟理事長の中野宗順先生とお弟子さんがボランティアで点ててくださると。
お菓子は大好物の薯蕷でしたが、ここで問題です。黒文字の箸がのっかった菓子入れが登場。楊枝と懐紙と扇子はカバンの中〜〜カバンは既に多分隣の部屋、身動きすらままならぬスペースで吾のカバンもって来てとは言えない。しかも、なぜか末席に座ってしまっている私(入った順にギュウギュウに詰められたとも言う)、ま、正客も末席もない左右からお茶が入り乱れて出て来たのでホッとはしましたが、隣のお点前披露中のあおいさんが、私がふとカバンを探す動作をしたのを見てとってくれまして、すすっと懐紙をだしてくれました。そして、「饅頭はそのままかぶりついてくださいね〜〜」とにっこり微笑んでくれました。ああ、なんとすばらしい心遣い、芸妓さんて心遣いのプロですが、こういうところピンポイントで見習いたいです(全部ははなっから無理)。

IMG_4801.jpg

あとはすっかり楽しくなっておしゃべりに夢中、饅頭の写真すら撮ってません(ぶっ)
あおいさんの美しい手。隣なのを良い事に話ししまくりまくりまして(笑)。とても楽しくすごせました。あおいさん、昔なら錦絵に描かれて小町って呼ばれるだろう美女です。振袖さんの頃はお座敷でお腹がすいて困ったってな話しなんかもしてくれまして、尻の青い、”あおい”です〜、なんぞと場を和ませてくれました。隣に座ってラッキーしまうま。
ま、途中で知ったんですが隣にはマル秘VIPゲストの某社長と某家元が座っておりまして、このお二方もこの後すこし立ち話する機会がありましてものすんごく面白かったです。1時スタートのイベントですでに出来上がっていはりました(笑)。会話がねぇ、弾む弾む(あはははは)。
茶道具はどうもわからんのんで苦手ですが、私がよばれたのんは新潟の風景と名所が描かれたお茶碗で、新潟の作家さんの作品だそうです。話しのきっかけにものすごく良いですねぇ。
とにかく、身動きのできんぐらいの狭いところにみっしり人が入って、さらに知らん初対面の人と同じ場で一緒に飲み食いするのは苦手だというのが自覚できました。濃茶だったら完璧にパスしてますねぇ、飲むフリだけで逃げ切るか(爆)。ていうか、だいたいシェアして食うのもバイキングも最近特に苦手になってきたし(あはははは)。ま、これから茶席にひっぱりだされることが無い事を祈る!



あおいさんのお陰でとても美味しく楽しくお茶をいただきました。
ありがとう、あおいさん。あなたのお陰で1週間は幸せな気分が継続するでしょう。
美しいってのはいいことだ!
個人的感想としては非常に楽しかったです。もっと知りたいこと質問したいこと盛りだくさん。またこういうイベントがあれば参加したいと思います。ありがたやありがたや。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

いい経験をされましたねぇ。
いやいやいや、美しいということはホンマいいですね。

No title

jubeさん、あおいさんの隣の席をゲットだなんて
ラッキー♪

芸妓さん、見目の美しさのほかに
さりげない気遣い・心遣いもあるだなんて
素敵すぎます~。
なれるものならなってみたい!(無理)

無楽斎さん

コメントありがとうございます
ほんまにいい体験でした(しみじみ)
美しいというのは宝ですね。

リクさん

コメントありがとうございます
ほんと、最初はどうしようかと思いましたが(笑)エンドアップ非常にラッキーでした。
まぁ、芸妓さんというのは本当に気遣い心遣いなんですねぇ。きらびやかな衣装とか唄や踊りばっかり目がいきますが実は真価はここで問われるんだと思います。すばらしいですねぇ。バレエダンサーとか芸妓さんとか若いor子供のころからスタートしないと無理ですからねぇ。でも、趣味として小唄や日舞をたしなむのはええと思いますよー。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ