朱雀の正体はニュウナイスズメ

2017.08.12 09:00|museums
幕府直営イズモザキにきております

IMG_3592.jpg

どーんと北前船

IMG_3591_20170805134348924.jpg

天領出雲崎時代館&出雲崎石油記念館
道の駅”天領の里”に併設されていて、いつもものすんごい人だかりですが、ほとんどの人は海岸や道の駅のお店の方に吸い寄せられているので、こちらの時代館はゆっくりと楽しむことができます。もっそいおもろいミュージアムで通りがかるとよってしまいます。北前船とか大迫力です。

IMG_3594.jpg

千両箱重さ当てクイ〜〜〜ズ!(あはは)
ちなみに私が筋トレしていたころの片手バーベルと同じ重さです(どんなんやねん)

IMG_3596_20170805134343048.jpg

あ!!リクくんが(あははは)

IMG_3597.jpg

スタンプもらえます。
相変わらずスタンプ集めています。楽しいです。

IMG_3598_201708051343330fd.jpg

出雲崎のお祭りのコーナーに目を引くものがっ!!

IMG_3603.jpg

朱雀(すざく)
確かに四神の朱雀は朱色の雀と書きますが、、

まんまの朱色のスズメ、、

ニュウナイスズメやん(゚Д゚)


なんかもーー、ツボりまくり、目から鱗大量生産、たまらんでじーっと見続けてしまいました。これはおもろすぎる。
これは一見の価値あります(あはは)

20170303222112c05.jpg

石油館のほうもとても面白かったです。そういえばあまり意識したことがなかったんですが、現・JXTGエネルギー、前身が新日本石油ですがそれのまた前身が日本石油でした。石油記念館によると1888年(明治21年)5月に有限責任日本石油会社が発足。本社は新潟県刈羽郡石地村(現・柏崎市西山町石地)。同年9月に本社を新潟県三島郡尼瀬村(現・三島郡出雲崎町尼瀬)に移転したそうです。なのでこちら出雲崎は金と石油の国と、、なんとなく近代文明のカホリがする〜〜。
たっぷり楽しんだあと、隣の道の駅の2Fにある食堂へ

2017030322174354c.jpg

出雲崎ラーメン
まぁ、フツーに美味しかったです。そんなに魚臭くもないスープで食べやすかった。

201703032217583ef.jpg 20170303221817419.jpg

刺身定食も食ったが、、刺身がブヨブヨ
やわからくて美味しい、っていわれてもなぁ、、(滝汗)
良い加減諦めたらええんですが、、つい勢いで今回はいけるかも、、と頼んでしまいます。

201703032221278ea.jpg 20170303222145042.jpg

お土産はやっぱりハリセンボンの提灯か、、
出店の串焼きも人気ですが、、お腹もいっぱいなので腹ごなしにあちこちに行き、
最後に寺泊でぶらぶら

IMG_3628_20170805141528b92.jpg

ゲンギョとか、、ゲンゲって見るからにコラーゲンたっぷりそうではある。
でも、見るだけ。

IMG_3630_20170805141527ee0.jpg

カニ汁、暑い時にカニ汁ってちょっとつらい、、

IMG_3632.jpg

イカ
楽しかったです。

応援クリツクころもし嬉しです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

イヨボヤスリーーーー!!

2017.08.06 09:00|museums
三面川(ミオモテガワ)を見た後、またイヨボヤ会館にもどります

IMG_8013.jpg

風がないのでちょっとアレなんですが、
屋根よ〜〜り〜〜高い〜〜

鮭のぼり  ヽ(´▽`*)ノ

大真面目に鮭です。鯉のぼり、、って鯉が滝をのぼると龍になるって”登竜門”故事成語からできたイベントとちゃうかったっけ、、。鮭が滝をのぼると、、繁殖活動して死ぬだけですねぇ、、ビミョー。遡上して帰ってくることにフォーカスして”鮭の里帰り”なんて意味がこめられてたりして(節句からずれてきたし)

IMG_7976.jpg

イヨボヤ会館に併設されている、サーモンハウス
1階はティピカル系村上土産と、あとは鮭関係食品食材がたっぷり売られていまして、店に近づくだけで魚臭い(あははは)。2Fには塩引き鮭がぶらさげられている、、。この塩引き鮭は普通のお家の窓際なんかでもブラブラつらさげられているのが時折目にはいります。うちの近所では干物屋なんかの店先でぶらさがっているが、ホンチョーなんかでは人通りの多いアーケードの通路でブティックハンガーにぶらさげられているので、混んでる時とかフツーに通行人が鮭にぶつかったりしてるし、小さい子供とか汚い手で触ったりしてるし、、。そんなん、絶対買おうとは思えないが(いや、調理の仕方すら不明やし、笑)

IMG_7977_201708011458164bb.jpg

こちらのサーモンハウスの玄関先にも吊られていました。
どえらいカタそう、、歯がナニなのでこんなん齧るのは無理やな。齧って食べるもんでもなかろうが。入り口付近ですでに魚臭してたんですが、店内にはいるともう魚臭超充満。とはいっても、ガタ人大好きな魚臭だとおもいます。こんな匂いのするラーメン好きな人多いです。魚粉魚粉してます。

IMG_7978.jpg

福太郎、、
ぽん酒だったら飼ったのに、、
ガタの焼酎なぁ、、、ビミョー

IMG_7997.jpg

ご当地有名人などのサイン色紙がズラーーっと並ぶ階段をのぼって二階へ
はらこ茶屋さんです。
イヨボヤ会館で見た、村上名物鮭料理を食べることができます♪
悩む、、、

IMG_8002_20170801145813bfd.jpg

キッチンとの仕切り壁にホワイトボードメニューがっ
黒板とかホワイトボード手書きのメニューて食欲わくわな(じゅるりら〜)

IMG_8005.jpg

焼魚御膳
氷頭の大根おろし和えとか鮭カマの味噌漬け焼きとかガタ市内でも定番です。
白飯に合う味でした、ポン酒にも合いますね、もちろん車ですんで飲みませんが。

IMG_8009.jpg

村上牛コロッケも食べました
熱々で美味しかったですが、、牛肉の産地までわかるほどの舌はもちあわせていないです。

IMG_8001_20170801153310e91.jpg

窓からは塩引き鮭が見える。鮭臭ムンムンです。
テーブル席と座敷席があって、団体客が多いようでした。
テーブルのほうは地元らしきアベックが目につく、もしかしてデートスポットなのか?!イヨボヤ会館で鮭の繁殖を見て気分盛り上がる的な?かなり素敵。

IMG_8012.jpg

鮭公園も併設されている
この池に鯉がいる、イヨボヤ会館の前にあるガチャガチャ鯉の餌はその鯉用。絶対たまにニジマスに鯉の餌をやってしまう観光客とかおるんやろな、、。
ゆうたらなんなんですが、ごっついベタな観光食堂ですが普通に美味しかったです。腹ごなしに
三面川の河口まで行ってみた。

が、、

IMG_8015.jpg

ビーチがえらいこっちゃだった、、
これは観光客とかはがっかりやと思います。
ていうか、ニーガタのビーチは酷いゴミだらけの砂浜が多いんですが、ここの空き缶空きペットボトルの多さは尋常ではなかったです。ゴミの集まる入江というのはあるもんですが、ここは飲料水の空き容器ばっかりって、なんかちょっと「撒いた?」ってぐらいでした。アフリカの難民キャンプを思い起こさせる、ゴミという概念が無い感じ。

IMG_8016.jpg

水がとても美しく、コアジサシがちらほら飛んでいたので、砂浜さえ見なかったら、とっても良い感じです(どんなんやねん)。
鮭(イヨボヤ)、シーズンになるとガタ市内の信濃川、万代橋の上からでもでっかい鮭が泳いでいるのが見えて、初めて見たときはものすごく感動しました。イヨボヤ会館、ものすごく面白かったです、今度は冬の稚魚が出てくる頃に再訪しようと思います。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

イヨボヤツーーーー!

2017.08.05 09:00|museums
イヨボヤを知りたい、、

IMG_7956.jpg

水をきれいに
イヨボヤ会館つづきです。

IMG_7916.jpg

生態観察コーナーでイトウばっかり見てたみたいですが、ちゃんと鮭もみました(笑)。鮭の稚魚がうじゃうじゃ、こちらでは10月から2月ごろには成魚を見ることができるらしい。ということは、やはりイヨボヤ会館のシーズンは冬場といえるんではないだろうか。
サーモンロードを通って三面川を半地下直接室内から観察できる三面川鮭観察自然館へ

IMG_7926.jpg

正確には三面川に並走している分流の種川だそうだ。

IMG_7922_20170730155911284.jpg

なんかいっぱい泳いでるし

IMG_7934.jpg

城下町村上の観光宣伝ビデオが流されていた。
案内するのはもちろんこんにちネギネギの葱っ子。
イヨボヤ会館のある村上市は平安時代には中御門家(藤原系)の荘園小泉荘(現在の村上市から長野の朝日村まで)の東端の一角で、その後色々あり、江戸時代には村上藩があったりした、あったりした、、というのは一本筋では語れないのでめんどくさいからここでは割愛(あはは)。

IMG_7932.jpg

ヤマメとかアユとかハゼがうじゃうじゃ。
延々と見続けてしまいそうになりました。ふと、カワセミが飛んできたので
そうだ、外からも見てみようと、屋外エリアへ

IMG_7958_201707301621544d8.jpg

河原には村上茶が栽培され、バーべキュウ広場があった。
この看板の後ろの低木が村上茶

IMG_7964_20170730162150634.jpg

カッコウが鳴いてました。

IMG_7972.jpg

あ、あれやん〜〜
中から見ていた窓が

IMG_7970.jpg

これやねぇ。結構透明度が高めなので上からでも魚は見られるが、、
やっぱり真上からみるよりも横から見る方が美しいように思わんでもない。

IMG_7985.jpg

新巻鮭のトロ箱が!!産地オホーツク海ってかいてるやん、、
あかんやん〜〜〜
コムクドリがうじゃうじゃでした。
イヨボヤ、続きます。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

イヨボヤーーー!!

2017.08.04 09:00|museums
とうとうやってきました

IMG_7889.jpg

越後村上三面川 イヨボヤ会館
ずーっと気になりまくってたんですが、なかなか入る機会なく素通りしてましたがこの度ようやく入館することができました。イヨボヤ、というのはこちら新潟県村上市の方言で鮭のことだそうで、”イヨ”はそのまま魚(イヲ)で”ボヤ”というのは重要な魚や高級魚を指す方言なのだそうで、良い魚というストレートに高級重要魚代表みたいな感じなんでしょうねぇ。ちなみに同じ新潟県内でも新潟市ではウオ、ユー、エヨなどと呼ばれていたそうです。鮭をしてウオ(魚)と呼んでいたのは魚といえば鮭のことを言ったからでしょうねぇ。どんだけポピュラーだったかそれだけでもわかるというもんです。鮭の呼称をみると、名前が”サケ”とか”シャケ”だけではない地域と縄文文化圏がものすごく被っていて面白い。

IMG_7890.jpg

駐車場に車をとめて、入り口に近づくとテントの下のプールには
ニジマスが泳いでいて、餌やり体験という表示
餌、どこにあるんやろか(やるき満々、笑)と、階段を登ると、
餌のガチャが、、

IMG_7891_20170730143202b89.jpg

いや、、、
鯉の餌と書いている。入り口からは全く見えないが、近くに鯉の池があるみたい。ニジマスの餌は会館の受付に置いてるらしい。ほなまぁ、入ってみようと中にはいりました。ま、中にはいればまず入館して展示を拝見しますわな、そうすると出るときにはニジマスのことは綺麗サッパリ忘れてました(笑)。餌やりでドーネーション集めするのだったらもうちょっと考えた方が良いのでは?と思わんでもない。もしかしたら、ただのサービスでドーネーションにもなんにもならんのかもしれんけどね(笑)。話はずれるけど、ガチャシステムすごいことになってますねぇ、鯉の餌もそうですが、最近よく神社仏閣などでおみくじだけでなく、お守りやお札のガチャを見かけます。先だっての猫又権現とか近所の氏子さんのご自宅で授与というのも申し訳ない気持ちになりましたし、無人でお金を放置してお札もっていくシステムも、ちゃんとお金納めましたよーと叫びたいぐらいイヤーな気分になりますし、となるとカナリ奇怪ではありますがガチャシステムというのはそういう方面的に精神的負担がなくていいですね。
入館してすぐに”三面川サケの物語”というショートドキュメントフィルム。これがとても面白かった。見終わると、展示へ向かいます。

IMG_7907_20170730143205c31.jpg

ミニふ化場コーナー、めちゃおもろかった〜
三面川の鮭事業のパネルと、三面川水系に生息する淡水魚、両生類など。
10月頃から1月頃にかけて、サケのふ化の様子も見せてもらえるらしい。これはまた冬に来なくては〜。

IMG_7949_20170730143205a9c.jpg

カムチャッカ産鮭鱒の種類のポスター
キングサーモンのことを”ますのすけ”名前でみるのってめちゃくちゃ久しぶり。最近は魚屋とかスーパーでもキングサーモンやもんねぇ、味気ないわぁ。これからマスノスケってちゃんと呼ぶようにしようと思った。

IMG_7947.jpg

ちょっと暗いのがナニだけど、好いポスターがたくさんあって萌える。

IMG_7952.jpg

缶詰のラベルの展示も良いです。
シャケ食べたい、、

IMG_7950.jpg

鮭革製品もすばらしいですわ。
写真のショーケースの奥にちょびっとだけ見えている赤いジャケットは鮭48尾の皮を使用しているらしい。ほえー。ええんやけど、色がなぁ、、(着る気満々)。
名刺入れとか欲しい〜〜〜。残念ながらショップでは売ってなかった、、。

IMG_7944_20170730153053f45.jpg

村上の鮭料理の展示もとても面白い
和歌山のクジラやネイティブアメリカンのバイソンとかもそうですが、全く捨てるところゼロで感謝の心を感じます。生活密着型の神様ですよねぇ。
ライブ鮭の仲間展示、
生態観察コーナーには

IMG_7911.jpg

イトウ!!!
わーーー、幻の魚イトウがうじゃうじゃ
イトウといえば、釣りキチ三平を思い出す、、
三平よりもはるかにでかい2メートルのイトウがでてくるのがショッキングだった。ここで泳いでいるのはアベレージ鮭サイズのイトウたちでした。愛嬌ある顔。

IMG_7980.jpg

ていうか、館内に釣りキチ三平のポスターもあって、
「やっぱり!!」と呟く私(なにがどうヤッパリやねん、笑)
子供の頃のワクワクがぐおおおおっと身のうちで膨れ上がってくるねぇ。
生態観察コーナーからさらに進んでいきます
イヨボヤ、続きます!
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

めーてるーーーーぅぅ

2017.07.08 09:00|museums
にーつです。

IMG_8433_20170626184412917.jpg

松本零士の世界展
宇宙戦艦ヤマトも999も一作目初回オンエアからリアルタイムでみています。ヤマトはオンエア開始前からクラスで話題になってましたからねぇ、、懐かしいです。フルカラーポスター原画や色々なグッズ、直筆原画もたっぷりで、初めて999やヤマトのほんまもんの生原稿を読みました。額装されてますが、マンガはマンガ、なんか感動的。

 どーでもいい話なんですが、この日の明け方に変な夢で目が覚めまして。どんなんかというと、巨大アリーナ満員のコンサート客総立ちで拳を振り上げて全員マサイ族みたいに縦にビョンビョン飛びながらノリノリで、
♪ジョッ!ジョッ!ジョッ!ジョーシン!!
ジョッ!ジョッ!ジョッ!ジョーシン!!♪
(関西では有名な大手家電メーカーのCMソング)

なんでやねん、なんでこんな夢みんとあかんねん?(-公-;)
サッパリわからんかったが、なんか私もノリノリでビョンビョン飛んで一緒に歌ってました。
その所為でこの日は一日中気がつくとジョーシンの歌を口ずさんでいました、やだやだ。
話をもどしましょう

20170626181014d5a.jpg

宇宙戦艦ヤマト、999とメーテルとテツロー、アルカディア号とハーロック&エメラルダス、スターシャ、キャラ集合の5種類の写真撮影スペースもあって(続きを読むに貼ってます)、999の車掌さんコスチュームやメーテルのコスチュームを無料で借りられました。もちろん、迷わず車掌コスでいっときました。
999に特化しているのはニーツが鉄道の町だからだそうで、ここから近くに鉄道博物館もあるんですが、コラボイベントでそちらに999も出現するそうです。

IMG_8434_20170626184414957.jpg

同敷地内のフラワーランドのパン屋でメーテルパン発見
ここのパンは美味いです。
メーテルと焼きそばとチーズ、ラスクも購入。

20170626181154547.jpg

入場券にポストカードもついていました。
でも、ポストカードいっぱい買いました(あははは)。
で、
帰ってからゆっくりするつもりが急遽用事ができてバンダイへ
用事は無事に済んだので、すこし歩いてガタ駅へ向かいまして、

20170626181251e6c.jpg

方舟で飯食いました。

20170626181219287.jpg 20170626181231990.jpg

味噌汁にダシガラっぽい煮干しが丸ごとはいってて、頭もどっさり入っていた。
これは新潟的味噌汁なんか???だいたい煮干しでダシをとる文化が私にはないうえに、ちょっと魚くさすぎて苦手ではあるが、とても面白いとは思った。酒には合わんこともないが、、なんせ今、歯がナニなので硬いものがちょっと、、(ぎゃはは)。のっぺと初夏野菜の天ぷらは美味しかった。

20170626181240ede.jpg 2017062618120800e.jpg

新潟の地酒も充実。酒の専門家(酒ソムリエ?)も常駐だそうで、料理にあった酒アドバイスもしてくれます。イベントで酒講習会なんかもあるらしい。
新潟駅ビルというと、つい天地豊作かポン酒魚沼釜蔵に行きたくなりますが、ここもええね。周りにもいい店がたくさんあります。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ