会津若松城でいかる

2016.12.08 09:00|away-birding
最近フセン地獄に落ちてまして(笑)、もーーいたるところから付箋が出て来ます。つい、便利なんで使いまくるんですが、イチイチ要る時に一枚づつひっぺがすのがめんどくさいので、こうねぇ、机の端とかにズラーリと1つ1つひっつけておくんですが、それが飛び散っているようで(笑)。服や髪の毛についているのは日常茶飯事、この前はふと胸元をみると双眼鏡に付箋がついてたし(あはははは)。ま、プラスチック製なのでぐじぐじにならんからどってことないんで、ほっちらかってます(笑)。
さて、
会津です。
近くまで行ったのでちょっと寄った日の事です。
暑かったんです。

IMG_9558_20160822133058e71.jpg

いつみても美しい城です。
色んな国のいろんな城を見ましたが、
やっぱり日本のお城が一番好きですねぇ。
忘れんうちに書いておこうと思ったのは、

IMG_9521_2016082213315738f.jpg

今、タイトルをみたら、会津若松城で私が怒ってるみたいになってますが、
イカルがぎょうさん居った、ということで(あははは)。
双眼鏡をもっていないことが悔やまれた(あはははは)。
特にイカルは若鳥にエサを与えている様子もみられたので、城内で繁殖してそうな感じです。イカルの巣があるお城って素敵ですねぇ。ちなみにオオルリとかほかのGood birdsも居ったんで、城もうつくしいですが近所に住んでたら恰好の鳥見ポイントになりますねぇ。

IMG_9570.jpg

お堀ではゴイサギさん家族がいて
ホシゴイーズがどんくさいことして可愛らしかったです(あははは)。
お堀もええもんはいりそうやでぇ。

IMG_9564.jpg

企画展『日本刀』を拝見してきました。
この夏から日本刀を観る機会がやたらと多いような気がします。
日本刀は見るのは好きですが、鉄もの全般不得意分野ですんで、知らない事ばっかりで面白さ倍増しです。”研ぎ”もおもしろいですねぇ。

IMG_9528.jpg

天守閣の展示は撮影禁止ですが、五層では撮って良い。
磐梯山には雲がかかっていたが、大気がクリアで飯盛山の白虎隊の自刃地がくっきり見えていた。
私のポンコツメガネ視力でも見えるんやから、当時の若い人が見えない筈は無い。
またいつものように白虎隊に思いを馳せた。
で、この日の夜になにげにテレビをつけたら白虎隊についての特集番組があって、非常にタイムリーで久々にニュース以外のテレビ見た!妙竹林な達成感あり(笑)。

IMG_9523.jpg

美しい空だった。

IMG_9575.jpg

会津葵さんでお菓子を買おうと思ったが、
なぜか変な所にいってしまい(笑)
辿り着く前に厭になって引き返した。
あ、あのホテル(爆)もういっかいじっくりと見てみようと思っていたが、それも忘れてた(笑)。駐車場に入る前に強制的に前を通るので見はしましたが(笑)。

IMG_9566.jpg

弓道とか素敵やねぇ。
うろうろと少しだけ彷徨いましたが、なんせ暑くて(笑)
しかも土ぼこりがすごくてギブでした。

20160822135338b7e.jpeg

帰りに高速道路に入る前にコンビニでコンビニコーヒーを買って、
ふとレジのとなりにあった、かんのやのゆべし
2個入りで会津の地元特産だというので買ってみましたが、中に餡子がはいっていて柔らかくて甘すぎず美味しい餅菓子でした。2個入りなので嫌にならなくてよろしい(笑)量はくえね。
和歌山県民的には”ゆべし”というと柚子のモン(珍味とか菓子とか)なんですが、東にすんでみてはじめて知った柚子のかけらもない醤油味系餅菓子になってしまってます。京から伝播するあいだに変化したんでしょうか。名前が同じでブツが違うもの、というのが結構あって面白いです。
とまぁ、現実逃避的なログになりましたが、、(あははは)。
ま、数日前からサンダーストームが酷くてねぇ、ガタでは「雪起こしの雷」とか「雪下ろしの雷」とか呼ばれてまして、雪の前駆やと言われてるようです。雷が多いと雪がおおい冬になるんだとか。春一番ならぬ冬一番て感じでしょうか(あはは)。昨日は雪ではなくヒョウばっかりだったんで、竜巻が来そうでびびりましたが、竜巻はほとんどないようですし、雷は冬の風物詩ってのもおもしろいです。この時期(晩秋から初冬)なんせ雨が多いうえに、大陸からの寒気が南下してきて上空に入り込むんで頻発するんでしょうなぁ、、。気象現象っておもろいですね。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

円山公園でガチャポ〜〜ン

2016.09.18 09:00|away-birding
 
北海道札幌です。
都道府県、、府とか県とかは慣れているんですが、道って慣れていないので北海道札幌県とか言いたくなります、どうしようもないんですが。蛇足ですが、子供の頃になんで京都に府がついて、東京都府とちゃうねんと思っていた時期があります。というのも、何故か陛下はまだ京が自宅(自宅て、笑)で東京に出張に行っていると思っていたから(あはははは)。ま、子供ですが、今考えても京都に府がつくのが変だとあいかわらず感じます。もう、理解とかの問題ではない。
ともかく、サトポロ

IMG_0290.jpg

午前中まるまる時間があったので、円山公園へやってきました。
円山動物園開園時間まで公園で遊びます。
いきなりプリティガラーズがお出迎え。ハシブトガラ、コガラ、シジュウカラ。シマエナガの姿は見えず、服装と靴がナニだったので土トレイルを歩くことは避けましたが(地面ぐちゅぐちゅやったし)入り口だけでも十分おもろかったです。

IMG_0452.jpg

円山公園というとガチャをやらないと(あははは)
今回狙っているのはシマエナガちゃんのマグネット〜。
念力をこめて、エイヤっと回したんですが、半分だけしか念がとどかなかったようで、マグネットは当たったんですが、キタキツネでした(あははは)。ま、ええわ。
そういえば、こちらの円山公園にも野生のキタキツネが住んでいるそうです。
キタキツネには出会いませんでしたが、

IMG_0262_201609131532307b3.jpg

シマリスはウロウロしていました。
エゾリスも居ましたが、シマリスのほうが撮りやすかった(ぶっ)

IMG_0236.jpg

鳥も結構おったんですが、なんせビジネスシューズでは無理(爆)
ちゅうことで、円山動物園開園時間となったのではいりましょう、イランカラプテ〜

IMG_0349.jpg

睥睨するオオワシ
メインゲートから入ってすぐが猛禽舎です。
北海道で観る事ができる猛禽がずらりと飼育されておりまして、間近でそのサイズや特徴を観察することができます。キャプチャーの野生生物に妙な反感を持つ人もいますし、私も手放しでどんな動物園も好きだというわけではないですが、見せ物としての動物園ではなく動物学や博物学、繁殖や研究に貢献している施設は非常に良いと思います。それに昔とちがい、動物園の動物達も世代交代がすすんでいて最近の飼育動物にみられるのが動物園生まれの動物園育ちの個体や、怪我や病気などで保護され野生に還る能力がなくなってしまった個体、そして多くの種が飼育下のほうが長生きできたりするんですわ。もちろんミサゴなど飼育に適していない種もあるんですが。
無闇に捕まえて飼いたい、ってのもアレですし、ただ「かーわーいーいー」ってだけもナニですし、無闇に全部「かわいそう」もちょっと、、そして一番過激な、全て野に放すべきだというのもまたFGPです。こうした施設は色々そこらへんのことも学ぶ機会になるので、単に物珍しい動物を観て「わーすごい」というだけでなく、特に小さい子供達にそこらへんのことを見知ってもらいたいですねぇ。

IMG_0347.jpg

悩ましい眼差しのゴールデンイーグル
イヌワシ、めっちゃかっこいいです。
そんでもってクソ真面目なことだけでなく、動物写真の練習にも非常に最適、というのは誰でも知っていることですねぇ。野生動物撮りのための動物園での動物ショットワークショップってのもよくやります。
なんせあんまり動かんのでカメラの設定をゆっくりといじくれるので良いと思います。

IMG_0427.jpg

歌うオジロワシ
ちゅうて、私も未だに新調したコンデジが使いこなせなくて苦戦してます。
なにが一番問題かというと、フォーカスが自動すぎて思い通りに動いてくれない。
なので、最近MFをつかうんですが、これまたメモリの動きがアホでイラっとする。露出のほうは手前のワッカボタンにしてMFのほうを上部ダイヤル(もっと細かくしてほしいけど)につけてスライドとかにしてもらえると良い。でないと手持ちでチコチコボタンおしてたらフォーカス失うわっ、ていうか、クソちいさいファインダー覗いてたら押せんしね。
ということで、MFはノッパラで実践にはアテにできません。

IMG_0352.jpg

なじらね? byブランキストン

シマフクロウはフェンスの近くにはりついていてどもならんかった(笑)
ほどよくフェンスから離れてもらわんと困るわ〜(あははは)。
でも間近なんでよりでっかいです、もっそくそデカくてかっこよすぎ。

IMG_0338.jpg

ポンノ シリアン ロ byエゾフクロウ
どえらい眠そう。みてるだけで眠くなってくる、、、(笑)


IMG_0326.jpg

シロフクロウは地面に降りてました。
シロフクロウって地面で居る事多いです。



野生のメスのシロフクロウ
旧自宅エリアで撮影
どんだけ仰山居ってもフクロウ種て見つけると嬉しいわな。

IMG_0357.jpg

もちろん爺さんと同名君も元気でした(笑)
と、鳥だけみてお開きしたわけではないです、
円山動物園、ツヅクんです。今日はオマケもあるんで、どんぞよろしく。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記10

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

不忍池deホシゴイちゃん

2016.04.30 09:09|away-birding
上野です。
カラヴァッジョが若冲と一緒になぜか脳内でランバダを踊るのを感じながら、不忍池に歩いて行くと、カワウが上空を飛び回ってまして、



ホシゴイが居ました♪
ゴイサギのヤングちゃんです。かわいかった。
引っ越し後にゴイサギをみるのは初めてなので嬉しかった:) 鳥屋野潟にも居るらしいが、まだ見た事がありません。それにジュブナイルのゴイサギ(ホシ柄なのでホシゴイという)をみるんも初めてでダブルで嬉しいサプライズでした。こんな都会でもおもろいもんが見られるんですねぇ。

IMG_2059.jpg

上野といえばパンダ
頭に黄色いワッカのついたパンダは見ました(笑)。

IMG_2025.jpg

上野清水堂の月のまつ
広重の浮世絵で見た人も多い筈。3年程前かに150年ぶりにこちらに植えられたそうで(150年前に台風で駄目になってたらしい)。
立派やねぇ。

IMG_2030.jpg

メガネの碑
メガネにはほんとうにお世話になっています。感謝感謝。
他にもふぐの碑とか自動車の碑とか何でもアリでした弁天さん。

IMG_2053.jpg

猫さんと弁天さん
普通の黒猫かと思ったら、

IMG_2058.jpg

よくみるとミンクのような毛皮
野良猫がたくさん独りで歩いてました。
犬はちゃんと綱付きで、これまた結構歩いてました。

IMG_1996.jpg

尻に顔を埋めて延々とヘコヘコしている犬も居ました。
疲れへんのか? ま、春よのぅ。

IMG_2070.jpg

不忍池で結構楽しんで、アメヤ横町を通って上野駅の喫茶店に行くか〜と、
言いながらもつまるところは会話を楽しみながら無計画にブラブラ歩く

IMG_2066.jpg

ぐッダぐだの太刀魚が売られている、、、しかも臭う、、
こんなん、売ったらあかんで
ある意味、写真撮りたくなるモン多し(あはは)

IMG_2068.jpg

なんかヤミ市みたいやし(笑)
久しぶりにた〜〜〜〜〜っぷりしゃべって笑って本当に楽しいひと時をすごしました。
やっぱりガタから東京て近いねぇ♪
帰りの新幹線は若冲の図録を眺めながら浸りまくりました。
ガタでも展覧会してほしいです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

さらばさとぽろよ

2016.04.10 09:09|away-birding
さとぽろです。
北海道編最終回
で、サッポロビール博物館の前からバスにのって、旧永山邸で降りようかな、、と思いながらバスの中の地図を眺めていると、、
なんかスカーーっと青空が見えてきましたんで、旧永山邸はすっとばして、大通で降りて地下鉄南北線に乗りまして2駅、

IMG_8628_20160402141007cef.jpg

中島公園にやってきました。
もともと雪景色でしたが、新雪で覆われて白くて綺麗になってます(あはは)。

IMG_8614.jpg

北海道立文学館
そうなんです、スッカリ忘れてましたが、思い出せてよかった、、。
これもまた、閉館のお陰ですねぇ。なんとなくなにかに誘導されているような、、(笑)。

IMG_8606.jpg

「さとぽろ」発見
これは来てよかった!!!!ものすごく面白かったです。
「さとぽろ」は1925年6月に創刊された詩と創作版画の北海道帝国大学(現・北海道大学)の学生と教師が主になった同人誌。自画・自刻・自刷りの版画と詩やエッセイ。活動期間は約4年、美術、文学、音楽、演劇、建築など、さまざまな芸術をとりあげ、雑誌の刊行以外にも、展覧会、舞台、コンサートなど積極的に活動していたそうです。たしかに1920年代的にかなりナウな感じです。今でも十分オシャレでモダンな香りただようかんじ。

IMG_8609.jpg

もちろん北海道の文学のコーナーでは北海道作家、北海道が舞台の作品などが紹介されていて、読んでいない作品も多くて、全部メモしてきました(笑)。昔に読みすぎてスッパリ忘れポンチな作品も多々あるのでとりあえず、司馬遼太郎の『菜の花の沖』をもっぺん読もうかとおもう。
あ!

IMG_8611.jpg

船山馨の『お登勢』直筆原稿!!!
ほかにもいろんな作家の直筆原稿が見られました、もーーーかじりつき(笑)。やっぱり北海道というと船山馨よねぇ。お登勢は手元にあるが、石狩平野は持ってないので、どうにかして入手して読みたい。
めちゃめちゃ楽しかったです。ビールのほうが閉っててくれてありがとう、という気持ちになりました。それとお天気にも感謝。
文学館を出て、園内をブラブラ歩きます。

IMG_8618.jpg

札幌コンサートホールはKitaraというらしい。
ちょっと入って見ると、ボックスオフィスとKitaraグッズを売っているお店などがあって、音楽好きの北海道土産にはとっても気が利いているのではないかと思う。オシャレぇな品物が多かったです。

IMG_8702.jpg

札幌市こども人形劇場
こぐま座
ものすんごく素敵、時間があれば観劇したかったです。かなりくやしい。人形劇というとプリンプリン物語、真田十勇士、ひょっこりひょうたん島、ネコジャラ、八犬伝!!!とかハマったのがたくさんありました。最近人形劇てテレビでやってない?やってる?

IMG_7921.jpg

子供達もモッフリしていましたが、
やっぱり小鳥がねぇ、モフモフ天国

IMG_8625.jpg

特に所々雪の無い所は小鳥激戦区になっていた。
やっぱり地面つつきたいんやねぇ。コガラの割に雨覆羽に白い線がでている個体が多い。交合線のないハシブトガラなのか?そんなわきゃないわな。良く解らんが、手を出していると手とか頭にのってくるので、のっかるとハシブトガラとコガラは明らかに違うねぇ。掴む力とか重さとかが全く違う。それにクチバシのしっかり白線パッツリしたどっからどうみてもハシブトガラってのも居ましたが、あんまり近寄ってくれんかったねぇ。ラブソングもかなり違うんですが、、こうして撮ってきたのを見るとやっぱり悩む(あはははは)。やっぱりIDは実際に自然の中が一番わかりやすいんかもしれません。種によるけど(笑)。ほかにもシマエナガ、シロハラゴジュウカラ、アカウソ、ヒガラ、シジュウカラがわさわさ。すすきのの直ぐ傍でこの状態てほんと嬉しいわな。でも、強欲に撮ろうとして必死になりすぎると飛行機の時間に遅れそうなので、自制して、、(あははは)。
たくさんの小鳥の中でも、モデル慣れしたモッフリちゃんが数羽いたので彼等を有り難く激写。
モフモフ天国でした。



かわいい、、
もう目の前、手が届く場所です。
しかもちょっと見下ろす枝にとまってくれるのでウハウハ



どうにもこうにも悶絶



ハフ〜〜〜〜〜ン

またまた雪が酷くなってきたので、まだちょっと時間はありましたが、
地下鉄に向いました。
さ〜ら〜〜ば、さとぽろよ〜〜又来るまでは〜〜
し〜〜ばしわかれのぉ 涙がにぃじ〜む

ちゅうわけで、
新千歳空港、ANAやJALの不具合が結構ありましたが、うまいことすり抜けまして私個人的には影響うけませんでした。が、難儀したーって話しを聞きました。

hokkaidopolice.jpg

某国でテ口があったのでかどうかは知らないが、空港の警備がちょっと増強されていた。
そういえばJRでも警官が増えてたように感じました。
日本の空港のなにがすごいて、飲みモンをもって入れるってのが凄いわな。歯磨き粉とかもスルーでした。

20160401190848d9e.jpeg

スターバックスの北海道タンブラーにホットコーヒー、
それにルタオのベネチア・ランデブー
なんかもう、めまぐるしい日々でしたがやることはやったし、
エゾフクロウも見たし、シノリガモもどっさり見たし、サッポロラーメンも食ったし、
とても楽しかったです。
色々ありました北海道記、これにてお開き!
明日からガタログにもどります:)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
北海道13

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

オタル、ハーレクイン物語

2016.04.04 09:09|away-birding
札幌からJR函館本線で小樽に向かいます。
札幌から函館というと南っかわを通るもんだと思っていたんですが、北回りも函館線?ものすごーく遠い気分でみどりの窓口で特急券を買おうと思ったら、指定席というのがなかった、、ていうか朝は特急すらなくて各駅停車のみしかも40分ほどで着くということで、近いのねぇ。

IMG_8198.jpg

は〜〜るばる、来たぜゼニバコ〜〜(あはは)。
札幌から激近いので遥々感はないんですが、なぜか頭からさぶちゃんが離れない。
銭函をすぎると海が見えます。
車内ガラガラのガラスキなので(平日のラッシュアワー近い時間なのにこのすき具合はちょっと心配JR北海道)席を移動してガラス窓にへばりついて海を眺めていると(あはは)

IMG_8201.jpg

は、、、はーれくいんだっく(シノリガモ)が!!!!!!!
ギャーーー、どうしよう(どうにもしませんが、あはは)
ハーレクインダック(シノリガモ)とは、今まで私のテリトリーでは超レアバードで一年に一度とちくるった個体が1羽、他のカモに混ざってやってくるぐらいで残念ながら観る機会がないままだった、私的憧れ水禽第1位。新潟では北部で見られる鳥ではありますが、新潟島の住民がおいそれと見られるもんでもない、見たら大興奮な素っ頓狂水禽なのであります。
とにかく、びゅんびゅん通り過ぎる車窓にみえるハーレクインダック、、
これは小樽港でも見られるチャンスがあると言う事ですやん。あかんかったら電車で引き返して来てここら辺で降りて探そう、とプランBを作成する。

IMG_8202.jpg

小樽が見えて来た。
気が急くわ〜〜〜。鈍行なのがもどかしい(笑)。

IMG_8204.jpg

小樽駅到着
目の前に小樽港が見えてまして徒歩9分、バスもありましたがバスは15分後だったので(あははは)歩きます。
下り坂。

IMG_8207.jpg

小樽の運河
なにも飛んで無いし浮かんでません。
逆サイトはカモメ系が20羽ほどとマガモが2羽。

IMG_8502.jpg

カモメ、ウミネコが80%、セグロカモメ、オオセグロカモメが少々。
餌貰い慣れていて、ちょっと厚かましい感じです。
ガイドブックによると現在2号埠頭だけ入る事ができると書かれているので、2号埠頭へ向かったが、道々見える水面はべたべたに凪いで、舟も出ていない。ウミアイサとカモメが少しだけ浮かんでいるのみ。遥か沖にアイサっぽいなにかが浮かんでいたが、双眼鏡だけでは私にはID不可能。多分ウミアイサだろうが、、。やっぱり海鳥は冬やからねぇ、こんな陽気じゃぁあんまし期待はできんやろて、ちょっとガッカリしたが、色内埠頭公園も見ておこうと向かう。



ヒレンジャク!!
公園の入り口の木ぃに10羽ほど居まして、大興奮。
ヒレンジャクはウイングにワックスがなくてちょっと寂しいですが、ワックスウィングでなくてワックステイルではあります(笑)。かわいらしですねぇ。
で、色内公園から海をぐるりと見渡しますと、、



居ました、30羽ほどのシノリガモの集団
カンムリカイツブリ、ウミアイサ、ヒメウもいましたが、マジョリティがシノリガモ。

IMG_8280.jpg

もう、ただただ眺め倒す。
いやはや、なんて可愛い素っ頓狂な柄なことか。
こんな変な時期にきて憧れのハーレクインとこんなにたっぷり遭遇できるとは思っていませんでした。
ありがとう、小樽。
海で髪の毛パシパシになるまでシノリガモを眺め、もっと眺めてもよかったがキリがないのでバスで小樽観光でもすることにします。食べたいもんもあるし(笑)。
満足満足大満足の小樽でした。
(気分的にもう終わった感アリですが、まだつづきます)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
北海道7

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Welcome

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ