越後平野の謎

2018.02.25 09:00|non-birding

人気ブログランキング
昨日は朝からちらほらと雪が降ってましたが、北向きにドライブするとすぐに吹雪になり1時間後ぐらいにみぞれ土砂降りになりまして、引き返してきたらトーヤノあたりで雨が上がって明るくなってきたのでトーヤノでダックスを眺めてから帰宅しました。
難儀なガタウェザーですが、気象ってほんとうに面白いですよねぇ。
こんなに細長い本州で、ガタ市内自宅から240キロ、車で3時間、徒歩50時間(笑)で太平洋にでるんですが、太平洋側ではほぼ毎日晴れてるんですわ、、こちらはこんなに毎日暴風雪か暴風雨なのに、、。新幹線で越後湯沢あたりまで本当に鉛色の空に雪だらけなのに、トンネルを抜けると青空に緑の景色。そりゃまぁ鳥も違うわな、、と実感します。地質やら地形と気候なんかも真面目に勉強しておくと何か見えるかもしれない。
さて、



サンドッグ
自然ってほんまにおもろい

IMG_0416.jpg

潟育講演会
ものすごく面白かったです。
データ量がハンパなく多くてちょっとオーバーウェルム気味
ほんとにものすごく沢山の情報だったのですが、その中で一番私の心に引っかかったのが

IMG_0420_20180220163240bf5.jpg

沈降帯
ずーーっと毎年数センチ沈み続けているらしい。
もちろん川や風などが運ぶ土砂で底上げされているそうなので今の所プラマイそんなに沈んでいないとか。
で、気になるのが

なぜ沈みつづける?

時間の都合で質問タイムには質問者2名までだったので聞けず、終わってからダッシュで質問しに行きました。で、なぜ沈み続けているかわからないそうです。こわーー。

IMG_0417.jpg

講習中に推薦されていた本の中で読んだことのないのを
早速ブツワオフに寄ってゲットしてきました。読むの楽しみ〜〜。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

どないやねん

2018.01.13 09:00|non-birding

人気ブログランキング
土曜朝、気持ちいいぐらい青空が出て、全てが真っ白になっているので照り返しがひどくて網膜焼け爛れそうです。サングラス必須。昨日は全国放送でうちの自宅付近の様子がバンバン放送されていまして、ご心配おかけしました。こちらの友達からも南国育ちでは大変だろうと心配されていますが、確かに南国生まれの南国育ちですが、育ってからはずっとアークテックな地域で暮らしてましたんで、氷の上を歩くのも慣れてますし、気温はむしろ暑いぐらい(ぎゃはは)。防寒服もちゃんと持って帰ってきてるんですが、ごつすぎて暑いのでガタではまだ使いどころがありません。

201801121952024e3.jpeg

そんなガタ・チューオークです。
なんとなくカタカナで書くとChoo Oak と綴りたくなりますねぇ(あはは)そこがツボ。
これ、エキナン(新潟駅南)なんですが、普段は自宅付近よりもこちらのほうが雪が多め印象なのに昨日は逆転していました。テレビのニュースでは8年ぶりの大雪とか言うてましたが、若いガタ人(チューオーク民)たちは生まれて初めてこんなに降ったとゆうてました。

201801121949406ef.jpeg

午前中はめちゃくちゃ混んでいたらしいですが、昼からはそれなりに動いていました。
大通りはプラウがガンガン稼働中。頼もしいです。

20180112194952d15.jpeg

こんなタイプもある。
なんせ一応ガタ県内屈指の都会なので、自動車も一般車が多くパーソナルスノウプラウとかつけてる車も見ないしねぇ。ちなみにいくらぐらいするのかとウェブで調べてみたが、和名がわからん。前にホムセンでノルディックプラウが600ドルぐらいで売ってるのをみたことがあるが、、。アマゾンでみたらノルディックプラウは取り扱いなしと書かれていた。別メーカーSnowbearで15万円ぐらいだった。
なんとなく歩いて写真を撮ろうと思ったら、ちょうどバスが来たので乗ってみる。

2018011219500598a.jpeg

全てのバスは新潟駅へ行く(乗ったバス停のバスは)
知ってたので乗ったんですが(あはは)。ちなみにバスの路線も運休しているのが多々あって本数のなくなってしまった地域の人はタクシー乗り場へ走ってました。タクシー乗り場長蛇の列。

201801121950189c7.jpeg

電車のほうも運休区間が多いようでしたわ、、
センター試験の前日です。どないすんねん、、。
とりあえず、ジュンクドー書店へ行って一回りして、万代口のバス停に向かうとものすごく混んでました。が、市役所行きの急行臨時便バスが出てたのでそちらのにってハクサンジンジャに向かう

201801121953151b5.jpeg

重そう、、
えらい白くてヴォリューム満点

2018011219525309f.jpeg

一応ガタ的にはまだまだ初詣期間中なので、出店もでてるんですが、、
全部埋もれてましたわ。

20180112195230e9d.jpeg

雪吊りがとっても役に立っている風景
普段と全く違う景色に萌えます

201801121952423b3.jpeg

春に楽しい梅の樹がたくさん植えられている一角もこんなになってます。
ギシギシですがな。

20180112195216017.jpeg

スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、キジバト、ハクセキレイがうろうろしていました。
面白いのは自宅近所にある住宅の数軒に駐車場にスプリンクラーで水をまいて除雪する装置があるんですが、そこにハクセキレイとかスズメとかブトとかが集まって水を飲んだり水浴びしたりしていました。面白かった。ていうか、水まいて凍らないどころか雪が溶けるというのは何度見ても驚きます。あったかい証拠やねぇ。

IMG_5839.jpg

歩道は幅30〜50センチぐらいしかなくて、所々に人がすれ違えるディッチができているのが面白い。両サイドは私のフトモモぐらいの高さで、雪かきの雪が溜められているところでは150センチぐらいの壁になっている箇所も多い。背が高くない人も多いので130センチぐらいのおじいさんおばあさんなんかは全く見えなくなってます。踏まれた圧雪は妙に太鼓になっていて滑るし、こう言うときは短靴だとゴムで靴につけるカンジキがあったほうがいいですねぇ。スーパーとかホムセンで800円ぐらいで売ってます。ちなみに私が履いてたのはスタッドレスの長靴なので滑りませんで、フツーに歩けます。ていうか、それ履いてジュンクドーへ行ったんかいっってツッコまれそうですが、ガタ人は冬に長靴履いてる人は普通なので違和感ないです。ま、ババやし、だれも見てません。

2018011219532719f.jpeg

もう、歩いていると埋もれている車が不憫でたまらない、、
ほんとに出勤前にコレをほりおこすんですよ、、
ハナっから諦めてパブリックトランスポーテーションを使うとか徒歩とかに切り替えた人も多かったみたいです。

20180112195305ed6.jpeg

なにがすごいって、こんな中で郵便やさんはスーパーカブで配達していました。すごいわー。

あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

自然から学べること

2017.12.18 09:00|non-birding

人気ブログランキング
昨日は暴風雪警報がでてたんですが、朝目がさめると青空で驚きました。さすがガタウェザー、風が強過ぎて雪雲が吹き飛ばされたみたいです(あははは)。ともかく、さすがの警報でしたんで午前中は引きこもり予定にしてまして、なんとなく「チッ」って感じでした。とはいえ、窓開けてジロやらガラやらでも見ようかなとすると、バーーっと雪が降って来て、窓閉めたら止んで、開けたら降って、というとっても嫌なガタループになりましたんで、諦めてボヤボヤしましたわ。昼からは講演会へ、
ボーイズ・ビー・アンビシャス!



少年達よ、野心をもちなされ!
写真はオオルリの少年ですわ。可愛いですねぇ。
さて、
先日告知させていただきました、

IMG_2502_20171129204725877.jpg

潟の生き物発表会Ⅲ
今回は前回の問題点だったタイムコントロールをしっかりと修正してきまして、テンポもよくものすごく面白かったです。会場満員ムンムンで爆笑あり、忍び笑いあり、ホーー、ウンウンとリアクションもよく、あっという間の2時間でした。
残念ながら来られなかった全国の皆さんに(あはは)ちょっとチラリとご紹介。講演順です。
トップバッターは我らが鳥屋野潟のホープ、虫の先生です。

IMG_3792.jpg

身近な生き物たちから学ぶ
こんなときどうする? 浅野涼太先生
スタートはただいまホットな話題、サピエンス全史ちっくに人間が地球生物の歴史上どれぐらいのどんな位置で登場しているかというのをさっくりと紹介、

IMG_3795_20171217195759302.jpg

さらに比べて昆虫がどれぐらい古くからすでにソサイエティーを築いてきたかを単純明快にわかりやすく説明。

IMG_3796.jpg

で、すでに社会的な困難に直面し乗り越えて来た昆虫から、色々なことを学ぼうという切り口。子供大好きなカブトムシからレアな虫たちが登場し、モテの極意やTrade offや失敗したときどうするかなどなど、有名名言と昆虫に語らせる名言を並べるあたりがこれまたイカしてました。
ハエからも色々学びましたが、ハエって面白いですねぇ、

IMG_3799_20171217195803d2d.jpg

ていうか、これがハエってどうよ(笑)
ハエとしての特徴の羽があった痕跡の根っこが残っているのですぐわかるそうなんですが、、いや、わからんやろコレ?って思いますよねぇ。これもまた私の最近の課題、収斂進化なんやとおもいますねぇ。おもろいもんです。
前回のローチの講演もものすごく面白かったんですが、今回のもものすんごく面白かったです。

IMG_3802_20171217201015837.jpg

いる?いない?調べてみよう水辺の希少鳥類
出口翔太先生
特に出口先生が現在調査されているオオセッカとヒクイナについて、調査の仕方の実演と調査状況などを紹介。研究者の地味なエフォートを垣間見せてくれまして、目頭が熱くなりました。鳥屋野潟でもところどころにヒクイナが好きそうな場所があるにはあるんですが、私は未だ姿を見たことも声を聞いたことはないです。これからちょっと気をつけてみようと思います。ヒクイナは最近では浜松に行ったときにでっくわしましたねぇ、そんときはクイナも同じエリアに出没してましたんで、そういうのもアリかもしれません、となると鳥屋野潟でもチャンス大やと思います。小さい可愛いレイルです。

IMG_3808_20171217201013e42.jpg

阿賀野川のハクチョウたち 小林博隆先生
阿賀野川をねぐらにしているコハクチョウオオハクチョウの調査の様子と調査結果について。水禽カウントの方法なども紹介。鳥の数を数えるのってとても大切なんですよ〜〜、お疲れ様でございます。

IMG_3816_201712172020408b2.jpg

身近な野草の名前の由来 小橋皐平先生
めちゃめちゃ笑った〜〜。野草には申し訳ないが、野草の名前と花言葉だけでこんだけ笑えるんや〜〜と。もちろん演者のチョイスと構成がいいからなのですが、ひどいわ〜って言いながら爆笑してしまいました。
あのラスカルの歌で有名ですし、四つ葉のクローバー探しでポピュラーなシロツメクサ。もともとは江戸時代にオランダからガラス輸入したら緩衝材として入れられていたので、白い詰め物の草で、白詰草。乾燥してるわけですから種は生きてるわけで、そんでこんだけ増えたそうです。外来種。
さらにツメクサ関係の快進撃はつづきます

IMG_3818_20171217202034379.jpg

コメツブツメクサ 
米粒的小ささのシロツメクサ、、、
花言葉が”お米を食べましょう”

お米を食べまショー!! (゚Д゚)

あははははははははははは!!ヒーーヒーーー
花言葉とちがってアグリカルチュアルな標語やん、これ。花言葉ってナニ?(あはは)

IMG_3821.jpg

蕗の由来はこの写真の通りです。
しかも花言葉が”困ったときに側にいて”
ぎゃはははははははははは ( ;∀;)
シリ関係だけ伏せて置いたらとってもロマンチックなんですが、困ったときに側にいてって「キュン」って、おいっ。困りたくないわーー(あはははは)。

IMG_3822_201712172020376f7.jpg

そしてフィニッシュはまるで花火大会の最後の大連発尺玉打ち上げ花火のような状態。もー、ものすんごい名前にものすんごい花言葉、クソニンジンに至っては花言葉はナシ!いうことナシ!!(ぎゃははは)。ちなみに小橋先生が質問タイムでこのクソニンジンにつけた花言葉は”名前をかえて!”。これから両親に変な名前をつけられてしまった子や、変なあだ名をつけられてしまった子はつけた相手にクソニンジンを送って、その心を伝えてもらいたい。そして、いつかこの花言葉が定着したらいいのにな、と思います(花言葉はそうして地味に形成されるらしい)。そういえば、最近見たひどい名前の子供、”心太”(シンタ)くん、、普通にトコロテンって読んでしまいましたがな。名前はつける前にしっかり国語辞典や漢和辞典、そしてインターネット検索したりしたほうがいいと思います。
最後はきのこの先生

IMG_3824_20171217204057033.jpg

みじかなそっくりさん 渡辺博氏先生
鳥屋野潟で見られるきのこたちを紹介してくれました。
この写真、同じ種類のきのこが3つに1つだけ違う種類です。って、言われても全部違う種類のきのこに見えるんですが、、(滝汗)。3番はエノキタケなのはわかったんですが、、ほな1、2、4が同じなのか?って思っていたら、実は1だけがナメコで、2、3、4がエノキダケだそうです。ホエ〜〜おもしろーい。他にもキクラゲとキクラゲにそっくりなきのこクイズとか色々出てきてもりあがりました。クイズ楽しい。

IMG_3828_20171217204059604.jpg

そしてこれ、フクロツルタケ
鳥屋野潟で生えている110ン種類のキノコの中で最強毒だそうです。鳥屋野潟にはベニテングダケとかも生えてるんですが、ぶっちぎって1位。見た目は普通に食べられそうな感じなんですが、、ほんときのこって難しいですよね。他にも毒きのこと食べられるきのこでよく似た見た目のものを並べて紹介。とてもためになりました。
さて、そんな感じでミッチリと2時間楽しかったです。
場内低学年の子供達も来ていたんですが、ものすんごく興味津々で聞いていました。
ほんとーーーに面白かったので、もっと他の地域で演ってもいいと思いますねぇ。もし他の自治体や博物館、ワイルドライフレフュージなんかで、うちでもやってほしい!っていう講演依頼、はやめにした方がいいですよ!忙しくなって予約がとれなくなるかも(あははは)。
来年は生き物4!すでに計画されてますよ〜、今回聞き逃した人も是非お越しください。
あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

全19スタンプコンプリート

2017.09.28 09:00|non-birding

人気ブログランキング
今朝から土砂降り、北風10m/s、最高気温19度。昨日は西南西2m/sで30度、かなり蒸しまして、鳥の動きも恐ろしくありませんんで、めちゃ静かでした。まだシロハラを見ないですねぇ、今日の嵐が過ぎたらちぃと動くんだろうか。今週にはいってサンコウチョウ、コサメビタキ、エゾビタキが少なくなりがち、今秋so farサメをあまり見ていないです。メボソ&オオムシクイがぼちぼち、たまにまだエゾムシクイが混じりがち。今週にはいってマミチャジナイとオオルリが多め、ショウドウツバメもあちこちで。一昨日ぐらいからヤマガラが来てますねぇ。ジュウイチ、エゾセンニュウ、アオバトなんかもちらほら。
さて、
潟めぐりスタンプラリーその6
とうとうあと2つになりました

IMG_4222_20170905162615cb1.jpg

12番 六郷の池(ろくごうのいけ)
説明によると、こちらの池は阿賀野川の河跡湖(かせきこ)だそうで、現在はヘラブナ釣りで有名らしい。ここらへんの土地の名前が六郷だそうで、”里のいも子”というブランド里芋が自慢だそうだ。

IMG_4225_201709051626208db.jpg

だれも居なさそうないい雰囲気ですが、この見えていない奥の方にいっぱい釣り人がいました。細な〜〜〜がいカーヴした池なので全貌が見渡せません。

IMG_4227.jpg

美しいハグロトンボがどっさりと飛んでいました。
この六郷ノ池は潟スタンプラリーの池の中でもかなり水質が良いらしいです。

IMG_4226_201709051632500db.jpg

釣りは有料だそうです。なんとなく有料となるとめちゃ釣れそうな気がする、フナ素人です。
淡水のフナ関係を釣ったのは小学生時代までで、自宅裏の用水路ぐらいか、、。ため池でタナゴとか、紀ノ川でハゼとかボラとかチヌとかねぇ、大きくなってからは海で食えるもん釣るばっかりで(あははは)、それも社会人になって引っ越しが多くなるとともに全く釣りをしなくなりました。なんせアパートだと後の処理がめんどくさすぎる。料理もしなくなったしねぇ、、(遠い目)。
さてさて、ラスイチになりました!

IMG_4230.jpg

13番 北上の池
ここを最後にした特別な理由はないです、単に道順的な問題(あはは)。
地元ではここは「切所」とよばれているそうです、面白いのが”せっしょ”ではなくて”きりしょ”と読むところですねぇ。”せっしょ”だと難所だとか勝負所だとか色々とわかりやすい意味があるんですが、”きりしょ”、、、気になる呼び名です。

IMG_4232_20170905164554885.jpg

ものすごく小さな池ですが、ここもヘラ釣り人がわんさかと居ました。
そして、見てると結構釣れてまして、楽しそうでした。

IMG_4237_20170905164559df9.jpg

北上の池は日吉神社の前というか、ほぼ境内みたいなところにあります。
日吉(ひえ/ひよ)神社というと、滋賀にある日吉大社、比叡山系の山王信仰ですねぇ。ガタ市内は白山信仰の白山さんと諏訪さんもかなりたくさんあります。わが和歌山が誇る熊野信仰もちらほらと勧請されていますし、東には出羽三山信仰など山系神様てんこもりです。

IMG_4238.jpg

手水舍の痕跡
生垣がギリギリにあるうえに、参道からは無理しないとアプローチができないつくりになっている。
無理して近寄って見ると、水も枯れていた。基本、お参りに清めんでもええということかもしれない。お清め割愛、エコ参り。

IMG_4240.jpg

興味深い造りで、色々と質問したかったのですが、
あたりには釣り客と、境内と神社内の建物には誰も居ませんでした。
めちゃ残念。
潟や自然だけでなく、存外色々なガタ文化や神社仏閣なども、普段絶対にこんなところに来ないわーという、民家入り組んだ中の小さなグルグルマップにもでてこない素敵スポットなども知ることができて、大変有意義でありました♪それにただ巡るだけでなく、スタンプとかあると妙にモチベーションが持続するねぇ。

20170905152922d80.jpg

というわけで、全19スタンプ揃いました〜。どんどんぱふぱふー
市役所の別館に受付がありまして、そちらに持っていってきました。
渡したら、「はい、ありがとうございます」と言われて受け取ってもらっただけなんで、、
参加賞はナニなのかは未だ不明です。

あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

潟めぐりでたぬきソフト

2017.09.26 09:00|non-birding

人気ブログランキング

潟めぐりスタンプラリーその5

IMG_4188.jpg

5番 松浜の池 ひょうたん池
ものすんごく久しぶりに松浜にやってきました。
ここは阿賀野川河口、新潟空港を挟んだイーストバンクなんですが、砂丘に真水が自噴している面白い環境です。なので、トンボのパラダイス。オオモノサシトンボ(絶滅危惧種CR)が見られるのがセールスポイントです。

IMG_4190_20170906165422a47.jpg

この目の前の砂丘を越えるとすぐそこが日本海です。
ボーっとみていたら、この小さな池にミサゴがガーーーっとフィッシングしかけて、ギリギリでやめて去っていった。
鳥も多いので結構楽しいところですが、ただ、車が停めづらいのであんまし来ないのよねぇ。

IMG_4207.jpg

11番 北山池 
ここも前に御衣黄を見にきて以来。ヘラ釣り客がどっさりです。

IMG_4212_2017090617174027a.jpg

県内4ヶ所しかないアサザの自生地の一つ
アサザの保護もかなりがんばっているようで、最近かなりもりかえしてきているようです。
ちょうど満開でいい時期でした♪

IMG_4216_20170906171737a7d.jpg

4番 十二潟
こちらはティピカルな三日月湖、阿賀野川の河跡湖です。こちらもアサザ自生地の一つです。アサザだけでなくガガブタ、コウホネ、ヒシなどの浮葉植物も見られる、浮葉フェチにはたまらん湖です。

IMG_4219_20170906171743ae9.jpg

いい時期だわ。
が、ちょうど小学生のスクールトリップとかち合ってしまい、
ものすんごいことになっていたので、とりあえず退去。またゆっくりきてみようと思います。
阿賀野川を渡って、ついでに遺跡を覗いてニーツへ
前々から国道403号線の通りがかりに看板が目について、気になってしかたがなかった

IMG_4244_20170906173514133.jpg

道の駅 花夢里にいつ
なんかもー、看板から妙に遠くて途中で嫌になりそうでしたが、頑張って到着。

IMG_4245.jpg

ほんとに植木だけ、、、鉢植えもあったけど
こんだけ食べモンがない道の駅ってはじめてかも
買うものがないので純粋に眺め倒して来ましたが(あはは)。まー、いろんな植物が売られてるもんですねぇ、今は生き物の外来種がよく取りざたされていますが、捨てペットならぬ捨て木もよく見かけますんでもっと問題になってくるような気がせんでもないです。とはいっても屋外でガタの冬を越せない植物は多いでしょうけどねぇ。

IMG_4249_20170906173518f11.jpg

花夢里というよりも、一晩寝て起きたらたぬきに化かされとったんじゃぁ(日本昔話のナレーションで)的な。
そして、駐車場を挟んで

IMG_4251_20170906173514b2c.jpg

たぬき小屋
という、食堂。こちらのソフトクリームは大変美味しかったです。
ストレートに定番ソフト、最高です。

IMG_4250.jpg

たぬきなお店でした。
食事ものもかなり美味そうでしたが、時間もなかったので食えず。
また前を通ることがあれば、今度はたぬき蕎麦でも食うてみようかと思います。
潟めぐりスタンプラリー、あと少しです!
あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 06月 【22件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ