恒例のミュージアムバーディング

2017.07.26 09:00|away-museums
ウエーノです。
トーハクに土偶を見にきて、そのまま館内を彷徨っています。
贅沢に幸せです♪さて、恒例になりつつあるミュージアムバーディング、こちらトーハクでもそれはそれはたくさんの鳥たちに出会うことができますが、今回その中から特に身近な鳥をピックアップ。

IMG_0227.jpg
IMG_0229_20170718164212f4f.jpg

雀の発心 室町〜安土桃山
室町に流行った中世短編小説の中の異類物『雀の発心』を絵巻物にしたもの。小藤太物語とも言われる。小藤太(ことうた)というスズメの父さんが子供を蛇に食われ、多くの鳥たちと和歌を交わした末に発心、弥陀が峰の梟のそん阿弥陀仏の庵室で出家して諸国を巡り,都の諸寺を参拝し,北野社に参った時に村雨に遇ったのを縁として、そこに庵室を結び仏道修行にはげむという、念仏三昧ストーリー。
本品は幅が狭くてカジュアルな雰囲気、というか、今でいうところの子供向けの絵本的な印象を醸し出していてとてもラヴリー。描かれた鳥の姿が非常にすばらしく表情にあふれていて見飽きない。

IMG_0110_20170718164217293.jpg

竹内忠兵衛作 七宝竹雀文大瓶
雀、、たまらんねぇ。

IMG_0114.jpg

川合玉堂 家鴨
日本人大好き系、白抜きで手前に木がガーンとはいって視線が分断され奥行きが出るってやつ。覗くの大好きムフフフフな感じです。鳥たちの表情と人間の表情の対比がたまらない。家禽めっちゃ嫌がってるし。

IMG_0171.jpg

鳥形装飾付有蓋短頸壺 三重県鳥羽 古墳時代6世紀
東海地方でよく見られる有蓋短頸壺、翼を広げた鳥に鶏冠が付いているので鶏だとわかる。

IMG_0196_20170718170614327.jpg

埴輪 鶏  栃木県真岡 鶏塚古墳
こちらはものすんごくリアルで美しい鶏。
鶏は夜明けに鳴くので、邪を退ける鳥として古墳時代には大変神聖視されていたそうだ。
『日本書紀』垂仁紀には、野見宿禰が日葉酢媛命の陵墓へ殉死者を埋める代わりに土で作った人馬を立てることを提案したとあって、これを埴輪の起源とする、ってのが皆覚えてる話やとおもうんですが(私もそう習いましたしねぇ)、考古学的にはここらへんは現在後付けのほんまとちがう話というのが最近の正解になってます。宿禰はともかく、殉死者の代わりや依代にするとなると、かなりリアルさを追求したんかもしれませんわ。縄文とは全く違うスタイルですが、こちらもまた素晴らしい芸術造形だと思います。確かにジョーモンに比べてヤヨイ、ヤヨイよりもコフンにモダンを感じんこともない。というわけで、いつのまにやら埴輪にはいっていきましょう。

IMG_0191.jpg

ウマ 群馬県

IMG_0245_20170718172148ac9.jpg IMG_0198_20170718172146c50.jpg

猪 群馬県伊勢崎市
猿 伝・茨城県行方市 大日塚古墳
こんだけシンプルなのに、ビシッとなんの動物かわかってしまうってのがすごいねぇ。犬と猪なんぞは耳とかマズルの先とか目とかほんの少しのラインの違いなのに、めちゃめちゃ違う動物。磨き抜かれたフォルムですな。
もしかしたら人型の埴輪もちゃんとモデルがいて、見る人が見れば「あ、これ何某ちゃんやんか〜」って思ったのかもしれない。

IMG_0206_20170718172141d14.jpg IMG_0208.jpg

埴輪のエリアには犬の埴輪を組み立ててみようというアクティビティーもあった。リアル実物大複製(マテリアルはもちろん違うが)。
子供が周りにいなかったので大人だが遊びながら、館員さんと色々お話しした。楽しかった。
存外重くて割れやすい素材なので子供に触らせるときは取り扱い注意です。

IMG_0213_20170718170611088.jpg

特別展覧会も覗いた
日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」
タイといえばクメール族のアンコール朝、、クメールというと邪神ナーガを信仰して仏教と融合してるところがまた激萌えですが。こちらの展示でナーガの石像が!!高階良子『はるかなるレムリアより』で長脇涙が持っていた手のひらに収まるサイズのナーガのお守りの超大型バージョンがありました。うわー、なつかしー。って何を思い出すやら(笑)。

IMG_0215_2017071817061098d.jpg

特別展覧会会場内は撮影禁止ですが、最近ありがちな自撮りスポットがありました。照明的に自撮りしづらい暗さではありましたが(笑)。リアルにタイの寺院にやってきました感だすよりも、背景がばっちり写ってなおかつ女性が美しく写る照明にしといたほうが客寄せになると思うんだが、、。とはいえ、私は自撮りしないのでそう思うだけで、自撮り好きな人はフラッシュ焚いたりフィルターとかで弄るんでさして気にしないのかもしれないねぇ。ま、どうでもいいんやけどねぇ。ともかく、この自撮りスポットにて1807年に創建されたワット・スタット第一級王室寺院の正面を飾っていた5メートル超の大扉が展示されています(撮って良い)。国王ラーマ2世が自ら彫刻したタイの国宝。
文化が変われば仏像も違うもんです、仏像楽しいですねぇ。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ゲージツとは?生活とは?

2017.07.23 09:00|away-museums
ウエーノです。
トーハクに土偶を見にきました。土偶見てすぐ出るのも暑いのでもうすこし涼みたい、、
いやいや、土偶を楽しむのに土偶だけみるよりも色々な時代に飛んでこそ土偶
夏のじゅべピックアップ

IMG_0150_20170718145925109.jpg

東京都縄文中期
このカタチっていったいなんなんでしょうねぇ、
おしゃれにもほどがあるというか、どんだけの美的クオリティだったのか
デコラティブな片口にほぉおおおうぅぅと目がハートになります。
このサイズの容器、ていうか甕サイズですが杓子ではなくて傾けて注ぐ方式なんですねぇ。
縄文文化が身近でない近畿生まれの近畿育ちの私にとって、この東の縄文文化との邂逅はハンマーでブチ倒されるような勢いですわ。もちろん今まで見たことがなかったわけでもなく、メディアや教科書なんかでもよく目にしていたわけですが、やっぱり実際に地元のどんな博物館にでもあふれんばかりに縄文式土器だらけ、土偶だらけなのを体験するのとはものすごく違うもんです。それに出土品は出土した土地で見ると経験値が全く違う!

IMG_0158_20170718145926d4e.jpg IMG_0152.jpg

左、異形台付土器 千葉県銚子、余山貝塚 縄文晩期
右、異形片口土器 青森県七戸町長久保 縄文後期
この片口とかサザエをハイクオリティにデザインした感じ、たまりませんねぇ。
なんといいますか、私の小学校の頃の教科書なんかを思い出すと縄文時代なんかは石器時代以前の生きていくのにカツカツいっぱいいっぱいで芸術とかそんなもんは無いような印象を受けたんですが、こうして今、考えるとどうかんがえても生きていくのに必要な生活道具をシンプルに作っていたとか、変わったもんは全て呪術的なもん、というような理解の仕方だといつまでたっても縄文を理解できないように感じるんよね。毎年、この時期に鳥の営巣をモニターしていて思うんやけど、”野生の王国”的ないつも腹ペコで餓死と隣り合わせ的な生活っていうのは全ての野生動物にあてはまるもんではないからねぇ、両親がとってきた餌に好き嫌いして拒否したり、美味しい餌は兄弟で取り合ったりなんかもよく見られることですわ。ま、リッチな営巣地だからなんですが。そんなんで、1万5千年前から1万年以上つづいた縄文も、リッチなムラでは芸術を育む”余裕”がたくさんあったんやとおもいますねぇ。特に、信濃川流域はオンシーズンに食料を溜め込み、オフシーズンは室内でじっくりと創作活動、、なんてのもティピカルな冬の過ごし方だったりしてねぇ、、。と、土器の前に立ってしみじみと想像に耽る。
縄文にフォーカスしていますが、ほな近畿では?となると
やっぱり

IMG_0121.jpg

でっかいです突線紐5式銅鐸 滋賀県野洲市小篠原大岩山
高さ144センチ、重量45キログラム
銅鐸ですわなぁ、特に近畿で出土するものは耳(丸い飾り)がついていて三角縁になっていたりするのが特徴です。和歌山でも41点ほど出土していますが、本当に何に使っていたのかまだわかっていないですねぇ。生きて行くのには必要という品物ではないので難しいんでしょうねぇ。

IMG_0139_20170718145943624.jpg

銅矛、福岡、佐賀、長崎の出土品
さらに西へ向かう
最近(最近でもないけど)島根の荒神谷遺跡から大量に出土したのは記憶に新しい。島根県荒神谷遺跡出土品で国宝指定されたしねぇ。この出土品の銅矛16本もメイドイン北九州だとされていますし、、ここらへんマッピングはほんまに面白いです。

IMG_0163_20170718145941196.jpg

重文・三角縁龍虎鏡 大阪府和泉、和泉黄金塚古墳 古墳時代前期
黄金塚古墳は前方後円墳で、全長約94m、後円部径約57m・高さ約9m、前方部幅推定約42m、高さ約6.5m。
和泉や泉南、河内というと古墳、巨大なものから小さなものまでぎょーさんありまして、ぶらぶら歩いていてモコっとした盛り土にクサボーボーだったりするとまずもれなく古墳だったりします。そんなんで、禁足地ていうのはほんまに身近に育ちました。

IMG_0167_201707181459444b8.jpg IMG_0168_20170718145938789.jpg

左、国宝・家形飾環頭柄頭
右、国宝・金錯銘花形飾環頭大刀
奈良県天理市 東大寺山古墳出土 古墳時代4世紀
東大寺山古墳は自然地形を利用した北向の前方後円墳。全長約130m、後円部径約80m、前方部幅約50m。昭和36・後円部で葺石と円筒埴輪列、靫形・甲冑形埴輪、碧玉製腕飾類(鍬形石・車輪石・石釧)・滑石製台付坩、ら鉄剣・環頭(素環頭・青銅製環頭)大刀などの武器・武具類・革製漆塗楯などが多量に出土。
「中平」銘金象嵌花形飾環頭大刀は紀年銘をもつ日本最古の遺物。中国製刀身部を改造して三葉環頭を基に退化した直弧文ないし竜文を施した日本オリジナルの環頭部に交換したと考えられているらしい。環頭大刀・木製把頭大刀13本、鉄剣・ヤリ25点以上、銅鏃261点、革製短甲1点、巴形銅器7点。玉類計62点、鏃形石製品45点、坩形石製品13点、碧玉製腕飾類計51点(全国8位)、銅鏃・坩形石製品と鍬形石26点(全国1位)。

IMG_0177.jpg

重文・石人 福岡県八女市 岩戸山古墳
石人、たまりませんねぇ。八女古墳群にも足を運びたいです。

IMG_0179.jpg

国宝・象嵌銘大刀
棟部「治天下獲***鹵大王世」に始まる75字の銀象嵌銘文,馬・花形の銀象嵌文様は古くから知られていたが、最近,魚・水鳥の文様が検出されて興味再沸騰している。
うう、ハニワまで辿り着けんかった、、
さらにトーハクつづく
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

えどの鬼門封じ

2017.07.18 09:00|away-museums
ウエーノです。

IMG_9865_20170712180418bec.jpg

西洋美術館 アルチンボルト展
いやはや、ものすんごく展覧会の隙間期間のウエノ入りでしたが、
アルチンボルトはたっぷり見てきました。

IMG_9833.jpg

植え込みにスズメの子供達がたくさん
かわいい、、

IMG_9825.jpg

メジロもどっちゃりいました。
カラスの子供たちもグエエエエエエと大騒ぎ
上野野鳥幼稚園状態(あははは)

IMG_9818.jpg

会場の入り口にはコンピューターで自分の顔をアルチンボルト風の寄せ鍋にしてもらえるアルチンボルトメーカーがあって、それは行列ができていました。
なんというか、ものすごい画力があり、一つ一つのモチーフは素晴らしいんだけど、集めて肖像画にすると途端にキワになるのが面白いねぇ。こんなにアルチンボルトのだまし絵を一度にこれほどたくさん見るのは初めてだったのでちょっと不思議な気分でしたわ、一枚だと面白いが、ズラーーっとほとんどが博物学というか本草学肖像画みたいな感じで、美術館というよりも博物館的な楽しさのほうが強かったかと(笑)。野菜や花だけでなく、哺乳類や魚類、魚介類、鳥類もあって、鳥類なんかは同じ鳥種ダブりなしでかなりいい出来でした。おもしろかった。

IMG_0104.jpg

ちょっと歩いて、東京芸大の横を抜けて

IMG_0083_201707121803589ad.jpg

東叡山寛永寺円頓院
京都の鬼門を守る比叡山のように江戸の鬼門を守るので東の叡山。天台宗関東総本山でファウンダーは徳川家光、開山は天海、本尊は薬師寺如来。3代目から皇族が住職を勤め、徳川15将軍中6人(家綱、綱吉、吉宗、家治、家斉、家定)がこちらの墓に入ってます。

IMG_0093.jpg

上野公園全体が所謂旧寛永寺境内なので弁天堂や五重塔は目にしますし、寛永寺にはいつもお参りしているようなもんですが、本堂てあまり足が向かないですねぇ。本堂も川越喜多院の本地堂を移築したもので、寛永寺本来の建物ではないですし、ご本尊の薬師三尊像も非公開ですし、ま、秘仏なので仕方ないですが。将軍さんたちのお墓も一般公開されていませんし。

IMG_0095.jpg

重要文化財です。

IMG_0094.jpg

篤姫の墓もあるが非公開

IMG_0099.jpg

厳有院霊廟勅額門(重要文化財)
綱吉将軍の霊廟の門です。なんか逆光だし暑すぎて写真までユラユラしてますが、ものすんごく徳川徳川した感じでした(どんなんよ)。霊廟群は昔は国宝だったそうですが、45年の空襲でほとんどが焼けてしまい、少ししか残っていないそうで、国宝から重文に格下げされたらしい。

IMG_0091_20170712180355fb5.jpg

気になっていたのでクソ暑かったけど来てよかった、、

IMG_0077_2017071218041427b.jpg

通り道に京成電鉄の博物館動物園駅の跡があります。
それがどーしたか、といわれたら、、
どーもしないですが、ちょっと嬉しい感じはします。
暑けりゃ暑いでまったりゆっくり急がない気分でええわな。
脳みそスローダウンしますね、むりくりですけどね(あはは)
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ミッションポシブル:戸隠忍者屋敷から脱出せよ

2017.06.19 09:00|away-museums
シリーズ戸隠その6
奥社バス停の前にある

IMG_5195.jpg

戸隠民俗館、というのをグーグルマップでみかけたので時間があれば寄ろうと思っていました。果たして、バッチリ時間があったので(あははは)。奥社参道入り口の大鳥居の道向かいにありまして、非常にわかりやすいです。
民俗館だけが目的だったんですが、内部は全部一緒
戸隠民俗館・戸隠忍法資料館・忍者からくり屋敷共通 大人 600円
はっきりいいましょう、安いです。ものすごく楽しいです。
なにがおもろいて、全部回って最後にせっかくやし、、と入った

IMG_5225.jpg

忍者からくり屋敷
これがめちゃめちゃハマった。特に斜めの部屋は自分の脳みその反応に感動すら覚えました。ゆらぎまくりやん!!!たまらんおもろい。内部はもちろん撮影もネタバレも禁止ですんで、いいませんが、一箇所ものすんごく悩んだ地点があって、ぶっちゃけ正攻法ではわからんかったんで、目をつけるところを変更して脱出箇所を探し当てました。が、何回か同じところをぐるぐる歩いてしまったのでなんとなく悔しいです。結構大掛かりでワクワクするからくり多数。
定期的に内部の仕掛けを変更するらしいので、また戸隠に行った時にはまたここで遊ぼうと思います。いやはや、好きだとは思っていたが、ほんまにこういうの好きやわーと自分の嗜好再確認(あはは)。

IMG_5229.jpg

お目当てだった民俗資料館
もちろん興味深かったんですが、おまけ感が、、(あはは)

IMG_5204.jpg

そんなに広くはないですが、盛りだくさん
雑多に並べられているので必要な情報をスキムしないといけないですが
面白いものが多かったです。

IMG_5199.jpg

烏天狗の像があった。みたまま三十三間堂の迦楼羅像がモデルっぽいですねぇ。隣には円空スタイルの宇賀神っぽい像、手があるけど体が蛇体に見えて仕方がなかった。

IMG_5202.jpg

三保の松原、天女の羽衣柄の打掛
ガタに越してから何度か数パターン見た事がありまして、富士、松、天女に漁夫とめでたいモチーフではありますが全く結婚式には向かない物語の柄。大正時期に関東では流行った柄なのか、関西ではあんまり見ないです。しかし、小さいわな。この時代の古着物を見るとほんとに感じるんですが、身長が140センチ以下標準ぐらいかと。この打掛ですら私が着ると引き摺るどころか足首ばっちり見えそうな丈です(あははは)。

IMG_5200_20170609161856e65.jpg

戸隠らしい、鋸関係多し。
民具なども信濃の山間部色強く大変参考になります。

IMG_5230.jpg

つい最近まで長野県上水内郡戸隠村でしたが、2005年長野市に飲み込まれ消滅。もちろん町名や字に戸隠という名前がのこされてはいるので旧戸隠村の区域はわかりやすい。こちらももれなく過疎化進んでいる地域らしく、最盛期の4割ぐらいしか人口が残っていないらしい。

IMG_5205.jpg

戸隠流忍法資料館
戸隠村の隣、鬼無里村(きなさむら、現在はこちらも長野市に吸収)七ツ室にあった大正初期の農家建築

IMG_5216.jpg

苦無、実際スコップサイズやねぇ、、
懐に入れて携帯するにはちと邪魔そうではあるが、一つあれば非常に便利そうなのでバックパックに入れておきたい品ではある。
屋外には手裏剣道場や忍法訓練設備もあり、ふつーにカタクリとか咲きまくってて美しかったです(笑)。それにちょっといい喫茶店もあってゆっくりできます。

IMG_5193.jpg

戸隠、、
ものすごく楽しかった。
また来たいですわ。
シリーズ戸隠、これにてお開きなり。
(追記におまけちょっとあります)
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

鳥の細道

2017.06.18 09:00|away-soul
シリーズ戸隠その5
戸隠神社五社参拝を済ませ、ほっと一息

IMG_5053.jpg

奥社からは本格的な登山コースがあります。
登山には全く興味はないが、こういうものは全て読みたいです(笑)。興味津々で読んでいると、私よりもひと回りもふた回りも先輩な人々がスタコラサッサと登っていきます。どんだけ元気やねん。

IMG_5054_201706091453573ea.jpg

戸隠レスキュースクワッド敷設の登山者カード入れ
用紙と筆記用具が備え付けられていたので、そちらに名前などの情報と開始時間やプランなどを記入するようだ。まぁ、そういう情報があるとなにかあったときに有益ですわな。ジェームズ・フランコの"127HOURS"を思い出すねぇ。
私はというと、有料駐車場に車を駐車してますし、駐車場に戻れなかったらきっとナンバープレートからすぐに身元が判明するでしょう。I.D.も携帯しているし、それに参道やトレイルから外れることはないので何かあってもレスキュースクワッドのお世話になるほどの場所ではないと思う。
身の程を知っているので登りよりも慎重にゆっくりペースでくだります。

IMG_5060_20170609145355637.jpg

随身門が見えてきました。
バチも当たらずに無事にお参りできました。まぁ、修験の神さんもこのご時世ですから、それなりにお目こぼししてるんでしょうな(あははは)。

IMG_5063.jpg

ほんとうにこの随身門を境に様相がかわります。
というのも、この随身門からネイチャートレイルが整備されていて、ボグが広がっているんですわ。ということで、まっすぐ参道を戻らずに横道にちらっとそれます。
バリアフリー歩道もあってベビーカーや車椅子でも安心

IMG_5162.jpg

有名なバーディングエリアで、ちょっと歩くだけでもわんさか鳥だらけ、営巣もやりまくってました。双眼鏡率高かったですし、でっかいレンズにでっかい三脚の鳥撮る人々、バーディングツアーでインタープリター付きで鳥を見ているグループも多数見られました。初心者でも誰かが三脚立ててスポットしているところを見たら鳥がいますんで、簡単だと思います。鳥の名前がわからなかったら見ている人に聞けばいいし(あははは)。ていうか、私的に衝撃を受けたのがスポットスコープで植物をスポットして植物図鑑とにらめっこしている方なんかもいました。めちゃディープ。

IMG_5066_20170609145400f7a.jpg

ヒガラとコガラとヤマガラとシジュウカラがワンサイトで混在していてガラ天国でした。
コガラの鳴き声大好き!!!
バーディング用の双眼鏡は持たずに参拝したのですが、美術博物館用の望遠&顕微鏡兼用双眼鏡を携帯していたのでそれを使おうと出しましたが、裸眼でも見られる距離でわらわらいますし、声でI.D.できるほど鳴きまくりなので本当にお気楽バーディング♪

IMG_5000_20170609151437e95.jpg

カタクリも大好きな花。
コマドリが大音量で鳴きちぢってました。

IMG_5082_20170609152838fe8.jpg

キバシリがクリープしていました。
くちばしの湾曲具合が可愛い小鳥です。

IMG_5113_2017060915283840f.jpg

ズームでドン
木肌と同じなのでじっとうごかんかったらまず気がつかない。
が、じっと静止していないガサガサした鳥なので実際は結構簡単に見つけられます。

IMG_5080_20170609152833778.jpg

水の流れにそってぽつぽつと咲く水芭蕉が美しい。
水芭蕉、英語でいうとスカンクキャベジ(臭いキャベツ)こんな清楚な見た目なのにえぐい名前がついています。ガタではすでに育ってボーボーになっているのでボーボー巨大化状態をみると爆裂キャベジな感じではある。
しみじみといい気分であるいていると、

IMG_5168.jpg

水芭蕉の群生地帯に出た、、
こんだけたくさん生えていると、、確かに臭い(ひーーん)

IMG_5166.jpg

トレイルからめっちゃ見えてるところにオオアカゲラの巣ぅ
本人本鳥もさわいでいました。

IMG_5175.jpg

春の妖精!Spring ephemeral〜〜〜。
どっさり咲いてて見放題でした♪めちゃめちゃかわいい。
和名はヤマエンゴサクというらしいです。山の端の吾作さんみたいな、、と思ったら、山延胡索、なんでまたこげな名前に、、。

IMG_5163_2017060915143771e.jpg

てな感じで、鳥やら野草やらキノコやらをみていたらあっという間に一の鳥居まで来てしまいました。
もう2周ぐらいしたいかも、、と思うトレイルでした。
さてと、、帰る前にもう一箇所寄ります。
シリーズ戸隠、次回最終回
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ