トンネルを抜ける臨時便だった

2017.01.22 09:00|away-eat
雪国8
昨日は朝から雨、みぞれ、雹(チキピーサイズ)のローテ。ゲンナリするガタウェザーでした。
さて、
シリーズ雪国最終回です。
とりあえず、帰宅時間が決まったので早めに指定券だけ購入しておく為にみどりの窓口へ

IMG_2004_2017011615435575e.jpg

なんとなく、適当に買ってから
外で時刻表をみてみると、、、
時刻表に無い時間の新幹線だった、、。
なんか、トワイライトゾーンな感じで違う星とか時空に行くんではなかろうか、、と心配したりする。ということはないが、まさか駅員さんかコンピュウーターの間違いで存在しない電車のチケットが発行されていて、乗ろうとしたら電車が来ないとか(日本では無さそうですが、余所だと十分に考えられる事です)。そういう心配はしたものの、よしんば電車が来なくても、ま、いっか、、と(ぶっ)。まだ時間があるので駅舎内で買い物する事に、

IMG_2035_201701161541057b4.jpg

とりあえず、たこ焼きの屋台があったので食べてみた。
恐ろしくパンチのないたこ焼き、、、。
みか◯き”イタリアン”と同じ線上にあるパンチの無さ。
いっちゃんのたこやきが恋しい、、

IMG_2033.jpg

駒子弁当
内容はさして”駒子”でもなんでもない、フツーーーーのコンビニのミックスフライ弁当的な感じ。箱は可愛いが、、。ま、晩飯に食うには早すぎるしねぇ。駅弁は断念。

IMG_2041.jpg

ぽんしゅ館
ガタ駅にもありますが、こちらのほうが遥かに巨大。客もものすごいです。
ガタ駅店と越後湯沢店共通して言える事は、レジがなってないです。少なすぎるのと手際悪過ぎ、どうにかしたほうがええと思うよ。

IMG_2043.jpg

もちろん利き酒コーナーもありますし、
蔵元さんが来て無料試飲コーナーや、酒造化粧品なんかのお試しもあって賑わっていました。
こちらの店限定品なんかも多数あって非常に楽しいです。
数本買いましたが、その中でコチラ

2017011615081890e.jpg

新潟銘醸の純米大吟醸長者盛 五百万石100%の生原酒
ガタ県内でも数店舗限定で蔵出し本数100本だとか、、っていうコピーにつられて買いましたが(笑)。
お値段も大変御手頃だったにも関わらず、なんというか、赤ちゃんのお肌のような滑らか〜〜〜んで爽やかな味わい、後味がこれまたフレッシュですっきり。めちゃめちゃ美味かったです〜〜〜!
また見かけたら絶対買うと思います。

IMG_2038.jpg

こちら、越後湯沢限定のくるみ入り味噌笹団子
とりあえず、1個だけにしました(あはははは)。
あとは笹餅とか飲み物とか、
そうそう、結局温泉手ぬぐいはどこにもありませんで、”ガタ市内でも売っているオシャレなガタ手ぬぐいはたくさん売られているんですが、私の好きなベタなやつが無かったです。温泉旅館の安い手ぬぐいorタオルでもよかったんですが、、ガタでは温泉旅館でもぺらぺらの旅館名入りタオルとかつくってないみたい(うう)関西以西では名前入りは常識アイテムですけどねぇ。

IMG_2060.jpg

ホームには温泉 健康の天使、、というらしい。
飲んではいけません、とは書かれているが
手をつけていいもんやら足をつけていいもんやらは不明。
ただ、足を浸けるには勇気が要る高さではある(あははは)。
コッソリ手をつけてみましたが、ぬる暖かで結構きもちいいんですわ、これが。
存外お勧めです。和歌山は紀勢本線の那智駅なんかには温泉が併設されてたりしますが、なかなか列車のホームで温泉は数が少ないですしねぇ。新幹線のホームとなると、もっとレアなのでは?

IMG_2062.jpg

これは16時1分のマックストキ
隣りで待っていた家族連れが、ほんとうは別の時間で帰りたかったがMax朱鷺がこれしかなかったから仕方が無いという話をしていた。そこまでしてマックストキに乗りたい、、という欲望は私には無いが、こだわるひとはとことんこだわるようですねぇ。
ちなみに私の乗ったのはふつうの”とき”でした。私的にはマックスときよりも普通の1階建てのときのほうが網棚(網になっていなくても網棚)が広くてスーツケースが入るのでマックスときを避けたりすることはあります。

IMG_2040.jpg

試食
くるみ入り味噌笹団子は美味しかったです。しょっぱくてウスら甘いような気がする味噌にクルミのゴリゴリ感がたまらん。こうしてはじめから味噌味だと書いていれば驚かずに美味しく食べられます。普通の餡子のんより好きですが、きんぴらには負ける、というところです。一番美味いのはキンピラの笹団子。

20170116150900fc2.jpg IMG_2078.jpg

笹餅は”限定”の意味は不明なぐらい、ごくごく普通な笹餅
駒子餅はとても美味しかったです♪やわらかいお餅の中は粒あんで、きなこがまぶさってます。噎せに注意です。
暗い車内で撮ったらブレブレになってますが、引き込んで噎せているわけではありません(あははははは)
買ったお菓子全部、笹にくるまってました(笑)
そう、ニーガタの食べ物は笹が共通項のようです。
でも、笹自体は食べません(多分)。笹たけのこは食べるけどね。
そういえば、祖父が胃癌になったときに、クマザサのジュースが良いと聞いて、高野山に登って隈笹を採りにいきました。笹を見ると、いつもその時の事を思い出します。
ともかく、
シリーズ雪国これにてお開きです。
近いのでまた遊びに来たいと思います〜。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

トンネルを抜けて商店街

2017.01.21 09:00|away-eat
雪国7
昨日もほんとにいいお天気でした♪午後2時から降水確率100%と出ていたにもかかわらず、ガタチューオーは一滴も降らず。しかし、1時過ぎ頃から気圧が乱れたようで目がチカチカ頭痛がスタートしそうだったので、もちょっと外でいたかったんですが、撤退しました。
さて、

IMG_2003_20170116141509e01.jpg

あっという間に越後湯沢駅に到着しました。
これ、雪がなかったらガーラ湯沢とかめちゃめちゃ近いと思います。が、この時期ほとんどの人がスキー用具をもっているので歩く人は居らんかねぇ。
駅北東側はバスの発着場になっていて、苗場行きの大きなバスに続々とスーツケース持った人が乗りこんでいました。ここから苗場までは30分以内です。
とりあえず、駅前の中野屋でへぎ蕎麦でも食うか、、と入ってみると、ババ混。席に座るだけで1時間ぐらいかかりそうだったので、向かいの越後やへ

IMG_1992.jpg

はいると、靴を脱ぐタイプ
靴脱ぐの、ものすごく苦手(ううう)
しかもだーーーれも居らん寂しい玄関。なんか人んちに間違って来てしまった感が(あははは)。
とりあえず、覚悟を決めて(大仰なっ)靴脱いでモソモソしてたら、奥からのそっと人が出てきて、2テーブル入りの二畳間ぐらいの部屋に案内された。

IMG_1991_201701161413397d2.jpg

ランチセット、えらべる丼。ごく普通の値段。観光地の駅の隣りにしては安い。
とりあえずランチ選べる丼、蕎麦大盛りで注文。
先客の隣りのテーブルの私と同じ年頃のアベックは単品で親子丼らしきものを食っている。親子丼めっちゃ好きなので、非常に心惹かれたが、、蕎麦にミニ親子丼、、なんかちゃうねん、今日は。

IMG_1990.jpg

ミニいか三色丼にした。これだったら、やわらかいもくそもなかろうかと(笑)。
食べる時にサイドの温泉卵も上からぶっかけて食べました。卵の黄身は幸せの味ですが、ぶっかけてから飯が酢飯だということに気付き、酢飯に黄身はちょっとビミョーではありました。ま、酢飯も美味いし、黄身も美味かったです。
イカはどこでくっても普通に食べられるレベルなんよね♪タコは駄目ですねぇ。ミズダコが一番好まれているようです。あ、そういえばこちら、お正月に”煮蛸”です。スーパーや百貨店では尾頭付き(尾はないか、)蛸が並びます。バケツつきのやつ(あはは)。最初、鯛がないのにも驚きましたが、かわりにならんだ蛸を見た時はかなり衝撃をウケました。
閑話休題、腹が減っていたので怒濤の様に食い、ほっと人心地ついてお茶を飲んでいると、ちらりと隣りのテーブルが目に入ってきたら、、隣りのアベツク、単品の丼の飯を残してはりました。どんだけ小食やねん。

IMG_2002.jpg

店の前や玄関口にはたいがい雪払いブラシが設置されていまして、
”ご自由におつかいください”
と、書かれていますが、どっちかというと”ご自由に”ではなく、”必ず使えよ”的な強制力を感じます(あははは)。

IMG_1982_20170116141505567.jpg

排水は大事ですよねぇ。特に雪融け水の水路の確保はほんとに。
そういえば、水が吹き出る消雪パイプ、あれを考案したのが浪花屋(長岡の柿の種の元祖)さんの初代だそうで。なんせ気温が高いニーガタ系の雪ならではですねぇ。

IMG_1995.jpg

ご飯を食べたあと、すこし商店街を歩いてみました。
ニーガタンの言うところの”終わってる”タイプの商店街かと思われます。

IMG_1996_20170116141343626.jpg

泣けるビューティーサロン
ロストワールド的な看板に妙に感動する。

IMG_1999.jpg

ようこそ中央商店街
金物も除雪関係がイチオシ商品か
うちのスノーシャベル、プラの小さいヤツなんですが、
この鉄のん欲しいわねぇ、、。って、あんまり雪かきもすることないんですが(笑)

IMG_1997_20170116144748559.jpg

サトコちゃん、フリース着用
こちら、お地蔵さんはもちろん、こういう販促キャラや芸術作品まで
とりあえず顔のついたものすべてに何か着せたいという欲望があるようです。

IMG_1998.jpg

お兄さんのサトちゃんのほうが沢山着せてもらっていました。帽子も。
夜中にサトコちゃんとサトちゃんが米俵引き摺ってきたら、、、笠地蔵サトちゃんバージョン。
なんとなくタイっぽい、かなり可愛いかも(あははははは)。

IMG_2000_20170116144751f4c.jpg

温泉浴場
フォントがビミョウな、、。なぜこんな怪談系フォントを選んだろうか?
シャンプーしているときに背後が気になる銭湯なのかもしれない(あはははは)

IMG_2001_201701161447511af.jpg

不動産屋のショーウィンドウ
土地付きの家がトランプタワーのアパート1ヶ月の家賃よりも安かったです(もちろん部屋によりますが、爆)。
存外、中央商店街のほうが歩くにはおもしろいかも(笑)
やっぱり屋根がついているのと歩道があるって最高ですねー。
南西側の”観光客サイド”は歩くのには向いてませんねぇ。
さて、駅へ♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

トンネルを抜けると歓楽街であった

2017.01.14 09:00|away-eat
雪国3
流石に昨日は昼前からめきめきと積もりました。現在、積雪33センチで未だ大雪警報発令中なのでさらに増えるでしょう。アディショナルで風雪、雷、波浪、着雪注意報がでています。
私のイメージのニー方っぽいです。
新潟でもコレなんで現在山間部はえらいことになっているとおもいます。
シリーズ雪国に戻り、
駅北側のメインストリートを歩きます。

IMG_2008_20170111152741b73.jpg

流石温泉街、射的のお店がぽつぽつとありまして、
”歓楽街”ムード、、、というか、この一抹の物悲しさはナニ?
お店に人は無く(午前中だからねぇ)、、
お店の人の姿もみえない、、

IMG_2009.jpg

雑貨屋には長靴と
いつから並んでいるのかわからんような雪下駄、、
まっさらの新品なのに、カバー部分が劣化している(滝汗)
なんとなく、間違った次元に迷い込んだようなロストワールド感大

IMG_2017_20170111152738249.jpg

名物うどんすき
ガタでうどん、、名物ってのもナニですし、ちょっと怖じけますねぇ。
”すき”なんで普通のうどんほどのびっくり感はないとはおもうんですが、なんせガタででてくるうどんはすごいです(チェーン店は安心の味ですが、笑)。

IMG_2015_20170111155444a5f.jpg

雪の落下に注意
ツララほどの破壊力はなかろうが、かなり嫌であることは請け合い。
”とのや”の笹団子もお勧めだそうだ。

IMG_2007_20170111152742b0e.jpg

緑川酒造
のんだ事のない酒造さんです。これは試してみたい、、が、雪の中酒瓶しょって歩くのもナニなので、駅の中のポン酒館でいいや、と、、
で、帰りにポン酒館に寄ったら激混みだったので、さっくり別の酒かって終了しました。緑川はガタ駅ぽんしゅ館の利き酒でベストテン入りしている人気酒なんだとか、また近々味見してこようと思います(ぬふーん)。

IMG_2027.jpg

一本杉スキー場
駅から見えてるんで、
それこそ駅前でもスキー靴に板背負ってスッ転んでいる観光客をたくさん見かけました。
レンタル靴にレンタル板の東南アジアや台湾香港系っぽい人が多かったです。たまたまかもしれんが。

IMG_1772.jpg

億萬屋
雪国館の向かいで、越後湯沢というと、駒子餅しか思いつかない。勿論普通にニー型やウオヌーマな銘菓は売ってますが、越後湯沢というと駒子もち(私比)
駅の中の”がんきどおり”にも少しだけ置いているが、
売り切れてたらあかんのんで、とりあえず入手しておく。

IMG_2011.jpg

ちまきも食べたい、、、が、1束10個買いとなると嵩高くなるし、食いきれないのでうざいよって我慢。
無事駒子もちゲット

IMG_2012.jpg

これで遭難してもすこしは食いつなげる(ぶっ)
目的地に向かって、さらに歩きます!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

信州で新そば、そして酒

2016.11.25 09:00|away-eat
信州です。
信州と言うと味噌と蕎麦がピコーンと頭に出て来ます。
まずは昼ご飯

IMG_3716_20161120153225e8d.jpg

無事にオソクジタイムであります。
うれしいであります。
とんかつと目玉焼きがものすんごく美味しそう♪
おそばは新そば
自家製石臼挽きだそうで、ちょっと緑がかっていて透明感あり。
まるでヒスイみたいです♪

IMG_3656.jpg

善光寺仲見世通りのどまんなかにあるそば屋、丸清

IMG_3712.jpg

ま、あんまり歩き回ったりするんもナニなんで、善光寺仲見世通りのど真ん中にあるとんかつと蕎麦のお店にはいりました。てんぷらとソバは定番ですが、とんかつと蕎麦てドキドキセットです。そばが初めて文献で出てくるのが藤原公賢『拾芥抄』(南北朝時代)で、その中に蕎麦と猪・羊の肉との合食禁(読んで字の如く、一緒に食ってはイケナイ)例の1つとしてでてくる、蕎麦とタニシとか、おこわとカニとか、タコと柿とか色々ありますがそんなんです。今では理にかなっていると科学的に判明しているものもありますが、理由がサッパリわからんもんもありまして、ま、蕎麦と豚ちゅうのも噛まずに食べる蕎麦(消化に悪い)と豚(消化がもともとよくない)のを一緒に食うと消化悪いコンボで腹の具合がナニになるから止めとけ、ちゅうことですが、、。長野の場合は食ってしまっても腹をさすって「分かれて入って仲良く暮らせ」と言えばチャラらしいので(あはははははは)、ま、胃腸の強い人種が多い土地柄なのだと思います。

IMG_3719_20161120153223991.jpg

肉食獣jube、消化に悪いものは得意です。
トンカツトンカツわっしょいわっしょい目玉に絡めて食う(ぎゃおー)
たしかに注意して覚えておかんとトンカツばっかり印象に残ってソバ忘れがち(笑)。蕎麦はというと、綺麗な見た目とちがってかなりムギュムギュに腰があって、結構重い。普段黒い点々の入ったフルボディな蕎麦か、ガタではヘギ(布海苔)がはいった蕎麦を食う事が多いんですが、ガワゼロの新蕎麦って美しくて力強く、ブタに負けてなかったです。
分かれて入って仲良く暮らせ〜なでなで〜〜ヽ(´▽`*)ノ
うまかった、うしまけた。

IMG_3713.jpg

この割り箸ホルダー懐かしっ!!。昭和発見(笑)
ただし、店は激狭ギュウギュウでカオス。高校生のアルバイトのような店員さんがたくさんで、全員まったく気がつかない感じが、なんとなく食事配給所のようなムードを醸し出していました。1Fはテーブル、2Fは座敷で2Fのほうが落ち着かんこともないですが、小さい子供連れも多く座敷だけに気をつけていてもネッチリした手で触られるという事態が、、逃げられないです(運です)。ま、観光地の超絶立地でしかも値段もリーズナブルなので、落ち着いて食べられはしませんが、和ファストフード店的に非常によろしいかと思いました。なんせ近いのがええね。
飯を食ったら、仲見世から直ぐ、大本願の裏、というか西隣にある

IMG_3686_2016112015322688d.jpg

蔵元 よしのやにやってきました。
酒がのめる酒がのめる酒がのめるぞぉ〜(あははは)
無料の蔵見学もさせてもらえると(うひひひ)
西の門をくぐると、ものすんごく良い雰囲気の御庭に休憩できるテーブルと椅子があり、味噌と酒の直売店、レストランがあります。

IMG_3691_20161120153402663.jpg

蔵ってええわな。
こちら善光寺に一番近い蔵元だそうで、
ていうか、善光寺テリトリー内といって良い場所ですねぇ。
銘柄は西之門、雲山、それに善光寺みそでも有名だそうです。

IMG_3692_20161120153400772.jpg

初代の藤右衛門さんは紀州出身だそうで、なんとなく同郷って嬉しいですねぇ(笑)。で、浪人して京都へ引っ越し、京都から御本尊を運んだ大本願第百九世智慶上人に付き従って善光寺にやってきて(その時妻子は京都残留、孫だけを伴ったらしい)、そのまま善光寺に定住したそうです。寛永14年(1637年)、嫡孫の昌長(二代目)が酒造業を創業したそうです。なるほどなぁ、ドラマがあったんやねぇ。

IMG_3696_20161120153405304.jpg

公開されている醸造所は近代的なもの。
仕込の時期に見学にきたいです。

IMG_3705_2016112016175198f.jpg

で、直営店のほうに寄りますと、
試飲試食放題が(あははは)。お酒から甘酒からみそ汁やら、もー試食だらけ。
しかも、ちょうどお客さんがあまりいない時間帯だったようで(団体客が入るとエグイことになるとは思う)これも飲め全部飲めとサービス満点でございました。で、西之門大吟醸ともろみを買うたんですが、

20161120162222ce0.jpg

よしの豆
これが激ウマ!!!もっと買えばよかった、、、。
特にトマトにつけて食べるのが一番好きです。豆腐(冷・温どちらも合う)にもキウリにも、ホカホカご飯にも美味いしねぇ、やっぱりモロミとか醤油の実とかて好みなんだと自己再発見です。
つづきます♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ごっつぁんです!

2016.10.29 09:00|away-eat
神奈川宿紀行第十七話江戸篇
今回、もう一カ所寄りたかった所がありまして、それは両国回向院

IMG_2784_20161024164853be3.jpg

東京駅で地下鉄にのって馬喰町まで行きまして、そこから両国橋を渡ります。
そういえば去年の年末に馬喰町で宿泊したのが遠い昔のようです。
あの頃はまだ勝手がわからず、あたふたと焦ってかなりオモロイ宿を予約してしまったりしましたが(爆)、今はもう直前でも慌てる事がなくなりました(あははははは)。ていうか、宿予約せんととりあえず出発しても途中でなんとでもなるもんですし(あはは)。

IMG_2783.jpg

隅田川も奇麗になったもんですねぇ。
嬉しいことです。
両国橋を渡るとすぐに

IMG_27860.jpg

大山巌元帥侯爵の書『表忠碑』
赤穂浪士大高源吾句碑「日乃恩や忽ち砕く厚氷」
そういえば吉良邸って回向院の南東どなりですやん。ということは赤穂浪士の討ち入りルートですねぇ、両国橋は渡らずに隅田川東岸を南下し、永代橋を渡ったんでしたっけ。グルグルマップで見てみると、吉良邸からそのルートで泉岳寺まで歩くと10キロ2時間。そんなに遠いところでもないんですねぇ、、。
それに両国橋と百本杭のパネル展示。なるほど、オランダみたいな景色やったんでしょうねぇ、モンドリアンが描いてそうな。

IMG_2788.jpg

ももんじや
ほーー、ももんじやってココにあったんですねぇ。実は最近読んだ江戸時代の本に”ももんじや”の山くじらを食べるシーンが出て来てたんですわ。なんとなく嬉しい。

IMG_2790.jpg

当時、獣食が御法度やったそうですが、庶民は薬になる料理でしかも”鯨”だと称して食っていたそうです。鯨も哺乳類なんですが、水の中なんで食材的には”魚”というカテゴリーに入れられていたそうです(あははは)。和歌山みたいな地方と違って、政治中心地だとなにかと法律とかガイドラインでダイレクト支配されてたんでしょうねぇ。バレやすいとかいうのもあるでしょうし(あはは)。
ももんじやを通り過ぎた直後、グーグルマップのナビに沿って進んで行くと、回向院に入れない、、という事態が!!よくあることですが、グーグルマップではその場所まではちゃんと辿り着けますが、えてして正門前に辿り着くわけではないということで、よく騙されます(あははは)。回向院については次回書くとして、

IMG_2860.jpg

両国といえば、国技館
知らなかったんですが、両国国技館の中にあるクリニック。お相撲さん専用かと思っていたら、一般外来患者も診てくれるそうです。要予約ではありますが、しらんかった〜。なんとなく診てもらいたいような(笑)

IMG_2861.jpg

この幟をみると、やっぱり神事やなぁ、、と思うわけで。
もちろん国技であり身体能力を使う技、格闘技でもありますが、
神様に奉納するもんなので、大切な文化だと思います。

IMG_2954_2016102416494141e.jpg

両国駅のホームから見えるダンススクール
まさに『Shall we ダンス?』な立地やねぇ。
で、気分はダンスになるかと思いきや、もちろん私の気分はダンサーではなく

IMG_2959.jpg

お相撲さん気分(おいっ)
ちゃんこ霧島で昼飯を食う事にした(あはははは)
霧島、、それはそれは男前でした(遠い目)
テクニシャンでしたしねぇ、、下手出し投げでぶん投げられてみたい、、(爆)
店内は霧島関の男前写真や賞などが飾られていて見物するのも非常に楽しいです。
ランチメニューは4種類。予約もしていなかったんですが、すっと座れました。多分時間とタイミングの問題だとは思います。ラッキーだった。

IMG_2965_20161024173118afb.jpg

きりしま定食
ご飯、、大盛りにしてもらえばよかったか(笑)
刺身があるのでご飯が食いたいところだが、がんばって半分は残し、
ちゃんこを食べ終わった後の汁にご飯を投入してちゃんこ雑炊にして食いました。激ウマ。
が、結構量が少ないのでそれだけで終わるわけもなく、、

IMG_2969.jpg

さらに、みちのく定食
こちらはうどんちゃんこと小さいちゃんこ鮭お握りがついてます。
ま、量的には昼からレギュラーちゃんこ食べるよりは定食ダブル食いするほうが少ないかと思います。問題はダブル汁ものなので、鳥見だったら絶対にチョイスしてはならん組あわせ。ゴーイングプロブレム確実(爆)。ま、都会でトイレもたくさんあるので心置きなく汁まで完食しました。
ごっつぁんです!

20161024174123e5a.jpg

大食い賞で”ちゃんこ霧島”タオルまで頂きました〜♪
というのは、(大食い賞の部分が)ウソです。単にもらっただけ。
サプライズで嬉しかったです。
ごっつぁんです(ニンマリ)
さて、回向院へにゃにゃ文半です。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅17

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Welcome

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ