ファンタジーでチャイコフスキーな夜

2017.12.17 09:00|theaters

人気ブログランキング
ご心配おかけしました。左手中指生皮剥事件ですが、感染の心配をしていたら存外挟んだことで関節もやっちらかしているようで腫れて曲げ伸ばしができないことになっているのがまた皮がひっつくのに一役買ったようで、存外うまいこと治っているように見受けられます。ビフォーアフター写真を載せたいぐらいですが、さすがにエグいので自粛しますね(あはは)。
さて、

20171211155641119.jpeg

りゅうとぴあ
恒例になりつつあるガタ大管弦楽団定期演奏会へ

20171211155654ed5.jpeg

館内ツリーが飾られていて年末ムードむんむんです。
今回は
Carl Maria von WeberのDer Freischütz Overture
川畠成道さんが独奏、Max BruchのThe Scottish Fantasy in E-flat minor, Op. 46
youtubeで川畠氏のスコティッシュファンタジーがなかったので、
Scottish Fantasy←スコティッシュファンタジーはこんな曲
ツィゴイネルワイゼン←川畠氏の演奏
アンコールがたっぷりで非常に素晴らしい演奏、大満足。
それとメインが
TchaikovskyのSymphony No. 5
5番は先日Russia state symphony cappellaのヴァレリー・ポリャンスキのんを聞いたところですねぇ。やっぱりチャイコは寒い時期が似合います。
そしてアンコールに眠りの第一幕のガーランドワルツ



この曲
脳内でこのパが再生されましたわ。今年は残念ながら年末のくるみなしなのでとっても寂しかったんですが、なんとなく気が晴れました。この動画はSleeping beautyの中で私が私が好きなパリオペ、ヌレエフ版のデュポンとルグリのんです。いやはや、良い夜になりました。

201712111731325f4.jpeg 201712111551032eb.jpeg

前々からスーパーでスーパーのカゴに装着できるエコバックを使っている人をみかけていて、これがものすごく良さげ。ウェブで検索してみると、アマゾンでも売ってたが、どうやら2鳥で売っているらしいので、いつか近くを通った時にでも買おうと放置してたんだが、先日カメアピに行く用事があったときに、ふと思い出して2鳥に寄ってみたら、400円ほどで売ってましてゲット。その2鳥の入り口でこのアウル抱き枕が売られていて、ふと手にとってみたら離せなくなったので1羽連れて帰ってきました(あはははは)。手をつっこめるようになっていてアッタカイし、膝枕にもちょうどええサイズ。

201712111555075a0.jpeg

あみじゃが
最近で一番ハマった、しかもハマり続行中の非常食。
これは美味いです。東鳩です。

20171211173151a1e.jpeg 20171211155715f1a.jpeg 

やめられないビッテ、見ると買ってしまう(あははは)
そして買えども買えども当たりません。ちまちま4つぐらい買ったりせずにバーンと仕入れればいいんかもしれませんが、そこまででもない。ていうか、かなり美味しいんでついつい買うって感じでしょうか。ただ、ベルばら柄でなかったら買わんかもしれんが(笑)。
それとメルティキッスのラムレーズンとブランデーオレンジも。バッカスとラミーみたいなもんで、冬季限定チョコレートとしては外せん感じになってしまったねぇ。普通のメルティキッスはさして好きでもないんですが、この2つは好きです。
カルビーのポテトチップのチョコがけ
チョコが少なすぎていまひとつ盛り上がりに欠ける味。が、しかし、値段を考えるとこんなもんかと思う(130円ぐらいだった)。
ポテトチップのちょこがけというと、ニンマンマーカスのチョコレートコーティングポテトチップスを思い出す。美味しいわねぇ、アレ。もちろん北海道ロイズのんも美味しいですが。チョコの味がニンマンマーカスのほうが好きやねぇ。

お菓子愛がとまりません〜〜。
ほんとーに美味しいお菓子とか期間限定とか新製品とか多くて困るわぁ(笑)
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

悲愴

2017.11.18 09:00|theaters

人気ブログランキング
久しぶりにオケってきました。
ていうか、最近作業服ばっかりだったのでちょっと踵のついた靴が痛いのなんのって(ぎゃはは)。でも、全く顔にださないのは得意です。

20171113180204a35.jpeg 20171113180214e7e.jpeg

ヴァレリー・ポリャンスキー指揮
ロシア国立交響楽団のチャイコフスキー三大交響曲4・5・6
State Symphony Capella of Russia
Conductor/ Valery Polyansky
Peter Ilyich Tchaikovsky
Symphony No.4 in F minor. Op.36
Symphony No.5 in E minor. Op.64
Symphony No.6 in B minor. Op.74 Pathétique
また聞いてきました。前回は引っ越し直後でまだ引っ越し荷物が届いていない状態だったような(あはははは)疲れている上に開演午後6時半でヘトヘトながら大満足した記憶があります。今回は体調万全元気モリモリでしかも開演が2時、でもやっぱり悲愴を聴き終わったあとはドっと疲れがでましたわ。フルマラソンやな(走ったことないけど、笑)。そういえば前回も5番終わった時点で帰る人が目についたが、今回も結構帰ってました。悲愴は嫌われているのか?
 今回めちゃええ席とれたのでものすごく面白かったです。ノリノリだったわ〜楽しかった。

20170914165250367.jpg 20170914165259ab1.jpg

テングダケダマシ
テングダケではないそうですが、毒です。食べても食べさせてもいけません。
ちなみにこのカサについているイボイボが三角錐なのがポイントだそうだ。これがカサブタ状だとそっくりさんのイボテングダケ、さらに綿状だとテングダケなんですって。次はテングダケを見つけたいです。

20171113175338967.jpeg

朝からどうしてもココイチで、またものすごく近くを通りがかったので
迷わず入店

20171113175349342.jpeg

イモメガ盛り(カレージル来る前に既に先に食ってます)
カレー汁、ナン
イモをカレーにつけて食べます。塩は別でもってきてくれるのがとっても嬉しい(塩はいらない私)、揚げたてアツアツで激ウマ。怖いぐらい食えます。
芋とカレー汁だけにしようとおもってたんだが、ナンの写真が目にとびこんできて釘付け。抗えなかった。
現在エヴァのコラボやってまして、マリのスマホスタンドもらいました。

20170131135914e1d.jpg 20161025152949547.jpg

日光誉 生酒
頂き物。日光ではなぜか秋田の酒を買ってしまったが(笑)
今年の新酒鑑評会は宮城、福島がすごかったですねぇ、新潟やばいです。
アテにイカフライ
初めてシーチキン味というのを見たので食べてみましたが、
シーチキンの味がしない、ていうかイカの味もあんまりしないのでどっちつかずで残念な感じになってました。

IMG_0689.jpg

見つけましたがな、ていうか季節モンなんかもしれませんが
ヤマザキ薄皮シリーズのスイートポテト
去年食って大層気に入ったのでリピろうとおもったらどこにも売ってなかった品。うれしい。ちなみにレーズンカスタードクリームパンはテッパンです。キャラメルマキアートクリームパンは初見だったので味見。キャラメルっぽいクリームにコーヒーも混じっているという感じで結構うまかったです。3つで198円の大売出しだった。大売出しは危険〜〜〜。
薄皮パンやめられ〜〜〜ん
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

English National Ballet

2017.07.17 09:00|theaters
ウエーノに来ております

IMG_0006.jpg

ブンカ会館にやってきました。
イングリッシュ・ナショナル・バレエ団のコッペリア、

IMG_9868.jpg

この日、同日のマチネも入手。それというのも最初の予定ではアリーナ・コジョカルが予定だったんですわ。夜のタマラがお目当てだったんですが、せっかくなので2つとも見ようかと、、ただ、コジョカルは怪我も多いんでまたあかんかも、、と危惧してはいました。怪我はなかったんですが5月の半ばぐらいに妊娠がわかりましてアウトになりました(涙)。で、スワニルダはカナダ国立バレエ団のプリンシパル、ユルギータ・ドロニナ、フランツにENBのソリスト、セザール・コラレス。まぁ、いいダンサーだとは思いましたが、ちょっと目がいかなくて寂しいというか、、。コジョカルやロホ、ヴィシュニヴァなんかだとコープスにまじってても妙に目がいくというか目立つんですが、そういうとこらへんに薄い感じはしました。もちろん世界トップレベルのプリマではあるんですが、主観的な好みです。ま、ゆうてもコジョカルなのでそういうことも織り込み済みでチケット買ってますんでそんなにガッカリはしません。

20170711150033104.jpg 20170711150013954.jpg

ダブルヘッダーです。体力にものを言わせます(あははは)、
午後1時からマチネでドロニナとコラレスを見て、すぐにホテルにチェックインして1時間で風呂入って着替えて6時からロホとエルナンデス。やっぱり喜劇はダブルヘッダーでも疲れないわー。何年か前にトリプル(ケント、ヴィシュニヴァ、マーフィーの三連荘)でロミジュリを見たときは本当にえらいこと疲れましたが、もー臨終現場3連発やからねぇ、エナジーサッキングな感じよ。それにくらべて喜劇は何遍みても笑えるしねぇ、エナジーチャージよねぇ。
ここ最近、背の高い落ち着きのない客の後ろの席が続いていて、正味イラついたので今回はバルコニーの最前列に座りたかったんで、コッペリアやし、コッペリア(人形)は見なくてもいいので(あはは)ギワな席にしました。これが大正解で、双眼鏡なしで十分目をパチパチと瞬きする様子までわかりまして、しかも他人の頭にイラつくことなく楽しく観劇できました。



2014年のんですがNEBタマラ・ロホのスワニルダ
今回のフランツはENBのプリンシパル、イサック・エルナンデス。非常にピチピチで大変チャーミングなダンスをする好みのバレエでしたわ。彼のロミオが見たいと思いました。タマラとイサックのロミジュリはかなり良いと思います。ロホはというと、数カ所ものすんごいミスをしていましたが、それも演出?と思わせるほどの堂々っぷり、コメディですし逆にいいハラハラ、怪我の功名というかいい緩急になってました。

IMG_0069_20170711143643f46.jpg

タマラ・ロホとイサック・エルナンデス
夜の主役で本団アートディレクターのタマラ・ロホと少し立ち話する機会がありまして、ものすごく嬉しかったです。
スワニルダとフランツのツーショットが撮りたいからと頼んで無理に並んでもらいました。こういうとき、いろんな言語が話せるのは得やなぁとは思いますが、たとえ英語やスペイン語フランス語ロシア語が話せなくても、バレエが好きだという熱意を持っていればハートが通じるもんです。チャンスの女神が走ってきたら躊躇せずハッしと前髪を鷲掴みしましょう。バレエに限らず、どんな業界でも同じやと思いますが。

IMG_0002.jpg

めっちゃええ気分でバレエ漬けの1日が終わりました。
あとは、余った時間でこれを見ます。

IMG_0073_20170711143645eb9.jpg

夜なのに29℃って、、電光掲示板をみてうんざりしました。
歩道橋の上でなんかドラマっぽいのんの撮影をやってました、
が、実はフルマチなんかでもよく撮影はやってまして、テレビ関係に非常に疎い私なのでガタも首都も一緒扱いです(あははは)。野鳥とかケモノなんかだと、パッとみたら大抵誰かわかるんですけどねぇ。人間の個体識別はできません。

IMG_9815.jpg

朝から腹が減ったものの、レストランはほとんど11時からだったので、
ハードロックカフェうえのでブレックファストを食うことに

IMG_9814_201707111443394b1.jpg

ホットドッグ
ブラッツが結構いいのんで、非常に満足しました(腹も減ってたしな、笑)

IMG_9816.jpg

上野に待望の子が生まれて嬉しいですね。
今回はちょっと暑すぎるので上野動物園はないわー
涼しいところ攻めます。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

くるみ割り人形

2016.12.24 09:00|theaters
トーキョートッキョキョキョクキョキャショ、、
ゆ、、、言われへん、、。

IMG_0172.jpg

東京文化会館です。
年末といえば、ナッツクラッカー
くるみ割り人形です。今年は東京バレエ団

20161221160909561.jpg

というのも、ABTのダニール・シムキンが王子様やったんです、狙いました。
よかった、無事に観られて♪ちなみにクララ/金平糖は沖香菜子
とにかく、いい気分になりました。東京バレエ団、男性が少ない所為で第1幕はパーティシーンも女性だらけ、特に男児はすべて女性、兵隊がピンクのポワント履き(これはちょっと変)でちょいヅカの香り漂うアブノーマルな雰囲気、そしてオケがねぇ、かなりサワーな音が目立ちまして、ええシーンで痛恨のダメージがあったりとかなり酷くつらかった。とはいえ、なんちゅうてもシムキン王子がゼーーーンブ持っていきましたがな。色んなバレエ団のいろんなくるみを観てきましたがこんなくるみ初めてでした。クライマックスの最後の最後、普通、通常、金平糖の精がリフトなんですが、、

まさかの王子リフトでどや顔(ぶっ)

これには度肝を抜かれました。ラ・フィユ・マル・ガルデの結婚式シーンでリーズの前にちょろっとコルがリフトされるんとかは観ますが、こんなコテコテの王子をまさかのリフト、、。普通は王子リフトするんであって、王子リフトしないです、ハイ。
リフトされたシムキン王子が微妙なはにかみ笑顔を一瞬みせたのが忘れられません。これはおもっきり噴いてしまいました、リフトされたシムキン王子を見ただけでも来た甲斐ありましたわ(あははははは)。ええもん観せてもろた。

IMG_0199.jpg

東京はかなり暖かかった、、というか
汗かきました。ま、暑いのは去年の12月にめっちゃ懲りたんで、今年は半袖に薄手ジャケットにしたんですが、それでも汗かきましたわ。特に室内の暑さは尋常ではないので、室内では半袖イッチョですごしましたが、半袖で汗の私の周りがダウンジャケットにマフラーにマスクの人々がうじゃうじゃで、、ご本人達はいたって寒そうではありましたが、なんでこの暑さで寒いのか???サッパリわからん。って、ダウンジャケットにマスクの人々は半袖で扇子パタパタしている私のことはサッパリわからん(もしくは裸の大将)と思っていることでしょう。人間のアジャストメント機能って、、アホやなと思う。そしてまだこの暑さに対応できてない私も酷いと思うが、、歳の精です、ってことで。
さて、この日の朝に上野入りしたんですが、

201612211603063b9.jpg

トキです。
ほんまもんのトキではなくて、MAXの方で移動(あはは)
ガタからトーキョーまでたったの2時間でして、時間的には近いんですが、ものすんごい隔たりを感じてしまう、、
というのも

IMG_0329.jpg

ガタを出る時にはこんな感じやったりするんですが、
特に湯沢を抜けて行くのに、
曇ってるか、雨が降っているか、雪が降っているか、、
3択です(いやすぎ)
で、トンネルを抜けると

IMG_0162_201612211841227f7.jpg

そこは晴れなんです。
ビバ・太平洋側
ガタ好きなんですが、冬場の天気極悪っぷりったら無いですねぇ。酷いです。

IMG_0166.jpg

去年は大失敗して、マチネを買ったつもりが夜を買っていて、土壇場で宿を予約したんでかなり奉仕な夜を過ごしてしまいましたが、今年は文化会館のを選んだので大好きな上野、宿もたくさんありましたがめんどくさかったんで(笑)程よいところでアパ上野駅前にしました。話のネタにはまったくならないボーリングな宿ですが、東博に近いのがポイントです。

IMG_0163.jpg

ホテルからすぐ、この上野駅に入って来る電車が見える橋を越えると
そこは、東博(東京国立博物館)なんです。ぬふーん。

IMG_0314.jpg

上野なだけにパンダなツリーでした。
かえらしです。
というわけで、東京ミッシリくるみ旅2016、スタートです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

新国立くるみ割り人形

2016.01.15 09:09|theaters
昨日も一日中もさもさと霙やら雪やらが降っていて、映画館でひきこもり。Kバレエの白鳥の湖。
そんでホムセンで色々と買い込み、いざや◯◯◯対策をば。対策が功を奏したのか午後は現れず。そこらへんの件につきましては後日改めてロングストーリーになる筈(笑)。映画館とホムセンとスーパーが同じ建物の中にあるというのは非常に便利です。5時頃まで外をみていたが、積雪は1センチ強といったところで雪かきするほどでもなく、まだシャベルは未使用(笑)。
さてさて、
12月26日のストーリー
12月というとというとThe Nutcrackerですねぇ。ここんところ年末の恒例行事になっておりましたが、新潟では公演がないようなので新国立で観ることになりました。というのも、新国立のバレエは必見だとバレエ筋の方々に勧められていましたものの、全く観る機会がなかったのでナイスタイミング。

IMG_3576.jpg

てなわけで、やって来ました東京は渋谷区にある(駅的には新宿駅から近いが)新国立劇場に来ました。
おおお、すごい建物だこと(笑)。
地下鉄初台駅で降りて、入り口から入ると、そこは熱帯でした(あははは)
もう暑くて暑くて、しかも内部でどこがその客席の入り口なのか皆目不明。
とりあえず灼熱地獄の中、着てるもんをすべて脱ぎ散らかし(爆)、場内に展示されているバレエやオペラの衣装を朦朧とした意識で観ながら探す(あはは)。

IMG_3573.jpg

単に早く来すぎて開いて無かったんで解らんかっただけなんですが(笑)
こういうおポンチな田舎もんの為にくるみは◯◯時に開場しますとかなんとか言うようなペラっとした張り紙でもしてくれていると非常に嬉しいです。とりあえず、多分ここだろうという入り口に目星をつけて、とりあえず外に出て涼むことにしました(笑)。もう、全身汗だくよ(笑)
実は入り口の売店にバレエ手帖があったので是非とも買って帰ろうと、売店によりましたら、

IMG_3570.jpg

売り切れておりました。ものの15分の彷徨の間に売り切れとった(チーン)
棚に飾られていた5冊だけで在庫が無かったんでしょうねぇ。残念。
ガチャガチャなんかもありました。色々がんばっているようです。
で、開場までの時間を外で涼んでました。12月26日だというのにこの暑さはなんということか。

20160105162739868.jpeg

開場後、とりあえず脱げるだけ脱いで入場(爆)切符をモギってもらって(なんというか未だにバーコード読み取り機ではなくて切符半券千切りの劇場が多いことに驚く)、パンフレットを買おうと探したんですが、見つけられず、ああ、パンプレットとかは無いんだなぁと早合点して(ま、有料パンフレットなるものが無い世界でおったので)席に着くと、ナナメ前に座っている女性が豪華なパンフレットらしきものを観ている。節穴炸裂したんか。で、場内係のお姉さんに尋ねると売っているとこの事(あははは)、開演までまだ時間があったのでもう一度入り口付近までもどってパンフレットを買いました。クソ暑いのに涼しい顔してロングダウンジャケットなんかを着込んだ人うじゃうじゃの暑苦しい人混みの中をウロウロ歩いて余計に暑くなりまして、クサクサしました(あはは)。

20160105150417872.jpeg

新国立劇場 くるみ割り人形
シュガープラム:米沢唯
王子:井澤駿
クララ:奥田花純
ドロッセルマイヤー:マイレン・トレウバエフ
雪の女王:小野絢子

なんといっても第一幕のスノーフレイクスが圧巻でした。気持ち悪いぐらいビシっと揃ったコールドにさぶイボ。第二幕も非常に素晴らしく、ちょっとテクニックに偏り過ぎなんとちゃうか、と感じるぐらいマシーンな感じのバレエ。初めてこんだけ揃いまくったバレエをみました。すごいねぇ。
ただ、残念に感じたのは1幕のパーティ、情景のシーンが日本の若者的ショッピングモール的な風景なだけに、コテコテのヨーロピアンスタイルのパーティとのギャップに違和感。それに普段パーティしなれん人がパーティをするとこうなるんとちゃうか、、なんというか楽しくなさそう。パーティなのに。バレエは上手かったけど。特におじいちゃんおばあちゃんのダンスなのに、あまりにも元気すぎるババアにびっくり仰天(笑)。今まで、キャラダンサーがヨボヨボ踊りをするのを観て来たのでピッチピチグルグルまわる老婆役になんとも現代の日本を重ねてみてしまい、なんとも言えない気分に(うう、もっと夢の世界に入りたいのに)。とまぁ、1幕は色々あれどスノーフレークで気分よろしく終了。
第2幕はさすがバレエバレエバレエでグイグイおしてきまして、暑さで朦朧とはしてましたが楽しく観賞。フラワーワルツはマリインスキーと同じでしたが、同じなのに全く違うのが大変面白い。同じ振付けでもこげに雰囲気が変わるんやねぇ。そしてラストは新国立劇場オリジナルだそうで、
なんとドロッセルマイヤーがサンタクロースだった!!!!というオチで、しらんと見たんでおもっきり吹きました。

アカンってーーー! 艸(゚Д゚)艸

と心の中で特大ツッコミ。
さすが、、、ニッポン。厳密に言うとサンタクロース自体がややこし存在なんですが。なんというか、この全世界的なややこし宗教ムードな昨今、こういう宗教っぽい演目もちょっとマーケティング上ツリーとか削ったりする方向になってくるんちゃうんかと危ぶんでるんですが、ソコをウルトラ逆走、天晴なり。コテコテのムス◯ムやジ◯ーやその他コテコテな宗教家は見に来ないと思いますんで、それでええんでしょう。だって芸術ですんでねぇ、自粛大好き◯◯◯も少しはここらへんのノリを知ってほしいです。ていうか、折角オープニングが”今”の日本風なんやからドロッセルマイヤーが”えべっさん”でもええやんか。宝船に乗って鯛を小脇に釣り竿もったえべっさんが飛んで行く、、というラストシーンが見たかった(あははは)。となるとツリーは福笹にかえ、第二幕は弁財天とか鯛やヒラメが踊ります、そうしよう(笑)。

さて、非常に楽しくすごしました年末バレエくるみ割り人形、
実はチケットを購入する時にマチネ(昼の部)を買って日帰りのつもりが、手違いで普通の夜の公演を買ってしまいまして(あはははははは)、急遽新幹線を次の日に変更してもらって、泊まりとなりました。
折角泊まりなんで序でにアソコにも行きたいし、、と、交通の便の良い所で年末26日に宿なんかあるか?と非常にドキドキしながら検索しましたら、ありました、あったことはありましたが、、

IMG_3584.jpg


ほ、、、奉仕



このホテルの話しは明日につづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ