FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

はやく人間になりたい

Posted by jube on   4 

県立図書館のネットがリニューアルして予約が10冊まで出来るようになったのと、使いやすく見易くなった。良い事だ。

20170131135901a0d.jpg 20170126154856620.jpg

リサ・ガードナー『棺の女』訳:満園真木
Detective D.D. Warren series: "Find her" Lisa Gardner
だいぶんと前にFBIプロファイラーの”Killing Hour”を読んだ事があっておもしろかったような記憶があるんですが、今回翻訳版で読むのは初めて。デテクティブDDワレンのシリーズ8作目、今回の被害者はフローレンス・デイン、7年前にフロリダで女子大生をしていたときに、誘拐され棺桶に入れられ洗脳され472日間後に救出されたサバイバー。その過去と現在進行形の誘拐事件をクロスオーバーさせながらストーリーがすすむ。かなりセンセーショナルでグラフィックなのでホラーよりに感じる人もおるかも。一応ミステリ&スリラーやとは思います。とにかく、バラ入りするフローラの472日間の回想シーンは圧巻。が、いつもの私パターンとしてシリーズものの途中の巻を読むと、その主要キャラが非常にうざく感じてしまう。最初から読めばそのウザさの理由もわかるんだろうが、、。ま、ともかく棺桶て恐怖ですねぇ、書きだしの部分はライアン・レイノルズ主演の”Buried”を思い出しました。髪の毛マッチロケになります。飢餓とか強姦などの拷問も酷いですが、やっぱり五感を奪うというのは一番つらいかと感じました。良い出来の性犯罪誘拐ものでした。
田中憲『妖怪人間ベム』
あの「はやに人間になりた〜〜〜い」の妖怪人間原作。泣けます、そしてとにかく懐かしい、そして面白い。アニメのDVDも欲しい。
マンガの後に隠れているのはバッカスとラミー。めちゃくちゃ久しぶり数十年ぶりぐらいに食べました。最近チョコレート中毒気味です。

201702101436127d9.jpg

マツダユカ『きょうのスー』1、2
マンガです、アーバン型のうちの自宅近所と似通った鳥種が勢揃いで読みながら「あるある」「うんうん」大連発です(あはははは)。私も全く同じような妄想&アフレコつけたりして遊んでますんで、非常にハマりました。もちろんホントにスズメたちがこんなことを話しているわけではないですが、慥かにこんな感じに見えるんですわ。

20170210144916cbe.jpg

シジュウカラとメジロとコゲラが一緒に行動しているのとか鳥屋野潟でも定番ですし、絵もとても可愛くてそしてちゃんと生まれ、死んで行く。スズメってキャバティブだと10年生きるという飼育例もある奥の深い野鳥です。アーバンな愛鳥家必読(笑)。

2017021014362328e.jpg

マツダユカ『ぢべたぐらし あひるの生活春夏編』
『ぢべたぐらし なんかのヒナ』
おなじくマツダユカマンガ本、本屋で4冊目についたのでバクチ的一気買いしたんですが大正解でした。きょうのスーにくらべて大味感はありますが、それでもかなり面白かったです。裏表紙にはTVアニメ化された、と書いていたのですが、残念ながら全く知りませんでしたわ。かなり有名作品だったんですねぇ、自分の嗅覚を褒めたいです。

201702051442374ad.jpg 20170205144327ad4.jpg

上橋菜穂子『炎路を行く者』
短編2作、ヒューゴの若い頃と、バルサの若い頃のエピソード。ヒューゴがどんなキャラクターだったのか漠然としか覚えてないが、大変楽しく読めた。それより、テレビドラマ化するというのを帯をみて初めて知ったが、よくよくあとがきまで読んでみると、シーズン3だということが分った。それだけポピュラーな作品になったのだなと改めて嬉しくなった。しかしながら私の脳内映像化バルサはいつもジーナ・カラーノだったりする。1作目が出た時に、某新聞の読書欄で大人も読める極上のファンタジーとかなんとか言うレビューに惹かれて読みはじめたのを思い出した。引っ越しで手放してしまったのでまた全作再購入再読したいと思う。

万城目学『悟浄出立』
よくも悪くも万城目本っぽくないが、万城目節を期待しなければ面白い。万城目本的には目新しいかもしれないが、物語としてはあまり目新しさを感じないし私の苦手な短編なので、波に乗る前に終わってしまう、映画のトレーラーっぽい。嫌いではない。
さて、先週の事です

20170214171806571.jpg

遅い午後に酒買いにプラ〜〜と古町を歩いていると、
がた冬 食の陣 当日座
という横断幕が見えまして、古町のアーケード3町分に渡ってえぐいたくさんテントブースができていました。
しらんかった、、しってたらナンも食わずに来たのに、、
この直前に王将で暴食した直後だった(笑)

201702141717006fa.jpg 20170214171749144.jpg

しかも終了ギワギワだったので、完売済みの店も多く、
店じまい済みの店も多く、、(なんか悔しい)。
でも、やってる店は半額とか半額の半額とか、オマケ盛りアリとか
宇佐のからあげもてんこ盛りゲット
ポッポなドーナツも歩き食い(あかんやーーん)

2017021417173439c.jpg 20170214172048adc.jpg

ブリカツ君もきていました〜。
佐渡のブリカツ最高です。
斑鳩町のブースも出てまして、なんでまた?と尋ねたら、会津八一繋がり、八一さんはよく斑鳩を訪れてはったということで。で、私もワカヤマンなのでお隣繋がり(笑)ってことで飴ちゃんとパゴちゃんのシールを貰いました(笑)。斑鳩のほうは近かったということもあり特に良く行ったのでものすごく愛着があります。
あとはわらび餅だとかなんやかんやとアテを購入
で、ついでに三越でさらに食いもんを買おうと寄ると

20170214171920c0d.jpg 20170214172003033.jpg

妙高酒造さんが来てました。
味見をさせてもらった(うへへ)

20170214171935fa1.jpg 20170214172018998.jpg

特にこの2本が美味しかったんです。
純米大吟醸 妙高山はアメリカで金賞受賞されたそうで、慥かにアメリカ料理や西洋料理に合う爽やかでワインっぽいフルーティーな美味しさでした。
が、私の好みはコチラ
「妙高山 越淡麗」純米大吟醸 、これ激ウマ!!!しかも、200本限定で蔵元で瓶詰めされている逸品。しかも、この日の三越ではこの写真のんが最後の一本、、、、

20170214172035b42.jpg

そうゆぅの弱いんです(笑)
連れて帰りました(あはははは)
めちゃめちゃ美味しかったです。大満足〜〜〜。
やっぱりポン酒はガタの誇りですな。
流行に逆行して糖質たっぷり食生活です(ぎゃはは)。
応援クリツクころもし嬉しです↓

人気ブログランキングへ

イエメシイエノミそしてイエトリ

Posted by jube on   12 

自宅大好きです。

IMG_7374_20161130152038964.jpg

この秋からマイ・フィーダーにウグイスが来るようになりました。
さらに最多で3羽、先日はなんと私の足にとまってくれました。悶絶でした。

IMG_3743.jpg

こうして長時間ウグイスを眺めていると、ウグイスってホケキョ系囀りとヂッヂッていう地鳴きのほかにも色々と鳴き声バリエーションがあるもんですねぇ。この子は特に地鳴きをめったにせずに、ピ〜〜ィ、ピ〜〜〜ィとか細い声で鳴く事が多いです。メジローズは小声でシ、シ、シ、シ(ちょっとp音入りのシ)、スズメッコーズはクピッ、クピッ、ギュピッ、チュン、ジュンなどが主で猫やラッタスがでるとキチキチキチキチと警報。ヒヨはもうヒ〜〜〜〜ヨ、ギィイイイイイイヨってのがほとんどですがややこしい鳴き方もよくやってます。フィーダー目当て以外の鳥もなんやかやとやってきます。ややこしくてもイソヒヨの声は美しいですねぇ、たまにお隣りさんの屋根にとまって鳴いてます。あとは、モズ、ハクセキレイ、ツグミ、イソヒヨ、ハシブトガラス、ハシボソガラスがやってきたりしますが、うちの壁をつたうブドウ狙い。一度だけ、ハヤブサが屋根に止まってキャキャキャキャキャキャキャキャって鳴いた事がありまして、さすがにその時は小鳥達が全員居なくなりました(笑)。他にもイカル、アオバトなんかの声もシーズン中はきけたります。
さて、



柄子ブロマイドです(笑)
もちろん柄夫、柄若のファミリー、ジロ子ファミリー(こちらは娘つき)も毎日顔をみせてくれています。最近柄子ドタちゃんが網戸にとまったり網戸をつたったり、網戸で口を拭ったりするようになりまして笑かしてくれてます。
で、先日の事に、そろそろ寒くなってきてヒヨが集まりだしたなぁ、、と思っていた矢先にヒヨ2羽がフィーダーをぶっ壊してくれました。桜の枝がポッキリ真ん中で折れて(涙)、まぁ細い枝でちょっとフヨフヨと脆くはなっていたんですが、極小系小鳥がとまる分には問題なかったんです。ヒヨたちが卵のパックを改良してつくったバターカップを引っ張って引っ張って、枝をへし折った模様です。
実はそろそろ老朽化してきたフィーダーをリニューアルしようとは思っていたので材料は揃えていたんですが、ほっぽらかってたんです(あはははは)。

IMG_7626.jpg

ということで、急遽DIY
今回も桜の枝の剪定した後にできたキレッパシの廃材(ゴミとも言う)の山から1つ貰って来ました。
道具はヒャッキンです。
前回よりもすこし太めの枝を利用し、彫刻刀で切れ目を穿ちます。

IMG_7551_20161130153735b81.jpg

タテヨコ10x45と10x30、深5ミリの穴二つ
こんな感じでピーナツバターを埋め込む。
シジュウカラ用のタネ入れ(ペットボトル材)は洗ってリサイクル、こちらはシイのブランチを使用しました。
ミニゼリーは容器をそのまま再利用。
一所懸命に彫り彫りしているときに私の背中のほうに瓶開けっ放しのピーナツバターをほっちらかってたんですが、そこに顔つっこんでピーナツバターを食っていたヤツがいます、、ウグイスちゃんです。知らんフリして作業続けましたが、ビデオに撮りたかった〜〜(あはははは)。
フィーダー(餌台)を作っている間にも、ちょろちょろと見に来て、腹ヘッタ飯ヨコセ!コールが続いてたんですが(笑)。一応野鳥ですし、フィーダーを新しくしたら警戒して当分は来なくなるだろうか、、とも思っていたんです。ま、仕方ないですよねぇ、そういうのは。ま、完成して、取り付けましたら、

IMG_7610.jpg

いきなりウグイス(爆)
まだ、網戸も閉めてないんですが、、カメラもって戻って来ても全く問題無し(笑)。
手が届くぐらいの間合いに平気ではいってきます。

IMG_7596.jpg

とにかく、一番はウグイス、ほぼ同時でシジュウカラ
設置直後(爆)

IMG_7602.jpg

フィーダーの中に入り込んでタネを選ぶ柄夫
位置もかわったし、枝の材質がかわったんですが、まったく問題なし

IMG_7622.jpg

めちゃめちゃ平気(あはははは)
ウグイスてよく懐くといいますが、ほんまやねぇ。

IMG_7554_2016113015202481b.jpg

で、隣りん家(樋)生まれのスズメの子供達
この子らは近所の雑草のタネとかを食べていて、べつだんこのフィーダーのものは率先して食べないにもかかわらず、いつもこの洗濯干し場で屯しています。親はちょくちょく見にきてバター食べていきますが、、。託児所かわりにつかっているのか(あははははは)。


IMG_3746.jpg

ジロ子(メジロ)ファミリーはどうもウグイスたちと仲が悪い、というかメジロが一方的にウグイスを嫌っている感があります。
ちょびっとフィーダーのススメ、ものすんごく楽しいですよ♪
凝ったのとかもいいかもしれませんが、簡単につくれるのも楽しいですよね。

Easy Homemade Bird Feeders←空きパックなどでできる簡単なの色々あります。
DIY Birdfeeders←ホムセンレベルやお笑いやちょっとカッコいいのも。靴や茶瓶の巣箱もおもろい。
どんな鳥に来て欲しいか、というのでどんなエサを設置するかが違います。私はメジロとシジュウカラを誘致したかったので大きめのタネとピーナツバターとリンゴジャム。もちろんナマの果物、ミカンやリンゴを用意するのがいいんですが、残念ながらナマは高額ですし、腐りますしゴミも出やすいのでベランダバーダーには向いてません。アリが来なくなる冬にピーナツバターを1日に小さじ1杯ぐらい使うのがお財布にもやさしいと思います〜。残さないぐらいの量が一番ですね。
この冬は特に栄養をいっぱいとって元気にすごしてほしいです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

茸とアオジとトモエ

Posted by jube on   6 

鳥屋野潟です



トモエガモ
最近、潟沿いのよく見えるところにトモエガモがウロウロしています。
常時12〜3羽以上居ますが、あまりまとまらず粗な帯状に一列縦隊になっていたり、オス2羽組で居たり。
珍しくちょっと日がさして、綺麗な緑色が見えました。いつもはなんか薄暗くてモノトーン8マンみたいなんですが。



ようやくアオジが近くなってきました(笑)
随分慣れてきて接写オッケーレベルです(あははは)。

IMG_4910.jpg

アホガミルトリノケツ写真
むちむちおケツ(笑)
カンチョーしたくなりますねぇ(ならんかな)

IMG_4192_20170207160533d1a.jpg

雪融け氷水で行水するシジュウカラたち
ポーラープランジ(あはははは)こりゃなんか寄付せなあかんな。
でも、浴びる程に小汚くなっていくような、、。

IMG_4770.jpg

シジュウカラのオスは腹黒い、、というか股間が真っ黒(ぶっ)
よくネクタイの太さ、って可愛い表現を見ますが、ガタでみる首の下のネクタイの太さはオスメスあまり変わりがないのも多くて悩ましいんですが、なんせオスの股間が真っ黒なのが多くて(あははははは)分りやすいです。
一転にわかにかき曇り、
雪ボーボーに降って来ました。ガタウェザーですねぇ。
シジュウカラも固まる。

IMG_4916_2017020715551674b.jpg

ものすんごい吹雪いて来ましたが、
写真では分りづらいんですが、南の空には青空が所々見えていました。

IMG_3763_20170207160536dfd.jpg

アオジもなんかしょぼーん

IMG_4737_20170207160550099.jpg

鳥屋野潟には野生のエノキダケが生えています。
最近キノコエキスパートのWさんと知り合いになる機会を得まして、
謎だったキノコ達の正体が判明〜♪またキノコを見つけたらどしどし質問させてもらいます。
ありがとうございます〜。

IMG_4739.jpg

これもエノキダケ
なんかスーパーの白いエノキダケばっかり見てたから、エノキダケは白が普通だと思っていましたら、あの白いエノキダケも日光に当てるとこんな色に育つそうです。

20170207161613127.jpg

”山えのき”
そういえば、、こんなんも売ってた。茶色いエノキ、、ただ日に当てて育てただけか、、。随分と前にシメジみたいな丈の茶色い”えのき”も買った事があるんだが、あれも本当にエノキダケやったんやねぇ(ちゃうもんだと思ってた、笑)。

IMG_4729_20170207162347fa6.jpg

ヒラタケも生えている。

20170207161949d45.jpg

ヒラタケ鍋にした。
って、ちゃんと買ったヒラタケです。
鳥屋野潟に生えているヒラタケはまだ生えてます。もちろん食べられるそうですが、なんか畏れ多いので観賞用(笑)。

IMG_4791.jpg

この真ん中のんと左の小さいチボはアカゲキクラゲ
これも食えるそうだ。で、問題は右の小さい白いのん

IMG_4929.jpg

スエヒロタケ
スエヒロタケが産出する多糖類からシゾフィランという抗悪性腫瘍剤の一種が作られるらしい。が、レアに抵抗力が落ちたヒトやイヌの肺に寄生してアレルギー性気管支肺アスペルギルス症同様にスエヒロタケ感染症を引き起こすそうだ。人間の症例は7例だとか。肺からキノコが生える、、、(そういうわけではないですが)となると、ガタ出身漫画家魔夜峰央氏のマンガでキノコになるホラー短編があったのを思い出した。あの作品もキノコが身近なガタならではの作品なのかもしれない。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

このあしあと、誰そ?

Posted by jube on   6 

鳥屋野潟です

IMG_6412.jpg

マンサクがまんず咲きました♪
でも雪は降ってます。たいしたことはないですが。

IMG_3748_20170206164802412.jpg

面白い事にこの狭い公園で場所によって景色が全く違います。
というのも、風が通るところでは雪はほとんど積もらないし、妙に雪がこんもり積もる場所もある。



同じ日でもこんなにうっすらとしか積もらない場所もある。
そんな場所は地面が近いので地べた穿り系の鳥が集まります。
このあしあとは、、ドバト(カワラバト)でしょねぇ(あははは)。
カワラバトのトラックはものすごく面白いです。めっちゃウロウロしてるし(笑)。

IMG_4199.jpg

モズ子ちゃん
アダルトオスも綺麗ではありますが、個人的にメスやヤングのこのお腹の鱗模様が好きです。

IMG_3750_201702061647387b9.jpg

風見鶏がうもれている(笑)。

IMG_4213.jpg

シロハラがどっさりやってきた。
ポエポエとかなりウルサいです(笑)

IMG_5054_2017020616480103f.jpg

ウルサいといえば寒ブナ漁
鳥屋野潟でよく見るのは刺し網漁で、錘のついた網を柵状に仕掛けておいて、そこへガンガンと船縁や鍋を叩いて騒音をだして網に鮒を追い込みます。
お陰で鳥も全部逃げます(笑)。近所の料亭なんかで寒鮒料理を食べる事ができるらしい。
関西で鮒というと琵琶湖の鮒寿司ぐらいしか食うてなさそう感あり。個人的には小学校の頃に祟られるほど鮒釣って遊んだから(ぎゃはは)、どうも食欲がわかないんですが、まさかのチャンスがあれば食ってみたいとは思います(できるだけ濃い味付けが良いかと、、笑)。小学生の頃でももちろん食べる魚釣りもしましたが、その場合は海でアジとか太刀魚とかねぇ、ま、色んな海魚が簡単に釣れますし、淡水魚というとイワナとかアマゴ、鮎ぐらいしか食いませなんだなぁ。そういえばナマズも食べませんが、夏恒例一族山合宿(数日間野宿して山修行)時にその年は何故かナマズをとりまくり(笑)夜にナマズの蒲焼き、、食べんかったら夜中に人間サイズのナマズの祟りの怪談をくらいまして真っ青になってゴソゴソ寝袋から出て「じゅべも一口たべるぅううう」と言うたのを覚えています。この3年後ならケツに挟んで屁ーこいて寝てたでしょうが、なんせ私も小学低学年でしたんで、ナイーブでした。懐かしいおもひで。

IMG_3749_20170206164803d64.jpg

キイロスズメバチの巣か?
アクティブかどうかはわからんが、、なんかスズメバチの巣って目につく。

IMG_5047.jpg

いつものオオタカのヤング

IMG_4206.jpg

ここにもシロハラが数羽
ツグミよりも遥かに数が多い

IMG_4194_20170206164807039.jpg

べちょべちょに濡れたシジュウカラがうろついていました。
どこかで水浴びしてきたんやろね(笑)。さぶっ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

鳥屋野のフクロウとポスター展

Posted by jube on   6 

鳥屋野潟です。
昨日は鳥屋野潟の看板フクロウ種、トラフズクでしたが、今日は所謂”フクロウ”
フクロウ種のフクロウ、ウラルアウルさんです(ややこしねん)。



いつもの様にブラブラと園路を歩き始めると、
小径のすぐそばの木にフクロウがたかっているのが見えました。

IMG_4481_201702061547245da.jpg

園路から発見した時、こんな感じ
今年のお正月から出没しはじめたフクロウ(ウラル)です。
ぐるーーーりと迂回して、顔が見える場所がないか探す。

IMG_4563.jpg

逆光だがすこし遠ざかった園路から
風がふくと小枝が揺れて顔が見える。
ミミズクとちがって、顔がクリクリで可愛らしいです。
しかしまぁ、、デカイわ(笑)。

IMG_4515.jpg

辛うじてここかなぁ、、
で、ズームして1枚目の写真ちゅうことになりました(笑)
ともかく、まだクロウズにも見つかっていないのでゆっくりと楽しめそうです♪
眺めていると、シロハラ、シジュウカラ、ヒヨドリなんかが入れ替わり立ち替わりやってきては文句をたれていきます。昼間は強気な小鳥達(笑)。



アオゲラも最近オスメス定着して毎日見られるようになりました。
良い色♪

IMG_4539.jpg

この日はキョキョキョキョキョとラブソング&ラブダンス披露
ビデオで撮ればよかった〜〜〜。

IMG_4529_20170206154703972.jpg

アカゲラもアベックで見ますし、
ドラミングもよく演奏やってます(笑)。

IMG_3390_20170206154725cd5.jpg

コゲラにいたってはうじゃうじゃ(笑)
いつもものすんごく近いところに溢れ出している状態です(笑)

IMG_2805.jpg

ヤングなオオタカも健在
そういえば昨日はトラフズクを見においでた紳士と鳥のお話をしていて、「わたしカモでして」とおっしゃるので”カモ”、ダックが専門の方だと思い、「今日はヨシガモがはいってますわ」とカモ話をすると話が全く噛み合ない、、、。???が飛び交った後、カモというのは加茂という地名の事だと判明しました(あはははははははは)。めっちゃおもろかったです。

IMG_4475.jpg

高等学校自然科学系クラブ発表ポスター展
全部の発表が大変面白かったです。トキ野生復帰プロジェクトなどは大変いい発表でした。その中でも”スーパーで販売している魚で海洋のプラスチック汚染を検証してみた”というのが目を引きました。所謂自然界で自分の足でフィールドワークしなくても、自然界へしっかりアプローチしていて社会に訴えるものもあり興味深かったです。自分で魚を釣った時に内臓をほじくりたくなりますね。
いい展覧会でした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

茶色いほっぺたのクイナ

Posted by jube on   6 

鳥屋野潟です。

IMG_4921_20170205162647373.jpg

Deer奥方さんのハンドメイドキーチェーンの新作を頂きました。
Toyano(鳥屋野)のオーがどんぐりになってます。めちゃかわい。

IMG_5673.jpg

鳥屋野潟といえばトラフズク
春になると見づらくなりますんで、寒い間に見に来てください〜。
なんとなく、春気分、、とはいえさしてなんも咲いてはいなガタ(笑)
ロウバイの香りでも楽しみましょうと歩いて行くと、

IMG_4938.jpg

オオヒシクイーズ、テイクオフ!
寒ブナ漁の舟がやってきて、カモ類雁類コハクチョウ達までパニック飛び
1羽相変わらずアメリカコハクチョウもいてます。
飛んでいる水禽をみていたら、クイナがまじって飛んでいた。



で、着陸地点が見えたので、ぼっつら見に行くと居ました。
クイナ
年がら年中みますねぇ、クイナって留鳥だなぁ、、と今更ながら実感(笑)
山渓の日本の野鳥、野鳥の会のフィールドガイドどちらにもRallus aquaticus(Water rail) と書いてまして、それで私は大混乱しました。正しくはRallus indicusだそうで、英名はBrown-cheeked rail もしくはEastern water rail です。ちなみにWater railは西アジア、ヨーロッパ、北アフリカで見られる種で、鳥屋野潟で見たら大発見です。昔は全部ひっくるめてWater rail(Rallus aquaticus)だったそうですが、最近分類学も進歩してすっかり様変わりしてしているのに日本の図鑑やフィールドガイドがまだ昔バージョンのまま。ま、つい図鑑のせいあねん!と言い訳し(爆)”しかたないよ”とは言われるんですが、イチイチ手数かけますしねぇ。まぁ、たいしたことではないんですが、いちいちと調べなおさんとあかんし、数秒で終わる事が数日かかるんでササクレますねぇ。またお前か!みたいなねぇ。ま、今は別のフィールドガイドを使てますが、お陰でまた和名がわからんように、、、(とほほ)。婆の愚痴ではあります、ま、精進いたします(あはははは)。

IMG_4945_201702051631589b6.jpg

ロウバイもちゃんと嗅いできました。
いい匂い〜〜〜♪

IMG_4954.jpg

そういえば、去年ロウバイの種をもらったんだった。
種まきは寒くなる前に、って言われてたのを思い出した。
10ヶ月後やな、、植木鉢でもええんか?

IMG_5010_20170205163156ff7.jpg

アトリーズもそれなりに
鮒舟で飛んだがシロハラ、ツグミがどっさりとやってきていて、
どさくさに紛れてトラツグミも1羽見た。

IMG_5009_201702051631570d2.jpg

カイブツリ大好き。
顔がムーミンに出て来る系やと思う。

IMG_4917_201702051642336fa.jpg

オオハクチョウも1ダースほどウロウロ

IMG_5023.jpg

ノスリもウロウロ

IMG_4933_2017020516423502a.jpg

池に張った氷が割れていて
ものすごくシュールな景色になっていた。

IMG_4934.jpg

自然芸術やね
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

そして去ってしまった、、

Posted by jube on   4 

鳥屋野潟です。
3月12日にヤングスター達がイベントをするので是非来てください。鳥の羽根や昆虫などを持ち込んでくださると、鑑定してもらえますよ〜楽しいですよ〜〜〜。詳細はサイドバーのブリテンボードに掲示中。

IMG_1189.jpg

11月の中頃から滞在していたオジロビタキーズ
先月の1月15日を最後に、以後まったく見なくなってほぼ1ヶ月になりましたんで、去ったコンファームです。
約2ヶ月たっぷり愛でさせてもらいました♪

IMG_8645.jpg

連日、、というわけではなかったですが、
天気の良い日にはこんな感じで沢山(2桁は見た事はないですが、笑)のカメラ人が訪れて賑やかでした。
先週も何人かに「オジロビタキが出るって聞いたんですが」と話しかけられましたが、
もっと早く来て欲しかったです。ものすごく残念。

IMG_1184_201702012026571e8.jpg

また来年も来てくれると良いですねぇ。
鳥屋野潟公園FBで鳥情報も出ます!フォローですよ〜。

IMG_1168.jpg

ハクセキレイ
スッカリ良い色になってきたMr.ハクセキレイ、
恋の季節に向けて準備万端、胸はって行進中(笑)

IMG_1174.jpg

アオジもじわじわと人慣れしてきて、
えぐい近いところで寛いだりしています(あはは)。

IMG_8638.jpg

トラフズクーズは5〜8羽メンバー定着したようです。
ただし、いつもの塒のシラカシではなくて、違う木でとまっていることもよく見られるようになってきました。
とくにこの個体。変なところにとまって、ビビってストレスで細くなっていることが多いです。
でも、飛んで逃げない。なにしたいんかサッパリわからん(笑)。

IMG_2577.jpg

結構小鳥も食っているようです。
去年は木のある植え込みにトラフズク見物の人が入りまくって、土は踏みしめられるわ(シラカシが枯れる恐れあり)、草花は踏み殺されるわ、生け垣の椿は踏み折られ、酷いことになってしまったので、立ち入り禁止になりました。お陰で植え込みの植物も盛り返して来て、苔ももどってきました。嬉しいです。

IMG_2558.jpg

この日はこんなところにフクロウ(ウラル)が居ました。
カラスハラスメントで直ぐに飛んでしまって、後頭部とシリしかみえませんでした。

IMG_2576_20170201204352a6c.jpg

ネズミを食っているようです。
単純に約10羽のトラフズクと1羽のフクロウ、それにノスリとチュウヒも結構ネズミをとるのでそれだけの猛禽が食っても食っても無くならないネズミ類。私的にはラッタスを集中的に捕食してほしいと思います。トラズクたちにはちょっとでかすぎるか、、。
ほぼ毎日、猛禽を見ない日はまずないですねぇ。
そんな鳥屋野潟です。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

東日流外三郡誌、ご近所甘味ウォーク

Posted by jube on   6 

IMG_6405.jpg

鳥屋野潟でも梅が咲きました。
ものすごく嬉しいです。
さて

20170114201516fd8.jpg

東日流外三郡誌
高橋克彦本が好きなので一度は読んでみたいと思っていた『東日流外三郡誌』ですが”偽書”事件を扱ったドキュメンタリー本や暴露本のようなものはよく見かけるにも関わらず、東日流外三郡誌自体は出版されていないようで、難儀しました。最近やっと古書屋で発見したので即買。偽とか真とかは置いといて、読み物として面白かったです。
第一巻古代編
総編・総序、阿蘇辺族・津保化族、邪馬台国、荒吐族
生活・言語・出土品、安倍・安東氏
第二巻中世編
安倍・安東氏、平氏、十三氏(萩の台合戦)、曽我氏、
安倍・安東氏、安東水軍
第三巻中世編
築城・兵法、一族の内紛(津軽大乱)、建武の中興・長慶帝、
北畠氏、和田氏、興国の大津波、応永・嘉吉の件(南部氏)
第四巻中世編
秋田氏、天内氏、高楯城・朝日氏(津軽氏)
地理一般・附書
第五巻宗教
古代(荒吐神)、中山修験、中世(総合)、台密の浸透
修験宗、寺院、神社、キリシタン
第六巻諸項
世界観、詩歌、伝説、言語、雑、取材、戒言、系図、年表

紀伊國屋書店に注文していた本をとりにいったとき、
紀伊國屋の下の階のLOFTに

20170207165212b8d.jpg 20170207165230a2a.jpg

ULTRAMAN WORLD M78 Official shop
が、エスカレーターの真ん前にドーンとできていたので道草を食いました。
かっちょいいグッズやアパレルがたんとありました。
セブンのバッグとかネクタイがかっこよかった。期間限定で今月28日までだそうで、次は大阪に出店するらしい。円谷ウェブをみたら大阪はパーマネントショップになるようで大阪限定グッズも取り扱うそうだ、、。伝説の名シーン大阪城で戦うゴモラとウルトラマンのデザインとTとか欲しいで。
さて、
ガタ市内です
鳥友さんにチャリ圏内の美味しい大福屋さんを教えてもらったので、さっそく行こうとおもったら、雪が積もってチャリにはちょっとナニになったので、徒歩でいけるまんじゅう屋に行きました。

2017020215501181e.jpg

よし仙
引っ越し前にここら辺に住もうと思っていた地区。
学校がたくさんあって、いい感じで商店と住居がいりまじってます。
ただ、アリーが悲劇的にせばい。
私のプアなドライビング技術ではとーてい無理か。

20170202155215cf8.jpg

なににしようかな〜。
とりあえず、草大福を買おうと思ってたんだが、売り切れていた(ちーん)。そうなると俄然悩む(笑)。そうだ、今年のテーマは不惑だったのに(笑)。とりあえず、かぼちゃ、利休、田舎、醤油団子、笹餅、それに日持ちのするモナカも1つ。1枚目の写真のアリーを奥へ、1つ目の四つ角を右に曲がるとすぐに豆八なので、序でにアイスも買おう

201702021552300be.jpg

豆八
冬でアイスやってないし(笑)そうか、、ま、そうよな。
回転焼き(餡、うぐいす餡)だけです。
アイスが食えんとなると俄然食べたくなってきた(笑)、ちなみにここのアイスもモナカの中にかき氷(あははははははははは)。スギザキのアレと同じようなんです。もしかしたら、ガタのアイスモナカは「そゆんです」なのかもしれない。

20170202155243408.jpg

むら田の蕎麦屋
暖簾がでてなかったので、休みか休憩中か、、
新潟市麺類組合の組合票に初めて気付いた。なるほどー、ウェブにページがないお店が多すぎるので、難儀だがこういう組合がそれなりにウェブサイトを持ってたりするんですねぇ、、。これから検索するときにそこらへんも考慮しようと思った。

20170202154914883.jpg

学校町通り
フクロウがシンボルです。
珍しく、ここで立ち止まって写真を撮ったら、知らないお店があるのに気付きました。

20170202154941658.jpg

スズキ食堂車
オヤツの時間だしねぇ、まんじゅうはあるがクッキーとかって日持ちするからいっとこか(笑)。

201702021549564fa.jpg

見た目買い(笑)
フクロウ、というかミミズクですが(笑)トラフズクっぽい形のシナモンクッキーを買いました。
めちゃめちゃ好みの味〜〜〜〜〜、1羽あたり80円とガタ物価的には少々お高いんですが、その価値ある美味しさだと思います〜。見た目もとっても良いし、プレゼントにも良さそう♪

20170202155057039.jpg

で、
よし仙のまんじゅう

20170202155156f8a.jpg

餅がね、餅なんですわ(笑)
私の思うところの”ガタ”の味。値段も大変リーズナブル。
はっきり言うて、利休(大島饅頭のことですが)なんかは利休饅頭の概念をぶっ飛ばします。利休蒸しパンのような感じです、ポッポ利休とか、そんな感じ(笑)。そして、なんかリピ食いしたくなるという、、。かぼちゃは季節外れのハロウィン感アリますが、アッサリしていて美味いです。重そうで重くない、が、軽すぎもせず。1つあたりでかくて満足度高いです(笑)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

吹雪と鶴と

Posted by jube on   6 

さて、
鳥屋野潟です

IMG_3484_2017012716093724a.jpg

オジロビタキが折れたハンの木にたかっていた日の事です。
この木、折れる前はやたらとカワセミがたかっていたんですが、
折れた後はあまりたからないようになりました。全くたからないというわけではないんですが。

IMG_3419_20170127160847919.jpg

直ぐそばで、電信柱リニューアル工事をやってたんですが、
カモ以外はあまり気にしていないようで、オジロビタキも工事の直ぐそばまで近寄ったりしてました。
カモは散ってしまってましたけどねぇ。

IMG_3420_20170127160850395.jpg

私がじーっと見ていると(単に野次婆)
「この木は切らないですし、傷つけませんから!!」と、
ものすごい勢いで言われました。木関係でクレームが多いんだろうか、と類推する。
Sさんがやって来て色々とチャット、某所に某鳥が飛来しているという話を聞き、雪がボーボーに降ってきて、天候は最悪、運転しながら鳥を探せるような状態ではない。そして、私は鳥探す以前に車の運転が怖い(ぎゃはは)。利害関係の一致を見た(Sさんが優しいとも言う、あははは)。車を出してもらって、私は隣りで鳥を探すのみ!!!(非常に嬉しい)。タイムリミットは3時間!レッツラゴー!!

3時間の成果は!



ナベヅル3羽無事確認しました。
ものすごい雪で入れない道が多くて、近づくことはできませんでしたが、
ま、誰も近づけないので居ったんかもしれませんが、
ともかく、ライファーのナベヅルを見る事ができて、めちゃくちゃ嬉しかったです。
主にSさん、それと初めましてのSさんありがとうございました。
そして運転ご苦労様でした(ありがたやありがたや)

IMG_3293_20170127160931db6.jpg

あとは
マガンとかオオヒシクイとか
コハクチョウにオオハクチョウなどの、ま、フツーな水禽

IMG_3432.jpg

コチョウゲンボウとかのフツーな猛禽
まぁ、基本雪でどうしようもなかったんですが(あははは)

IMG_3770_20170127160944361.jpg

どうしようもなく暗いので小鳥は観るだけ(笑)
ちなみにこのシルエットは、アトリ♀

IMG_3423.jpg

鳥屋野潟に帰って来たら、それなりに降ったり止んだりの雪でなんかショボイ。
やっぱりガタチューオークだけは別というのを遠出をすると実感します。
シメだけが近寄ってくれました(笑)。

IMG_4802.jpg

トモエガモもぼちぼち居てます。
ナベヅル達、おっきくて可愛かったです。もー、大興奮。どうしようもなく吹雪いて来て撤退しましたが、大満足な日でした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

オオワシは大きい鷲

Posted by jube on   10 

福島潟です
雁ターゲットで鳥見に来た日

IMG_5148.jpg

電信柱にクソデカい鳥がたかっていました(あははは)。
大きな鷲でオオワシ、、、もうちょっとヒネってほしいです。
ちなみに英名はステラーズシーイーグル、ステラの海鷲です。
個人事ですが、オオワシとオオタカがものすごく言いづらいので、オオワシはステラ、オオタカはゴスと呼んでます。
コゲラとコガラも未だに言いマツガイます。
とにかく、じわじわと木の影に隠れたりデツアーしながら距離を詰めます

IMG_5165.jpg

うんこぴゅーんが見られたので、身構えましたが、
またリラックスモードにはいったので、さらに近づきます。
ま、程よい距離を保ったところで腰を落ち着けて、眺めていると
ぼちぼちと人が集まってきました。が、もちろんただっぴろい場所に3人(ぶっ)
その後もちらっと見て帰ってく人も入れて、10人というガタ的には大ギャラリー(笑)。
「飛ばしたらスミマせん」とこっそり言いながら、一人だけ近づいて来て話しかけてくれた人が居まして嬉しかったです。散々見倒した後なので飛ばしても遺恨はありません(笑)。ま、良い距離はあけていましたし、突発的な動きもしなかったのでまずもって飛ばしはしないですねぇ。飛ばす人っていうのは、そんなん言わずにダーーと走るぐらいの早さで鳥に近づきます。ほんま、私も飛ぶわっ!って感じ(あはは)。



なんか置きもんみたいなポーズまで披露してくれました。
メスでウィングスパンが2メートル50センチ(最大)
こうして羽をひろげられるとほんまに威圧感ありますねぇ。



このタロン(爪)っ!!!
両肩ガバーーっと掴まれて地面に押し倒されて大流血してみたい!!(変態〜〜♡)

ハシボソガラスがちょっとてんごしに来まして、
ちょいちょいと尾羽をひっぱったりしたので、それなりにおもろかったです。



ビデオも撮りました。
オオワシのうんこ動画(笑)うんこにビビるハシボソガラス
さらにちょっとした動きにビビりまくる姿に妙にハマり、オオワシビデオというよりも、ハシボソガラスのほうばっかり注目するビデオになってしまいました(笑)。そういえば、この間のコミミビデオもハシブトばっかり注目してしまいますしねぇ、結局Moveはカラスの独壇場か(笑)

IMG_5345.jpg

こうなると、なんどごと無いかぎり数時間余裕で座るもんなんですよねぇ、
イーグルってのは(笑)

20170131153054dff.jpg 201701311531118bd.jpg

ちなみに私のステラちゃん(チョコエッグのオマケ)
やっぱりオオワシというとこのおすわりポーズか(笑)
ちなみに右側は白頭鷲セラミック・チュリンケット・ボックス(Ceramic trinket box)。3枚目の置物ポーズはこんな感じを思い出しながら撮りました。違う種類の鷲ですが、やっぱり鷲というとこのポーズよねぇ。普段の姿はともかく(あはははは)。
ともかく、オオワシにあまりにも動きがないので、他になんか居らんかスキャンしていると、

IMG_5420_20170131163815e99.jpg

コミミズクが飛んでいました。
これで1キロぐらいでしょうか、遠かったんですが、一応コミミが飛んでますよ〜と言うと、
近くに居た人々がコミミライファーだったそうで、ものすごく喜んでくれました。
なんでも初めてだと見つけにくいもんですが、一度見たら目慣れて次見つけやすくなるので、次は大丈夫でしょう。
てなかんじで、ちょろちょろと他の鳥もみながら十分満足したので撤退していたら、

IMG_5430_20170131163816adf.jpg

オオワシも飛んでいきました。
しかも、こちらにケツを向けて。
アホガミルワシノケツ写真ステラバージョン
そしてみるみる遠ざかっていって、

IMG_54370.jpg

4、5キロぐらい離れたところにある鉄塔にたかりました。
はっきり言って、5キロぐらい離れていても余裕で見えます。
でっかい鳥です(あははははは)。
近くで観るオオワシも大迫力で素敵ですが、遠くにちっさく見えるでっかいオオワシも萌えます。
そんなんで、楽しい一日でした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

該当の記事は見つかりませんでした。