FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

あるごりずむ

Posted by jube on   2 


人気ブログランキング

昨日も結局暴風雨か暴風晴
時々なんかパァァと太陽が出るので
ムラっときたんですが、
出ようとしてもすぐに土砂降りがやってくるので、
外歩きは諦め
映画みたりしてました。
漫画日和でもあるわな

IMG_2675.jpg

三原和人『はじめアルゴリズム』全10巻
完結しました。おもろかった。なんちゅうか、天才てこんなんなんやろなぁ、と想像するとおりの天才っぷりのはじめが大変興味深い。数学とかめちゃ興味ないんですが(笑)、なんとなく面白いと思う感じは共感できて、なんとなく興奮するねぇ。ビューティフルマインドとエニグマのDVDひっぱりだして観たくなりますねぇ。ええ漫画やと思います。
そういえば、昔、ちゃんとお勤めしていた時に、
ふと、同僚の理系の先生に
「地球から月までって何キロでしたっけ?」
と、尋ねたら、
(インターネットのない時代です)
「ちょいまって」
と言われ、
バタバタしているうちにそのまま授業へ
で、数時間後に
ハイといって、どえらい計算がずら〜〜りと書かれた
紙を渡されました。
目がテンになった(あははは)
計算ででてくるもんなんやねぇ、、と
感心したのを覚えています。
私的には地球と月の距離て丸暗記しててポっと出てくるタイプのもんかと(笑)思ってたんですが、ていうか、覚えんでもええ無駄知識かもしれんけどねぇ(あははは)、テキストのどっかに書いてそうとちゃうんって(笑)
ともかく、
円周率とかだと覚えんでも計算したらええやんとは思えますが、
理系のやつらって、、って
めちゃウケましたわ。
その先生は数式というのはストーリーやねん、
いろんな感動がつまってる
て、よく言ってましたわ
懐かしい、、。

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

スポンサーサイト



無職転生

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

昨日は14時ぐらいから雨予報だったんですが、
11時ごろから雨になりました。
朝イチから10時ごろまではそれなりにもちこたえたので
楽しく外で鳥みてました。
さて、
ブクオフで1冊110円だったのでまとめ買い
ちなみに他の店では600〜850円で売られているし
見た目はとても綺麗なのに
なぜ激安だったかというと、
タバコ臭。
図書館の本もたまにめちゃタバコ臭い本ありますよねぇ。
図書館の本はみんなの財産なので、扱いに気をつけてほしいですよね。
そして、タバコ臭は取れない。
かなりゲンナリしますが、100円で、
しかもラノベ(読むのに時間がかからない)
読み終われば処分するので
そこらへん我慢
私的にはタバコ臭よりも、モスノー臭がダメ
頭が痛くなります。
ただし、古書でどうにもそれを読まないとあかん、ということも多々あるので、そういう時は臭いをとります。陰干したりとか、色々と。
ともかく、
思う存分、ふんだんに日本語が読める幸せ
とくに、くだらない娯楽本が読める幸せ(笑)。
素晴らしいですねぇ。
まとめ読みとか超贅沢(笑)

IMG_6627_20200206173303a4b.jpg

理不尽な孫の手『無職転生』異世界行ったら本気だす
22巻以下続刊
実は3巻ぐらいまで、
理不尽な孫の手、というのが副題だと思っていた(笑)
なので、孫がでてくるんだと、、
もしくは、主人公と祖父がメインキャラかと(笑)
作者の名前なんですねぇ
読みやすいドリーミーなストーリー
ざばざばーっと読んでしまいました。

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

にわとりのジョナサン

Posted by jube on   6 


人気ブログランキング

近所のスーパーへ
食料の買い出しに行った。
めちゃ人少ない
とりあえず冷食とか買って、
エスカレーターに乗ると、逆サイドのエスカレーターに
大声で喋りまくる中X人グループ
ギリ2メートル圏内
しかも、咳してる
しかもマスクなし(売ってないけどな)
いや、喋りすぎで咳かもしれんけど
このご時世、めちゃ恐怖感あるねぇ。
とりあえず、
手すりは持たない!(笑)
綿マフラーの中に顔を埋め、
ワールドウォーZのブラッドピットかいっ!
と、妙なツッコミを自分に入れながら
速攻で買い物を済ませ帰宅、
手洗い、着替え、手洗い、洗顔
そしてアルコール消毒(ぶっ)
と、かなりしっかり除菌しました。
なんせ免疫がナニな体なので、
健康な人よりは少し気にせんとあかん、
とはいえ、
そこまで気にせんでもええんやろうけどねぇ、
なんせ身近で普通のインフルエンザもブレイク!
予防接種受けた人も罹患してたりするんで、
びびりますな。
まあ、用心にこしたことなし。
転ばぬ先の杖、
うつる前のアルコール
そう、喉の除菌/除ウイルスにはアルコール!(おいっ)
夜な夜な対策ですな(笑
さて、

IMG_2940_20200202124732a92.jpg

『にわとりのジョナサン』
ソル・ワインスタインとハワード・アルブレヒト共著
青島幸男 訳
JONATHAN SEGAL CHICKEN by Sol Weinstein & Howard Albrecht
1973
その題名で期待するまんまで、カモメのジョナサンのパロディ。1970年出版超ベストセラーのリチャードバックの”かもめのジョナサン”の原題は"Jonathan Livingston Seagull"、このシーガル(Seagull)はいわゆるざっくりとカモメ種の総称、ガル(gull)と同じ意味、日本の種名のカモメとは全く別もんで、出てくるカモメの名前がジョナサン・リビングストン。そしてこちら白色レグホンとブロイラーのハイブリッド、食用鶏のジョナサン・シーガル(Segal)人の名前によくあるシーガルで、カモメのシーガルとめちゃ発音にてます。ちなみに俳優のスティーブン・セガール(Seagal)は綴りをみるとシーガルと発音したいですが、セ(シ)ガールて発音しますよねぇ。名前てどこの国でも読み方が難しいもんです。
原作は読んだことがないんですが、青島訳はかなり意訳してるようです。しかも、昭和文化で訳されているので、分かりづらい単語や適切でない語彙も含まれます。昭和に詳しいなら読みやすい作品。ニワトリに象徴されているが、田舎から都会に出てきて、革命運動家になり、最後は結局食われるというオチのつくストーリー。30分ぐらいで読めるので、サクッと読んでから、数時間後から思い出してふつふつといろんなことを考えてしまうタイプのブラックでダークな、令和に生きる人間には結構笑えないシュールなパロディ。ニワトリが努力だけでマッハで飛べるとか、必要に迫られて火事場のくそ力的に全部のニワトリが飛べるようになるところがドリーミーでラノベ的ではあるかと。
今度この著者のオッドファーザーが読みたい(笑)

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

大きな鳥と小さな鳥

Posted by jube on   2 


人気ブログランキング

昨日は小ぶりから土砂降りへ
暖かいから薄ら寒いへ移行

IMG_2867_2020013020073279d.jpg

”大きな鳥と小さな鳥”
Alfredo BINI presenta
TOTO in UCCELLACCI E UCCELLINI
Pier Paolo PASOLINI
con NINETTO DAVOLI
"The Hawks and the Sparrows" 1966
トト, ニネット・ダヴォリ, フェーミ・ベヌッシ, ピエル・パオロ・パゾリーニ
なんちゅうてもカラス絡みのサブシークエンスでフランシスコ会の僧侶2人が鳥に布教するのが非常に面白いところ。イタリア語ってとても音がええね。鳥に布教したくなるのもありかと(笑)。所々知った単語が出てくることは出てくるが、スペイン語と単語がかぶってるところがあるからやろねぇ。ともかく、サイレント映画に近いものがあるので、音声字幕なしでも楽しいんではないかと思われます。トト、めちゃおもろいですが、笑いのツボが昭和すぎるというか、ダークすぎるというか(笑)まあ、おもろいことはおもろいですが、この笑いは60年代すぎるわ、今はちょっとギルティに感じて理性が笑いを押しとどめてまうな。



2分過ぎに
フランシスコ会に帰依し、鳥食猛禽をも愛する博愛のヨーロピアンゴールドフィンチ(ゴシキヒワ)がケストラルに狩られるシーン、非常にシュールです。
そして、ラストがまた非常にトト
なんというか、、
人間て、、、としみじみと凹む
いい映画です(むふー)

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

アラルエン戦記完結

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

晴れたんですよ、昨日
久々にピカーーーッと
めちゃめちゃ嬉しかったです。
田んぼにうっすらと雪も残っていたので
が、暑くなりすぎて偏頭痛(ちーーん)
かなんわー

IMG_2917_20200130200733b7c.jpg

John Flanagan”Ranger's Apprentice” 
ジョン・フラナガン『アラルエン戦記』シリーズ最新刊
13巻『東国』下 The Emperor of Nihon-ja
とうとう完結してしまった、、、。短かった。最後はヴィランは自滅という感じだったが、もちろんウィルたちの働きもあり、シゲルたちは勝利する。素晴らしいスッキリ感。そして今回の下巻はなんといってもエヴァンリンとアリスの働きが素晴らしい。2人でスノータイガーをやっつけて、ニマツ軍を動かすところがワクワクした。女子強し。欲を言えば、もっとウィル、ホールト、ホラスの活劇シーンが読みたかった。特にウィルの特殊技能で大活躍というところが少なかったのが残念。とはいえ、ラストは大団円で非常に満足感高い。

上巻

あなたの応援がエネルギーです↓

人気ブログランキング

このカテゴリーに該当する記事はありません。