舘山ミステリに挑む!

2017.04.15 09:00|遠江
は・まなこ10
舘山寺続きです。

IMG_9672.jpg

こんな穏やかな浜名湖ですが、ここでよく行方不明者が出たそうです。浜名湖、湖という文字が付いていますがこちらでは”海”とみなされているようで、参道の料理屋でも「海の見えるお席あります」などというキャッチをよく目にしました。もともとは本当に湖、しかも淡水湖だったそうですが明応地震(1498年)とその時の大津波で砂州が決壊し汽水湖となったようです。

IMG_9661.jpg

如意輪観音菩薩さまらしきお姿ですが、、
だ、、誰かに似ている。
ものすごくいいお顔ですねぇ、
悟りにはたどり着けてなさそうな表情なのがこれまたたまりません。なんていうか、「今日の晩御飯は何にしようかしら?」という顔(どんな顔やねん、罰当たりな)。

IMG_9612_20170410072802b3b.jpg

舘山寺の参道を舘山につきあたると、右が舘山寺で左のこちらの階段が愛宕神社へ。が、愛宕神社と舘山寺は隣接しているので、どちらから登っても同じ場所に出てきます。実はなんとなく愛宕神社のほうから参ろうと思ったんですが、こちらの家族が延々と階段を走って上り下りしていて(トレーニングか?服装は観光客っぽかったんだが)なかなか終了する気配もなく、横をすり抜けるのもリスキーだったので愛宕神社の鳥居をくぐるのは断念しました。こちらの子供達、よく走りよく叫んでいまして、いつもガタの比較的静かでおとなしい子供達を目にしているので地域による子供のビヘイビア差もあるんだなぁと思いました。
というわけで、舘山をぐるりと回ってきて、最後に舘山最大の謎(私的に)である愛宕神社へ気合い入れて足を踏み入れました。

IMG_9690_2017041007282370d.jpg

愛宕神社
愛宕神社というと愛宕山に鎮座する愛宕権現さんで伊弉冉尊が主祭神、開祖は役小角と泰澄(白山ファウンダー)ということで修験なので神仏は習合しなおしといたほうがわかりやすかろうと思います。昨日書きましたが、同じ敷地内の舘山寺が秋葉修験ですんで、なぜ秋葉神社ではないんだろうか??
拝殿横にあった御由緒の掲示を見ると、
 ”祭神 火之迦具土大神
神亀四年当地舘山に鎮座す”
火之迦具土大神ってまんま秋葉さんっぽいですねぇ。確かに秋葉さんも愛宕さんも火伏の神様で共通項は多いです。
御由緒によると明治四年6月に近隣十社の財宝之神、幸運之神、厄除之神、子育之神、海之神、山之神を合祀したと書かれている。神仏分離と廃仏毀釈がいちばんえげつなくなってきたころで、修験への風当たりがひどかったころかと思う。生き残るためにトランスフォームして名前も変えたんだろうか。

IMG_9684.jpg

奥宮にも参った。
舘山のあちこちに役小角の石像が見られた。

IMG_9651.jpg

海岸に降りて見ると、アカクラゲがどっさりと打ち上げられていた。
乾いたらくしゃみでるよ〜〜〜。

IMG_9653.jpg

遊園地が見えている。
実は舘山寺温泉行きのバスにのったら、乗客のほとんど(かなり高齢の男性グループの観光客や単独観光客を含む人々ほとんど)がこの遊園地前で降りてしまって、もしかしたら舘山寺はこのバス停のほうが近いのか?と思いドキドキした。そんで、バスの運ちゃんに舘山寺に行くのは舘山寺温泉前で降りるのですか?と尋ねたら、「俺は舘山寺に行ったことがないから分からないよ」と言われた。慌ててグーグルマップで再確認したがな(笑)。

IMG_9618_2017041007282125f.jpg

内浦を横断するロープウエー
遊覧船も賑わっていた。

IMG_9702.jpg

参道にあるスナックのママさんが玄関先を掃いていたので、聞いてみたら土産物屋はすべて潰れてしまったり廃業したりしてしまったらしい。
いわゆる温泉街になっている参道はちょっと”終わってる”感あり。

IMG_9700.jpg

すばらしい景勝地だと思いますが、
観光地としてはちょっとしんどいように感じられました。
活気がなさすぎ。

IMG_9698_201704100727490e2.jpg

うなぎ地蔵
やっぱりウナギを殺しすぎているので供養か?
もしくはやっぱりこちらの影のドンはウナギやったんか?
家康よりも偉いというのはよくわか

舘山と舘山寺、ものすごーーーく楽しかったです。
旅行者的にはこのまま浜名湖の湖岸を走るバスで弁天島まで行きたいと思いました。
が、残念ながらアクセスは一度浜松駅に戻るしかないようなので、とりあえず戻ります。
ハッまなこ、続きます。
応援クリツクころもし嬉しです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ