なに食うとんねん!北海食道変3

2016.09.30 09:00|away-eat
漸く北海道最終回です(あははは)
色々心に残ったジャンクフードやお土産食、まとめてみました第三弾。

IMG_0005.jpg

六花亭 札幌本店
ちょっとこの写真だと解りづらいんですが、ブロンズの可愛いワンコちゃんが座っていて、もうそれだけでオッケー(笑)。なんとまぁ、良いデザインだこと!!とベタ褒めしながら入店(笑)。
帯広の有名店六花亭の札幌旗艦店、マルセイバターサンドといと最近はスーパーなんかでも目玉商品で限定個数販売したりして珍しくなくなりましたが、こちらではマルセイアイスサンドが食える!というので寄ってみました。
店内1階がお店、2Fに立ち食いスナックエリアとテーブル席がありまして、メニューを見るとピザやケーキもあったので、テーブル席に座りました。ピザとケーキとコーヒー、それにアイスサンドを注文。アイスサンドだけだと立ち食いエリアで食べないといけないそうです。

IMG_9947.jpg

テーブル席のセンター飾りやクッションも全部六花亭柄
ものすごく爽やかで、北海道感あふれてます。

IMG_0001.jpg

これこれ♪マルセイアイスサンド
マルセイバターサンドのクッキーよりも薄くてサックサクのガワに品のいいレーズンの入ったホワイトチョコレートアイスが挟まっておりまして、軽ーーーくて美味しい〜〜〜〜。5個ぐらい軽く食えます。が、ピザやらケーキやらほかのものも食ったので追加はやめた(笑)。
1Fのショップも品揃えがさすがのフラグショップ♪限定品や発送不可の生菓子なども色々あって萌えます。六花亭菓子ファンならここは寄らんとあかんでしょうねぇ。
ま、そんなんも食べますが、
北海道で自分用のお土産、というと駅で山親爺を買うのが私の慣例であります(笑)。

20160521160900d43.jpeg 2016052116084972c.jpeg

北海道土産の”山親爺”
山親爺、というのはヒグマの事だそうですが、羆というと三毛別羆事件を思い出す(『羆嵐』)。が、こちらの山親爺はスキー板を履いて,鮭を背負ってます。カモネギならぬクマサケ(ちょっとナニな肉肉しい組み合わせ)。
ヒグマのムッチリとした太ももがなんともいえず魅力的。味は和歌山銘菓”和歌浦せんべい”(私の大好物)とよく似た感じでとっても美味しい。
山親爺の箱にはクマのオマケがついているのも私のツボで、無駄にこの熊を集めてたりします(笑)
今回、ちょうど近くを通りかかったので山親爺を作っている千秋庵本店にやってきました。

IMG_0217_20160920152823838.jpg

千秋庵 本店工場直営店
地下鉄南北線の狸小路駅をでて直ぐの所にあります。解りやすいですが、もっと大きい店だとおもっていたので(笑)最初見つけられずに通り過ぎてしまいました(笑)。

IMG_0213.jpg

山親爺のコーナーの前に立って、写真を撮らせてもらって気付いた、、
山親爺の電飾の前に小さいノゥティスが

”クマのマスコットは終了となりました”

な、な、な、、、ナヌゥーーーーーー(;゚;Д;゚;; )

ものすごくガックリ。
でもまぁ、山親爺の味に変わりはないので、今回はクマも居らん事ですし、バラで山親爺にはじまり片っ端から全種類買いまして、イートインで山親爺パフェも注文(笑)。
そんで、レジのお姉さんにクマが無くなってとってもとってもとっても悲しい、と伝えると。
ちょっと待ってね、と奥に入っていて。ハイ、これプレゼントとクマちゃん1個もってきてくれました。

アリガトーーーーーー(;゚;Д;゚;; ) 千秋庵サイコーーーー!

小さな小さなプラスチックの熊ですが、デッカいハートを感じました。
もちろん、クマ復活を願いますと社長に伝言してくれと言うのは忘れず(あはは)。
今回やたらと札幌駅で時間をつぶすことになりまして、ま、ラーメン共和国かスターバックスで座ってたんですが(笑)、ふと立ち寄った

IMG_0783.jpg

北海道さっぽろ「食と観光」情報館
どさんこプラザ
買い食いはココが一番おもろかったです!!
買い食いLOVERに超おすすめ。
札幌駅で西コンコース改札から出て北方向、構内店舗案内で”北海道さっぽろ観光案内所”とかかれている場所です。
流行の地方アンテナショップというやつで東京神奈川仙台さいたま名古屋に出店しているそうです。

IMG_0790.jpg

この週はプラザ入り口のイベントスペースで
おとうふ店めめのめめおやきが出店中!!!
北海道では有名な豆腐スイーツだそうだ。とりあえず、豆腐店ちゅうことですんで豆乳クリームのおやきを食べてみました。なんかよくわからんが、見た目は豆腐色の回転焼き、、一番売れているのがこちらの豆乳クリームだそうだ。
モチモチ〜〜〜〜〜〜ン、激ウマ。
豆乳苦手やったけど(ぶっ)豆乳の評価変更、これはフツーに凄く美味いです。
3個ぐらい一気食いできるぞ、コーンポタージュおやきと抹茶きなこ餅おやきもいっとこか、、(笑)
とまぁ、やっちゃらかしてしまいました。
結構三越やイセタンの北海道物産展に出店したりするそうなんで、来ガタの際には忘れずに食おうと思います。
後日談ですが、数日前にガタ万代の伊勢丹でやってた北海道物産展にこのめめおやきが来てました。たまたま本屋に行った時に知ったんですが、やっぱり美味しかったです〜〜。一通り食べましたが、豆乳クリームが一番うまかった。またすぐに三越でもやるみたいなんで、そっちも覗いてみようと思います〜。

IMG_0786.jpg

熊肉は珍しくはないですが、
トド肉ってのはかなりアレやと思います。酒のアテに一発いっときましょう。
ま、味的には濃いすぎで素材の味はちょっと解りづらいというか、解らないというか(ぎゃはは)
でも、話のネタにはコレでしょうねぇ。

IMG_0800.jpg

ちょっと食べてしまって参加してない物品もありますが(ぎゃはは)
とりあえず、戦利品サックリ並べてみました。
ソラチのスープカレーの素はまた別の機会にクックしたいと思います。北海道ゴボウスープはホテルで夜食と一緒に飲んだら美味しかったです(爆)。柳月の三方六、五勝手屋羊羹、エゾ鹿ソフトジャーキーは定番ですねぇ、普通に美味いです。
 実はこの中で買い占めてくればよかったと大大後悔したのが根室の端谷菓子店オランダせんべい
帰りの新千歳のコンコースでまるまま歯で食いちぎろうとしたら歯が折れるかと思いました。ギョっとしたんですが、手で千切ると簡単にちぎれまして、小さく千切って一口二口とシガシガと噛んでいると、だんだん中毒になってきまして。1枚目ですでにオランダせんべいジャンキーとなりました(あはははは)。これってものすごーーくスカンジナビアンなワッフルですねぇ。非常に懐かしい味。全国発送してくれるらしいんですが、、ファックスて、今時ファックスて無いやろそれ(涙)。もっと食べたい、、と現在ちょっと悶えております(笑)。

IMG_0520.jpg

島川製菓のミルクカステーラ
北海道産小麦100%、口の中の水分全部もってかれますが(あはは)コーヒーとの相性バツグン。とくにラテ、カフェオレとは至福のコンビ。博物館のカフェで売ってたんで食うてみたんですが、ハマりました。
東札幌駅近所の工場でも小売りしていますが、
入り口はかなりヤバイ感じです(笑)必見
そんなこんなで色々と買い食いしました。
最後に、jubeの北海道お土産お勧めチョイスはコレだ!

20160919135840e39.jpeg

千秋庵の小熊のプーチャン バター飴
プーチャンの顔になった素朴な味の美味しいバター飴
小さなジップロックに10個はいったのが3袋はいってます。手作り感モリモリでデザインもとても可愛い。パルナスな感じでした。
楽しかった
北海道記、これにてお開き。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記19

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

なに食うとんねん!北海食道変2

2016.09.29 09:00|away-eat
おもろかったです、北海道。
食べたもんをまとめてみました、その2
今回、一番インパクトがあった食べ物はコチラ

IMG_0024.jpg

牛とろ丼(中)
北海道大学のコープの食堂でフツーーに飯くってますねぇ。
超おすすめされまして、食うてみました。アツアツご飯に生の牛メンチと海苔とネギがまぶされてます。作る所を見ていたら冷凍生肉フレークでした。しつこく「良く混ぜて食べてくださいね」と3回ぐらい言われました。

IMG_0026.jpg

ほんま、フツーに生肉です。言われた通り一所懸命にまぜまぜしましたがな。
それではスンズレイいたしまして、ムグムグムグムグ(*´艸`)

ウ’マーーーーーー艸(゚Д゚)艸

生肉好きにはこたえられん美味さ。めちゃめちゃ生肉味です(笑)。生肉の味を活かしきった丼ですねぇ、味付けが薄めなのもポイント高いです。
これは生食牛肉さえ手に入れば自分で簡単に作れると思います。生肉、炊きたてご飯、ネギ、ノリ、麺つゆていう感じ。私的には麺つゆではなくて塩胡椒バターとかで食いたいかも。グヘヘヘヘヘ(涎)。写真みて思い出すだけで涎でてきますねぇ。ほんま、美味しかったです、何遍でも食いたいです。
リピ食いというと、ハマったのがこれ

IMG_0815.jpg

中華料理 布袋
地下鉄東西線西11丁目駅の近く↑グルグルマップに飛びます。
よく行ったセイコーマート(コンビニ)の横にあって、いつもものすごく混んでいて、やたらと美味そうな匂いがただよってくるので、入ろうとしたら丁度店員さんが「本日終了しました」の札を持って出てくるところにでっくわした。が、ザンギのお持ち帰りなら良いですよ、と言うてくれたので、お言葉に甘えまして、ザンギ注文!

IMG_0814.jpg

怪しい隅っこの席に座らされ待たされる。
ラストオーダー時間を超えているが、店内まだまだ人だらけでみなさんモリモリ食うてます。ていうか、運ばれてくるものすべてかなり素晴らしく大盛り!!10分程待ちまして、出来立てホカホカ。550円ですがかなりズッシリと重いナイロン袋です。ウキウキで隣りのセイコーマート(コンビニ)に寄ってビール買ってホテルに戻ります。

IMG_0817.jpg

なんと、私の拳骨サイズのザンギ(鶏の唐揚げ)が7個!!!!

ウ’マーーーーーー艸(゚Д゚)艸

これはほんまに美味かったです!!!これはもうザンギは布袋できまりやね。衣サクサクで肉ジューシー。そしてこの付属のタレが美味い(コンビニ惣菜の蓋にはいっている茶色い汁が布袋特製ザンギタレ)、ナイロン袋にいれてくれるのでネギが袋にへばりついてでてこず(爆)。それと札幌駅の駅内リーフレットをプレースマットに使てますが、見なかった事にしてください(笑)。
ビールはご当地限定クラッシックと、もう一本が北海道産原料だけでつくったTHE北海道という銘柄。サッポロビール博物館で案内のガイドさんがかなり強くお勧めしてくれたビール。ファクトリーに在庫がなくて、そこらへんのスーパーでもしかしたら残ってるかもしれないので探して欲しい、と言われてたんですが、なにげに布袋の隣りのセイコーマートで発見しました。苦労無くてよかったです(笑)。
それと、さらにリピ食いしまくった食品

IMG_0642_20160906162119b29.jpg

小樽のかま栄のてんぷら
ていうか、いちおう”かまぼこ”というもんらしいですが、味も見た目もどっからどうみても”てんぷら”です(和歌山人的には)。紀文とかの系統のくいもんです。多分全国的には”さつま揚”かもしれない。
ともかく、ここのてんぷらはどれもフワフワの出来立てアツアツ劇ウマ。
その中でもこのパンロールちゅうのはアツアツも美味しいが冷蔵庫で冷やした次の日になるとアツアツの時には全く存在感がなかったパン(豚ミンチ、玉ねぎなどを混ぜたすり身のタネをパンで巻いてあげてある)が冷えるとぐぐっと主張をはじめまして、これが美味いのよ。

IMG_0796.jpg

この玉子チーズも気に入った。アツアツふみゃふみゃ、それでいて弾力がええかんじにありまして、チーカマ味(笑)。なんちゅうか、このフワフワ感てめっちゃクセになりますねぇ。たまらん。
札幌市内のデパ地下(大丸、三越、丸井今井、東急)やエスタ、新千歳空港にも出店してるんでめっちゃ手に入りやすいし。小樽の堺町に本社工場直営店もありました。ビバてんぷら(笑)。
特にパンロールは地方発送してくれないそうで、ここで食うしかないと!(笑)。
で、デパ地下に行くとついでについつい色々買うてまうんよね。夜食よ夜食(爆)

IMG_0194_201609061641325c1.jpg

ここの札幌限定甘納豆栗おこわ
五色のんいっときました。めっちゃ美味かったです。最近おこわもハマってます。

IMG_0791_20160906171400623.jpg

北菓楼のゆきぷりんCカップ 大丸限定
これも美味かった。
ほんで、

IMG_0776.jpg

知らんがな。
まさか”かなえ”という女児が拉致されて某国につれていかれた可能性がある、とか
両親の悲痛な情報収集広告なのか?
それにしてはもし知っていた場合にどこに連絡すればいいのかは書いていない。

IMG_0635.jpg

地元の人何人かに聞いてみたら、
回転寿司はトリトンに限る、と。
残念ながら郊外型のお店のようでちょうど良い場所になくてタイミングが合わず、↑移動中に1軒だけ見かけたのみ。すすきの店があれば絶対食ったのになぁ。
北海道食道篇つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記18

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

なに食うとんねん!北海食道変1

2016.09.28 09:00|away-eat
北海道です。
なんか色々食いましたが、めっちゃ写真撮るの忘れました(あははは)
その中でなんとか撮ったもん

IMG_9867.jpg

ラーメン空の味噌バターコーン
サッポロラーメンミソラーメン
と、呪文のように唱えてましたが(笑)
おかげさまで、とりあえず駆けつけいっぱい目
札幌駅のビックカメラのある札幌エスタ10階のラーメン王国で食べました。

IMG_9862_20160906144249ff2.jpg

いや、ラーメン共和国だった(ぶっ)
ま、ほどらいですねぇ。
ともかく、厳選された札幌の有名ラーメン店が8軒出店してまして、
8杯食える胃袋が欲しい、、と思いました(爆)。ラーメン大好き小泉さんほど食えんでも、2、3杯一気食いしてみたい(あはははは)。このラーメン共和国ものすごく便利でした。なにせどこに行くにもとりあえず大通駅か札幌駅経由なことが多かったので、その度に食えるという(爆)。

IMG_9869.jpg

札幌ら〜めん共和国、昭和な感じのデコに共感が持てます。
持ち帰りラーメンなどが売っているお店も併設されていてなんちゃってラーメン好きにはたまりません。なんせ、楽(爆)。とりあえず食いたいし、歩きたないし、時間もないし、別に本店でとか拘りないし(あはははは)。
駅から外にでんでもスッと行けるのでほんま便利でした。

IMG_02260.jpg

ジンギスカンもちょこちょこ食いましたが、
いっぱい飲み屋で食うた自家製タレにつけこんだラムちゅうのが美味しかったです。
ま、羊肉ていうとガタでも普通にスーパーで売っているので珍しさもないですが、なんか本場北海道で食うってだけで付加価値があるというか(あはははは)。ふと思ったことに、和歌山で住んでいた頃は羊肉はなかなか売ってなかったもんですが、、なにせ昔の話なので(笑)今はメジャーな肉になったのか?それともニイガタンは羊肉を好むのか、、そこらへんがわからないのがモヤモヤします。ともかく、ジンギスカンにキンキラキンに冷えたサッポロビール、たまりませんな。

IMG_0816.jpg

泊まったホテルがこれまたセイコーマート、セブン、ローソンに囲まれてまして、その中でもセイコーマートがご当地コンビニだと聞いたのと、揚げ物が結構美味いのと、品揃えが北海道色強いのが気に入ってちょくちょく寄りました。

20160906151313f12.jpeg

ソフトカツゲン
めっちゃ気に入った。飲みまくり(爆)。
マミーとかビックル系の乳酸飲料、私の好きなドリンクのカテゴリーです。
味はというとビックルよりマミーよりというか、マミーよりもさらに甘味控えめでちょいとアッサリ系。よって、かなりガブガブ飲めます500だったら一気飲み必至やねぇ(あはははは)。普段の旅先よりもお腹の調子がよかったのはソフトカツゲンを飲みまくったからかもしれません。ありがとう、カツゲン。
もともと北海道製酪販売組合連合会(雪印の前身)が帝国陸軍の依頼で開発された、給水状態の劣悪な中国中央部に駐屯している軍人用の栄養飲料で活素(カツモト)という名前だったらしいが、後に一般人への販売も開始、昭和31年「活源」と改名、昭和45年にソフトカツゲンという現在の名前に変更されたそうな。活源のころは雪印大阪工場でも生産されていたらしい。由緒正しい栄養飲料なのです、ありがたいのです。

20160906151412c56.jpeg

セイコーマートブランドの函館塩ラーメン
こいつを食いそびれたのが残念やねぇ(あはははは)
後で買って帰ろうとおもっていてすっかり忘れてた。写真見て思い出したがな。

IMG_0195.jpg

いろはすのハスカップ味
なぜかハスカップの神様が降りて来たようで、やたらとハスカップを食べました。
ハスカップ系のお菓子やドリンクもけっこう色々あって見つける毎にゲット(笑)
もっそい好きな味です。

20160906151253873.jpeg

Ribbon(サッポロビールのソフトドリンク部門ポッカサッポロフードビバレッジ)ハスカップソーダ
これがいちばん美味かったです♪ダースで買い占めたかったなぁ。
ていうかこの写真の露出はどないなっとんねん、目が痛い。
ポッカの富良野ラベンダーティーのほうは爽やかなんですが、ちょっと便所の芳香剤を思い出すので飲料としてなナニな感じ(私比)。でも慣れたらクセになりそうな茶ではある。
ロマンス製菓のはすかっぷグミとハスカップキャンディー
網走の会社だそうで、ウェブサイトを見るとそれだけで買いたくなる素敵な工場です。激ハマり中のハスカップなんですが単に酸いグミというか、人工的でいいので(笑)もそっとハスカップ味にしてもらいたかったか。飴のほうは昭和な味わい!こんな味の飴多かったなぁ、、っていう素朴な味の飴ちゃんに包まれた練ったハスカップの凝縮ゲルというかネッチリしたもの。妙に美味くてついボリボリくってしまいます(噛んだらあかんやーん)。入れ歯にはアレな感じです。

2016090615134226d.jpeg

Ribbonの夕張メロンゼリーとカリカリまだある?
夕張メロンゼリー、所謂ツブツブみかんジュースとかバブルティーみたいなやっちゃ、と軽い気持ちで買いまして、ナニも読まずに飲もうとすると出て来ないほど固まってる物体でした(あはははは)。で、腐ってるのか?と慌てて表示を読むと「振って飲め」と(あはははは)。で、テキトーに振って飲むとボロボロとゼリーの塊が口にはいってきて、飲み物ではなくてカレーのような(具の多いやつ)ゴロゴロ感というか(例えが悪すぎるな)。で、ラベルを熟読すると、「よく振って飲め」と(あははははは)。で、かなり良く振って飲みますと、なんかゲル状でねぇ、、今使っているゲル化粧水に似た感じ(化粧水は飲まんけど)、はっきり言って良く振らずに適度にクラッシュするぐらいのほうが美味しかったです。注意して飲まないと噎せます(爆)。誤嚥注意。
カリカリは有名北海道土産菓子ですが、土産モンとしてではなく普通にビールのアテに美味いです。存外カレー度が高くて結構ええ感じにヒリリと辛いんですわ。夕張メロンゼリーにはイマイチ合いませんでした(ぎゃはは)。


IMG_0229.jpg

タヌキ

IMG_0218.jpg

まりも
まりもは食べません。

IMG_0200.jpg

なんば
北海道では”とうきび”と呼ばれてます。
さすがに歯がナニなので、なんばを歩きながら食うということはできません。歯にこまるしねぇ、歯磨きと手洗いが出来る状態の時に食いたいです。

IMG_0202.jpg

ところかわれば食い物も変わりますねぇ。
味付けはやっぱり塩辛いものがおおい。
それと地元の方と話していると存外たくさん新潟弁由来の言葉を発見できて興味深かったです。
もちょっと食べます、つづく。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記17

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

皇妃エリザベートが愛したドナウの秘宝

2016.09.27 09:00|museums
北海道記ドラグしてますが(笑)
ちょいとブレイク

IMG_1798_20160924072248bbf.jpg

新潟市新津美術館 ヘレンド展
ブダペスト国立工芸美術館、ハンガリー国立博物館等が所蔵する陶磁器約230点が新潟にやってきております。
館内、新津では珍しく(珍しくって言うな)大きな帽子を被ったガタ”マダム”的装いの中高年女性がワンサカとあふれかえっていて、これまた2〜4、5人の団子状となり陳列台の前を占拠。
私、年齢的にはぴったり同世代ですが、なんか独り異邦人
ていうか、あからさまにジロジロ人を見ないガタピーポーも女性団体になったらそれなりに気が大きくなるのか、思う存分ジロジロみられました。ま、すきなだけ見てくれたらいいけどね、。なんで見られるんかねぇ、、とおもうが、実は近所の”顔見知り”ばっかり居る場所で”知らん人”なんで見られているんではなかろうかねぇ、他に理由がわからん。ストレンジャー・イン・ニーツ(ぎゃはは)。

IMG_18040.jpg

ヴィクトリアシリーズのテーブルセッティング
会場2カ所で”ショッピング”できるセットが展示されていまして、なんとなくアパレルのファッションショー的な雰囲気になっています。もちろんこちらのセットは撮影可。
あんまり日本では知名度が高くないヘレンドですが日本にも直営店が出来、デパート出店もがんばっているようで、そこらへんの流れもあっての大日本興行なんかねぇ。たしかにこうして実際にディナーセッティングしているところを見たら、気に入って購入する人も少なくないと思います。

IMG_1808.jpg

撮ってはいけないガラスケースの前なんで写真が撮れませんが(笑)
まーーいろんな話をしている女性の方々、、聞こえていますんですってば(あははははは)
そして、普通の展覧会ではそんなに目にしない、ガラスケースに手をつくな、触るな、もたれるな、という表示がめちゃくちゃ多い!!!
それなのに、その表示の横に手をついて見ている人の多い事といったら!!
ていうか、8:2ぐらいで少数の男性も居ましたが、男性もケースに手をついていましたねぇ。
なんでこんなに手をつくのか?としばし色んな人が手をついているのを観察していました。私が思ったのは、特にちょっと低めの所に展示されていると、顔を近づけてみるのに身体を自力で支えることができないんだと思います。手をついていること自体無意識っぽくみえます。腹筋背筋の問題なのかも。手すりが必要か?(手すりとか付けられたら色々邪魔でたまらんな)。また壁状の展示ガラスの前にちょうど7センチほどの出っ張りがありまして、そこも手ぇ付き放題でした。もちろんそこも手をつかないようにとの表示がたくさんありましたが(苦笑)。

IMG_1818_20160924072301fef.jpg

「牡丹とアポニー・グリーン」シリーズ4人用ティータイムセッティング
ヘレンドだけでこれだけの数を観ることて、あんまりないですねぇ。
特にヘレンド初期の頃の作品やハンガリー王室御用達セットやケデレー宮セット、万博出展柄や食器以外の作品など見ごたえありました。ビデオでは制作風景入りのヘレンドプロモビデオなども流されていて工夫が凝らされてます。

IMG_1824.jpg

最近またシシィ人気が再燃しているようで、あちこちで皇妃エリザベートがらみを目にします。
皇妃エリザベート関連本はものすごくたくさんありますが、これをチョイス

20160924070241b4f.jpeg

名香智子『皇妃エリザベート』
原作:ジャン・デ・カール、 監修解説:塚本哲也
目の中に星がいっぱいある少女漫画の王道ですねぇ。かなり私のもつエリザベートイメージとはズレがありますし、こまかいところはアレですが、流れはとてもよく解るので20分で要点が掴めます。そう、風呂本に(笑)おすすめ。
ヘレンドというと皇帝フランツ・ヨーゼフが庇護し、皇室・王室御用達承認されて一気にメジャーブランドになったというイメージ。そう、皇帝フランツ・ヨーゼフというとエリザベートの夫ですもんねぇ。エリザベートが押したんか、フランツが先なのかはわかりませんが、ともかく、かなり当時的に斬新なデザインと高い技術で良質な顧客をガッチリ掴んだことは確かでしょう。品物をみると良くわかります。
色んな意味で結構楽しかったです。
このヘレンド展、全国巡回で関西は
2017年4月8日〜7月30日大阪市立東洋陶磁美術館
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

サッポロビール博物館

2016.09.26 09:00|museums
2日前からFC2の管理画面、特に記事の管理と記事の編集、新規記事のページがバグリまくりで、いつバーンっていくかとドキドキしています。どうしよう(笑)。
北海道札幌です。
そういえば、、敗北していたところが、、(あははは)

IMG_0732.jpg

サッポロビール博物館
”麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる”
開業時のキャッチコピーがそのまま使われておりまして、なかなか味がありますねぇ。
ちょうどこの写真を撮った直後に老夫婦がやってきて、シャッターを押してくれと頼まれました。そんで、何て書いてあるのか解らないというので、読んであげると、ものすんごく感心されました。普通にたてに読むだけなんですが、どうも横で読もうとするんでしょうか?、結構読めない人が多いらしいです。普通に右から縦に読みましょう(あははは)。
ともかく、ちゃんと営業してました、よかったわ(笑)
博物館は好きに見て回っても良いですが、試飲付きのガイドツアー(50分500円)に参加します〜。同じ飲むのもサックリ説明してもらって良く知ってから飲むと有り難みが違うちゅうもんです。

IMG_0734.jpg

受付を済ませてから、ツアー開始まで5分ほどしかなかったので直ぐに待ち合いホールに向かいます。
博物館内/ツアーは動画や録音は禁止ですが、写真は好きなだけ撮ってオッケー。
待ち合いではサッポロビール史のスライドショーが流れていておもしろかったです。
同じツアーに参加したのは私を入れて8人、男女ペアが3組に男性一人、私(女性)一人。
すぐにガイドさんがやって来て、まずサッポロビール開業ショートフィルム(かなりおもろかった)

IMG_0753_20160919152633154.jpg

直径6メートル超のウォルトパン
1965年製造でつい最近まで現役で使われていたそうです。8.5トン
独りで飲んだら(私が)2000年ぐらいかかりそうなビールが一回で作れます(笑)

IMG_0737.jpg

ウォルトパンの裏にあるステンドグラスは麦とホップと美味しい水
なんとも素敵ですねぇ。

IMG_0744_20160919152024483.jpg

ダイジェストで面白どころの話を聞かせてくれます。
ビール誕生にはほんとに色々と苦労があったようです。
ビール瓶の蓋1つ、ラベル1つにもいろんなストーリーが

IMG_0745.jpg

1906年(明治39年)恵比寿ビール/日本のビール王の馬越 恭平が札幌麦酒株式会社(サッポロ)日本麦酒醸造(ヱビス)が大阪麦酒(アサヒ)を合併し、大日本麦酒株式会社となった時の三社合同の仮契約書(本物)が展示されている。ビール王直筆のシグナチャー(契約書なんやから直筆でなかったらあかんけど、笑)。
ちなみにこの時、静岡県東部・長野県・新潟県以東での札幌ブランドとしてサッポロビールは存続したらしい。なるほどな。

IMG_0741_201609191553471fb.jpg

開業の頃のポスター
美女揃いです。
で、最近のポスターも展示されていまして

IMG_0760.jpg

女性多めの所を撮りましたが、存外男性が多い。
”男は黙ってサッポロビール”とか、めっちゃ懐かしいですねぇ。
今見ても一番かっこいいですねぇ(あははは)。
さて、博物館のほうはここまでで、ツアーの〆は試飲です。

IMG_0761.jpg

スターホールに移動します。
一般客と低い柵で区切られたスペースになっている。
もちろんツアーに入らなくてもコチラで好きなだけ有料試飲できます。

IMG_0747_201609191526299de.jpg

ゴクゴクゴクゴクゴクゴク
プハーーーーー(*´∀`*)
んふーぅう
うまっ!!!

ツアーについているのは開業した時に作られた札幌ビールを復刻した開拓麦酒と最新の現在製造されているクラッシックのビールの2杯。アルコールが飲めない人はRibbonのソーダから選びます。おつまみは普通の豆。
ただ、朝からろくなもん食ってない所に昼飯前(この後隣りのホールでジンギスカン食う予定)なのに、これっぽっちとはいえ豆でビール一気飲みて、、、腹膨れてまうやん(笑)
開拓麦酒が妙にツボでまったりあっさり美味しかったです。北海道でビールが出来る前から麦とホップは自生していたと説明があったので、ツアーが終わってから最初のサッポロビールは全部国産材料だったのですか?と質問したら、商用生産第一号出荷も実は原材料は全て北海道産ではなかったそうです。が、しかし、最近すべて北海道産原料を使ったサッポロ黒ラベルthe北海道というのが限定生産北海道限定販売されたので、運が良ければまだ近所の酒屋やスーパーなどで在庫があるので見つけたら是非飲んでみてほしい、と言われました。それは飲んでみたいですねぇ。探す暇はないですが、ちょっと念頭においとこうと思います。

IMG_0751_20160919160954c51.jpg

飲みながらガイドさんが美味しいビールの注ぎ方のレクチャーをしてくれます。
ものすごーーく上手です(そりゃそうだが)。で、注いだビールは参加者の中から一人選ばれて飲むことになります(笑)。男性独りの参加者の方が飲んでました。嬉しそうだった(笑)

IMG_0769_2016091916131733f.jpg

こんなん売ってた(爆)
IHとかやったらフラフラ買ってしまいそうな(笑)
ていうか、誰かに贈りたい(いやがらせ、爆)

IMG_0764.jpg

実はあんまり期待してなかったんですが(失礼な)、めっちゃ楽しみました。
2時間で十分楽しめる、かなりおすすめアクティビティです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記16

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ル・ドゥーブル

2016.09.25 09:00|away-museums
北海道札幌です

IMG_06560.jpg

夜の予定がナシでして、うひひ。
なんか飲んで食べてグダグダ過ごそうかと思っていた日です。
夕方、、そろそろ腹がすいてきた。
地下鉄で移動中、

IMG_0651.jpg

あるポスターが目についた。
ゲルギエフ(←めっちゃ好き)、もう終わってるし。ま、ちょうどタイミングよかっても当日券とかないやろうしねぇ。立ち止まってポスターをちょっと眺めて、地下鉄に乗り込んでボーっとしていると、隣りに座った学生さんらしき二人組が話をしているのが耳にはいってきた。どうやら今夜、Kitara札幌交響楽団のコンサートに行くらしい、かなり良さそうな口ぶり。脳みそが楽団音楽になっていたときにグッドタイミングだったので、すぐにインターネットで調べてみたらハンス・グラーフ指揮、デュティーユ交響曲第2番”ル・ドゥーブル”とベルリオーズ幻想交響曲。デュティユーはよくしらないが、ベルリオーズは好き、当日券がありそう。これは、行くしかないでしょうよ(笑)。
ホテルに戻ってお菓子食ってコンサートな服に着替えてから、中島公園に向かいました。

IMG_0804.jpg

札幌コンサートホール Kitara
あの中島公園の中にある素敵なホールです。

IMG_0806.jpg

あっさり良い席が激安で買えました♪めっちゃ嬉しい〜〜。
突然思い立って数時間後にもうこんな美しいコンサートホールに座ることになるて、
今朝は思いもしてませんでしたねぇ。いやはや♪ラッキーしまうまケツちゃいろ。

IMG_0809.jpg

なんとロビーコンサートまでありました♪
バッハ、テレマン、カッチーニ

グラーフ指揮のコンサートのほうも大満足。チラシにも十八番と書かれていましたが、グラーフ氏はデュティユー本人の立ち会いでレコーディングしたCDがスマッシュヒットして一躍知られるようになった指揮者だとか。ル・ドゥーブル、ダブル(分身)という作品はオケの中にオケがある非常に面白い楽曲でした。ベルリオーズは期待よりも大迫力、札幌オケは初めて聞きましたが、大らかでとってもいいですね〜。
大変気分がよくなりましてご祝儀買いで、パリ管弦楽団セミョーン・ビシュコフ指揮のデュティユー、ベルリンフィルのカラヤン指揮ベルリオーズ、それと札幌交響楽団ラドミル・エリシュカ指揮のドヴォルザークの3枚を選びました。すすきのでグダグダのんでうまいもの食べるのも良いですが、同じ長さの時間でこういう旅先の過ごし方も楽しいですねぇ♪特に若い頃はもっと食にも興味があったんですが、歳とってきてどんどんグルメへの欲望が減ってきました。嫌いではないが、プライオリティが下落中。

ところで、札幌を歩いていてものすんごく気になった事

IMG_0650.jpg IMG_06490.jpg

地下鉄や主要な場所に設置されている地図です。
左が近辺地図で、右が広域地図
これがめちゃくちゃ見づらい!!!なんでかというと、右の広域は北が上、普通の常識的な地図なんですが、左の方の地図が北が下なんですわ。この調子で地図によって北が左だとか右だとか上とか下とかもうめちゃくちゃ。なんにせよ土地勘ない場所でこんなややこしのんて、、ちょっとナニやと思いますねぇ。でも、この地図にはグーグルマップで出て来ない見所とかポっと目につくんですわ。なので、この地図で良い場所があればグーグルマップでってめんどくさいことになりました。ほんま、なんで北を上にしないんでしょうねぇ??
同じように地下鉄構内にある地図も東西南北が統一されておらず、地下から地上に出る時に構内地図を見るたびにイラっとしました(グーグルマップだと構内地図が解らない)。

地図は回さないっ(゚Д゚)

IMG_06470.jpg

大通り公園を移動
メイポールを思い出させる
La fille mal gardéeで踊るアレみたいなやつです。

IMG_06450.jpg

天気悪かったんですが、悪いなりの楽しみ方があって
満足しました♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記15

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

北海道近代美術館

2016.09.24 09:00|away-museums
北海道札幌市です。
朝から土砂降りで予定キャンセルになりまして、早朝からグーグルマップを眺めていたら、ホテルの近所に近代美術館があるのを発見しました。観光ガイドブックをみてみると、、載ってない(ぶっ)。ネットで検索するとちょうどポーラ美術館コレクションの特別展開催中でモネ、ピカソ、シャガールなどがやってきていると、、開館時間に合わせて土砂降りの中行ってみました。

IMG_0658_20160918133936216.jpg

北海道近代美術館
初めて訪れる美術館というのはなかなかに興奮するもんです。
で、まぁ、ポーラコレクションのほうは目録はすごいんですが、実際存外私の好みが少なかったのが残念でしたが、細かい事は言わない、割愛です。
それよりも

IMG_0662_20160918133939649.jpg

近美コレクション、北海道美術紀行
これがすばらしかった!!!いやはや北海道ーーって実感♪
もちろんドサンコたちには誇らしい見ごたえある展覧会でしょうが、私のような余所から来た観光客にはほんとうに北海道現地で空気を吸いながら北海道芸術!!って気分もモクモクと沸き上がりまして、芸術的にもすばらしいですが旅情感が加味されてたまりませんでした。

IMG_0670.jpg

内部、なんとなくフランク・ロイド・ライトな雰囲気
中でも観光気分を直裁にアゲてくれたのがこちら

IMG_0679_20160918133940dbe.jpg

栗谷川健一と現代の観光ポスター
栗谷川作品ポスターもいくつかは実際に目にしたこともありまして、懐かしさと美しさに足の止まる時間が延びますねぇ。
追記に他のポスターもアップしているので好きな方はどうぞ〜

IMG_06680.jpg

阿部貞夫 ”大通りの春”
うう、素敵。
気に入った作品がものすごくたくさんありました。

IMG_0703.jpg

喫茶室やレストラン、コーヒーが飲めたり座って休憩できるスペースもふんだんにあって非常に居心地良い美術館です。近くに住んでたらきっとちょくちょく来てしまうでしょうねぇ。
館員さんも気さくに色々とお話を聞かせてくれまして、
で、お勧めされたのがこの近美のお隣にある三岸好太郎美術館、
三岸好太郎!!観たい観たい観たい!と、大興奮して雨の中クソ暑いなか合羽着込んで歩いて行くと、、

IMG_0709_20160918140321b79.jpg

臨時休館日、、、
チーン (;゚;Д;゚;; )滂沱

臨時、臨時よ、普段は開いている日の開いている時間なのよ、
もー、萎む萎む(あははは)北海道てなんかコレ多いよな、、

IMG_0707_201609181403243cc.jpg

三岸好太郎は観る事ができませんでしたが、
良い雰囲気の御庭を拝見、、土砂降りですが

IMG_0712.jpg

北海道庁総合政策部知事室秘書課知事公館
ロマンチックな風景ですが、、
土砂降りなんで(爆)

IMG_0725.jpg

4羽のヤマガラちゃんが慰めてくれました。
もーー、合羽の中まで雨が染みてボットボトよ

201609181344319da.jpeg

こちらの北海道近美では常設はなくコレクションから年に数回入れ替えで展覧しているそうです。所蔵品図録は出版していないそうですが、主要名品録があったので求めてきました。北海道美術だけでなくパスキン、フジタ、ユトリロ、キスリング、ローランサン、マグリット、ムンクなど北海道産芸術に関わりのある作品が所蔵されてまして、、
めっちゃ全部観たいですやん(あははは)。うう、今まで知らんかったってのはほんとにもったいないことしたわ。
続きを読むに栗谷川北海道ポスターを載せてます。こちらの展覧会の画集があったらよかったのにねー。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記14

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

三本しかないんだよぉ〜

2016.09.23 09:00|Birding
北海道記つづいていますが、ちょっとブレイク
日本海、Sea of Japanです。

IMG_1492.jpg

ものすごく天気がよかったのでビーチに行きました。
こんだけ天気がいいと鳥がいようが居まいが娯楽になります。
とはいえ、トウネンがどばーーーっと居ました。
トウネンの中にミユビシギが2羽〜〜〜



サンダリングちゃんです。
そのミユビシギという名の通り、指が三本で第一趾(後指)がありません。この個体はちょっと微妙な痕跡がありますねぇ。これってやっぱりアポトーシスなんやろうか。エンブリオの段階では第一趾がついてるんやろうか??

IMG_1463.jpg

トウネンと一緒に歩くミユビシギ
なんで三本指になったんでしょうねぇ、、
より速く走るためか?もしかしてもっとずっと未来にはウマみたいに一本指になったりして(そりゃないか)。

IMG_1397.jpg

プロな漁師さんたちがなにやら漁をしていました。
なにかな、、

IMG_1398.jpg

アサリとりかなぁ、、
見ていましたが、あんまり漁れてはいなかった。
ていうか、スーツきてますがやっぱり水温が低いんでしょうねぇ。もしくはクラゲ対策かもしれない、でも日本海側てカツオノエボシはおらんのよねぇ(おる?)、居らんと仮定するとそんなにキッツい毒水母は居らんちゅうことなんか?もしくは私の知らん毒クラゲが?!あ、 ここらへんて、あのエチゼンクラゲがいっぱいおるんですよねぇ。あの美味しいけど時々大量発生してものすごいことになるやつ。
で、ぼーっと眺めていると、

IMG_1411.jpg

あ、ショアバード発見
テトラポットの上に1羽だけなんかのってます。
ズームしてみましょう〜〜

IMG_1417.jpg

ソリハシシギでした。
かえらしね。
こんな感じで地味〜〜〜に鳥さがすんがオモロイんです。
私もいちおうゲーマーの端くれなんで、最近よくポキモンゴーやってるんかと聞かれるんですが、屋外にでてやらなあかんゲームはやりたないですねぇ、それに実写X型のフィジカルに自分がうごかなアカンゲームが苦手ですし(心霊カメラやチビロボでかなり向いていないと判明した)。現在の私にとってはゲームは悪天候や深夜、もしくは飛行機や電車バスの待ち時間にやるもんです(笑)。外にでたらポキモンではなくて鳥や”ホンマモン”を探してます、ま、似たようなことかと言えるかも(あははは)。

IMG_1484.jpg

この日は地引き網イベントと釣り大会、それに新潟野鳥の会の探鳥会とがあったのでビーチは大賑わいでした。探鳥会のほうは挨拶だけして一緒に歩かずに同じところでずーーーっと座っていたんですが、気がつけば私の周りにトウネンとミユビシギ団体が、、で、戻って来た探鳥会団体のスコープがズラリとこっちを向いているのがおもろかった(あははは)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

明治の北海道へ!

2016.09.22 09:00|away-museums
北海道札幌市、厚別区です。
北海道博物館でたっぷり楽しんだ後、まだすこし時間があったので寄りました。

IMG_0537_2016091714170772e.jpg

北海道開拓の村
北海道百年を記念してつくられた屋外型博物館。
入場口の建造物は、明治41年(1908)に建てられた札幌停車場の正面外観を縮小復元したものだそうだ。アメリカでも同じ頃に流行ったアメリカンスティックスタイルと呼ばれる下見板と棒(スティック)による模様付けが特徴。
入場口から村内にはいると、

IMG_0538.jpg

明治6年(1873)に建てられた開拓使札幌本庁舎を復元した建物がバーンとお出迎え。
北海道というとこちらの開拓史本庁舎
54.2haの敷地に52棟の歴史建造物が移築復元・再現してありまして、
明治の北海道にタイムスリップです♪

IMG_0557_201609171417028c3.jpg

細かい事は置いといて、
なんせフォトジェニックですねぇ。めっちゃ撮るの楽しいです(笑)
これでもうちょっと天気がよかったらなぁ、、
曇&雨&時折土砂降りでして屋外写真がちょっと残念な感じ。

IMG_0554_20160917141709442.jpg

札幌警察署南一条巡査派出所

IMG_0574.jpg

札幌馬車鉄道で使用されていたものを再現した馬車鉄道
レールが敷かれていて、馬が列車をひきます。

IMG_0616_20160917143816fb3.jpg

武道場
剣道/柔道、永倉新八が教えていた姿を妄想して妙に萌える。
で、誰も居ないのに妙なカツーン、カツーンという音が聞こえる、、
機械的なテンポではない、、、
連想するのが、木っ端を紐で括ってぶら下げたもんを、木刀で叩くような、、、
誰もいない剣道場、北海道の武人の歴史がしみ込んだ、、、

ま、そーゆーのを語って人を怖がらすのは好きですが、自分はどってないので(あはは)
なんなんだろうと、よーーく館内を見回すと、ものすんごくデッカいオニヤンマが飛び回って時折窓や壁などにブチ当たる音でした。ていうか、頭から突っ込んだら頭でなくて目に当たるんだが、ヤンマの目って硬いんやねぇ色んな意味で凄いなぁと思いました。人間の目が硬かったら、、と想像したりしました(あはは)。
幽霊の正体みたりオニヤンマ

IMG_0590_201609171450551f1.jpg

大正後期に下川村奥名寄の御料林内に建てられた造材飯場
山子や藪出し、馬追いが使った山小屋
敷地内は市街、農村、漁村、山村と非常に素敵にデザインされております。

IMG_0608.jpg

山村の緑あふれるトレイルをあるいていると、コゲラ、コガラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、シマエナガが直ぐ傍まで飛んで来てジュクジュク、ピープー、ギリギリギリと楽しく啼いてくれました。

IMG_0567.jpg

藤原車橇製作所
時間がなかったのでさっくり観て、気になった場所だけ重点的に、
と言う感じになりましたが、1日中居られるところやと思いますねぇ。
鳥のみつけやすい時期とかもっとおもろいんではなかろうか。

IMG_0558_201609171450211c1.jpg

めっちゃ楽しかったです。
で、一周まわって、腹が減ったのでちょっと軽く何か食べようかと食堂に寄った。

IMG_0621.jpg

メニューを眺める、、
いももち、味噌おでんも美味しそうだし、、
ジンギスカンも美味しそう、、
お!!屯田兵定食なんて良さげなセットがあるや〜〜ん、これにしよう!と
ドアをあけようとした瞬間に、中から”本日終了”の札をもった店員さんがでてきました。
チーン
そ、、そんな時間やったっけ(汗)

IMG_0624_2016091715012611b.jpg

白熊ガラナでかんぱい(ぶっ)
北海道まだつづきます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記13

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

MUST SEE! 北海道博物館

2016.09.21 09:00|away-museums

北海道札幌市厚別区にやってきました。

IMG_0458.jpg

北海道博物館
ようやくやって来る事ができました〜。
近未来的タンチョウちっくなアートピースでお出迎えです、興奮するわぁ。
北海道の歴史、自然、文化を歴史的なタイムラインで解りやすく学習できる施設だそうです、むふふふ。

IMG_0510.jpg

館内はいってすぐに、ナウマンゾウとマンモスゾウの骨格標本がドーンとありまして、そうだったナウマンとマンモスがぶつかるところやったんやわ〜と3Dで感動。床に描かれた地図でどっちからやってきたんか小さい子にもよく解る素敵なデザインとなっています。そういや、ブランキストン線より上にある北海道は日本の本州よりもユーラシアの動物のほうがシェア率高いんですよねぇ。非常におもろい地域です。

IMG_0468_20160915194509051.jpg

蝦夷地の産物
ものすごく大きなトド皮が目を引きます。熊の皮がものすごくちいさくみえる(壁に貼ってある左の白っぽいベージュの皮がトド、トドの皮の右に重ねて貼ってある黒っぽいのがクマ皮)。ものすごく密で美しい毛並みの保温に優れたラッコの皮。オオワシ、オジロワシの羽やツル。干したサケ、ナマコやアワビ。樹皮縄や樹皮織物などが交易品で、和人から米、酒、たばこ、鉄製品、漆器、木綿などを輸入していたそうです。
和人の統治が進む様子やシャクシャイン等の戦い、ロシアの進出などにからむ和人の政治的な思惑など色々と解りやすく説明されていて、視覚的な資料も非常にツボよく展示されて纏まっていてスルリと頭にはいりました。

IMG_0493.jpg

アイヌ文化の世界
アイヌ語で”アイヌ”は”人間”という意味だそうです。
厳しい時代にも生き抜いて、絶滅することなく文化も維持されていて非常に嬉しく思います。
アイヌの歴史を学びながら、ふと、神武東征の頃のわが故郷和歌山に考えが飛ぶことが多かったです。近代ではないので記録がほとんどなく、記紀や風土記などをたよりに類推するしかないですが、かなり迫害され失われた文化や種族があり、色んな事があったんやろなぁ、、と思うわけで。

IMG_0472.jpg

アットゥシ
オヒョウやハルニレの樹皮(内皮)を使用した樹皮衣
アイヌの模様はワシントン辺のトライブ(ハイダ族とか)の伝統的な模様ととても共通点があって非常に興味深い。

IMG_0477.jpg

触ることができる見本もある。
アットゥシは見た目が筵っぽくて硬そうだが、実はとても柔らかくて耐久性もありそうです。暖かそうでもあるし、涼しそうでもある。不思議な素材。アイヌでは木綿のアップリケなどを使い素晴らしいパターンで飾られる。実は交易品でもあったそうで、東北や北陸でもアットゥシが反物や衣装として使用されていたそうです。もしかしたら、新潟の旧家の長持の中にはアットゥシの衣装が眠っているかもしれませんねぇ。

IMG_0476.jpg

サケの皮でできた靴
ヒレがめちゃくちゃ可愛いんよ〜〜〜。
これはどれぐらいの強度やったんでしょうねぇ。非常時には食料にもなりそう。ていうか、匂いそうで美味しそうというか、猫飼ってたら齧られそう、いや、犬も齧るか(笑)。ものすごく気になったアイテムでした。

IMG_0483.jpg

復元住宅
博物館の天井高に合わせてちょっと寸詰まりになっているらしい。
こちらでもまたクマ送りに関してを重点的に拝見した。

IMG_0490.jpg

非常に長い時間をすごしたのがアイヌ語の展示
テレビや各種メディアによる娯楽の拡散で世界中の少数民族トライブでも言語を残すのがとても難しくなってきていまして、失われてしまった言語も多いですし、さらに減っている傾向です。生活で使われず、祭事や学問として習っているだけになってきているようです。固形物の残らん文化というのは本当に維持するのが難しいですね。新潟でも若い人は生粋の新潟弁を話せなくなってきているそうです、残そうという活動もあまり一般的ではないそうで、、もしかしたら近い将来に新潟弁は学校で習うだけの言語になるかもしれないですね。レッドリストやと思います。
アイヌについて学びながら、色々と自分の故郷の事や、今まで住んで来た/住んでいる土地の文化についても考えるとっかかりが増えました。非常に有意義でした。
↓つづきを読むにオマケあります。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記12

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2016.09 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Welcome

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ