FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

暑いけどモフモフ

Posted by jube on   10 

暑いですねぇ
早朝とちょっと涼しくなる夕方、ウロウロしますが
蚊が、蚊がすさまじすぎる。ちょっとディート塗り残したところを狙ってきます、まさに耳なし芳一。あれってもしかしてこう言うことか?!(あはは)。

IMG_5632.jpg

暑い時にもーしわけないですが
モフモフキングです

IMG_5694.jpg

なんやもう、暑苦しくて可愛いです(笑
なんかボーとするねー

IMG_5683.jpg

あたり一面、ミシシッピアカミミガメとクサガメの卵の殻だらけです。
産むしりから食われます。が、これでもまだまだ食べられていない卵がたくさんあります。どんだけやねん。
一所懸命に食べてくれているのはボソたち

IMG_5714.jpg

もっとタマゴちょーーーだいーーー byボソッコ

親の顔が、顔がビミョーにムッとして見えて笑える。
とはいえ、我が子可愛いボソオヤ。どんだけわがままな子でもぐっとこらえてがんばる。これがもしバンの親だったら容赦無く子供をどやったかしているだろう(あははは)。

IMG_5696.jpg

ほなまぁ、探すか、、
と、てくてくあるいてほじくり倒している親の後ろをついて歩く、ボソッコーズ

IMG_5709.jpg

で、飽きてきて兄弟で遊び始める。
見よう見まねで落ちているものを拾たり、地面をかっぽじったりするが、、
食えるものでもないが、なんのかのと拾って取り合いっこを始める。

IMG_5699_20170803171219084.jpg

下の子が、どつかれて転かされた。
でも、泣かない(あははは)
泣かないけど、立ち上がって、じーーっと転かしたアニキを見た後(姉かもしれんけど)、ダーーーっとお母ちゃんのほうに飛んで行きました。笑える。

IMG_5359.jpg

鳥の種類は少ない時期ですが、ドラマはたくさんです♪

いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

ハスだらけ

Posted by jube on   6 

アガーノでハスのお花見

IMG_8344.jpg

お釈迦様がでてきそうな感じです
なんていうか、、写真だけみてたらええかんじですが、実際虫だらけ蚊だらけでおちつきません(あはは)

IMG_8338.jpg

ボーボーです
鳥だらけでもあります。ハスの間をぬってうろちょろしていますし、ハスの花にもいろいろたかったりします。トンボも多いです。

IMG_8352.jpg

ホシゴイ(ゴイサギの子供)が叫んでました
なんか、、のどか
叫んでるけど、のどか(笑)

IMG_8359.jpg

ここにもホシゴイ
3兄弟か
ヨシゴイやバンもわさわさいてます。
IMG_8337.jpg

オニバスもわさわさ生えてました。
ガタ市以北では絶滅したそうで、現在はガタ市が北限と言われているそうです。が、シバータとかアガーノでも生えてるんですが、、それはどうする?ていうか、移殖か?

IMG_8325_201708031711277e8.jpg

モズッコ
最近モズ種が私を悩ませる、うううう(涙)
近々、夏休み大人の自由研究シリーズ始めます。長編予定(あははは)

IMG_8298.jpg

チョウトンボ
トンボも楽しいわなぁ。

IMG_8321.jpg

オオヨシキリのヤング
幼子はかわいいですねぇ〜。

いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

おいしいものとか

Posted by jube on   6 

色々と生活メモ

IMG_6525 (1)

"Transformers: The Last Knight"(トランスフォーマーズ:ザ・ラスト・ナイト)邦題『トランスフォーマー・最後の騎士王』 マイケル・ベイ監督。まぁ、このシリーズのファンなので私は大好きですし、悪ノリが酷くなっているとはおもうが、アンソニー・ホプキンスの悪ノリ役どころにはかなり萌えたし。ええんちゃうかとおもう。話はトランスフォーマーズからずれるが、最近目について仕方のないのが、この邦題や字幕の数の勘定のしかたの統一性のなさやねぇ、これが日本人の英語苦手度をアップさせているようにも思うが、、。というのも、この私の好きなバンブルビー(写真の黄色いロボット)これが1体でトランスフォーマー、トランスフォーマーは他にもオートボット側はオプティマスプライムとかホットロッドとかグリムロックとか、デセプティコン側はメガトロンやモヒカンとかいろんなトランスフォーマーがいるから、トランスフォーマーズ(←複数)。そう、日本語の方のタイトルはロボット1体だけで頑張ってる感があるのがつらい。映画本編が始まる前のトレーラーでも、ちょうどアベンジャーズやスパイダーマン・ホームカミングの宣伝をやっていたが、あれもアイロンマンとかソーとかアベンジャーが集まってアベンジャーズになるわけで、ニューエイジになってくるスパイダーマンも1人のアベンジャー。なのでピーターはアベンジャーになるのにトライアルとかなんかあるん?って尋ねてるのに、字幕はアベンジャーズに入るには、ってグループに入るというのを主にしてるのがねぇ、日本的な考え方かもしれんが、スーパーヒーローなんで一応グループには属しててもグループにはいることが目的なんではなくて、一人一人がアベンジャーとして独立して力を持っているのが大事なんやけどねぇ、、そこらへん、なんかこうモヤモヤしたもんを感じます。ていうか、私も昔、ほんとにこの単数複数カウントアンカウントで非常に苦戦したので、若い子たちがここらへんの変な字幕に慣れてるんも後々苦戦する原因になるんちゃうかと思ったりもするんやけど。まぁ、どーでもええんやけどねぇ。
映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告①
字幕とほんまのセリフとズレが酷すぎる、、
もちろんそのまま訳したってマニア以外はよけわからんようなセリフも多いんでしょうが、、。
ちゅうわけで、スーパーヒーローに考える語学っていうのもええんちゃう?と思ったのでした。

20170304160631375.jpg 20170304160645df6.jpg

大好物 カントリーグレイビー
とうとう最後の一袋になってしまった、、、。ネットで検索したら一応見つけたが、なんと一袋400円ほどしやがる(キー)。スーパーで1ドルぐらいのもんなのに、ていうか自分で作ればええんやけどねぇ、めんどくさい。
カントリーグレービー、めちゃめちゃ好きです。フレンチフライとかチキンナゲットにつけて食う。茶色いグレービーはやっぱりマッシュドポテトにぶっかけ食いが一番好きやねぇ、うまいわねぇ(ヨダレヨダレヨダレ)。

201705121611376d0.jpg 20170512161118e6b.jpg

金山寺味噌
和歌山からの救援物資。めちゃうま。
やっぱり金山寺味噌は垣内やねぇ。

201705170921405b3.jpg 20170517092158e79.jpg

越後桜白鳥蔵と真野鶴本醸造
越後桜、コスパものすんごいええです。真野鶴大好き。

201706191531374c9.jpg

はごろもあられ
とうとう発見しました。ていうか今まで取り扱いがなかったんですが、最近突然近所のスーパーでおくようになりました。なんか嬉しい。

2017050619151055e.jpg

神の手クレーン
行きつけのツターヤでちょっと前に、新潟のアイドルグループが全国デビューをしたときに販促?とか宣伝で設置されたもの、すっかり定着しています。このクレーンにたまにものすんごい張り付きでものすんごい長時間がんばっている人がいて驚きますわ。ていうか、ゲットした景品が自宅に届くって??普通にこの箱にいれておけばいいのでは?と一瞬思ったが、もしかしたら巨大な景品があたるのかもねぇ、、。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

あちこちで大小

Posted by jube on   4 

パンパカパーーン!昨日とうとう奥歯が入りました。治療中に欠けさしたら面倒なので噛まないように噛まないように気を使っていたんですが、昨日の晩御飯は気分良く食べられました♪めちゃ幸せ。次は折れた上の前歯を治すんですが、それは急いでない(爆)ので、またぼちぼち通おうと思ってます。なんせ、上顎の歯並びが異常に悪くてねぇ、噛み合わせも悪いのでどもなりません。
さてさて、

ヤングスパロウズ



ガタのうちの周辺て、砂丘なんですが
フサフサの砂は鳥の砂浴びにはちょうどいいらしい。
同じ場所で黙々と浴び続けると、すり鉢状になっていき
どんどんディープになります

IMG_2472_20170802161720708.jpg

いくらでも果てしなく砂場なのに、なぜかヒトの掘った穴が欲しいスズメッコたち
深層のほうがいいのか?寄生虫退治的には表層の熱い砂のほうが砂風呂的によさそうなのに。
掘ってるスズメッコも執着心モリモリで死守

IMG_2483_20170802161717cb7.jpg

ドヤ顏

そっかー、よかったねぇ、、とウンウン頷いてしまう。

IMG_2837_2017080216470560d.jpg

コウジタケ
カサのうらがスポンジ状になっていて、赤くてドクドクしい感じではあるが、良い匂いがする食べられるキノコだそうだ。ただし、このスポンジ状のところに虫がたくさん居着いてるとキノコ先生が教えてくれました。
そのままバーベキューすれば肉詰めキノコです。
タンパク質満点(あはははは)

IMG_9637_201708021647089e9.jpg

背の高い松の木のてっぺんにカワラヒワの巣がたくさんある。
カワラヒワってちゃんと木に絡めて巣を建築せずに、ぽこっとのせただけっぽいカップ巣なので嵐の後でよく落ちてたりします。

IMG_2776.jpg

トチノキのトチノミが大きくなってきた。

IMG_8156.jpg

クルミもぎょーさん

IMG_8170.jpg

ニホンミツバチの巣

IMG_8069_201708021647294af.jpg

かなり大柄で色の薄いモズが飛んできたので、ヌカよろこびした。
よくよくみたらやっぱり牛頭だった(あはははは)

Northern Shrike eats a vole

オオモズ、ハヤニエ動画
こっちかと一瞬思ってしまったんですが。
牛頭モズもものすんごく白っぽい灰色の個体がいてますねぇ、ややこしことです。

IMG_2866_20170802165858aff.jpg

お腹の大きな黒猫がアブラゼミを咥えてあるいていました。

いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

美しい子供達

Posted by jube on   10 

先週末は新潟まつりで賑やかでしたが、昨日の夜の花火はちょっとうるさすぎて自宅家屋が揺れるほどで、しかも火薬の匂いまで漂ってまさに空爆を思わずにはおれんかった。この機に乗じてあの国が攻めてきても「たまやー」って耄けてる間に全滅するんでは?とゾッとした。別の日でも「また花火か」って思う人多そう、、。ともかく、昨日は風向きのせいもあり轟音倍増しでしかも長時間だったので、誰かがイライラとウルサイーっと怒鳴っているのが聞こえてきた。花火はそこまで嫌いではなかったんですが最近苦手になってきました。年に1回ぐらいで少しだったらいいんですが、、。
さて、
オナガの子供達が



うるさいです(あはははは)。
しかも、めっちゃ近いです。
親たちも近くでいるんですが、親は私には近寄らないです。
しかし、子供が私に近寄ってもさして叱らない。

IMG_2413.jpg

他の子の食べ残しの虫を散々こねくりまわして遊んだ末に、結局食べてました。
別段、餌の取り合いなんかは起きません。飽食な感じ(あはは)。

IMG_2390_20170801165525bf5.jpg

こうして静止画でみていると、ほんとに美しい鳥なんですが、、
マグパイ全般、声がなぁ、、。
ギュイギュイゆうてますねぇ。

IMG_2198.jpg

ヒヨドリの子とかもめっちゃうるさいですが(あはは)
一期生は見た目がすでにかなりオトナなんですが、、
やることがあどないというか、あぶないと言うか(笑)
そろそろ二期生もではじめているので、そちらはゾンビみたいな顔です(笑

IMG_2151_2017080117031614e.jpg

シオヤアブだらけ、めっちゃぎょうさんいてます。
もちろんスズメバチを筆頭にハチは種類も数もものすごいですし、
ムカデやダニもみかけます、、もちろん蚊のうるささというとハンパなし。
虫食の鳥たちがどんだけ食っても食っても食っても減らないような気がするぐらいおる。

IMG_2152_20170801170319d8a.jpg

前夜に嵐がきた。きのこがわっさーーーっと生えていた。
キツネノカラカサっぽいが、これにとてもよくにたドクキツネノカラカサと見分けがつかんので、触らぬキノコに食害なしだ。

20170801171431c8e.jpg

キクラゲもどっさり生えていた、、
キクラゲは間違いなさそうだが、残念なことに手が届かない枝だった(あははは)
前日が嵐だったので、ビーチへ行く

IMG_2146_20170801170405bc5.jpg

クラゲ

IMG_2144_20170801170407f93.jpg

1メートルぐらいのスズキ
周りにいっぱいウミネコやカラスがいたが、だ〜〜れも食べようとしていなかった。それもまた怖いが、、皮がゴツくて食えないのか?それにしても目の玉ぐらいはつつけるだろうに。このあたりのウミネコたちも飽食なのか(笑)。

IMG_0269_201708011704090ec.jpg

釣り糸被害ウミネコ
ショッキングな画像ではありますが、こうした被害から目をそらさず、釣り糸や釣り針ゴミを見つけたら、罵りながらも拾いながら歩きます。自分が捨てたものではないですが、誰が捨てたかではなく、そこに存在するかぎり誰かが拾わなければもしかしたら鳥や獣や魚が死ぬかもしれない、と思うと見過ごせない。オモリの鉛による鉛中毒や釣り糸や釣り針で死亡したり足を失う水鳥が後を絶ちません。昔に比べて随分と放置釣り糸やゴミが減ったとは思いますが、まだまだ危険なゴミだらけです。一部のマナーの悪い釣り人には本当に失望させられます。
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

イヨボヤスリーーーー!!

Posted by jube on   4 

三面川(ミオモテガワ)を見た後、またイヨボヤ会館にもどります

IMG_8013.jpg

風がないのでちょっとアレなんですが、
屋根よ〜〜り〜〜高い〜〜

鮭のぼり  ヽ(´▽`*)ノ

大真面目に鮭です。鯉のぼり、、って鯉が滝をのぼると龍になるって”登竜門”故事成語からできたイベントとちゃうかったっけ、、。鮭が滝をのぼると、、繁殖活動して死ぬだけですねぇ、、ビミョー。遡上して帰ってくることにフォーカスして”鮭の里帰り”なんて意味がこめられてたりして(節句からずれてきたし)

IMG_7976.jpg

イヨボヤ会館に併設されている、サーモンハウス
1階はティピカル系村上土産と、あとは鮭関係食品食材がたっぷり売られていまして、店に近づくだけで魚臭い(あははは)。2Fには塩引き鮭がぶらさげられている、、。この塩引き鮭は普通のお家の窓際なんかでもブラブラつらさげられているのが時折目にはいります。うちの近所では干物屋なんかの店先でぶらさがっているが、ホンチョーなんかでは人通りの多いアーケードの通路でブティックハンガーにぶらさげられているので、混んでる時とかフツーに通行人が鮭にぶつかったりしてるし、小さい子供とか汚い手で触ったりしてるし、、。そんなん、絶対買おうとは思えないが(いや、調理の仕方すら不明やし、笑)

IMG_7977_201708011458164bb.jpg

こちらのサーモンハウスの玄関先にも吊られていました。
どえらいカタそう、、歯がナニなのでこんなん齧るのは無理やな。齧って食べるもんでもなかろうが。入り口付近ですでに魚臭してたんですが、店内にはいるともう魚臭超充満。とはいっても、ガタ人大好きな魚臭だとおもいます。こんな匂いのするラーメン好きな人多いです。魚粉魚粉してます。

IMG_7978.jpg

福太郎、、
ぽん酒だったら飼ったのに、、
ガタの焼酎なぁ、、、ビミョー

IMG_7997.jpg

ご当地有名人などのサイン色紙がズラーーっと並ぶ階段をのぼって二階へ
はらこ茶屋さんです。
イヨボヤ会館で見た、村上名物鮭料理を食べることができます♪
悩む、、、

IMG_8002_20170801145813bfd.jpg

キッチンとの仕切り壁にホワイトボードメニューがっ
黒板とかホワイトボード手書きのメニューて食欲わくわな(じゅるりら〜)

IMG_8005.jpg

焼魚御膳
氷頭の大根おろし和えとか鮭カマの味噌漬け焼きとかガタ市内でも定番です。
白飯に合う味でした、ポン酒にも合いますね、もちろん車ですんで飲みませんが。

IMG_8009.jpg

村上牛コロッケも食べました
熱々で美味しかったですが、、牛肉の産地までわかるほどの舌はもちあわせていないです。

IMG_8001_20170801153310e91.jpg

窓からは塩引き鮭が見える。鮭臭ムンムンです。
テーブル席と座敷席があって、団体客が多いようでした。
テーブルのほうは地元らしきアベックが目につく、もしかしてデートスポットなのか?!イヨボヤ会館で鮭の繁殖を見て気分盛り上がる的な?かなり素敵。

IMG_8012.jpg

鮭公園も併設されている
この池に鯉がいる、イヨボヤ会館の前にあるガチャガチャ鯉の餌はその鯉用。絶対たまにニジマスに鯉の餌をやってしまう観光客とかおるんやろな、、。
ゆうたらなんなんですが、ごっついベタな観光食堂ですが普通に美味しかったです。腹ごなしに
三面川の河口まで行ってみた。

が、、

IMG_8015.jpg

ビーチがえらいこっちゃだった、、
これは観光客とかはがっかりやと思います。
ていうか、ニーガタのビーチは酷いゴミだらけの砂浜が多いんですが、ここの空き缶空きペットボトルの多さは尋常ではなかったです。ゴミの集まる入江というのはあるもんですが、ここは飲料水の空き容器ばっかりって、なんかちょっと「撒いた?」ってぐらいでした。アフリカの難民キャンプを思い起こさせる、ゴミという概念が無い感じ。

IMG_8016.jpg

水がとても美しく、コアジサシがちらほら飛んでいたので、砂浜さえ見なかったら、とっても良い感じです(どんなんやねん)。
鮭(イヨボヤ)、シーズンになるとガタ市内の信濃川、万代橋の上からでもでっかい鮭が泳いでいるのが見えて、初めて見たときはものすごく感動しました。イヨボヤ会館、ものすごく面白かったです、今度は冬の稚魚が出てくる頃に再訪しようと思います。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

イヨボヤツーーーー!

Posted by jube on   4 

イヨボヤを知りたい、、

IMG_7956.jpg

水をきれいに
イヨボヤ会館つづきです。

IMG_7916.jpg

生態観察コーナーでイトウばっかり見てたみたいですが、ちゃんと鮭もみました(笑)。鮭の稚魚がうじゃうじゃ、こちらでは10月から2月ごろには成魚を見ることができるらしい。ということは、やはりイヨボヤ会館のシーズンは冬場といえるんではないだろうか。
サーモンロードを通って三面川を半地下直接室内から観察できる三面川鮭観察自然館へ

IMG_7926.jpg

正確には三面川に並走している分流の種川だそうだ。

IMG_7922_20170730155911284.jpg

なんかいっぱい泳いでるし

IMG_7934.jpg

城下町村上の観光宣伝ビデオが流されていた。
案内するのはもちろんこんにちネギネギの葱っ子。
イヨボヤ会館のある村上市は平安時代には中御門家(藤原系)の荘園小泉荘(現在の村上市から長野の朝日村まで)の東端の一角で、その後色々あり、江戸時代には村上藩があったりした、あったりした、、というのは一本筋では語れないのでめんどくさいからここでは割愛(あはは)。

IMG_7932.jpg

ヤマメとかアユとかハゼがうじゃうじゃ。
延々と見続けてしまいそうになりました。ふと、カワセミが飛んできたので
そうだ、外からも見てみようと、屋外エリアへ

IMG_7958_201707301621544d8.jpg

河原には村上茶が栽培され、バーべキュウ広場があった。
この看板の後ろの低木が村上茶

IMG_7964_20170730162150634.jpg

カッコウが鳴いてました。

IMG_7972.jpg

あ、あれやん〜〜
中から見ていた窓が

IMG_7970.jpg

これやねぇ。結構透明度が高めなので上からでも魚は見られるが、、
やっぱり真上からみるよりも横から見る方が美しいように思わんでもない。

IMG_7985.jpg

新巻鮭のトロ箱が!!産地オホーツク海ってかいてるやん、、
あかんやん〜〜〜
コムクドリがうじゃうじゃでした。
イヨボヤ、続きます。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

イヨボヤーーー!!

Posted by jube on   8 

とうとうやってきました

IMG_7889.jpg

越後村上三面川 イヨボヤ会館
ずーっと気になりまくってたんですが、なかなか入る機会なく素通りしてましたがこの度ようやく入館することができました。イヨボヤ、というのはこちら新潟県村上市の方言で鮭のことだそうで、”イヨ”はそのまま魚(イヲ)で”ボヤ”というのは重要な魚や高級魚を指す方言なのだそうで、良い魚というストレートに高級重要魚代表みたいな感じなんでしょうねぇ。ちなみに同じ新潟県内でも新潟市ではウオ、ユー、エヨなどと呼ばれていたそうです。鮭をしてウオ(魚)と呼んでいたのは魚といえば鮭のことを言ったからでしょうねぇ。どんだけポピュラーだったかそれだけでもわかるというもんです。鮭の呼称をみると、名前が”サケ”とか”シャケ”だけではない地域と縄文文化圏がものすごく被っていて面白い。

IMG_7890.jpg

駐車場に車をとめて、入り口に近づくとテントの下のプールには
ニジマスが泳いでいて、餌やり体験という表示
餌、どこにあるんやろか(やるき満々、笑)と、階段を登ると、
餌のガチャが、、

IMG_7891_20170730143202b89.jpg

いや、、、
鯉の餌と書いている。入り口からは全く見えないが、近くに鯉の池があるみたい。ニジマスの餌は会館の受付に置いてるらしい。ほなまぁ、入ってみようと中にはいりました。ま、中にはいればまず入館して展示を拝見しますわな、そうすると出るときにはニジマスのことは綺麗サッパリ忘れてました(笑)。餌やりでドーネーション集めするのだったらもうちょっと考えた方が良いのでは?と思わんでもない。もしかしたら、ただのサービスでドーネーションにもなんにもならんのかもしれんけどね(笑)。話はずれるけど、ガチャシステムすごいことになってますねぇ、鯉の餌もそうですが、最近よく神社仏閣などでおみくじだけでなく、お守りやお札のガチャを見かけます。先だっての猫又権現とか近所の氏子さんのご自宅で授与というのも申し訳ない気持ちになりましたし、無人でお金を放置してお札もっていくシステムも、ちゃんとお金納めましたよーと叫びたいぐらいイヤーな気分になりますし、となるとカナリ奇怪ではありますがガチャシステムというのはそういう方面的に精神的負担がなくていいですね。
入館してすぐに”三面川サケの物語”というショートドキュメントフィルム。これがとても面白かった。見終わると、展示へ向かいます。

IMG_7907_20170730143205c31.jpg

ミニふ化場コーナー、めちゃおもろかった〜
三面川の鮭事業のパネルと、三面川水系に生息する淡水魚、両生類など。
10月頃から1月頃にかけて、サケのふ化の様子も見せてもらえるらしい。これはまた冬に来なくては〜。

IMG_7949_20170730143205a9c.jpg

カムチャッカ産鮭鱒の種類のポスター
キングサーモンのことを”ますのすけ”名前でみるのってめちゃくちゃ久しぶり。最近は魚屋とかスーパーでもキングサーモンやもんねぇ、味気ないわぁ。これからマスノスケってちゃんと呼ぶようにしようと思った。

IMG_7947.jpg

ちょっと暗いのがナニだけど、好いポスターがたくさんあって萌える。

IMG_7952.jpg

缶詰のラベルの展示も良いです。
シャケ食べたい、、

IMG_7950.jpg

鮭革製品もすばらしいですわ。
写真のショーケースの奥にちょびっとだけ見えている赤いジャケットは鮭48尾の皮を使用しているらしい。ほえー。ええんやけど、色がなぁ、、(着る気満々)。
名刺入れとか欲しい〜〜〜。残念ながらショップでは売ってなかった、、。

IMG_7944_20170730153053f45.jpg

村上の鮭料理の展示もとても面白い
和歌山のクジラやネイティブアメリカンのバイソンとかもそうですが、全く捨てるところゼロで感謝の心を感じます。生活密着型の神様ですよねぇ。
ライブ鮭の仲間展示、
生態観察コーナーには

IMG_7911.jpg

イトウ!!!
わーーー、幻の魚イトウがうじゃうじゃ
イトウといえば、釣りキチ三平を思い出す、、
三平よりもはるかにでかい2メートルのイトウがでてくるのがショッキングだった。ここで泳いでいるのはアベレージ鮭サイズのイトウたちでした。愛嬌ある顔。

IMG_7980.jpg

ていうか、館内に釣りキチ三平のポスターもあって、
「やっぱり!!」と呟く私(なにがどうヤッパリやねん、笑)
子供の頃のワクワクがぐおおおおっと身のうちで膨れ上がってくるねぇ。
生態観察コーナーからさらに進んでいきます
イヨボヤ、続きます!
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

巣から出てきました

Posted by jube on   4 

やっと出てきました



アオバズクの子供たち
こういっちゃぁナニなんですが、モッフリキング・トラフズクーズに比べてフワフワ感控えめで、近所の人(鳥にはさして興味がない)が子供と大人の区別がつかんというのもわからんでもないです。



じっとみていると、クチバシがガイコツに見えてくる、、。なんか羊たちの沈黙にでてくるメンガタスズメを思い出すねぇ(あははは)。
アダルトにくらべてお腹の模様もものすごく曖昧
そして、ボサボサ(あははは)
ふわふわというよりもボサボサ、、(あはは)

IMG_1016_201707301401217b1.jpg

しかも、よ〜〜〜く見ると
いっぱいハエたかってました(うへぇ)
穴の中でぎゅうぎゅうで臭っさいんやろかねぇ、、
ちょとスンスン嗅いでみたいような、、、(変態は吸いたがる)
ま、どんだけボサボサでも可愛いちゅうことです。

IMG_0950.jpg

チチアオバはここにいました
子供達から6メートルほど隣接した木で少し子供達を見下ろすような位置。

IMG_0957.jpg

ハハアオバはこちらに
子供達の居る木とチチアオバの居る木と三角形をなす場所
子供の位置より少し低いところなので3D縦軸的にも三角形
両親の位置からは遮蔽物なしにダイレクトに子供達が見えているはずです。
残念ながら私の位置(地べた)からは一つの位置から全員見える場所はなかった。
龍安寺の方丈庭園かっ。

IMG_1049_20170730140115e28.jpg

ハハアオバ、お目目ぎんぎら
イエネコがうろちょろしていたので警戒モード

IMG_0943_20170730140119114.jpg

子供達は興味津々
危ういです、猫はあかんわ。
よく、投稿動画サイトなんかで猫と鳥などのフレンド動画がもてはやされていますが、そんなことはまずないですから。パクっといかれて、ハイそれまでよ。です。



元気ですくすく育てよ〜
はいりはいりふれはいりほーーー

いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

70年代の現実

Posted by jube on   12 

俗に言う大人買い

2017072109073104e.jpg

松本零士『銀河鉄道999』全18巻
先だって松本零士の展覧会を観て、その後『宇宙戦艦ヤマト』原作を読んだ後、やっぱり999も読みたい、、と思っていたところ、ぽいと入った古本屋で廉価で18冊セット売りしているのを発見。5巻から初版なので5巻発売した時点から買い始めたんやろねぇ元々の持ち主さんは、、。なーんてなことも考えて面白く読みました。存外面白い原作の999は、メーテルが結構大人気なくて好きです。先だって夏目雅子『西遊記』をボックス買して観たときに、三蔵大人げないわーと感じたんですが、あれと同じような”大人げのなさ”というか、、人間としてどうなのか?感があるのが非常に考えさせられる。あの時代、、、。
さて、さらに昭和な大人買い

20170720165327f06.jpg

萩尾望都『ポーの一族』復刻版全5巻
『ポーの一族 春の夢』
なんと40年ぶりに続きがでました。めちゃなつかしい、、実家にあるんですが復刻版にポストカードがついているのには抗えない。14歳の少年吸血鬼(バンパネラ)エドガーを中心に起こる耽美物語。血も吸うようだが基本指で首からエネルギーを吸い取るという方式、そしてエドガーの属するポー一族は薔薇の一族で、エドガーとアランは普段薔薇を吸って体を維持しているという美しいバンパネラ。今でこそ腐系は一大ジャンルとなってますが、この頃は地味にファンが多かったです。パタリロの「だ〜れが殺したクックロービン」もこちらから、しかもパタリロでは再三ポーがらみのネタがでてきますし、もー美少年ものといえばポーの一族。吸血鬼、少年、BL、超耽美マンガのフォーファーザースといっていいかも(あはは)。20ン年ぶりに読みましたが、感動は薄まってませんわ。ただ、新刊の春の夢のほうは内容はいいですが、絵が経年劣化気味というか、よく考えたら「王妃マルゴ」は違和感なく読んでたんですが、ポーの復刻を読んだあとだったので、なんか歪みが、、歪みが気になってきて(あははは)どれがアランかわからんし。しかし内容は相変わらずとても面白かったです。
経年劣化といえば、、

20170720165431964.jpg

池田理代子『ベルサイユのばら』文庫全5巻
新シリーズ11、12、13巻
こちらも実家にそろってますが、面倒なので買った。40ン年ぶりに新刊発表。なんていうか、、彼岸へ行く前の思い出作りというか、(そんなんゆうたらアカン)。ともかく、ポーのエドガー(あははは)に比べてオスカルのほうが別人度高めになっておりまして、誰それ??って感じです。セリフとストーリーと衣装でなんとなく誰かわかるだけで、説明がなければ誰が誰やらさっぱりわからん。オスカルがもっそいゴツくて泣ける、普通に男性ですやん(涙)。マリー・アントワネットもそこらのくっさいハーレクイン工口オバハンマンガ的な絵面でねぇ、、泣ける、もっそい泣ける。ただし、話は非常におもろいのでその絵面の違和感さえ目をつむってしまえたら、というか克服したら内容がとてもおもろいです。いっそ、池田大先生は原作封殺、誰か器用な忠実に70年代の頃の絵面を再現できる人が描いて欲しい、とまで思い余ってポロリと言うてしまうぐらい残念。ここまできたらお祭りなんやし、それでええやん、、。
ともかく、どれぐらいの違和感かというと

2017072016551165b.jpg

左がオスカルの現在、右が登場当時のオスカル、、
ああ、やっぱり右のオスカルだけが観たい、、。
なんていうか、、45年前の「虹をわたって」をそのまま同じキャストでリメイクするような、そんなガッカリ感というか。天地真理沢田研二萩原健一本人が全く同じ本で演るねん、今、、それは、まぁ、それで観たいかもしれんけど、、(ぐはっ)。
あ、そういえば、
「ポーの一族」で、そうやったそうやったと思い出したシーン

20170725150834199.jpg 20170725150823197.jpg

「髪ゆっておけしょうなさって!四十のおばあちゃんが!」

アランの母のことを、マーッゴットが言うシーン。40歳でおばあちゃんです。ていうか、私の祖母も40歳で祖母でしたが、アランの母は40歳とはいうもののまだアランが14歳ぐらいなのでおばあちゃんと言われるのは辛い。しかし、おばあちゃんではないにしろ、この頃は40歳というと一般的に立派な初老女性だったような記憶があります。久しぶりの日本語生活で単語の使い方がわからないことが多々あるんですが、その中でもビビったのは私と同年輩の女性が自分たちを”ガール”と称して、◯◯ガールとか言うようになっていたこと!。ギョっとしてリアクションできんかったし。大人の女性にガールという単語を使うのはかなりオフェンシブに聞こえてしまいます(昔昔は黒人奴隷メイドや適齢期を過ぎても未婚の女性に対して使われたという歴史がある)。ま、自分で自分に使う分には差別には入らないんですが(アフリカンアメリカンが自分たちのことをニ*ーとか言うアレ、他人種が使うと大差別用語)、そういう用法としてはオッケーなんかなぁ、、痛いけど。アパートメント(集合住宅)をもって「マンション(超豪邸)」と呼ぶほどに違和感ありまくります。ガールもマンションも和製カタカナ日本語で英語ではないのはわかっているんですが、、わかっていてもビクっとします。ボボブラジルにびくっとするのに似ているかもしれない、ちゃうか、、。違和感はともかく、最近のインマチュア層の高齢化は目をみはるものがありますねぇ。考えてみれば、江戸時代ざっくり人生50年として元服平均が18〜20歳(家や事情により5歳〜20歳ごろまで幅はある)、そう考えると現在人生84年(ザックリ女性86.99男性80.75を足して2で割)としたら33歳ぐらいで元服、、。ま、年齢なんかも相対的なもんなんで、寿命が伸びれば成熟するのが遅くなるというのはネイチャーなんかもしれんけどねぇ。
いやいやいやいや、それにしてもないわー。
そんなことを考えさせられました。
ともかく、ビバ70’sなマンガに浸り満足。
食もビバノンノン
やきとり みやこや

20170706190713259.jpg

友達には鳥が好きすぎてベジタリアンになった人がいて、フライドチキンとか絶対食えんといいます。私も鳥は大好きですが、食べるのも大好きです。同じ愛でも違うもんやね。
やきとりのみやこやです。スーパーでも売ってたりするんでよく買いますが、店舗喰いもまたよろし。
みやこや、何店舗かありまして、これがウチからめっちゃ近いところにある店です。

20170706190536139.jpg

焼き鳥とやきとりの違いだそうで、
”やきとり”は鳥、豚、牛などの内臓を焼いたもの。東松山(どこ?)で通常捨てる豚の部位を串刺しにして売り始めたのが最初で「焼きとん」と言われていたそうですが、しっくりこないのでひらがなでやきとりにしたらしい。”焼き鳥”とかくと鶏肉で”高級”らしい。

20170706190524f69.jpg

メニューには”やきとり”以外にも色々ある。
もちろん串刺しの種類は鳥と鳥以外が半々という感じ。
まぁ、普通に焼き鳥がたべたかったんですが、そうなってくると初体験の内臓系もトライしたい。

20170706190619676.jpg

写真ひっくりかえってますがオマカセおすすめセットにしました。
右から、、なんかわからん内臓、レバー、タン、もも、豚軟骨
タンがめちゃうまでした。大変インタレスティング。

2017070619060419e.jpg

鶏軟骨も追加
なーーんにも考えず最初の一口目で歯がかけたかとドキドキしたが(あははは)、慣れると飲み込んでも美味しいです(ぶっ)。だいたい元来咀嚼をせずに全て丸呑み傾向にあるので(意識して噛むようにはしていますが)、歯が悪いのをいいことに此れ幸いと丸呑み生活をしています。自分に言い訳(ぶっ)。
美味しかったです〜。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。