FC2ブログ

きのふはけふのストーリー

Beautiful things don't ask for attention.

せいそんかく

Posted by jube on   6 


人気ブログランキング

シリーズ加賀10

IMG_1654.jpg

兼六園側から成巽閣の門をくぐって受付に入る前にウェルカムなミソサザイが出てきた。
ちょい眠そう(笑)
成巽閣、、やっぱり加賀でえらいのは夫人か?!と思ってしまう。

IMG_1674_20190319170433e17.jpg

12代藩主の正室(第一夫人の隆子様ですな)真龍院の隠居所。12代斉広夫人隆子は斉広没後出家、1838年に江戸から加賀に戻って、現在の尾山神社社地にあった金谷御殿とか、二の丸御殿に住んだのち、1863年、13代斉泰正室溶姫(11代将軍家斉の娘)が二の丸御殿に来たので、この場所に「成新殿」という隆子(真龍院)の隠居所が新築された。1870年(明治3年)に隆子死後は、学校施設や博物館などに利用されたのち、1908年(明治41年)に前田公爵家別邸となり現在に至る。女院様のご隠居所だけあって、とてもこじんまりしていて可愛らしいセンス。特に2Fの群青の間や書見、網代の間などは数寄屋でオシャレ。壁がブルーにペイントされていて、よーろぴあ〜〜んな感じ。日照時間の少ない北陸ウェザーによる欝緩和にも期待できそうな華やかさ。
残念ながら建物内は撮影禁止

IMG_0718.jpg

これは絵葉書
雛人形雛道具特別展のほうも非常に大満足でした。
特に雛道具の楽しいこと!!この江戸切子のミニチュアとか、めちゃめちゃ可愛かった。

IMG_1671.jpg

成巽閣受付の方が使っていたマグ(私物)が私のハートを鷲掴みしたので、どちらの作かとたずねたところ、能美市寺井にある九谷の窯元のひとつ、上出長右衛門窯だと教えてもらいました。金沢駅ビルの中に出店している中川政七商店で取り扱いがあるという情報もゲットン。

IMG_1818_2019031918032744e.jpg

快く撮らせてくださった、政七商店さんありがとう
駅に戻った時に、寄ってみたが、残念ながらマグは猫柄ばっかり。他の小物も猫がほとんどで、猫好きにはかなり幸せな作品がならんでいました。鳥柄なんかもあって、マグがあったらな〜って思ったんですが残念無念ありませんでした。野鳥豆皿を数枚入手。

IMG_1683_20190319180326e36.jpg

成巽閣の隣の伝統産業工芸館にも立ち寄りました。
石川といえば九谷焼輪島塗加賀友禅とか、伝統工芸というとずらずら〜〜っと頭に浮かびますな。私的にはやはり毛針やねぇ、郷土玩具、加賀人形、米食いねずみ、もちつき兎もとても面白かった。加賀毛針とか加賀竿は地味に見ごたえありますねぇ、観てたら欲しくなるけど(笑)。欲しくないけど目を引くのは仏壇、金沢七尾美川の3種類の仏壇があって、キンキンキラキラでものすんごく豪華。北陸の福井石川富山は仏壇がすごいというイメージを元来抱いていたが、やっぱりそうか!と納得。

IMG_1307.jpg

兼六園や成巽閣で目を引くのはやはり辰巳用水
三代前田利常が行なった加賀藩直営インフラ事業で、当時の最先端技術を駆使した多目的用水路。
金沢城内の消防用水にはじまり、堀水(国防)、飲用水、新田開発、農業用水、生活用水、消雪用水など、ほとんどすべての水関係をまかなっていたらしい。
オリジナルの配管が石川県立美術館別館や金沢神社などに屋外展示されていて、とても興味深かった。管工事の歴史やねぇ。

IMG_1688_2019031916553225c.jpg

鳶だらけだった。
尾羽がモルト中の鳶もいたので、パチリ


人気ブログランキング

あさじぶ

Posted by jube on   6 


人気ブログランキング

朝起きたら雪、しかもそれなりに積もってまして
かなりがっかりしました。近所のおじいちゃん、先週ノーマルタイヤに履き替えとったで。そんな人多そうやから、今日はドライブこわいな。
さて、
シリーズ加賀9
早朝から兼六園を歩いて腹が減った、、
金沢というと治部煮(私的に)
兼六園ではリーズナブルに治部煮そばを楽しめるというので、それにしようと思っていたが、、
いかんせん朝9時前(爆)。まず、兼六園内の兼六亭に行ってみるも、9時にならないと支度ができないとのこと。もしやとおもって、兼六園の外周にある茶屋が並ぶ通りに行ってみた。

IMG_1588_201903171647187cf.jpg

お店はみなさん朝7時ぐらいから開店してはるんですが、
お食事は9時過ぎないと用意できないとのこと。お茶やコーヒーぐらいしかだせんらしい。

IMG_1304.jpg

ここのソフトクリームは金沢で2番目に美味しいらしい。
ちなみに1番はどこのソフトクリームなんですか?と聞いてみたら、
単に1番美味しいと書くのはおこがましいので、謙遜して2番と書いているとのことでした。全く何の根拠もない2番です(あはははは)。ま、おもろいけどね。
朝っぱらからソフトクリームはナニなので、温かい腹にそこそこ溜まるものが食べたい。ということで、なんにせよあと数十分なのでまた兼六園内に戻り、

IMG_1614.jpg

めんどくさいので兼六亭で支度ができるまで座って待つことに
急かしているようでちょっと申し訳なくはある、
腹ペコ婆、別段化けてはでない

IMG_1604.jpg

本気で腹が減っていたので、兼六亭で買ったものなら食べていいと言われたので、用意ができるまでキンツバをムシャる。お茶もだしてくれた(あはははは)。いわゆるお土産を持って帰らずにその場で食うというのも、また旅としては良いと思うが、、どうだろう(どうもないわっ)。もう一つもうひとつと手がのびて、結局半箱食らってしまった。邪魔な箱はお店で処分していただく(あははは)。そんなことをしていたら、出てきました

IMG_1605.jpg

じゃじゃーーん
治部煮そば
暖かい蕎麦に優しい味のあんかけ煮込み(これが治部煮)がかかってまして、このワサビを解いて食べます。ワサビ全部とかしていい感じでした。この倍ぐらいワサビあってもいいかもしれません。
朝ラーとか朝マックとかの時代は終わった、
時代は朝治部(あははははは)、とっても美味しかったです。あったまった。

IMG_1520.jpg

食べ終わったころには、園内の作業なんかも開始されてまして、
メンテの様子がとても美しかったです。
いい時間になってきたので、東に向かって歩いていきます

IMG_1621_20190317164710577.jpg

兼六町の梅林はまだまだ序盤戦でしたが、
エナガ、メジロ、シジュウカラがわちゃわちゃしていてとても楽しかった。
梅とメジロの組み合わせを見るのに良いスポットですねぇ。

IMG_1626.jpg

白加賀という品種
こちらの梅林は明治100年事業で、全国から名梅を集めて造られたそうです。20種200本の梅が植えられているらしい。

IMG_1306_201903171647059bd.jpg

さて、成巽閣に向かいます。
兼六園の中からも外からも入れるようになっているようなので、兼六園の中から入ろうと思います。
楽しみ〜〜。


人気ブログランキング

けんろくえん

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

一昨日一昨々日と18℃になって、ゼィゼイしたんですが、
昨日は8℃、、、寒いっちゅうねん。
さて、
シリーズ加賀8
金沢ベタ観光の旅
金沢といえば、

IMG_1465.jpg

兼六園ですわな。大看板
後楽園と偕楽園と合わせて日本三名園とよばれるうちの1つですが、明治に日本旅行にきたらマストSEE的な売り出し文句で観光客誘致運動的に広まったというのがでかいかもしれん。確かに素晴らしいお庭ではあります。江戸時代に造営された池泉回遊式の有名大名庭園。私的イメージ加賀そのままなお庭であります。
 余談ですが、正味、池泉回遊式の庭園で日本トップスリーというと鹿苑寺か慈照寺が入るかとおもいますねぇ。縛りなしだと、桂離宮、修学院離宮、龍安寺、慈照寺、仙洞御所この4つは死ぬまでに一度見るべき庭、と私は言いたい(中世の庭派な私です)。
 ともかく、大名庭園というのも庭ジャンルでは結構見ごたえあって良いものです。去年訪れた栗林公園もとってもすばらしかった。

IMG_1689.jpg

記念スタンプにもあるように、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名されてるんですが、作庭のクライテリアでもあるので、100万石の大名の庭園という基本項目から考えると、それぐらいまあデフォですやん。兼六園が大したことないと言うてるんやないですよ、兼六園という庭の素晴しさというか、セールスポイントからなんかずれてるんですよねぇ。確かに庭に興味のない人で、あまり他の庭を見たことがない人が来るというのを前提としているような売り出し方なのがもったいないというか。もうちょとワンランク上のキャッチがあってええんではないだろうか。

IMG_1472.jpg

徽軫灯籠 ことじとうろう
兼六園で一番有名と言っていいのではないだろうか。この灯篭から霞ヶ池を臨むアングル。がんばって早朝に見に来たが天気良すぎで池霞まず(あはははは)。なんとなく黄色っぽくてPMなんとかで霞んでるような気がせんでもない。ともかく、和式庭園トポス、鉄板ですな。重い雪質の地方に住んで、なにが美しいかというと

IMG_1498.jpg

唐崎松の雪吊
この雪吊。ガタでも大変ポピュラーな景色ですが、このサイズのこの造りの松に施された雪吊はそんなに見られるものでもないです。雪がないのが残念ですが、雪がない故に雪吊の構造がしっかり見られて非常に美しい。通年見られるものでもないので、より季節を感じられて素晴らしいと思う。

IMG_1542_2019031318175815d.jpg

噴水
これが日本で現役最古の噴水。1861年に12代斉泰が作らせたもので、元は金沢城二の丸に噴水を上げるために作られたんだとか。高低差を利用した位置エネルギーで噴出するタイプ。なので、この噴出している水の頂上が霞ヶ池の水面の高さだと思われる。噴水の古さだけでいうと、奈良時代にはすでに存在していたのは遺跡からの出土品でわかるが、現役で使われているのはこちらのが一番古いです。

IMG_1499.jpg

霞ヶ池の水面にはカルガモがうかんでいた。
ここで繁殖してるんだろうか、、

IMG_1551.jpg

夕顔亭
兼六園内で最古の建造物なんだそうだ。1774年築の茶室。袖壁に夕顔(ひょうたん)の透し彫りがあるので夕顔亭と呼ばれるらしいが、上からみると建物自体がひょうたんっぽい。三畳台目相伴畳の大名茶室。
江戸時代には”滝見の御亭”と呼ばれていたそうで

IMG_1578.jpg

夕顔亭からは滝が見えます
この右手に見える海石塔は秀吉からのギフトだという説があるらしい。
滝の水が流れ込む瓢池には

IMG_1566.jpg

カワセミもいました。
庭園にカワセミって良いですわな。
自宅付近なら毎日鳥見に来てもいい公園やとおもいます。ホットスポットになると思います(あははは)。
で、朝早かったので9時にめちゃ腹ペコになってきました、、
兼六園といえば、アレが食べたい、、


人気ブログランキング

加賀芋掘り伝説

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

シリーズ加賀7

IMG_1712.jpg

金澤神社
百万石通り、というのがまたキンキラしている。
一応表向きは、藩校の鎮守で、主祭神は道真公
ラインナップが白蛇竜神、白阿紫稲荷大明神(はくあしいなり)、琴平大神、前田斉広公、前田斉泰公、
こちらのお社は

IMG_1709_20190312152459008.jpg

金城霊澤(きんじょうれいたく)
この澤のために勘定された天満宮が、金澤神社
なので、天満宮ではあるが、真ご神体はこの沢ということになるな。

IMG_1695.jpg

非常にナゾな水のいわれ
明治11年に医学校教師オランダ人ホルトマン氏の分析によれば、良質の甘水(清涼飲料水?)で、殆ど混合物がなく少しく硫化シャンカリの応験があり、軽量の鉄を含むという。効用は貧血及び心臓の衰弱せる人に効あり。
この硫化シャンカリってなに?シアン化カリウム?て青酸カリやしねぇ。
まあ、硫化、シアン、カリウムかカルシウムか聴きなれん単語を無理に日本語標記にしたら変なことになった、という類のものかとおもう。

IMG_1707_20190312152501e19.jpg

この金城霊澤、立て看板にあるように
昔、芋掘藤五郎がこの沢で金を洗ったので、金洗沢、と呼ばれるようになったのが、金沢の名前の由来。
いもほりとうごろう!!!
何遍聞いてもインパクトがある名前。日本昔話世代には結構知られた話ではある。そうなってくると、祭神の琴平大神も元がもしかしたら押しかけ女房”お琴”からの流れか?!。なんせ奥さんを祀ってしまうお国柄。そして、白阿紫稲荷大明神も稲荷を被せてはいるものの、ご神体が隕石というレア社。沢や金や隕石や奥さんが神様になりやすい国か。



芋掘り長者
ようつべにあった、ほんまありがたい(笑)
アニメでみても、女性が強い。とはいえ、お琴さんは大和から来た嫁御ですんで、加賀女ではない。そういえば、利家の妻女”まつ”は尾張の女性か、、。
ともかく、境内をさらに散策。

IMG_1691.jpg

いもほり石ではなくて、いぼとり石
つるりとした臀部のような形状の真ん中にスゥっと入ったワレ目。
これは道祖神がらみの陰陽石にありがちな見た目ではある。
しかも、テッカテカのツヤツヤで、めちゃこすってきた歴史を感じる。
で、伝承関係をあちこちと探ってみると、やはり遊女の商売道具にできたイボをこちらに擦ったら取れた、というような下半身がらみの話がでてくる。なんとなく、感染源になりそうな話でもあって、触りたくなくなるが、、。実際イボコロリも信心なので、取れると思えば取れたりするもんかもしれない、と最近思うが、、どうだろう。ハトムギででっかいイボが取れてしまう人が本当に実在する。ていうか、白阿紫稲荷大明神=隕石となると、このいぼとり石はワレ目の中に隕石が核となっているのではなかろうか?!(それは、、)とすると、イボが取れるなにかがあるかもしれない。ないかな。あったらおもろいのに。アベンジャーズになれる石をアソコのイボ取りに使うという、贅沢な使用法なのかも(あはははは)。

IMG_1702 (1)

金城霊澤の隣には
古墳の石室の開口部のような作りの築山”鳳凰山”
パッと見て、石室か?と思ってしまったが、そーではない。
なんていうか、、神社の中にオーソドックスではないデザイナーズ物、、
金沢スタイルか

IMG_0717_20190312152502dd9.jpg

火除に巳さんのお守りを授かってきました。
とても素敵(ウツトリ)


人気ブログランキング

いちばん古いのは?

Posted by jube on   4 


人気ブログランキング

そろそろいいものが見られそうな感じになってきましたね〜。
とはいえ、昨日の森は静かでした。
シリーズ加賀6
加賀プラクティカルマジック!

IMG_1715.jpg

石浦神社
金沢でいちばん古い神社さん
パッと見ぃ、若い女性の参詣客がわんさかといて、
キャーキャーいいながら、ピンクのハートの絵馬やら、おみくじやらを授かっていて、なにやら今流行りっぽいというか、めちゃチャラい(笑)

IMG_1717.jpg

この石浦神社に来るまでにこのほんの狭いとはいえ前田家直轄エリアを歩いてきて感じた、プラクティカル金沢マジックとでも言うか、、サバイブ術を思う。

IMG_1314_20190312165647de3.jpg

創建は547年、古墳時代。金沢最古のお宮で、三輪神社と号していたそうなので、その通り、
主祭神が、大物主大神
大山咋大神、菊理媛大神、天照皇大神 、天兒屋根大神、市杵島姫大神、誉田別大神
広坂稲荷神社御神、宇迦之御魂神、蛭子神、木乃花咲耶媛
もともと古墳時代に神奈備信仰してたのが、奈良の習合で最先端流行の仏教を取り込み、石浦山慈光院長谷寺とモデルチェンジしたようです。さらに、 江戸時代の権現ブームで石浦山王、石浦大権現ときて、明治の神仏分離令により 石浦郷の地名をとり石浦神社と改称したという。大まかな歴史をみるだけで、いつの時代も中央の意向をくみ、いちばんの流行りを取り入れてきた信仰場所だと言えるのではないか。言い方をかえると、原始の日本の宗教観のままに全てを吸収しながら存続してきたとも言える。多くの神社が存続の危機や中央のお達しで無理に別の神様を取り込んだり、組織を変えたりして忘れられ失ってきたものを、そのままごっそり残してある。日本宗教の傾向ではあるが前田家原因だけでなく、加賀の特質みたいなものかもしれない。こういう和風宗教観のティピカルなタイプの一つを見ていると、イエズス会などが布教にがんばってた時代に日本で正味挫折を覚えた宣教師の苦悩が少し理解できるような気がする。根本的に一神教とは相容れないねぇ。
境内に戻りまして、

IMG_1317_20190312165527aa5.jpg

すしも流行ったら塚になる!
そして現在のブームはパワースポットと縁結び、
まさにパワスポ売りに、縁結び、良縁が推し!もちろんお守りは若い女性が好みそうなおしゃれなデザインやキXィちゃんのん。おみくじも超量産!!
それに

IMG_1716.jpg

地ビール!
ビール会社のスポンサーをゲットしているようで、手水舎にはアサヒとキリンの名前。それに境内では地ビールとビールに会う食べ物の屋台が出店。ゆくゆくは地ビール塚とか、SNS塚とかもできるのでは?

IMG_1316_201903121656458e4.jpg

インスタ蝿
きまちゃんと一緒に記念撮影。
もちろん再”流行”中の御朱印もあるし、御朱印帖もたくさんのデザインが並んでいます。また玉泉院天満宮の御朱印もこちらでもらえてしまえるというコンビニエンスなチートもあるらしい。
お守りの人気はパワーストーンで、御守りチャームには可愛いきまちゃんのマスコット付き
非常に人気筋をスタディしてはる
めちゃめちゃ面白いぞ金沢。ベタな観光も謎が多くて興味深い!!
加賀つづく


人気ブログランキング

このカテゴリーに該当する記事はありません。