この世の、、

2018.02.17 09:00|books

人気ブログランキング
昨日はとてもいい天気で半分とても気分よく過ごしました。
が、午後がチーン
暑かったので汗をかいて、さらに半融け雪を漕いだので下半身がずぶ濡れで
どうやら風邪をひいたみたい、、喉が痛い、、、。
さて、



これもまたパートオブネイチャー
なんとなく色々あるけどこういう場に遭遇すると
全て瑣末に感じます。諸行無常

IMG_9692_201802151556456e9.jpg

宮部みゆき『この世の春』上下
図書館で借りました。江戸時代版の多重人格ものミステリ。ダニエル・キイス『24人のビリー・ミリガン』” The Minds of Billy Milligan”を思い出した。24人も出てはこないが上巻では格を含む4人格の存在が語られる。
で、下巻になりなんで多重人格になったかという過去が明らかになっていくんだが、チカチーロ的な快楽殺人の話かと思いきや、爽やかに大団円で終わった。江戸サイコスリラーて感じ、個人的にはもう一つホンマモンなサイコが出てもええかと思うが、そうするとラストがどうしようもなくなるか、、。ともかく、かなりデリケートでセンセーショナルな犯罪を題材にしているものの、さすが宮部本万人向けで読みやすく仕上がっている。

さて、

IMG_9456_20180215155648f65.jpg

積雪が見込まれる雪の日にはトーヤノの駐車場にJRの代行バスが待機します。
このバスをみると、雪積もるんやわーと感じる。

IMG_7325_20180211160845905.jpg

ブラブラ万代の地下にあるピザ屋 Sorriderà
作り置きしたのを買うこともできるが、頼んでから作ってもらえる。

IMG_7327_201802111608439d3.jpgIMG_7324 (1)

12インチ弱ぐらいのインディビジュアルサイズで、480円
日本のピザにしてはかなりお安いと思いますわ。ドーもめちゃ美味いし。
ただ、ソースはイタリアン風でかなりあっさり、フレッシュ系。もうちょっとジャンクなソースにペパロニとチーズとかがええなぁ、、と思わんでもない。
パスタも350円ぐらいでかなりイケるので腹ペコの時はピザ1枚とナポリタンで1000円以内で大満足のコスパ最高ランチが食えます。隣のパン屋でコーヒーが100円で買えるしな。ていうか、パスタとパン屋のバゲットのコンボもええです。なかなか侮れないフードコートやねぇ。

IMG_8924_20180211165550b17.jpg

シロハラ子ちゃん
よく食べ、よく鳴きます

IMG_8898.jpg

先々週、私が爆発する20秒前の画像
ま、フィラデルフィアの人々に爆発を祈られていたいたとは思います(笑
2番ではダメです、当たり前ですな。
1番以外は皆同じです、ただ、ただ終了。
この悔しさを糧にしてまた精進するのみ。ジャスト DO MY JOB.

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

らいてふ

2018.02.10 09:00|books

人気ブログランキング
昨日もまた雪増量しましたが、今日はなんと10℃近くまで気温が上がる予定で雨になるようです。雪がどれぐらいとけてくれるかちょっと期待。ただ、偏頭痛警報発令ですわ。危険な感じです。
さて、

IMG_8884.jpg IMG_7704_20180128162236526.jpg

恩田陸『蜂蜜と遠雷』
爽やかで軽い面白い娯楽本。アンサンブル・キャストでピアノコンクールのチャレンジャーたちについて描かれる。個人的に天才が出てくる単純明快な話が好みなので、3人の天才の描写がとても面白かった。不満といえば、ラストが少々尻切れとんぼ的で余韻をリンガーさせたいらしい意図は感じるものの、ちょっと全体とのバランスが悪く感じた。ここらへんもただの好みだとは思うが。特に春と修羅のカデンツァの部分は良かったですねぇ。図書館で40人待ち、リクエストを入れていたのをすっかり忘れてたぐらい(笑、今見たら80人待ちになっていました、ホエーー)人気図書なのもわかります。万人向き。

松岡圭祐『八月十五日に吹く風』
1943年7月29日のキスカ島撤退作戦がベースになっている。日米の従軍記者とインタープリター双方からの話、米軍側がドナルド・キーン。ガタに越してから本県柏崎市にドナルド・キーン・センターがあることもあって、著作を調べたりしたのでとてもファミリアに感じる。アリューシャン列島についても兼ねてから興味がある地域なので今までに色々と調べたことを思い出した。そういえば『ベルカ、吠えないのか?』は残された軍用犬から始まる小説だった。そんなことはともかく、私が若いころは大東亜戦争の小説というとほとんどが気が滅入るような自責系やヒステリックなまでの感情論が目立って多く、戦争反対というよりも日本反対プロパガンダ的なものを読まされているような嫌な気分にさせられたものですが、こういうエモーショナルにフェアな話に仕上げられているのはとても好ましい。現在近所の国からの脅威もあって色々過渡期にさしかかっていますし、未だにWGIPにどっぷり浸かりきった人が多いとはいえ、一人一人の国民がそろそろ国際的な視野をもって自国の置かれている状態を客観的に評価するべきかと思いますねぇ。こういう文学が出てくるというのがイバリュエーションする準備ができてきつつあるかと、、。話はズレましたが、短いながら読みやすい良い本だと思います。こんな作品がたくさんの人に読まれてアリューシャン列島千島列島占守島などにも興味を持つ人が増えると良いと思います。

20170926174416591.jpg IMG_7094.jpg

てらいまき『私、痔主になりました』
図書館で借りる冊数に空きがあったのでなんとなく手に取ったら漫画だった。痔というのもシモの病ではあるが、別のしもに比べネタになるおおらかさを感じなくもないが、妙齢の女性からすると大変な問題なのだろう。死なない病というのは存外放置しがちだが、痔は場所が場所なだけにさらに放置度も高いのかと認知しました。そういえば二ノ宮知子(のだめの作者)の農家の嫁になる漫画(タイトル忘れ)でヒロインが痔というのを思い出しましたねぇ、、悩める女性は悲しくてでも面白い、ちょっとチャップリン的ヒロインだと思うことにして病院に行きましょう。

カレー沢薫『やらない理由』
最初の数ページは面白かったし、着眼点というか各お題は興味をそそるが、その”理由”にわからない単語が多すぎて内容が理解しづらく、途中で苦痛になってしまった。先だって読んだブスの〜と同じくボキャブを選ぶセンスやテンポは良いです。



寒い時期は読書が似合いますな。
って、どの季節でも言うてるような気がしますが(笑
それと好きなものはコーヒー
マグカップは集めているわけではないが、良いのが目につくとつい買ってしまう。

IMG_7269.jpg IMG_7271_20180205160347c90.jpg

お気に入りのライチョウのマグカップ
フェデラルのミルクガラスマグ
それと、先日長野のコテコテの土産もん屋で見つけたライチョウの木彫りストラップ。木彫りってところに惚れた、カワイイがな。安かったのでいっぱい買ってなにか作ろうと思ったが、これ1つしか在庫がなかった。残念。

IMG_3581_20180205160357da2.jpg

鳥見中に近寄ってきて、鳥をパニックの坩堝に落とし込んだ犯

IMG_3589_201802051603583c8.jpg

やーーーめーーーてーーーー

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

白い雪がただ降るばかり

2018.01.28 09:00|books

人気ブログランキング
昨日もあいかわらずの狂風7m/s、以前0℃あたりの気温なので雪質大変よろしく、歩くとギュッギュといい音がしますな。ただ、風がアホほど強いので地吹雪がうざいです。もちろん時折空からも降ってきます。風が強すぎて雲がちぎれてしまうので、ところどころ青空が見えて美しいです。



トーヤノ・ガータは一昨日からかなりの面積が凍結していまして、氷上で昼ごろでもコハクチョウたちが惰眠を貪っております。ウワヌマ・ブリッジのあたりからビッグスワンと一緒に素晴らしい景色が見られます。MUST SEE!

IMG_7093_20180121142207897.jpg IMG_7075.jpg

久坂部羊『院長選挙』
白い巨塔のパスティーシュ?パロディというかコメディ版面白い巨塔、サブタイトルにもありますが、そのままですな。シニカルというかちょっとブラックでイギリスコメディ風ではある。素晴らしい書き手ではあるが、あんまりコメディに向いてないようにも感じられます。シコリのある笑いというか、面白いことは面白いんですが、キャラ設定に少々度が過ぎて気持ち悪い人ばかりなので魅力に乏しく読了後はすっきりしない。あと、オチも泣けるほどしょぼい。著者初期の作品のオリジナリティあふれる重さはどこへいってしまったのか。悪くはないですし、楽しくは読んだんですが、もうすこし底のぬけたのをエクスペクトしてしまいますねぇ。

『ストーンハート』チャーリー・フレッチャー著、 大嶌双恵訳
Charlie Fletcher "Stone Heart"
ロンドンでガーゴイルの石像を壊した小学生がアナザーディメンションに入れられて償いをさせられる話。3部作らしいおもろないこともないんですが、、まぁ、続きは気にならないので終了。

IMG_7076.jpgIMG_7095_2018012114220928e.jpg

ジズー・コーダー『ライオンボーイ』枝廣淳子訳、天野喜孝絵
Zizou Corder " Lion Boy" "The Chase" ”The truth"
消えた両親の謎
科学者の両親が拉致、自分自身もキッドナップされたものの自力脱出し、両親救出に向かう少年の話。少年はネコ族語を話し、サーカスに身を寄せることでライオンの群れと行動を共にするところが非常に魅力的な設定だと思う。サーカスは小さい子供が身を隠すのにティピカルな場所だが、やはり興奮度はテッパンですな。かなりイギリス色強め。うまくサーカスを脱出し、途中で1頭のライオンが加わって7頭の大型猛獣とチャーリーはブルガリアのボリス王の列車の中でベニスに向かう途中にアルプスで大雪のために除雪待ちとなるところで終了
Ⅱ奇跡の翼
列車の中から続き、途中で加わった牙の長いライオンは太古に絶滅したスミロドン・ファタリス!なんてまぁ、かっちょいい登場キャラだが、あまり出番がなくて残念。チャーリーと6頭のライオンはアフリカへ到着。なんやかんやとすったもんだしながら両親に再会、というところで続く。カメレオンのニヌーが最後のほうに登場。セルゲイ大活躍。
Ⅲカリブの決闘
チャーリーが密猟者に捕まり、コーポラシーに売られる。アフリカ西海岸奴隷売買の歴史やアミスタッドなどの映画のビジュアルが思い出されて悲しくなる。ニヌー、セルゲイがチャーリーに助力。両親、ボリス国王、クラウディオと若ライオンとエルシナとあのジョージが救出に向かう。ニヌーがチートキャラです、もう超万能。大変たのしいですし、スッキリウルトラ大団円。ややこしことは全く無し。それになんといっても天野喜孝挿絵の素晴らしさは言うまでもないですねぇ。
さて、
心にビミョーに残った食ったものメモ

IMG_4600.jpg

たこやき
ハクサン神社の出店で一番流行ってるところで買ったんですが、待たされている間にみていると、返しにピックではなくてド図太い菜箸をブスブスと突き刺してこれが全くうまく返せてない(滝汗)。しかも菜箸にめちゃ生地がつきまくってるし、いやもうそこらへんの竹串で私が返したほうが絶対に上手いと思いましたわ。ていうか、途中でアルバイトの若い子が粉を運んできてカウンターに並べはじめたんですが、業務スーパーのたこ焼き粉やし(滝汗)。いや、まぁ、ガタなんでええんですけどね、業務スーパーオリジナルでも、、。でもなんとなくがっかり感ありますな。関西人たこ焼きには口が肥えてますんですわ。で、最後に銀だこみたいに油を上から流し入れて外側をバリバリにするんですが、この油がごま油ブレンドらしくごま臭、、イタチ臭いというか、、。だいたい銀だこの油まみれのたこ焼きが苦手なんで、どもなりません。こういうのがあづま好みなのかもしれませんねぇ。まぁ、外で縁日に食うたこ焼きなんでこれはこれで雰囲気を食うということで。

IMG_7153_20171225172321808.jpg 20171211173202b72.jpeg

セブン ミルク餡まん
これ、めちゃめちゃ美味しくてよく食べてましたが、今月に入ってから忽然とヨーカ堂や近所のセブンから姿を消しまして、セブンでは「売れないから置かないようになった」とまで言い捨てられまして、密かに涙していたんですがなんと東堀6番チョーのセブンで見つけました!!なんかめちゃ嬉しかった。で、先日ヨーカ堂に行ったら別の場所に置かれていました。なんやねん、、。ともかく、美味いです。

ベビーカステラ
めちゃすきなんですわ。ガタの屋台であんまり見ない、関西ではお祭り屋台定番のベビーカステラ。が、たまーーにこうしてスーパーで売ってたりする。よく見ると、岡山産、やっぱりな、、。もちろんセブン菓子とかにはあるんだが(チーズのんが結構美味い)、なんかドーがちゃうねんな。ともかく、この写真のベビーカステラも定番商品ではなくて突然売られて売り切れたら二度と入荷しないシリーズ。

IMG_7152_20171225172319233.jpg

薄皮シリーズ 白あん レーズンカスタード
レーズンカスタードは見たら必ず買います、一番好き。そして白あんも何度か目のリピ食いですが、見たときに買わないとかなりレア商品、特設大売り出しの時にしか登場しないという(笑)。これで2度目です。
実はとうとう薄皮シリーズに”こしあん”も登場していたんですが、写真撮り忘れまして、しかもその後全く見ないという幻の薄皮シリーズこしあん、プリーズ・カムバ〜〜〜ク!!

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

かなり脳内美化されていた

2018.01.27 09:00|books

人気ブログランキング
昨日はやっと予約が取れて散髪屋に行ってきました。もうボーボーだったのでスッキリ爽やか。で、担当してくれている店長さんと映画の話で大盛り上がり。いつもながらとても楽しい時間がすごせました。
天気は風が強かったものの、雪もちらつく程度で問題無しでした。
さて、



ゆきだるま
11日のドカ雪の時に近所のちびっこたちとカマクラとかパンダの形の雪トンネルをつくって遊びました。楽しかったです。次に雪かきが要るほどの大雪が降ったら本格的になにか雪像を作ってみたいなぁ、、と思ったりしましたわ。

IMG_5902.jpg IMG_5119.jpg

日本 鳥の巣図鑑
小海途銀次郎コレクション 大阪市立自然史博物館叢書
写真とスクリプションが非常にわかりやすく大変参考になりました。しかも非常に廉価。カワセミの巣まで標本採集していて、さぞや臭かったろうと目頭が熱くなりました。巻末には採取方法や固定方法、鳥の巣検索チャートなども付録。営巣モニターにイチオシガイドだと思います(私選)。
小学生の頃にこちらの博物館に遠足で行った時のことを思い出して非常に懐かしくもなりました。

本田清『白鳥の湖』2001年出版
オビが鳥屋野潟だったので飛びつき買い。日本白鳥の会創始者。写真が多く眺めているだけでも楽しい。鳥屋野潟を中心に佐潟、瓢湖、福島潟など新潟のハクチョウ事情や昔の様子、少しデータなども紹介されていて面白い。今現在とは様子が異なっているのでバーディングの参考にはそのまま鵜呑みにはできないのを留意されたし

さて、
リトルガルさんに付き合ってもらいまして、
とうとう行ってきました。

IMG_7192_2018011516324417e.jpg IMG_7194.jpg

コメダ喫茶店
このシロノワール、もう10年ぐらい前になるでしょうか、、
誰かのブログで写真を拝見して以来、食べたいと思い続け、ようやく口に入りました。
勝手にデニッシュ(クロワッサンのような層になった生地)にクリームがかかっているものと思っていた。
が、しかし!!
クリームが、、、クリームがソフトクリームだった!!!しらんかった、寒かった(ぎゃははは)

IMG_5787_20180115164527a47.jpg

この日、外コレですわ。
まぁ、あんまりソフトクリームな日ではないわな。しかも店内暖房ガンガンかかってまして、まぁ、ソフトは美味しいんですが、みるみるうちに溶けていきパンがグダグダに、、(とほほ)。
急いでソフトクリームからパンを避難させて食いました。

IMG_7195_20180115163240d7e.jpg IMG_7191.jpg

コーヒーはシアトル、とかそんな感じで、あんこは名古屋、、いやいや、コーヒーは名古屋みたいな感じなのか。名古屋のコーヒーショップが席巻しているというニュースを昔見ました。さすがにビビって注文できませんでしたが、やはりコーヒーにアンコ、サンドイッチにアンコだった。アンコとクリームのサンドイッチはまぁ、あんぱんみたいでええんですが、そのサイドに生野菜のサラダがつけられているのが怖い。サラダにあんこ?
ともかく、コーヒーは美味しかったんですが、この値段ならスターバックスのほうが好きですねぇ、量も多いし濃いし、Wi-Fiあるし。最近は行政関係の無料Wi-Fiが整備されつつあってところどころでネト使えるようになってきましたが、今尚、日本の携帯電話の会社とかの契約がなかったらWi-Fiが使えないとかいうわけのわからん国際通用しない自称無料Wi-Fiが多いです。昔、旅行で日本に来た時にネット難民になったのを思い出しました(遠い目)。ラップトップユーザーに優しくないわなー。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

CUCKOO: Cheating by Nature

2018.01.20 09:00|books

人気ブログランキング
昨日はガタ的にいい天気でした。よかったよかった。
さて、

IMG_5770_20180111174407db3.jpg IMG_5124_201801051756195b6.jpg

"CUCKOO: Cheating by Nature" by Nick Davies
めちゃくちゃおもろかった!!!!年末に読んだんですが、これは2017年私選ベスト3に入りますな。ケンブリッジ大学ズーロジーのニコラス・バリー・デイヴィス教授、Behavioral ecologyの専門家が30年カッコウを調査した経験とデータをベースに世界のいろんなBrood parasites生物についても触れながら一般書用に大変わかりやすく書かれている。Evolutionary arms raceについてさらに勉強したくなりますねぇ。托卵に興味がある人も、野鳥に興味がある人も必読。ほんとになぜ托卵てのが始まったのか?という疑問にうっすらと見えてくるもんがあったように思います。あまりの面白さにドハマりしてあっという間に読んでしまいまして、非常に勿体無い。でもまぁ再読必至です。ジュウイチとか特に顕著ですが、なぜにあんなタカの擬態になっているのか?、そこらへんはバッチリと理由がわかります。超おすすめ本。
中村浩志・永山淳子訳で日本語版も出てますが原書の3倍の値段だったので原書にしときました。ニック・デイヴィス『カッコウの托卵』

Frank B. Gill "Ornithology"
セカンドエディション、最新版と比べて要り用な所に差がなかったので14ドルと言う安価にもつられてこちらを購入。安いから、というわけでもないですがフラッシュペンで線ひき放題、書き込み放題にギルティ感がなくて大変好都合。さくっとスキムして、いるときにいる場所を読んでいく感じか。鳥の識別以上のことを知りたい人におすすめですし、ガルとかセクシング、エイジングをしていくのにはいっぺんやっといたほうがええかなぁと感じる。最新版のほうも図書館においてますんで、??ん??と思ったら図書館でややこしい箇所だけ調べようと思います。ま、そういう用途を抜いてもとてもエキサイティングな本です。

IMG_5123_20180105175617502.jpg

あみだむく『めしぬま』
腹が減る漫画。飯沼くん、タイプですねぇ。美味しそうにたくさん食べる人はとても気持ちがいいです。病的な大食いはかなり苦手ですが、普通のチャレンジメニューぐらいはペロリと食べるぐらいがいいかと、そういう意味で飯沼くんはちょうどいいバランスだと思います。メガネもいいですしねぇ、ブレないところも素晴らしいです。これからもこの路線でいってほしい。

IMG_5661_201801072011253cf.jpg

ぴざまん
というわけで、飯沼くんがぴざまんを食べているのを見て、どうしても食べたくなりました。ピザまんて今まで生きてきて2個目ぐらいかもしれん(笑)。なんちゅうか、、カルゾンとマントウの中間な感じで美味しかったです。でもやっぱりカルゾンよりもピザ派なのでこういう味は平べったいクラストにのっかってるほうが好きかなぁ、、。

IMG_5666_20180107201128970.jpg

口ーソンのサンドイッチ
ついでにレジ横に置いてあったサンドイッチもつい、、。このシリーズのカツサンドもタマゴサンドもめちゃうまい、しかも安い、、つい見ると買い食いしてしまう。

さて、
ヌーイヤー・ミーティング(New Year Meating)
やっぱり安心のエキナン、肉の楽園ミートパラダイス

IMG_7182_201801091706302fa.jpg IMG_7177.jpg

食いに食ったり、一口ステーキ16皿、唐揚げ4皿、おつまみにカルビ
ここの唐揚げはほんまにうまいです、唐揚げだけで食べ放題の価値あり。
いやもう大満足。
さて、
愛用の壁掛け時計が止まってしまい、電池を換えても動かないので新しい時計を買いました。

IMG_5127.jpg IMG_5130_20180105180007b0e.jpg

左が長距離引っ越しにも耐えつづけたオーデュボンの鳴き声時報壁掛け時計。時間によって違う鳥の声なので時計を見なくても何時かわかるのが非常に便利なので気に入っていた、しかも光センサーがついていて暗いと鳴かないし、薄暗いと小声になります。で、こんな感じの時計で日本の野鳥バージョンのが欲しかったのですが、当たり前のように近所の時計取り扱い店では売ってない。ということで、アマゾってみましたら、1000円であったので試しに買ってみました。

IMG_5134_201801051800070ca.jpg

文字盤は見やすいですし、千円なんでも文句はないですが、、。写真の色がひどい、敢えてこんなカラーにしているのかもしれないが、だとしたらセンス悪すぎる。それになんでそのサンプリングやねん???っていう鳴き声ですわ。かなりウケます。この時計で鳥の鳴き声を学ぶことはできないですねぇ、ティピカルな鳴き声ではないし、音のピッチが早すぎて早送り状態で雑音もひどい。釈然とはしませんが、一応12種類音が違うので時間は感知できますねぇ。夜間は10時から朝6時ぐらいまでキッパリと鳴りません。まあ、音源と時計部分のバッテリーが別なので音源のほうの電池を外しておけば普通の掛け時計としても使えますし、なんせ千円なのでコスパ的にはよかろうかと思いますねぇ。
で、届いて使い始めた時に、旧オーデュボンの時計がもう一度動かないか、電池を入れた状態で裏の機械部分をガンガンと叩いてみたら、動き出しまして(滝汗)。時間のあんまりいらんところに飾っておくことにしました。いつ止まるかわからないので危ないですし。
なんにせよ、アマゾンて便利ですねぇ。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ