越前浜海水浴場

2015.10.31 12:25|Birding
越前浜海水浴場に行ったときの事
盆も過ぎていましたがまだ海水浴客とかサーファーがちらほらと居て、群馬ナンバーの車の団体なんかが目立ちました。
私は海水浴ではなくショアバードを探しに

IMG_1803.jpg

スカーっときもちのいいビーチです。

IMG_1848.jpg

カモメはウミネコしか居なかった。
ていうか、鳥の日本名てカモメ、ツバメ、スズメとかってあるのがややこしよねぇ。カモメというと種類をまとめる名前っぽいので、カモメ(Mew gull)だけが居ったら、カモメはカモメしか居なかった、、という妙な文章になったりする。解りづらい。ま、ええけどねぇ、そこらへんどうでもええってことなんやろかい(笑)。



ウミネコ軍団の傍にシロチドリがうろちょろしていた。
チドリてほんまにかわいいわねぇ。
そしてチドリを追い回すのは

IMG_1736.jpg

チョウゲンボウのヤング
狩りがへたくそなので無駄に鳥をけちらすだけで終わってしまう。ちーん



結局なんも食うてないが、電線にたかって休憩(笑)。
それでも何遍もやってたらたまに獲物がとれるんでしょうねぇ。

IMG_1711.jpg

ミユビシギとトウネン

IMG_1788.jpg

ソリハシシギ

#チュウシャクシギ#whimbrel#birding#nature#bird#新潟#ビーチ#shorebird

Jube Oさん(@jubewakayama)が投稿した写真 -



チュウシャクシギが3羽上空を飛んで行きました。
そういえば佐渡からの帰り、ときわ丸の甲板からチュウシャクシギの団体が沖に浮かんでいるのを見ましたねぇ。大きくてクチバシがビューンと長い鳥ってのはどうも興奮します(笑)。
そんな感じでボエーんと砂浜を歩きまして
シロチドリ、メダイチドリ、ハマシギ、ソリハシシギ、ミツユビシギ、トウネン、チュウシャクシギ。
ウミネコ、ヒバリ、カワラヒワ、チョウゲンボウ、ノスリ、トビ、イソヒヨドリ、ヒヨドリ。
この日見た”いいの”は以上でした。楽しかった。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

PS:最新鳥見jube birdingについてはflickrと、Instagramに載せてます。
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

空色勾玉三部作と天山の巫女

2015.10.30 10:00|books
551の豚まんを某所で見てしまったものの、どうしようもないので近所のふぁみまーで”肉まん”を買いました。そうすると、辛子をつけるのを忘れられてまして、
私「辛子ください」
というと、
店員さん
「カラシ?!?!?」(←かなり素っ頓狂に、お前からしどないすんねん?的なニュアンス)

「豚まんに辛子をつけます」(こちらかなり落ち着いてスタンダードパシージャですねというニュアンスを含有)
店員さん、かなり怪訝そうな感じながらも
「おでんの辛子でもよろしいでしょうか?肉まんに辛子をつけると美味しいですか?」と(あはははははは)

「美味しいです」
と断言してきましたが、ファミマーのおでんの辛子はイマイチ豚まんには合いませんでした(爆)、どっちかというとドッグにつける西洋からしのほうがええかもしれません。でもまぁ、なんにもつけないよりはまし。ちなみに井村屋の肉まんはウイスターソースと辛子を混ぜたのをつけるのが好きです。
で、この事象からの類推ですが、新潟では肉まん/豚まんに辛子をつけるのは一般的ではないのだろうかと考える。肉まんになにつけて食うのか?新潟人は???素ぅで食う?ま、ええんやけど(笑)。

20151008175957f0c.jpeg

荻原規子著『空色勾玉』『薄紅天女』上下『白鳥異伝』上下、『これは王国のかぎ』
新聞かなにかで守り人が好きな人におすすめと、書かれていた『空色勾玉』三部作。古書店で発見したので読んでみましたが、、微妙に読みづらいというか入って行けませんでした。面白くないわけではないですが、守り人と比べるとねぇ吸引力が弱い。私には逆に古代日本設定なのがネックになっているように感じました。違和感がねぇ。古代日本豊葦原、不老不死の光りの一族と輪廻転生の闇の一族の対立。
『これは王国のかぎ』は空色勾玉とは全く関係ないですが、棚に並んでいたのでもろともに(笑)。15歳の普通の中学女子生徒がアラビアンナイトの世界でジンになってしまうという話し。しかもランプの精(笑)。ま、オモロかったんですが、すぐ内容を忘れそう、、というか既にわすれかけているという感じではある(笑)。

20151021085150574.jpeg

菅野雪虫著『天山の巫女ソニン』
五巻大地の翼、巨山外伝予言の娘、江南外伝海竜の子
文庫本を待っていたんですが、図書館の入り口に置いてあったので目について、手に取って立ち読みし始めたら我慢できなくて借りました(笑)。この5巻で完結だそうですが、このラストは私の好むところではないのでなんかねぇ、スッキリせんかったです。が、外伝の予言の娘は面白かった。結局の所、いがみ合っている半島の3つの国が若いもんの活躍で仲良くなる、、かもしれない、という微妙なユメユメ物語りですねぇ。ま、ええんちゃうかと思いますが、そこまでいくんやったらラストももうすこしインパクトのあるイベントが欲しかったなぁ、、とは思います。なんか線香花火の終わりみたいな、ソニンが記憶に残らなさすぎて残念。

手乗りの鳥を買いました。



とりは鳥でも手のりたま
あはははははは、可愛いです。
なんせ白飯が美味いので、白飯xふりかけのコンボがやめられません。が、ふりかけてパウチのんが多いです。そしてパウチが今ひとつ使いづらいし机の上にほったらかしておくとたまにフタが閉め切れてなくてバーっとやっちらかすことが(あはははは、ちゃんとせぇよ)。ワンカップの空瓶にいれておくのもいいかと思ったんですが、口が広すぎて出す時にドバっと出てしまうし、けっこう湿気る(湿気るんです!!!失念しがちですが)。で、ええ入れもんはないかなーと探すとなしに思い続けてはいたんですが、先日かの”ひらせい”ホームセンターにて発見しました。これが非常に使いやすくてねぇ、嬉しい発見でした。

20151021085214000.jpeg

和歌山の柿やミカンが売られています。みかんで有名な和歌山ですが(紀文の、紀伊國屋 文左衛門のお陰ですが)実はミカンと並んで柿も全国生産量1位です。和歌山産たねなし柿、、これはフツーにヒラタネですねぇ。さわし柿ではない。和歌山でさわすような柿ちゅうのは筆柿のような形の半分ぐらいのサイズのちいさなもんです。が、さわして食うよりは干し柿にするかなぁ、そっちのが美味いと思う。あのさわした柿のちょっとサッカリンみたいな不自然な甘さがどもナニでな。
さて、柿の写真ですがミカンの話しを(笑)。ワカヤマン的にはあんまり考えなくても美味しいミカンはわかるんですが(笑)あえて文字にすると、安売りになっているSサイズのミカンの選び方(実はSサイズのミカンに美味いのが多い。あははは、高いのはまず美味いのでオッケーです)、皮がパツーンと張っていて薄い、重くて、ヘタが青々していて軸小さい、まん丸ではなくて扁平(ドーナツ座布団系?)、もし割って中を見せてくれている見本があれば房の皮も薄くてパツーンと張っているのがいい、そしてもちろん外側の皮の色は濃くて点々(油胞)の細やかなほうを。、、。ま、最近は糖度計ではかったもんも売ってますが、ミカンは自分の手でもって選んだほうがよろしわな。そして例外も多いのでこの選び方に全くハマってなくても美味いミカンもありますし、完璧に選んでも外れもあります。ていうか、和歌山に居るとミカンを買わないので(笑)ま、同箱の中のミカンを選ぶわけです、そしてマズそうなミカンは犬のオヤツになる(笑)。爺さんもミカンが大好きでした。
そして新潟なので菊が売られている。

20151021085228cb1.jpeg

”かきのもと”は柿の実が色づくころに時同じくして色づくということらしい(諸説アリ)。紫色の食用菊ですが、高級品の”モッテノホカ”というのもある。
ニイガタンにこのかきのもとの美味しさを力説されるので、ついついデリで買うんですが、どうも”美味しさ”が解らない。ものすごーーーく草っぽいです(すみませんすみません)。新潟ビギナーの私にはアドバンスドすぎる。もそっと修行が必要ですねぇ。あ、シャケの味噌漬け焼きはものすごく好きになりました。塩鮭とまた違ったふわふわ感がたまらないです。イヨボヤ(←鮭)の美味しい季節やねぇ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

古津八幡山遺跡

2015.10.29 10:51|museums
しかしまぁ、柿て美味いですねぇ。しかも安い。ちょっとサバーブにいくと甘柿が袋にたっぷり入って100円ぐらいで売ってまして、とはいえうちの近所の八百屋でも美味しい大きなおけさ柿が5個で200円ぐらい。ほんま、柿と肉だけで生きていきたいと思いますねぇ。つくづく偏食家です。
古津八幡山遺跡を見に来ました。

20151020174531b47.jpeg

こちら非常にリッチな展示館で、豪華なカラー写真たっぷりの小冊子を無料で配布しています。
展示品を見せてもらい、色々と質問に答えてもらいまして、そんでもって全巻貰いました。
こちらの遺跡のある花と遺跡のふるさと公園というところは新津美術館、まいぶんセンター、弥生の丘展示館、フラワーパーク、新潟県立植物園などもりだくさんなところで一日以上あそんでいられます。フラワーパークの中には道の駅のような産直販売所があってその中のパン屋のパンが美味いです。とりあえず今日は古墳です。

20151020174428df5.jpeg

史跡古津八幡山遺跡
弥生の丘展示館の真裏、まいぶんの向かって左となりです(笑)。ここから古墳のあるヒルトップまで徒歩で鳥見て虫見て30分超ってかんじでしょうか。なんにもおらんかったら5分です(あははは)。
スズメバチがたくさん居たので要注意。ホーネットたち現在巣材集めに木の皮をガジガジやってまして、非常にイライラしていますんで、とばっちりくらいたくなければ近寄らないのが賢明かと思われる。ヤマボウシの木がずらーっと並んでいて、熟れ熟れの実がなっています。そういえば新潟市内でもヤマボウシをよく見ますが、食べている人は1回しかみたことがありません。かなり美味しいらしいのですが、私は体質上アナフラキシーを起こしそうなブツは不用意に食わないようにしています。



オニヤンマがわんさかと飛んでいました。
このソラックスのガラがたまらなくかっこいいですねぇ。

IMG_1640.jpg

弥生時代の集落がありまして、
数軒はいぶされ中で、入り口から煙がもれでてくるのも美しかったです。



そしてヤマガラがどっちゃり!!!!
ノスリやハヤブサ、トビも飛んで、キツツキが木をどつきたおしていました。
メジロやウグイスもたくさん
楽しかったです。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

旧武田家住宅

2015.10.28 10:53|museums


旧武田家住宅
新潟市文化財センター内にあります。木場の武田家が実際使っていたもので、旧黒埼村が寄贈を受けて昭和46年に緒立に移築、その後平成23年にこちらの文化財センターに移築されたそうだ。武田家は曽根村(西蒲区)の肝煎高橋源助の子孫だと伝えられているらしい。まずもって高橋源助というのが誰かわからんけど、新田開発で有名な人だそうだ。

IMG_0584.jpg

建物自体は18世紀前半と推定新潟市内で最も古い民家だそうだ。土間には独立柱、差鴨居などにチョウナ仕上げの痕跡が残っている。時代とともに改築改造され屋根の形状も変更されてオリジナルではないらしい。明治に”裏中門”が付け足されたらしい。”ダイドコロ”と小間の奥に床高を上げた中二階となった”ネマ”(ベッドルーム)が2室あり、信濃川や中ノ口川の破堤による水害対策の工夫が見られる。中二階にするだけでちょい安心やもんねぇ、土間にちかけりゃ即寝耳に水やし。最近異常降雨雨量を記録しているので洪水や浸水、床上浸水とかの対策は大事やと思いますわ。新潟は水害との戦いの歴史がありますのでそのところが非常に興味があります。

IMG_3011.jpg

牛ミルもあって非常に興味深いです。
家屋というのは住む人によって使い勝手でカスタマイズされているところがすばらしい。

IMG_1308.jpg

糞葛(くそかづら)がたくさん見られました。ヤイトバナとかラッパ草とも呼んでいましたが。子供の頃に本名からしてヘクソカズラ(屁糞葛、学名: Paederia scandens)だったと知って妙に喜んだ記憶があります、糞だけでなく屁までついてくるんですからゴージャス(笑)糞ガキは糞とか屁とか好きですから。ま、確かに実ぃがうんこ臭いんですが、そんな直裁な名前にせんでもなぁ(笑)。生薬にもなる可愛い花の咲くかずらなんですが、、(笑)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

まいぶんポート新潟市文化財センター

2015.10.27 10:07|museums
写真のアップロード、いままで同じ名前のファイルは別名で保存するように設定していたのだが、なぜかいつのまにか”同じ名前のファイルは上書き保存”に変わっていた。なんでやねん、腹立つわ。ということで、もし写真が消えてたり変な写真がはいってたりしたらそのアホアホファイルアップロードの所為ですのでご一報いただけると幸いです。

IMG_0581.jpg

新潟市文化財センター(まいぶんポート)
西区、黒崎のほうにあります。実は昨日書いた埋蔵文化財センターのほうが先に行きたかったんですが、埋蔵文化財センターと間違ってこちらに来てしまったのだった(爆)。なるほどだから”まいぶんぽーと”なのかと妙に納得。英語を英語として使っていない事が多いので横文字は無視したほうがいいなかと思いきや、そんなこともなかったりする。手がかりになるんかならんのかようわからん(あはは)。

IMG_2990.jpg

現在展覧中の企画展、近世新潟町展も見逃せない。
展覧質に入ると近所の子連れ奥さんグループが展示室で子供を放置走らせて、奥さん達は大音響で井戸端会議中でしたが、私が入って展示を凝視しているとそそくさと出て行きました。結構普段は地元の人が別用途につかっている気配(あはははは)。別にええが、、、展示室で走るのは感心しない。館内にミーティングルームなどもあるのでそちらで騒げばよかろうと思うんだがソコには館員さんが居るからか?騒ぐなら堂々と騒いでいい所で騒げ、適切ではない場所でコソコソするのは大変醜い。子供の為にならん、コソコソして誰も見ていないとなんでもやっていいと誤まった教育が施されてしまう。
ともかく、大変面白い展示でした、冬には稲作文化の展覧会になるらしいのでそちらも楽しみです。運転は不安だが(笑)。そういえば、車屋のTちゃんが冬にタイヤを替える必要はないよーって言うので結構ほっとしています。今まで夏冬で自動車のタイヤを換えた事がなかったのでシチメンドウくさいなぁと憂鬱になってましたが、そうかーやらなくていいのか、と。ちょっと今まで聞いていた北陸情報と嬉しい違いがちょこちょこありまして嬉しいです。
 と、後日談ですが、やっぱりタイヤをかえた方がいいということが発覚。確かに町中でスーパーにいくぐらいだったらオールシーズンタイヤなのだそうでそれでオッケーらしいが、いかんせん雪道に行く可能性も高いし、高速道路でタイヤ規制があるとオールシーズンタイヤだとチェーン装着せんとあかんらしい、それはメンドクサイしリスキーなのでやっぱりかえます。Tちゃん、しっかりしろよー(あははは)。

IMG_2996.jpg

蒲原平野の海岸部、河口部、内水で使われていたいろいろな船が展示されています。刳船から矧船へ移行していく過程を目でみることができる。手前にあるのがドブネ、海岸部で地引漁に使われていた漁船だそうだ。オモキづくり。昭和30年頃まで活躍していたらしい(最近やーん、笑)。その奥にあってこの写真ではちょっと見づらいんですが、コウレンボウが置いてます。信濃川阿賀野川などで使用された荷船。明治時代にはいってから使用されたものらしい(最近やって、それ、あははは)。マルキとよばれる丸木舟も展示されていて、最近まで寺泊で鮭流し網漁に使われていたらしい。
さて、外には移築してきた農家の家屋も展示しているのでそちらも見せてもらいます♪

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

埋蔵文化財センター

2015.10.26 10:41|museums
新津市にあるまいぶんセンターにやって来ました:)

IMG_1606.jpg

新潟県埋蔵文化財センター
こちら体験で色々な縄文弥生時代の手作業ができます(勾玉とか鹿の角細工とか)
が、私はなにをみにきたかとうと、

20151019163911226.jpeg

埋蔵文化財(ってそのままやんか)特に土偶と土器
これは小千谷市(おぢやし)の城之越遺跡で発掘された縄文時代後期の土偶。
新潟というと土偶。それはそうと土偶といえば東北、関東。そして埴輪というと近畿というイメージですが、新潟では土偶も埴輪もどちらも出土してしまっておりまして、そりゃもう興味深いです。
古墳のやたらめったら多い土地に生まれ育ったので古墳とか土器とかに目がありません。
土偶ももっそい好きですねぇ。土を焼いたものがどうしても好きです。

201510191639285f7.jpeg

こちらは火焔土器(火炎土器)
湯沢町の川久保遺跡で出土した縄文中期の深鉢です。
ため息がでるほど美しい曲線ですよねぇ。縄文時代にこれだけの芸術性ですわ。はふーん。
そりゃもう新潟といえば火焔土器です。あっちこっちでモニュメントとしても使われているのが目につきますが(コンクリとかのねぇ、笑)。長岡の県立博物館にどっちゃりありまして、つい先だってはロンドンの大英博物館での展示がスタートしましたが、ほんとにすばらしい土器です。
たっぷり楽しんで、外にでると鹿とかウマとかそこらへんの大型草食動物の匂いがしたので、たまたまそこで立っていたおじいさん2人に声をかけて
「この山には鹿がいるんですか?」
と尋ねたら、トップスピードの新潟弁で答えてくれまして、悔しい事にまったく聞き取れませんでした(ほんま悔しい)。で、もうすこしゆっくり話ししてください、と頼んで言語的質問を2、3した後に漸く理解しました。ここらへんに鹿はおりません(ちーん)。ほな、なんの匂いなのか?農作業用の牛馬も居ないらしいです。謎。そうこうしているうちにその草食獣臭も薄れてなくなったので、ま、牛馬の移動車がとうりがかったんかいな、ってことに落ち着きましたが、、。なんやったんやろか(笑)。その後、あれこれと色々楽しい話を聞かせてくれまして、たっぷり30分ぐらい立ち話してしまいました(笑)。
埋蔵文化財センターの玄関から駐車場(建物の裏)あたりで見つけた虫



ゼットン、、ではないです(笑)
ゴマダラカミキリ、私が小さい頃はこれが”松食い虫”だと言われて、見つけたらとっつかまろと教えられました。が、今ではゴマダラカミキリは線虫に感染したりして弱った松に集まるのでゴマダラカミキリが松を弱らすのではなくて弱った松に引き寄せられる、逆やったということが解っているらしい。



キマワリ(木廻、)
ゴミムシダマシの一種で良く見るわりにカメラをもっているときに出会わない虫ではある(笑)。ゴミムシとかゴミムシダマシとかマイマイカブリとかチョッキリとかゾウムシとか、名前からして萌える虫やね。



ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)
よく醤油バッタとか呼ばれてるのを耳にしますが、醤油ではないです(あはははははは)。
日本のグラスホッパーの中で最大種です、この個体も10センチ近かったです。巨大。
かなり楽しかったです。新津のこのエリア、1日では足りません。
おすすめ!!!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

越後七浦シーサイドライン

2015.10.25 10:18|soul
友達が遊びに来てくれて弥彦へドライブに行きました。
日本海夕日ラインを走ります。日本海夕日ラインというのは新潟県の海岸線に沿って走る道路の愛称だそうです。が、夕日もくそもないぐらいの嵐。それでなくても運転が苦手なのに慣れない運転に慣れない車(あはははは)しかもえげつない風と雨、海岸線道路はそれなりに高い場所をはしるんですが、それでも波がぶちあがってくる。さすが新潟。ちょっとチャレンジャーでした。

めちゃくちゃ怖かった(半泣き)

マイフレンド、危険が好きなので大興奮(あははは)。

IMG_3171.jpg

走っている最中にザンブと波をぶっかぶったりして(オープンカーではありません)ちょっと水族館気分でした。怖いっちゅうねん。絶景で有名な越後七浦シーサイドライン、悪天候でさらに絶景度アップ(あはは)。素敵な巨石がばんばんありまして、大盛り上がりです。行きは止まる余裕もなければ、とまって車に出られるような天候でもなかったのですが、帰りにたまたま晴れ間が出た状態になったので車を止めて写真をとりました(たまーに止められるスペースが設置されている)。



立岩
全国でも稀少例の露出枕状溶岩として天然記念物に指定されています。



友達が、ある一点を指差して「あの尖った鳥さん、なんていう鳥?」と聞いてきた。
マイフレンド、私が双眼鏡を装着したぐらいの視力の裸眼なので双眼鏡なしでそんなこと言われても、まったく見えません(あはははは)車に双眼鏡をとりにいくのも面倒だったのでカメラのズームを使う。

IMG_3182.jpg

鵜でした。ウミウ
尖った鳥、、、なるほど言われてみれば弾丸のような(笑)。
しかもカワウとちがって口角がとんがっている、、まさかマイフレンドそこまで見えているのか!!
てなわけで、弥彦村に到着
今回は車なので大鳥居も見る。

20151014192450cf4.jpeg

アグリーなことに改修中。
遠くからでも見えますが、この足場と養生のせいで、デッカいインベーダーゲームかと思いました(笑)。日本はピコピコ侵略されるのか(あはははは)。
しかしまぁ、、デカい。昭和57年製、当時は日本一だったそうです。現在の1位は和歌山の大斎原(おおゆのはら)です。明治22年の熊野川の大水害前に熊野本宮大社のあった場所に平成12年に建てられました、高さ34m。2位が大神神社の大鳥居(昭和59年)、よって現在3位になっています。なんというか、、奈良、和歌山、新潟、、なぜか全て私のゆかりの地ってのが笑えます(あはははは)。張り合わんでも良かろうに。
ま、風は強いですが雨もたまにやんだりしてそれなりに晴れ間も出たりしている状態ですが、

201510141924113c1.jpeg

そしてお彌彦さまだけが深い霧とうか雲に包まれていました。
これはこれでとても神秘的ですが、ロープウェーで山頂に上がる意味はあるのかな、と思いながらロープウェーの乗り場に行くと、ちょうど降りて来たお客さんたちが
「真っ白で全くナニも見えません。」
と教えてくれました。なので、登るのは止め。

2015101419243006d.jpeg

清水屋旅館で昼飯
神主さんたちの団体がちょうど一緒だった。食べるのとても静かで早かったです、まったく喋らない。ついつい見てしまった。ちなみに地元の人からは全員”神社さん”と呼ばれていました。

#ねこ#猫#ねこさん#cat#弥彦神社#弥彦#やひこ#おやひこさま

Jube Oさん(@jubewakayama)が投稿した写真 -



駐車場にねこがおった。

201510142012361b2.jpeg

今回は忘れずに玉兎を買うてきました♪
アンコ入りの大きい兎3つ入りのん、最初の一個目を齧って食うて後悔しました。齧ったら駄目です(笑)。店屋のオバアちゃんが、「切って食べろ」と何度も何度も言うたんですが、何故かわかりました(笑)。切って食べましょう。するととても餡子と外側のバランスが良くて美味しいです。齧ると非常にバランスが悪い。
面白いお菓子だ。
そしてまたもやパンダ焼きの定休日なのだった(あはははははは)いつになったら食えるのか。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ふくろうの森

2015.10.24 10:57|Birding
朝から土砂降りだった先週のこと
前日からの雨予報でエクスペクトしていたんですが6時頃にそりゃもう犬猫降りに降ってたんですが、8時前に降り止んで青空が見えまして、あわてて天気予報チャンネルを見ると10時から晴れると!
そんだら外にでもでるかいな、と鳥屋野潟の女池にやってきました。
女池南 ふくろう森の散歩道



ふくろうの森といわれるのは、こちらのトラフズクファミリーが住んでいたからです。最近日中は姿を消していますが、夜中には出没しているようです。
確かに南の空に嫌ぁあああな雲がどよよんとはしていたんですが、青空が広がってまして非常に気持ちがよろしい。
公園に着いて、さぁ、ぶらぶら歩くかな、、と思ったらザアザア雨が降ってきまして(とほほ)
とりあえず図書館に入る。

201510131517323f4.jpeg

図書館カードもトラフズクがデザインされています。かわいいです。
新潟県立図書館
新潟に引っ越してまだまだ知らない所が多いのであちこちとうろついておりますが、その中でも最高頻度でルーチンになりつつあるのがこちらの県立図書館、科学博物館と公園が同じ地域にセットになっていまして、水禽みて小鳥みて気が向いたら科学博物館に寄って(この館内の庭がこれまた非常に面白いので、あはは)、図書館に寄る。アメイジングでエキサイティングなホットスポットとなっております。
自宅からチャリで10分ちょい、車で5分ちょいです(混み状況や信号にどれだけひっかかるかに因る、笑)。

201510131456230b1.jpeg

「ねこ・ランドのルネサンス~印象派」(主催:玉井璎子氏)
入り口のスペースでいつもなにかと展示があってとても楽しい。この時は超有名絵画の人物をねこにいれかえたパロディ絵画が展示されていた。すべて構図などがパスティーシュされているが、暖かみのあるおもしろ優しい絵でかかれていてちょっと飾るのに一枚ほしいなぁ、、と思った。特にフェルメール(笑)
とまぁ、眺めていると雨脚が弱まって来たので、外にでる。



ハクセキレイのジュブナイルが2羽、トンボをおいかけまわしていた。
Japanese pied wagtail, juvenile
なかなかとれない(あははは)。
オーバールックから鳥屋野潟を眺める。前日オオハクチョウ、コハクチョウあわせて14羽をここで見たがこの時は居らず。ま、オーバールックから鳥屋野潟全体は見えないので見えない所に居る可能性が高いが見えないものは居らんのと同じ(笑)。キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、オオバン、カンムリカイツブリなどが女池よりに居ったのでとりあえず勘定していると、背後で

シッ、シッ

とワーブラー(ムシクイ)の声が聞こえる。春と違い、秋のワタリはほんとにラブソングがないので(歌うポンチ鳥も居るが、あはははは)難儀なのは全世界共通やねぇ。とりあえず、初めての日本のワタリ体験なので全てライファー(生まれて初めて見る鳥)ばかりです。興奮でうなじがぞわーっとなりましたが、ぐぐっと我慢して声のほうをゆっくりと探す。探していると、またザーーーっとどえらい雨が降りだした(涙)。
オーバールックの下はちょっとしたベンチスペースになっていて雨宿りできるのでそちらに避難。
バケツをひっくりかえしたような雨と風がきて、気だけは焦る。
せめて、雨宿り場所から見える範囲でみえないもんかとキョロキョロしたが、聞こえてくるのはヒヨドリの五月蝿い声だけ、、たまにシジュウカラ(笑)。
で、ちょっと小降りになったので、もう待てないから外に出て探したら、
シッ、シッと一瞬聞こえてきまして、居ましたよ居ましたよ〜〜



ジョウビタキ Daurian Redstart
かわいい〜〜〜〜。
そりゃもう薮の中をうろちょろ動き回っていまして、とりあえずID写真。
日本には冬にやってくる渡り鳥だそうで、これからもっと出会う機会もあろうかと思うがやっぱり初めてというのは格別でありまして(あははは)。
ていうか、切実に冬の到来を感じる。未だ、暑がっている私(爆)冬はナニを着ればいいのかまだわからない(笑)。
あとはまぁ、いつもと同じようなメンツ(だいたい25〜35種)でしたが、空を100羽以上のムクドリが飛んだのと、15羽のシロハラがとおりがかったのも見ましたんで、かなり本格的にワタリの季節なんやなぁと思います。当分私も落ち着かない(笑)。
もうちょっと歩きたかったんですがなにせ雨にうんざりしまして図書館で本を借りてどこかで飯でも食いながら雨宿りでもしようと鳥屋野潟を出ました。
駐車場で、鳥友Nさんが車の中で爆眠していた(あはははははは)。多分雨宿りしようとしてそのまま寝てしまったんだろう、起こさずにおいた。ぼちぼち顔見知りの人も増えて、ちょこちょこと話しするようになりました。みなさん気さくに声をかけてくれるし、いいアイコンタクトをしてくれます。とくにNさんはこの公園で毎日バーディングしている年期の入ったバーダーで、出会うと必ず色々教えてくれるし、色んな鳥以外の話しを聞くのもものすごく楽しいです。

20151013145605f12.jpeg

石窯パン工房 サフラン
鳥屋野潟公園に入って行く入り口付近にあって、いつも前を通るんですがいつも激混みでして、駐車場がかなり広いのに車でいつもバンバン、混んでいるのが見えるとちょっとウンザリなので寄る気になれなかったんだが、この時前を通るとガラガラ(初めてガラガラなのを見た)。ガラガラってのもナニだが(笑)とりあえず寄ってみた。

20151013145517e05.jpeg

私が駐車した直後、10台ほど立て続けに車が入って来まして、店内ババゴミ(涙)。
パンはかなり美味しそう、だがなんせ狭い、狭いうえに赤子の叫び声と喋り声が耳に反響して気が狂いそうになったので、とりあえず、入り口の激混みエリアから離れ奥に移動、バゲットと目についたパンを5個ほどちゃちゃっとトレーにとってレジへ向かう。レジ3つフルオープンなれど長蛇の列(とほほー)。だが、おどろいた、早いのなんのて瞬く間に客が捌けて行く。すばらしい技。で、なぜか私の後に客はおらんようになり、また波が引いたように店内も人が少なくなった。で、レジの人がパンを買うとコーヒーが無料でついてきて店内でパンを食べる事が出来るサービスがあるというのを教えてくれた。奥の喫茶スペースを見ると、60%ぐらいの客の入りなので、有り難くコーヒーをいただいて今買ったばっかりのパンを食べることにした。本もあるし(笑)

20151013145540dd3.jpeg

結局発売を待てず、ソニンの5巻と外伝を借りた。詳細は読んでから(笑)
コーヒーは無料なのにインスタントではなくドリップマシーンのコーヒーだった。普通に満足。この食べたのはエンサイマダ風なパンだったが詳しい事はしらない、それにこのお店で何と言う名前で売られているのかは知らない(覚えていないというよりも、名前を見ていない、笑)、油がしつこくなくて美味しかったです。他はデュラムセモリナ生地のバゲットとか生地の違うのを5種類食うてみましたが、すべて問題なく美味しかったです。コーヒー飲めるっていいわねぇ、量めちゃくちゃ少ないけど(笑)。パン食い、本読みながらちらちら外を気にしていたが、止んだと思えば降り、降ったと思えば止み、なんかもうものすんごいうっとぉしい空模様だったので結局撤退することにした。

20151013145645ee4.jpeg

帰りひらせい(私のお気に入りホームセンター)に寄って、菓子を買う。
この鳥屋野のひらせいのあるショッピングモールにはなぜか清水フードの看板があって(昔は清水フードがあったらしい)初めてここに来た時に、清水フードがあるとおもって入った。ひらせいの人が
「昔、清水フードがあったけど、今はないのよ。よく、清水フードだと思って入ってくる人がいるのよ、ごめんなさいねー」と言われた。なんというか、、、外すほうがコストがかかるのでほったらかしってやつかとおもうんだが、こういうの新潟は多いように思えてならない(笑)。合理的ではあるが、地元の人以外はかなり驚きますんよ(笑)。とにかく、この清水の仮面を被ったひらせい、それに大きなサイズの洋服のお店がありとてもいい感じです。もう服にも困らない(靴は困るけど、笑)

家に帰ると、またすばらしく青空が出て来たので白山にでも鳥見にいこうかとおもったら、
玄関でた瞬間にまたもや土砂降り(あはははははは)
もう出ない。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

新潟県立図書館は居心地よいんです→つづきを読むにオマケ

続きを読む >>

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

八海山レーズン

2015.10.23 09:03|food
先だって佐渡へ行って来たときに、佐渡の地酒の酒粕が売られているのを見て酒粕レーズン食べたくなりました。酒粕レーズンというのは正式名称はわかりません。私はラムレーズンが大大大好物でして、そのまま食べるのも、アイスクリームでもケーキとかに混入しているものも好きです。ていうか、ラムが好きなんですわ、美味いですねぇ。が、現在はとりあえず新潟地酒コンプに向けてラムの入る隙もない(笑)。とにかく、ラムレーズンのラムのかわりに酒粕を使うだけです。ウルトラ簡単。しかし酒粕4キロもあってもしゃぁないのでもっと小さい分量で売られているものがないかと近所のスーパーマーケットに行きました。

20151008195557576.jpeg

ありました。
酒がいいから酒粕がいい 八海山 酒粕
300グラムで250円ぐらいでした。100グラムでええんやけどねぇ、ま、ええか。
他の蔵元の酒粕や色んな種類の酒粕があったんですが、触った感じこちらの八海山のが一番楽そうな感じだったのでこれにしました。で、喜びいさんで帰宅するとレーズンを買うのを忘れていました(アホか)。で、スーパーもかなり近所なんですが、さらに近いココカラファイン(コダマ薬局)に行ってみた、コンビニでもええんやけど先ず近い所から。そんだらおつまみコーナーに98円でたっぷり入ったレーズンが売ってました。よかったわ。
今回98円の袋を2袋買いました。
ほんだら作っていきましょう〜〜
つくり方も糞もないんですが(あははは)

2015100820010545c.jpeg

どんなレーズンでもオッケー。量も適当。
今回はレーズンを袋から出してなんとなく3つのジップロックに分けて入れました。
そこに、酒粕のナイロンの端っこを三角に切り取って100グラムぐらい、
ウネウネウネウネ〜〜っと、ひりだします。
それを3つ、小分けにしたほうがなんとなく使い易いというか、安全な感じがするだけです。あまり意味はない。

20151008200151f29.jpeg

モミモミする。
酒粕の多いものと少なめのものと普通のんと3種類にしました。こちらの写真は酒粕の分量が一番少ないものです。ちなみに後日談ですが、普通の分量にしたのが一番使いやすかったです(ぶっ)。
適当に揉んでまんべんなく混ざった感じになったら空気を抜いて、冷蔵庫で寝かします。できたら4日以上は寝かしたいです。が、途中で絶対に味見をして美味しくなる頃に「あとちょっとしかないっ!」となります。

20151008195529dd0.jpeg

その日の夜に味見(おいっ)
レーズンがまったく漬かってないです。やっぱり3時間ぐらいやったらまったくあかんな(あはは)。
が、ロータスに挟んでコーヒーと一緒に食べました。これはこれで酒粕の旨味は味わえてフレッシュに美味いです。レーズン要らんしって感じ(あはははは)。このロータス、ほんまにどこでも売ってるので安心しますよねぇ、デルタの飛行機とかこのロータスのデルタバージョンやと思うんですが(味がいっしょやし)。デルタに乗った時はこのカラメルビスケットにコーヒーにミルクたっぷり入れて浸して食うのが最高です。ほっとするねぇ。とにかく、近所のスーパーとか喫茶店とかコーヒー豆屋とかで雑貨屋(笑)とかいろんなところで売っているので枯渇しない。ともかく、レーズンの浅漬けはこれぐらい濃いビスケットに挟むといいかなとも思うが、実際はこれしか家に無かったのだった。
で、5日ほど我慢して漬かるのを待ちます。

20151008195419357.jpeg

用意したのは小麦胚芽のクラッカーと森永チョイス
清水スーパーにて購入。ホールグレインのクラッカーとかパンとか好きなですが、あんまし売ってませんねぇ。あとはグラハムクラッカー(板状になったやつ)あれも食べたい。ハニーグラハムとか。

201510081954565f0.jpeg

5日寝かしました。激ウマですわ。ちょっと感動するぐらい美味いです。
アレやね、酒粕レーズンは酒粕の美味さにものすんごく左右されるちゅうことが解った。ていうか、ながーーーーいこと食うてなかったので感動のあまり味5割増かもしれんけど。写真はクラッカーのほうですが、チョイスで挟むとこれまた激ウマです。丸セイバターサンドぐらい美味い(笑)。
PS:日本酒や酒が苦手な人には美味しくない筈なのでやめといたほうがいいと思います。
ついでに清水スーパーの酒屋で麒麟山の伝辛と吉乃川のワンカップ、上越新幹線E4系カップと北陸新幹線F7系カップも(商品入れ替えで激安だった)購入したので一緒に記念撮影。
ワンカップサイズでちまちま試飲するのもっそい楽しいです。

20151008195437fd0.jpeg

そして清水の敷地内にあるお店のキャッチコピーが非常にきになる。
”ぐっつら”とか”ぐっつり”というのは新潟弁で”たくさん”という意味だそうだ。
ぐっつら=ころもし ってことですねぇ。

応援クリツクぐっつら嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

奥の細道をゆく

2015.10.22 09:03|books
201509141706276b6.jpg

『奥の細道をゆく』二十一人の旅人がたどる芭蕉の足跡
『越佐 芭蕉句碑を訪ねて』村山砂田男

どちらも古書屋で出会ったんですが、ガイドブックとしてとても面白いです。”奥の”のほうはNHKでオンエアされたものの書籍化、オンエアのほうは全く知らない(当たり前ではありますが、笑)リレー式でいろんな人が芭蕉の足跡を辿って行く企画、その案内人に選ばれている人の好き嫌いがあるので、「そこにその人なのが嫌」とか妙なところでひっかかったりしてしまいましたが(笑)、好きな人も出ていてそれなりにおもしろかった。”芭蕉句碑”の方は単純にものすんごく参考になります。新潟県内に現存する109基の芭蕉句碑を網羅(あははは、それだけでもおもろい)。もーねぇ、まとめてくれているというのはとても楽(ぶっ)調べるのも嫌いではないんですが、こんな便利なもんがあれば調べる時間も超短縮になろうというものです。便利すぎてギルティ感すら漂う(あははは)。

IMG_1298.jpg

新潟縣護國神社の境内降雨庵(芭蕉堂)
折しも雨、、蓑はもってないがプラスチックの合羽で我慢。
正面に芭蕉と朱で書かれたお堂は積み石造りの平石葺きで大工源七の家をイメージしているらしい。
この東面に

IMG_1300.jpg

海に降る 雨や恋しき うき身宿
この碑を寄贈した日本画家、吉原芳仙の画と「海に降る〜」の句が刻まれている

IMG_1249.jpg

護国神社の一の鳥居の前で道を尋ねられた。
この人、なんと私の同郷和歌山の方で、南紀田辺から徒歩で来られたらしい。
うらやましいなぁ。
そうそう、私の所謂”道しって顔”というのが健在でして、あいかわらずあちこちで道を尋ねられます。新しい土地とか旅行先で道をきかれてもなぁ(笑)。最近は鳥の名前を聞かれる事も増えました。それは双眼鏡をぶらさげているからでしょう(単純に)。昨日は前から歩いてくる初老夫婦(多分)が空を指差して、
男性「あれはトビだぁ」
女性「カラスじゃない」
と、トビだ、カラスだと大きな声で言いあらそっている(まる聞こえ、笑)。で、私の真ん前に来た時におっちゃんのほうが、あの飛んでいる大きな黒い鳥はなんという鳥ですか?と尋ねられたので、後を振り返り一応確認して、
「アオサギです」とキッパリ答えたら
おっちゃんが「どっちも駄目だぁ、あはははははは」
逆光だと飛んでいる大きな鳥は全部黒くみえるんですわ。サギも飛ぶとでっかいですからねぇ。鳥、おもろいですよぉ〜〜〜(あははははは)。鳥を見る為に歩くも、歩いているついでに鳥が居るのもどちらも素敵かと思います。もちろん鳥以外の動植物昆虫、それに人間も楽しいです:)歩いていると多くの人が良いアイコンタクトしてくれたり、声かけ挨拶してくれます。気さくに話しかけてくれます。随分顔見知りや知り合いも増えてきました:)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2015.10 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ