重なりあった芸術

2017.05.20 09:00|museums
シリーズキヨト途中ですが、差し込み
ニーツに来ております。

IMG_3692_20170514183742465.jpg

どえらい土砂降りだった日藤城清治影絵展
藤城清治というと

「ケロヨ~ン!」「バハハ~イ!」

と、ケロヨンの作者で有名ですし、カルピスのキャラだとか、銀河鉄道の夜とか風の又三郎とか、私が読んだ賢治の絵本は全部挿絵がフジシロ版。ということで作品には大変ファミリアーではありますが、原画を鑑賞するのは初めてです。

IMG_0774.jpg

新津美術館、展示室内はカメラ禁止でこのエントランスにつながるホールは撮ったって良いというのが通常なんですが、今回は全館すべて撮影禁止。かなりの物々しさです。ちなみにこの写真は土門拳の時のん。

IMG_3820_2017051418374427e.jpg

会場内で上映されていた制作風景のDVDで、作業台の上でやりたい放題の猫たちが可愛すぎる。藤城清治作品にはものすごく生き生きした猫たちがたくさんでてくるんですが、これはこの猫たちやな!と感じました。
それに実際の原画をみると、切り口や重ね具合、糊や風合いがプリントとは大違い。なんか、なんていうか、生きてるんですわ。この”切り絵”という分野の美しさに目からウロコがぼったぼた。スイートなばっかりのメルヒェンかと思いきや、妙に凄みもあって非常に味わい深い。

IMG_3826.jpg

小鳥に説教する聖フランシスコ
ケロヨンやカムパネルラ、オツベルやゴーシュなど超有名作品もたくさん出品されていましたが、彼の作品内に出てくる鳥や獣、猫の表情は絶品。

IMG_3823_201705141837481be.jpg IMG_3824.jpg

佐渡のシリーズや、萬代橋がものすごく嬉しい。
今回の展覧会用に3月21日に弥彦神社に来訪、実際にスケッチされて制作された作品も展示されていました。残念ながらニューすぎて絵葉書がなかった、、。他にも三陸町や気仙沼、博多や長崎や札幌などの作品もありリアルな世界がファンタジーになる不思議な感覚が味わえる。
これはもしまだ藤城清治の生作品を見たことがない人は必見やと思います。切り絵というと大道芸とか寄席の前座とか、そんなんしか見たことがなかったのですが、切り絵はきっぱりと芸術作品ですわ。切って貼って重ねるというのがこんな芸術になるんですねぇ。いやはや、感動。
さて、心がいっぱいになったところで
お腹もいっぱいにしましょう。次の晴れた日、どうしても外食で”ちょっといい”カレーが食いたくなったので、インターネットで検索して探したところ、ガタ駅の近所にええ感じのカレー屋発見

20170512161648bea.jpg

カレー屋
潰れてました(チーン)。ていうか、ほんとーにインターネットで探してもどもならんガタ生活情報。たまにネットでひっかかってもこの体たらく。あかんやん。呆然と立ち尽くしたものの、この近所にあるココイチにしようかとおもったが、今日食べたいのは”ちょっといい”というコンセプト。ちょっとだけ、ええモンというか椅子も雰囲気もええ店がいい。食後のコーヒーとかも飲みたい。またインターネットで探す(懲りてはいるが、他に探す方法が私にはない)。が、カレーはネットではでてこなかったので、グーグルマップを呼び出して、単純に
”レストラン”
と、入れて検索してみた。するとフツーのカフェが近所にあったので

201705121616226ec.jpg

歩く
ほんの3ブロックほど
歩道橋があったので登って見渡す。
これぐらいの高さは全く問題なし。下が川とか水ならさらに怖くないです。
ただし、ヒビがはいっていたり、軋んだり錆びてたり穴があいているとかなり脂汗がでます。

2017051216143680a.jpg

Alleys アリーズ
ネットでみるかぎり、所謂普通のカフェのような感じで安心感を感じる。
そういえば、知り合いにJさんというかなり偉い爺さんがいて、その人に何か食べにいこう誘われると、最初はイタリアンやアメリカンなどが候補にあがるものの、実際に行くのは必ず中華料理になるという、、。それでよく笑っていたんですが、よく考えると私もエンドアップがフレンチフライが付いている料理(サンドイッチか魚のフライかケンタッキーカーネル)になるという、、人のことは笑えない。

20170512161533850.jpg

店内、テーブル席とソファ席があって
ソファに案内された。座りこごちはいい。が、テーブルがコーヒーテーブルなので低い、地べたに座って食べるちゃぶ台の高さに近い。これは、コーヒーとか酒飲むにはいいですが、食事にはちょっとナニ。カトラリーの使わんようなものを頼むことにする。

20170512161521cb5.jpg

アリーズバーガーにしました。
ベーコンチーズバーガーにフレンチフライとオニオンリング
ぺらっとキューカンバーピクルス(一本つけてほしい)
普通に満足しましたが、個人的好みでいうとこの自家製黒糖パンというのが甘すぎ、柔らかすぎ。肉汁でぐずぐずになるし、甘すぎてケチャップとマスタードに今ひとつ合わん。これ、もそっと固めのカイザーとかのパンやったらめっちゃうまいんとちゃうかな、と思う。もしくは南米系フランスパン(この前のセルヴィツーのパンが理想)。
ともかく、コーヒーはそこそこうまかったし、まずまず満足しました。
食ったので、少し歩く
すぐ近所がブラブラバンダイなので紀伊国屋へ寄る。
エスカレーターでぷいーんとのぼっていくと、大きなトラフズクが、、

20170512161419099.jpg

実物大ト卜口
どんぐり共和国とかいう新しいお店ができてたので、もしかしたらカリオストロ公爵家の家紋グッズとかあったら欲しいなぁ、、と寄ってみたが、なかった。知っているキャラクターもあるが、知らんのも多いということを確認した。また機会があれば知らない作品もみてみたいとおもう。隣の卜卜口さんというと、昭和。1988年ですねぇ、あんまりアニメとか見ないようになってた年頃やったような気がするねぇ、卜卜口よりもビートルジュース、ビッグ(トムハンクス)、レインマンのほうが記憶に残ってます。あ、ランボー2とかミスティックピザもこの年やったんでは。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Cheer!!



人気ブログランキング


全日本機種別選手権でPowershot SX60HSを応援しています。 Powershot SX60HS←お一人様1票だけ投票することができますので、ファブだ!と思っていただければぜひ一票お願いいたします〜。6月5日朝10時締め切り

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ