嫌われ者の生きざま

2017.03.15 09:00|Birding
鳥屋野潟です。
ラスト日曜日に生き物イベントがありました。大変良い日和だったので早めに到着して昼過ぎの鳥屋野潟を一周。



鳥屋野潟のスズメっこ達
そういえば、スズメもスズメ目スズメ科スズメ属、そしてこのスパロウ族にはど〜〜〜〜ちゃりこんと居るんです、全部スズメ(滝汗)。ま、旧世界ではバンティングとスパロウは分けるんで(新世界では全部スパロウ)、ま、それなりなんです。話はズレましたが、スズメ、、というとこちらのスズメの事ですが、バーディングをしていてスズメを観ても、スズメ種を観ても、とりあえずスズメというてしまうんですが”スズメファミリー”の事を言うている事がほとんどです。そして自分でイラっとします(あははははは)。
ま、そんなどーでもいいことは置いといて、うちのアパート付近でみかけるスズメよりも鳥屋野潟のスズメ達のほうがなんとなくワイルドに見えます。

IMG_8486.jpg

ハチジョウツグミのナウマンちゃんが芝生の上を走っていました。
それに図書館の前のシジュウカラが営巣をスタート、穴から出たり入ったりしていますが、巣材運びはすでに終息、どうやら卵もあるかも。
さて、そうこうしているうちに開場時間になったので、講義室のほうに移動しました。
ほどなくして鳥屋野潟の生き物発表会Ⅱが始まりまして、非常に面白い発表ばかりであっという間でした。時間が足りなくてかなり延長したものの、それでも後半の発表がかなりはしょってしまってちょっと残念でした。
なんといってもこの演題がものすんごく面白かったです。

IMG_8426.jpg

浅野涼太先生「鳥屋野潟の生き物 嫌われ者たちの生きざま」
実は事前にローチの事を話すると聞いていたので、キモ楽しみにしていましたが、これがねぇ、ほんとーにコペルニクス的回転。ゴキブリに対して抱いていた感情が大変化しました。目からウロコが5万枚ぐらい落ちた感じです。実は私、若い頃ほんとに小汚いホスピス的な毎週隣近所のベッドの人がすうーっと消えて行くような病院に収容されておりまして、その時、深夜に目が覚めると天井をわさわさとローチたちが這い回り、ビビって電灯をつけると顔に向かってブブブブと飛んで来た事がありまして、、気弱になっていたこともありまして非常に意味のわからん恐怖をおぼえたんですわ。以来、羽根のついているゴキブリを見ると生理的嫌悪感を感じます。で、今回のこの発表で実は私が嫌いなのは外来種、特に原産国中国と言われているクロゴキブリ、アフリカ原産と言われているチャバネゴキブリやコワモンゴキブリだったということが判明、在来種もまとめいっしょくたに忌避していたことを深く反省お詫び申し上げたい次第です。日本の在来種のオオゴキブリなんかはなんと絶滅危惧されているとか、魂消た。目鱗剥がれ話がてんこ盛りでありまして、あまりに面白かったので全部ビデオで収録しておけばよかったと思ったほど。もういちど見たい、、(そこまでかっ)。

IMG_8431.jpg

浅野先生が採集された標本も回覧(回覧〜〜〜あはははは)
私の前に座っていた女性、見ないようにしてそーっと回してくれました、めちゃくちゃ嫌そうでした(あははは、いいリアクションでした)。
鳥屋野潟で観察できるのはヤマトゴキブリ、桜の木に卵をつけるので桜の木が多い鳥屋野潟は良い場所みたいです。オスは立派な羽根があって飛べるんですが、メスはちぢこまった羽根の痕跡があるだけで飛べません。しかも、幼虫期間が667日!!冬は休眠します。が、成虫になると休眠機能がなくなってしまうので冬になると死んでしまうんですって!!!!!なんとまぁ。次世代の為に羽根をギブアップし、越冬もギブアップしてしまったヤマトゴキブリ。感動の嵐です。

IMG_8437_20170313182303f7f.jpg

浅野先生が飼育されている生きているヤマトゴキブリの幼虫さんも回覧してくれた。
私、話を聞いたので幼虫のゴキが大丈夫になったのではなく、もともと羽根の生えてないゴキは全く平気です。とはいえ、MIB(映画「メンインブラック」)のヴィンセント・ドノフリオ演じたバグが引きつれているぐらいのものすんごい数の26センチのワラジのようなゴッキーズに埋もれたら嫌ですが。
 ともかく、たまーにモズがゴキを食べているのを見て、パリパリうげえええええって言うてましたが。これからは合掌することにします。モズもできたらヤマトを食べずにクロを食うようにしてほしいです。
いい発表会でした〜〜〜、楽しかった。
もちろん他の演目も大変興味深かったです。

IMG_8467_20170313181057512.jpg

出口翔大先生『鳥屋野潟の鳥類相は高速道路から見えてくる!?』
高速道路から鳥屋野潟を観察するのではないです。ワタリの重要ルートとしてのガタ市内に於ける鳥屋野潟の存在を中心に鳥屋野潟で観察できる鳥や繁殖している鳥などについて。航空写真などでみると鳥屋野潟はフライウェイのサービスエリア的な位置にあるいいスポットなんですわ。宅地や農地が増えてしまっている中にポッカリ浮かんだこういう地域てええホットスポットになることが多いですからねぇ。妙に都会にある森、新宿御苑や皇居にええワタリ鳥がやってくるというのもフライウェイサービスエリアが少ないというのも理由の1つでしょうな。

 IMG_8465_2017031318105907f.jpg

渡辺博先生の「鳥屋野潟公園のきのこ」
ビギナー向きの鳥屋野潟で観察できるきのこの紹介、ものすごく勉強になりました。やっぱりW先生おもろいわ〜〜〜〜。写真は鳥屋野潟で発見されたエノキタケとヒラタケが一緒にくっついて生えたもの。かなり萌え。そして、日付をみると12月25日、クリスマスにラブラブだ〜と言うW先生。クリスマスにもきのこかいっってツッコミをいれそうになりましたが、かくいう私も鳥みてましたしねぇ、お互い様かと(ぎゃはは)。

IMG_8417_20170313182303778.jpg

ちょっと目の曇りがまたひとつ晴れたような気がしました。
新しい世界が開けるって、素敵ですね。
とはいえ、クロ、チャバネ、コワモンは引き続き好きにはなれませんし、なろうとも思えませんが(ぎゃはは)。
続きに他の演題と前日の探鳥会の様子もあります。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ