喜多方ラーメン食います。

2016.08.29 09:00|food

福島県、喜多方です。
早朝から小泉さんが降りて来まして、とりあえず行ってみんべぇ、と、一路福島県へ
実は1時間ちょいで到着するので、同じ県内の上越市あたりへ行くよりも遥かに近いです。

IMG_9518.jpg

ガイドブック情報によりますと、喜多方ラーメンのラーメン店は密集していて、
さらに”ふれあい通り”という蔵の多い通りが良さそうな感じ。
なので、駐車場に車を預けて歩いて回ろうと、、とりあえず市内に入りますと、、
駐車場が無い(有料パーキング的な所がない)、
ぐるぐるマップでもコインパーキング的なものがでてこないし、ぐるぐるフィジカルにドライブしても発見できず。
基本各ラーメン屋が結構大きな駐車場を所有しているが、どのラーメン屋で食うか決めてもないし、食うた後歩きたいし、、。喜多方市役所の前を通ると、市役所の駐車場はどっからどうみても観光客的な人々が車を停めている。るるぶもってるし。ゲートもないし、市役所が休みなので開放しているのか、それとも普段から開放しているのか、そこらへんは解らないが、その隣りのラーメンのインフォメーションセンターのような建物にも駐車場があるが、ラーメン館にも市役所にも用事はない、、が、なんとなく、ぬるーい感じ。ま、いいかと、そこらへんに駐車(爆)。
まずは一番有名な店へ

IMG_9402.jpg

ばんない
坂内食堂本店
日本全国100店舗近く支店をだしているそうで、ネットでみるとなんとコスタメサ(LA, USA)にまで出してるし(あはははは)、有名喜多方ラーメンの総本山。
休日なんで行列なんやろなぁ、と思っていましたが、朝10時前ですでに稲荷さん越えで行列できてました。90分待ちぐらいになるだろうということでした。店員さんが日傘貸してくれます。
ティピカルに行列が苦手な関西人(ぎゃははは)ものすごく不機嫌になりました。腹も減ってきたし。
方向性が決まらないので一応並びながらガイドブックをよく見てみると、喜多方ラーメンは昭和初期「源来軒」の藩欽星(ばん きんせい)が、中華麺に近い「支那そば」を打ち、屋台を引いたのが原点だと書かれていた。ほんなら源来軒にまず行くべし!!と坂内戦線離脱。

IMG_9419.jpg

元祖源来軒
手のしギョウザ、手打ち中華そば、という文字がまぶしいっ。
嬉し事に全く並んでませんで(ブランチ時間です)、入ってみると一階席には半分埋まった状態、スッと座りましたが、座って注文した直後ぐらいからお客さんがどんどん入って来てあっという間に満杯になりました。二階にもどんどん上がっていきます、えらいこっちゃ(笑)。

IMG_9422.jpg

ギョーザ
うま〜〜〜〜〜〜〜♪具がギュウギュウにつまってまして、皮ももっちり厚からず薄からず♪
そして、間髪入れず

IMG_9424.jpg

中華そば
透明感のある、黄金のスープはいろんなもののダシの味が混ざってややこしことになってますが、不思議とアッサリ美味い♪なんといってもニボシくさくないのが嬉しい(笑)。最近ちょっと魚出汁恐怖症気味(かつおだけ可)
麺はつるりとコシがあって、手打ち感もりもり。
大満足でした♪汁もすべて完食、ごちそさまでした。
お腹もいっぱいになったので、歩きます。

IMG_9403.jpg

トローリーが走ってました。
どうやって乗るんだろうか??イコカは使えるのか?
トローリーはともかく、この左に見えている看板
八七一(はないち)タクシーさん、ここ最高です。

IMG_9511.jpg

なんとツバメの巣が4つ
最盛期にはもっとあったかもしれません

IMG_9505.jpg

傘で糞よけを作ってあげております。
タクシーなので鳥の糞は大敵でしょうに。
なんとすばらしい、トリフレンドリーな会社でしょうか。

IMG_9513.jpg

今回、タクシーを利用する機会がなかったのですが、
もし喜多方でタクシー利用の際は是非八七一タクシーを指名したいとおもいました。
フォトジェニックな町喜多方、つづきます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

オイッチャホイ

2016.08.21 09:00|food

新発田です。
商店街を歩いてて、どーんと目に入って来た。

IMG_8712.jpg

食堂 シンガポール
雰囲気めっちゃええわぁ。

IMG_8713.jpg

シンガポール名物 オイッチャホイ
シンガポールって、、あの東南アジアのシンガポール(国名)よねぇ、マーライオンがガーーっと水吹いてる(笑)。
オイッチャホイってのは聞いたことがないが、、食堂で名物となると食い物なんだろうねぇ。シンガポールの食べ物というとラクサ(そういえばカップヌードルですら出てるし)、バクテ、、、カレーとかも美味しいな。

IMG_8714.jpg

”本日オイチャホイのみでお願いします”

なんか、、ものすんごくビミョーな。このヌケ感はたまらなく好きですが、
ていうか、入ってみて内容物を聞いて私が食べれない(アレルギーで)食品が入ってたらアウトやしなぁ、、。
それはそれはめちゃめちゃ気になりましたが、中が覗けない(笑)
私独りなんで滑った時にフォローないですし(笑)飯食った後だったので断念しましたが、、
帰ってきてこの写真見てもものすごく気になってしかたがない(笑)
今度リベンジしたいとおもいます。同行者求ム(笑)

IMG_8715.jpg

となりの洋服屋さんも気になりました。”でと”よ”DETO”っ!!
ビーバーボーイや(笑)
こういう服屋が結構たくさん目について、しかもどこもそれなりにオープンしていたのでやってけてるんでしょうねぇ。ほんわかといい気分になりました。

IMG_8716.jpg

納涼
水路がたくさん残されています。
どこの城下町も最近はぜんぶ蓋して上を人や車が通れるように道路にしてしもてるけどねぇ。

IMG_8804.jpg

雪の時期はどうするのやろか?
全部凍るわけでもないらしいので、雪踏んでたらズボっと水中へ、ということもあり得るのでは。
錦鯉が泳いでいました。

IMG_8717.jpg

おお、こんなバイトしたい(笑)

IMG_8818_20160731142328971.jpg

ギャラリー地蔵庵
ごちゃごちゃとしててワクワクする古道具屋さん発見

IMG_8814.jpg

コケシもまぁいろんな顔があるもんやねぇ。
コケシグッズもたくさんありまして、
マトリヨーシカと似たような気配を感じます。
いっそコケシ業界も入れ子にしてみたらどうだろうか?流行るか?

IMG_8817.jpg

店主さんが布の手仕事作家をされているようで、
和布のおもしろいのがたくさんありました。
ふと目についた印判の豆皿、雀の柄とカワセミの柄
別段安くも高くもなかったですが、柄で即買いですねぇ、
とってもいい買い物しました♪
そういえば、引っ越してから”おてしょう”(豆皿/醤油皿)が全く無いという事態が続いていたのでコレで解消(あはははは)。いかにまともに自宅飯くってないかというのがわかりますねぇ。大皿でバッコリ盛った食い物、マッシュドポテトとグレービー的なものが主食(あははは)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ダチョウの口角がたまらない

2016.06.24 09:09|food
豊栄(とよさか)です。
突然、ダチョウな気分になった日の事でス(笑)。



ダチョウというのは正式に家禽(Poultry/ポーチュリー)なんか?と、ふと思って調べてみたらばっちり家禽でした。今までは革や羽の為に飼われていたそうですが、最近は食用肉としての需要が高まっているようです。なるほど、ほかにもエミュやホロホロチョウなども増えて来ているそうです。そういえば、昔はホロホロチョウとか普通に飼われてましたよねぇ、食肉用で。私の地元エリアには”みさき公園”という有名動物園/遊園地があって、そちらでホロホロチョウが放し飼いになっていて、追いかけ回して遊んだ(滝汗)記憶があります。楽しかった(ぶっ)。結構反撃してきます。

IMG_5441.jpg

こちら、新潟市豊栄(2005年まで豊栄市だったそうですが、合併消滅)の道の駅にあるダチョウファームにやってきました。といっても、わざわざダチョウ見に来る人もそんなに居ないのではないかと思われます。それなりに寂しい放置された感ただよっております。ガタユルな感じ。
なにせ大きいし動きがとても面白いので観ていて単純に楽しいですねぇ。
睫毛長い〜。
道の駅の裏、道路を隔てて(爆)そのダチョウファームがありまして、

IMG_5447_20160610160847bf6.jpg

道の駅に餌も売っています。
インストラクションを読むと、
餌を備え付けの柄杓に入れて、柄杓をしっかりもって餌やりするようにと書かれている。
ま、柄杓に向かって軽く棍棒を振り下ろされるような雰囲気になるかとおもうんだが(あはは)。
ダチョウ達は人間を見るととりあえず、餌を持っているかどうか確認しに来ます(笑)。

IMG_5439.jpg

エサを買ってくれば、ちょすってあげるよぉ byオスト・リチ雄

とりあえず、餌食ってない自然にウロウロしている姿を観たいので、餌を持たずにダチョウを眺めていた。
ダチョウのクチバシってちょっとヒナ鳥っぽい形状でなんとなくあどない感じしてかわいらしいわな、、ただ、サイズがサイズなんでナニですが。

IMG_5446.jpg

すると、2人の男性が来て、餌をもっていないのに柄杓をもってダチョウを呼び寄せている。そして、大きな声で話をはじめました。ダチョウや鳥の生態についておそろしいレベルの誤解が蔓延しているのではないかと危惧するような内容でした。
壁に耳ありクロードチアリ
しかも、会話はとまらない、、、看板も撮っとこうかと思い彼等が立ち去るのを待っていたんですが、まったく動かなさそうだったので諦めました。一緒に撮ってしまえ(爆)
売店に戻り、

IMG_5453.jpg

道の駅 豊栄
じつはこちら、道の駅発祥の地だそうで、1988年に一般国道での休憩施設として全国で初めて誕生したらしい。で、1993年に道の駅制度が発足されて、第一号登録となったそうです。
てなことが、この石碑に書かれてあった。
ということは、道の駅というのは高速道路のサービスエリアにあるのは違うモンだということなのかいな?今まで、サービスエリアが道の駅と名前を変更して高速道路以外の場所にもできただけだと思っていました。それとファーマーズマーケット、和歌山には”めっけもん広場”という有名なのがあるんですが、それも道の駅の一種だと思っていたんですが、全く違うみたいですねぇ。管轄が違うだけなんかもしれんが、よくわかりません。

IMG_5452.jpg

ダチョウの卵が売られていました。
1個3000円で鶏卵の21倍、鶏卵が21個だと売り出しで200円ぐらいです、赤玉でも400円ぐらいか。が、ダチョウの卵は外にほっぽらかっていてもものすんごく日持ちがするみたいです。
有精卵で、孵化とかしてしまったら(ぞっ)、、
ま、卵は食えないが焼き鳥は食えるてところでしょうか。

IMG_5450.jpg

マタギ汁や低脂肪コンビーフなんかも売ってました。
それに、食堂がやたらと混んでまして、
みなさんなんやかやと食べていらっしゃいました。が、ほとんどの人が麺類を食っていた。ダチョウ料理はなさそうだった。私は他に食べる計画があったので、ソフトクリームだけいっときました。ソフトクリーム濃くては美味かったので、おすすめしますが、食いながらダチョウの近くに行くのはおすすめしません。
たのしかったです:)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

なるほど寺泊

2016.04.22 09:09|food
寺泊です。

IMG_0262.jpg

件の国上山からドライブ、15分ほどで到着しました。
実は何度も前を通ったことがあったんですが、人が多くて二の足を踏んでいた所です。
いつも鳥屋野でお世話になっているYさんに聞いたんですが、地元の若者でもちょっと食べに来たりするほどの有名地だそうで、確かに駐車場にも地元の車が目立ちます。
車でビューンと通り過ぎていた時にはわからなかったんですが、いざゆるゆると歩いてみると、、
通路のベンチや縁石に座ってカニ食う人の姿が目立つ、、
姿のまんま数匹抱えてくっている。鯖とかもOn a stick,,,
かなりFair Foodな感じ(ぎゃははは)。

IMG_0263.jpg

店によって値段は50〜100円ぐらい差はありますが、高い方の店ですら安いです。
めっちゃでっかい鯖1尾で400円ぐらい。
小学生ぐらいの子供が道ばたでかじりついて食うてました。非常に好ましいです、子供は食うてなんぼです。大きく育てよぉ〜〜はいりはいりふれはいりほーーー♪
食堂で定食でも食おうかな、と思ってたんですが、気が変わりました。

IMG_0265.jpg

エビとカニとタコの唐揚げを購入(あげもんばっかりやん、爆)
あと、握り飯を3個買いました。
イカとか3バイで1000円、、さすがに一人でイカばっかり3つは飽きる(笑)。
ちなみに唐揚げはカップにギュウギュウに押し込まれてまして、結構な量で食うても減らん(笑)。ランチドレッシングとか欲しい味やねぇ、無理して完食せずに持って帰ることにしました(結局ドライブ中に摘んで食うてもたけど、笑)。

IMG_0269.jpg

カニ汁が100円、普通のラーメン鉢のサイズです(多すぎる)。
ニイガタン情報によりますと、時折無料配布もあるそうです(わーー)
ていうか、何もかも量が多い。独りでどないすんねん。

IMG_0274_2016041417283195c.jpg

ホヤたべたい〜〜〜〜〜。
もちろん普通に鮮魚もとりあつかってまして、ガタ市内にくらべて半額以下。ものによったら激安。

IMG_0276_20160414172830e19.jpg

カニ安!!!!!
足のもげたのとか、ちょっと軽いのんは1匹100円。高いのんでも300円(どんなんよ)。ズワイガニてアダルトになるまで10年かかるんとちゃうかったっけ?こんなに安売りしてええもんなん?なんか絶滅させそう。

IMG_0271_20160414172832a6a.jpg

5匹で1000円とか、なんかもう皆さん山盛り買うてはりました。
和歌山から北陸カニ食べ放題ツアー29800円で安いと思ってたが、、カニがほぼ無料なんやん(あははははははは)。なるほどなぁ、、と妙に納得したりしてしまった。
なんかもう、見てるだけでメンドクサイ(あはは)。

IMG_0264.jpg

食用ではない干しエイも売ってた。
かわいいねぇ。

IMG_0273.jpg

これがアゴ出汁用のニボシ
ニボシというと大きくても小指ぐらいのサイズを想像するが、、普通にビュンビュン飛んでるサイズの飛び魚やんか。しかもこれを削り節にするとかでなくて、このままドボンと湯に入れて出汁をとるそうです。だからこちらの出汁は魚の味がするのか〜〜と、納得。
とっても面白かったです。さて、休憩終わり、
目的地へ向かいます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

越後の春を食べる!

2016.04.13 09:09|food
鳥屋野潟です。

IMG_9083.jpg

10日以上来ていなかったら緑が爆裂に増えていて驚いた日の事です。

IMG_9082.jpg

ソメイヨシノはあと10日ほどというところ

IMG_9086.jpg

ヒガンザクラは数輪フライング気味に咲いていました。
もー、全身でピンクに悶えているようです。

IMG_9140.jpg

アケビの花が咲き出しました。
今頃気付きましたが、至る所にアケビが生えてます。
ということで、鳥屋野鳥友H夫妻にアケビの芽について伝授してもらいました。

IMG_9136.jpg

この、赤紫のちゅるちゅるーっと真上に向かって伸びているのがアケビの芽です。
簡単にポッキリもげるので、10〜15センチぐらいに伸びたのをあっちこっちのツルからむしりとっていきます。結構必死こいで獲って20本ほどになって一息ついたらH奥さんが片手でものすごい束を採集していました(早っ)。まったくもって歯が立たない(あははは)。そして、その束をそっと私のナイロン袋に入れてくれました。ありがとうございます〜〜♪。とにかく、アケビは阿呆ほど生えている上に、次々と芽がでてくるのでみんなで毎日とっても全くなくならないようです。桜が満開になるころはそれなりにむしってる人々もちらほら見ましたが、、基本あんまり獲ってる人も見かけないのでほとんどが伸びるままに放置状態。山形のほうでは結構メジャーな山菜だそうです。
で、たっぷりのお湯にひとつまみの塩を入れてさっと湯がくと、

20160330134102ae2.jpeg

綺麗な緑色のになります。ワカメみたいやねぇ、ちゅうことはフコキサンチンがらみか。となると抗腫瘍作用とかあったりしたりして、あはは。
苦いので、よーーく冷水に晒す。
どれぐらい苦いもんか見当もつかない、、なんとなくゴーヤをイメージしてしまい、ものすごーーーく苦かったらツライなぁ、、とドキドキする。

20160330134114b89.jpeg

で、ウズラの卵と醤油をかけていただきます。
ウズラの卵はなかったので、鶏卵で代用してみました。
酒(日本酒)のアテにいいよ、と聞いてたんですが、確かにアテにぴったりです。ほろ苦くて、でもそんなに苦くない、コリっとしたアスパラガスの細ーーーーいやつみたいな歯ごたえ。生卵醤油で食べるというのが非常に面白い!
最初の一口でウマーーっと叫ぶようなものではないですが、3、4、5口と食べていると妙にアディクティブな感じ、、これは中毒となり毎年春になると食べずにはおれないというのも納得(笑)。後味にふんわり苦みが残るのが酒と妙に合います。同じ下処理で卵と豆腐でアケビチャンブルーとかも美味しそう。あの有名なゴーヤパインと同じ方法でアケビパインおひたしにしてもいいかも。基本アスパラガスとかゴーヤとかと同じような系統に調理すればなんでも合いそうな気がする。アケビは実から芽までなんでも食えるし、ツルは編んで籠などを作る材料になるという生活密着型植物のようです。インタレスティングです。
というわけで、ガタの春をそのまま食べた!!という気持ちになりました♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Welcome

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ