おもろい花見

2017.06.11 09:00|museums
県立植物園

IMG_3732_201706012020205d9.jpg

実は結構よく来る場所です。多分ガタ市内で一番コガモとの距離が近いところと思う(私比)。
冬に来ると極楽ですが、カメラが曇って写せるまで時間がかかります(笑)

IMG_3733.jpg

バナナの花が見頃
東南アジア原産の草本植物
食用になったバナナの元になった種類。花序(花の集まり)が下向きについていて、夜になると苞と呼ばれる葉がめくり上がって中から花が顔をだすと、、

IMG_3735.jpg

この赤くてめくれてるんが苞
これが全部ベローンとめくれて中から小さいバナナのミニチュアみたいなのと先っちょに小さい花がついたのがズラーーっと並んでる。
この花の部分ってよくアジア系の八百屋とかで売ってるわな。たけのこの先っぽみたいというか、アーティチョークみたいていうか、食べ方もにたようなもんです。

IMG_3737.jpg

幹生花ってやっぱり変
大きいのはバレーボールサイズぐらいまで肥大してしまっていますが。幹から直接出てくるんが笑える。
設置された説明を読んでみると、やっぱりマラカスやんこれ(ぎゃはは)。中央アメリカ原産常緑高木。幹に直接花が咲いて直径30〜50センチに育つ丸い実がなる。で、ヒョウタンと同じように容器として使われるんで、ヒョウタンノキ/フクベノキという名前がついたらしい。ニカラグアではこのタネを挽いてリフレスコというパンを作るし、この木の仲間のクレスティア・アラタはマラカスになる。

IMG_3742_201706012020182df.jpg

ちょうど花もいっぱい咲いていた。見た目は美しいカボチャとか瓜の花っぽい。ただ、、幹から直接咲いてるけどねぇ。いやほんま、初めてカカオが木に直接実ってるのを見たときはかなり爆笑しましたが、幹生花ってなんかもう、なんで?って感じですねぇ。おもろすぎ。

IMG_3750_20170601202052fda.jpg

ツンベルギア・マイソレンシス
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
これもじーっとみるにつけて面白い形。このまま笑い出しそうな口っぽい。

IMG_3745.jpg

オクナ・セルラタ
南ア原産常緑低木
春に咲き、花は黄色で花が終わって結実すると、ふくらんだ花床は赤く、石果は黒くなりそのまま夏頃までみのり続ける。ミッキーネズミに似てる(?)ことからミッ●ーマウスノキと呼ばれるらしい。これのどこがネズミなのか???羽根つきの羽を目がおかしい時に見ているような感じ。

IMG_3752.jpg

幻の花 セイシカ
日本では石垣島と西表島にだけ自生するツツジ。山奥の渓流沿いに生育し、あまり見ることができないので幻の花と呼ばれているらしい。

IMG_3770_201706012020493de.jpg

ヒスイカズラ
エキゾチックな藤って感じですねぇ。とても美しい色です。
この花、オオコオモリだけに蜜を吸わせて受粉するという、なんでそんな進化を?というようなことで記憶に残り倒している花なので、ヒスイカズラというとオオコオモリがのっかってぺろぺろとなめている姿が脳内再生します。これまたぴったりサイズでねぇ、、。

IMG_3774_20170601202055f75.jpg

1916−17年のカタログ定価表なんかも展示されていました。
つい見てしまう、、カタログとかメニューとか妙に好きです(笑)。
おもろい花見でした♪

IMG_3827.jpg

薬草ガイドブック
受付にはちょっとしたグッズも置いてありまして、こちら県立植物園のオリジナルクリアファイルや小間物、それににほん植物園協会が発行している植物フィールドガイドが数種類ありました。ということで薬草ガイドブックをゲット。

IMG_3829.jpg

身近で代表的な薬用植物120種、写真たっぷり。薬草に関するコラムもあって読み応え抜群なうえに、そこらへんで生えている草が薬になったり有毒だったりなど、オオオオオと感動。
かなり面白かったですし、有事に役立ちそうなので非常持ち出し袋に収納しました。
ちゅうことで土砂降りの日の過ごし方でした。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

浮世絵と担々麺

2017.05.27 09:00|museums
シリーズキヨト途中ですが差し込み

IMG_4877.jpg

原安三郎コレクション 広重ビビット
終了してしまいました、、寂しい。
後期のほうが好みのんが多かったこともあってしつこく通いました(あはは)。

IMG_4871.jpg

コレクション展、常設ではないんですがこちらの館所蔵作品なので撮影可(フラッシュはダメ)
ピカソの踊り子とフクロウ、それに私(あはははは)。
この作品、色調は夜でダークなんですが、ものすごく楽しくなってきます。サバトにもみえてくるけど(笑)。このフクロウがまた味があるわな。
ガタ出身作家作品も展示されていて存外楽しめた。
6月から北大路魯山人の特別展です、めちゃ楽しみ。
で、新美の広重と並行して、

IMG_4856_20170523165847fe9.jpg

ガタ県庁近くにある知足美術館でも保永堂版の広重東海道五拾三次展が開かれていましたんで、こちらも拝見。ビビッとのほうがいかにビビっとなのか分かります。でも、退色したり古色がついた版画も味があって悪くないと思います。

IMG_4836.jpg

ここもこじんまりとしていていい美術館です。

IMG_4847.jpg

入り口にヒスイ原石スライス
輪切りのヒスイ〜〜♪(矢切の渡しのメロディーで)

IMG_4851_201705231658503c4.jpg

展覧会場は撮影禁止、これは受付&グッズ販売
ボストン美術館所蔵版木の墨摺絵の展示もあり、勉強になりました。
さて、
リトルガルさんとガタランチシリーズ(シリーズ化した、笑)
今回は用事もないのにわざわざ私とランチするために出て来ていただきました(あはは)。
もちろん主たるターゲットは前回行ったケーキ屋さんの別のケーキ。私はバナナクリームパイを食べる予定。
が、しかし、時間は11時、、ケーキを食う前にちょっと胃のストレッチをば、、
と、くるくる寿司へ!
実は最近マツ子さんというタレントを知りまして、非常に人柄好ましく特に彼女がホストをしているマツ子の世界という番組が大変好きです。よく見逃しはしますが(あはは)、特に食べ物の時はがんばって忘れないように見ています。で、先日担々麺がピックアップされていて、全部は見られなかったんですが、ちょうどく●寿司の担々麺にカルビ寿司を入れて食べているのを見ました。
これはいけませんよ、食べないとおさまらない(あははは)

20170519172802019.jpg

担々麺 
ゴマがたっぷりはいっていてあまり辛くない♪
牛カルビ寿司もちゃんと同時に注文しました。
回ってくるお皿はカプセルに入っていて、説明を受けたんですが実際にどうしても取れず(ぎゃははは)取ろうとするとお寿司がカプセルの中でひっくり返るように思います。回っているお皿を見ていると、やはり目がチラチラして車酔いのような口のなか酸っぱい気分になります。ともかく、よせばいいのに動くものをみるとつい目で追ってしまう(アホです)。そして、回っているお皿を覚えてしまう(アホや、、)、そして、減ったり増えたりするのをカウントしてしまうという、我ながらどうしようもない(滝汗)。ベルトコンベアは2段になっていて、上段は下段の2倍速ぐらいで注文品が自動で各テーブルに届けられる。これが大変面白い。2つ隣の席の人が、エビの天ぷら巻き寿司を3回、エビの天ぷら握り寿司を2回とただのエビ天も含めエビの天ぷら関係ばっかり頼んでいるのとか、おもろい。

201705191728133da.jpg

牛カルビのお寿司を担々麺ののこり汁に投入して食べる。
これまた美味しい。美味しいが、レンゲがないので小さいデザートスプーンで食うことになり、ちまちまとメンドくさい。
エビ天寿司がなんども目の前を高速通過するので、ついエビ天寿司、ゲソ天寿司を頼んだ(笑)。揚げたてのサクサクでとても美味しかった♪最近ナマモノを避けていることもあって、とても嬉しかったです。最近のお寿司ってこんなんもあるんやねぇ。でもまぁ、私のような古い人間には寿司屋というよりもゲーセンに近いと感じます。変な機械音もとびかってたし(あははは)。
で、くるくるした後は少しだけ鳥屋野潟を歩いて、ケーキ屋へ

2017051917283234c.jpg

カフェ青山
バナナクリームパイを食べようと決めていたにもかかわらず、今だけ限定という文字に目が眩む。

20170519172843ac5.jpg 20170519172854514.jpg

私のチョイスはマンゴータルト
リトルガルさんチョイスはメロンタルト
どちらもなかにカスタードがはいっているのですが、違うカスタードなんですわ。
これがまた美味いっ。もちろん美味しいサイフォンコーヒーも付いてます。コーヒー付きの間にバナナクリームパイと、チョコレートケーキと、モンブランをもう一回食べたいです(あはは)。
たのしかった♪
リトルガルさん、次回は悩まないですぐに決めますので懲りずにつきあってくださいね〜〜(あはははは)。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

重なりあった芸術

2017.05.20 09:00|museums
シリーズキヨト途中ですが、差し込み
ニーツに来ております。

IMG_3692_20170514183742465.jpg

どえらい土砂降りだった日藤城清治影絵展
藤城清治というと

「ケロヨ~ン!」「バハハ~イ!」

と、ケロヨンの作者で有名ですし、カルピスのキャラだとか、銀河鉄道の夜とか風の又三郎とか、私が読んだ賢治の絵本は全部挿絵がフジシロ版。ということで作品には大変ファミリアーではありますが、原画を鑑賞するのは初めてです。

IMG_0774.jpg

新津美術館、展示室内はカメラ禁止でこのエントランスにつながるホールは撮ったって良いというのが通常なんですが、今回は全館すべて撮影禁止。かなりの物々しさです。ちなみにこの写真は土門拳の時のん。

IMG_3820_2017051418374427e.jpg

会場内で上映されていた制作風景のDVDで、作業台の上でやりたい放題の猫たちが可愛すぎる。藤城清治作品にはものすごく生き生きした猫たちがたくさんでてくるんですが、これはこの猫たちやな!と感じました。
それに実際の原画をみると、切り口や重ね具合、糊や風合いがプリントとは大違い。なんか、なんていうか、生きてるんですわ。この”切り絵”という分野の美しさに目からウロコがぼったぼた。スイートなばっかりのメルヒェンかと思いきや、妙に凄みもあって非常に味わい深い。

IMG_3826.jpg

小鳥に説教する聖フランシスコ
ケロヨンやカムパネルラ、オツベルやゴーシュなど超有名作品もたくさん出品されていましたが、彼の作品内に出てくる鳥や獣、猫の表情は絶品。

IMG_3823_201705141837481be.jpg IMG_3824.jpg

佐渡のシリーズや、萬代橋がものすごく嬉しい。
今回の展覧会用に3月21日に弥彦神社に来訪、実際にスケッチされて制作された作品も展示されていました。残念ながらニューすぎて絵葉書がなかった、、。他にも三陸町や気仙沼、博多や長崎や札幌などの作品もありリアルな世界がファンタジーになる不思議な感覚が味わえる。
これはもしまだ藤城清治の生作品を見たことがない人は必見やと思います。切り絵というと大道芸とか寄席の前座とか、そんなんしか見たことがなかったのですが、切り絵はきっぱりと芸術作品ですわ。切って貼って重ねるというのがこんな芸術になるんですねぇ。いやはや、感動。
さて、心がいっぱいになったところで
お腹もいっぱいにしましょう。次の晴れた日、どうしても外食で”ちょっといい”カレーが食いたくなったので、インターネットで検索して探したところ、ガタ駅の近所にええ感じのカレー屋発見

20170512161648bea.jpg

カレー屋
潰れてました(チーン)。ていうか、ほんとーにインターネットで探してもどもならんガタ生活情報。たまにネットでひっかかってもこの体たらく。あかんやん。呆然と立ち尽くしたものの、この近所にあるココイチにしようかとおもったが、今日食べたいのは”ちょっといい”というコンセプト。ちょっとだけ、ええモンというか椅子も雰囲気もええ店がいい。食後のコーヒーとかも飲みたい。またインターネットで探す(懲りてはいるが、他に探す方法が私にはない)。が、カレーはネットではでてこなかったので、グーグルマップを呼び出して、単純に
”レストラン”
と、入れて検索してみた。するとフツーのカフェが近所にあったので

201705121616226ec.jpg

歩く
ほんの3ブロックほど
歩道橋があったので登って見渡す。
これぐらいの高さは全く問題なし。下が川とか水ならさらに怖くないです。
ただし、ヒビがはいっていたり、軋んだり錆びてたり穴があいているとかなり脂汗がでます。

2017051216143680a.jpg

Alleys アリーズ
ネットでみるかぎり、所謂普通のカフェのような感じで安心感を感じる。
そういえば、知り合いにJさんというかなり偉い爺さんがいて、その人に何か食べにいこう誘われると、最初はイタリアンやアメリカンなどが候補にあがるものの、実際に行くのは必ず中華料理になるという、、。それでよく笑っていたんですが、よく考えると私もエンドアップがフレンチフライが付いている料理(サンドイッチか魚のフライかケンタッキーカーネル)になるという、、人のことは笑えない。

20170512161533850.jpg

店内、テーブル席とソファ席があって
ソファに案内された。座りこごちはいい。が、テーブルがコーヒーテーブルなので低い、地べたに座って食べるちゃぶ台の高さに近い。これは、コーヒーとか酒飲むにはいいですが、食事にはちょっとナニ。カトラリーの使わんようなものを頼むことにする。

20170512161521cb5.jpg

アリーズバーガーにしました。
ベーコンチーズバーガーにフレンチフライとオニオンリング
ぺらっとキューカンバーピクルス(一本つけてほしい)
普通に満足しましたが、個人的好みでいうとこの自家製黒糖パンというのが甘すぎ、柔らかすぎ。肉汁でぐずぐずになるし、甘すぎてケチャップとマスタードに今ひとつ合わん。これ、もそっと固めのカイザーとかのパンやったらめっちゃうまいんとちゃうかな、と思う。もしくは南米系フランスパン(この前のセルヴィツーのパンが理想)。
ともかく、コーヒーはそこそこうまかったし、まずまず満足しました。
食ったので、少し歩く
すぐ近所がブラブラバンダイなので紀伊国屋へ寄る。
エスカレーターでぷいーんとのぼっていくと、大きなトラフズクが、、

20170512161419099.jpg

実物大ト卜口
どんぐり共和国とかいう新しいお店ができてたので、もしかしたらカリオストロ公爵家の家紋グッズとかあったら欲しいなぁ、、と寄ってみたが、なかった。知っているキャラクターもあるが、知らんのも多いということを確認した。また機会があれば知らない作品もみてみたいとおもう。隣の卜卜口さんというと、昭和。1988年ですねぇ、あんまりアニメとか見ないようになってた年頃やったような気がするねぇ、卜卜口よりもビートルジュース、ビッグ(トムハンクス)、レインマンのほうが記憶に残ってます。あ、ランボー2とかミスティックピザもこの年やったんでは。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

浮世絵とカップ

2017.04.11 09:00|museums
シリーズは・まなこ途中ですが、ガタ差し込み。

IMG_0640_20170410161500571.jpg

実は先日初めて知ったんですが、いつも歩いている鳥屋野潟にガタの標本木がありました。今年はなんだかんだと予想日が迷走したものの9日に開花宣言、とはいえかなり場所によって差がありますが、現在鳥屋野潟女池や白山神社ガタ本部なんかではかなりええ感じになってきました。ちなみに私の自宅の隣にある桜の木ぃは開花宣言数日前には満開になっていました(笑)。
新潟市立美術館にきております。

20170405161516498.jpg

原安三郎コレクション 広重ビビット
前期3・18〜4・16・2017
後期4・18〜5・21・2017
原安三郎のコレクションの全国ツアーがガタにやってきました。特に後期に見たい画が多いのですが、総入れ替えなので全く違う展覧会と言うてもいいでしょう、ちゅうこったで前期も見逃せない。

201704051615299be.jpg

広重ビビットと広重が全面にアピールされていますのは枚数やとは思います。
前期、亀戸梅屋舗、美作山伏谷、大はしあたけの夕立、深川亀、上野不忍池(松は後期)、
なんとっても北斎の富嶽三十六景から浪裏と黒富士、国芳の近江国の勇婦於兼は必見。
広重の和泉高師のはま、紀州和歌浦(故郷の浜辺)、深川大鷲なんかは後期
北斎の赤富士と駿州江尻なども後期、
前期もまだすこし日にちがあるのであと2回ぐらい行けそうか。
ほんとにキャッチに恥じないすばらしい保存状態です。かなり嬉しい。

20170405161556877.jpg

ミュージアムショップで図録購入
現在の様子の写真と並べてあって面白い構成。ま、ここらへんはやり尽くされている感がある系統なのでこうしたプラスアルファな見せ方が集客に繋がるんやろねぇ。先だって長野県信濃美術館で観た平木コレクションの特別展もかなり楽しかったですし、昭和の頃に比べて浮世絵もやっとこさ地位が高くなってきた感があります。
浮世絵グッズもぎょーさん並んでいましたが、その中に羽衣あられが!!!
しかもベイシアで売ってる透明パッケージのやつ。もしかしたら和歌山でも今では透明パッケージになっているんだろうか???なんか羽衣アラレが透明の袋というのがものすごい違和感。やめてほしい(理由はないが、なんとなく嫌やねん)。なんとなく自慢げに広重関係図書と図版を全部並べて撮ってみようかと思ったが、あまりに多いのでめんどくさくなってやめた(ぎゃはは)しかもあちこちに散らかってるし、どないせぇと、、。
ま、おいおいゆっくり勉強し直します。
さて
話は変わりますが、お腹にビビッと
カップ食事関係が多すぎていつまでたっても食べきれません。いったい毎月どれぐらいの新製品が発売され、どれぐらいのご当地限定カップが存在するんだろうか、毎日3食毎食2ヶ食ってもコンプできる気にならん。コンプする前に成人病になりそうではある(笑)。食べた中で記憶に残ったものを〜

20170405161644e11.jpg

カップヌードル味ぶっこみ飯
というのを発見。レジ横に並んでいた、新製品らしい。
とうとう私も新製品を食える身分になったかとつくづく感動する。
しかし、カップヌードルで麺が入ってない、バンジージャンプでバンジーがないみたい(それは飛び降り自殺か)。ともかく、食ってみました、5分もかかりましてちょっとうざい(あはははは)でも、フツーにうまかったです。ただ、カップヌードルよりも具が少ない。実は私はカップヌードルのエビが大好き(ぶっ)。そしてカップヌードルだと汁を残しがちだが、飯だと汁まで完食に至ります。喉乾きます(あはは)。

2016100412554939a.jpg

カレーメシ
飯系のカップ食の中でこちらは絶品ですねぇ。うまいです。
ただ、カレーは飯とカレー汁が混ざってほしくない人にはあかんやろねぇ。私は食べる前に混ぜまくり、飯にカレーが浸みて欲しいのでカップカレーに違和感は全くない。最近チンとちゃうのも出てますんですが、私的にはどっちゃでもええんですが、強いて言うなら冬場はチンのんで夏場はお湯を注ぐタイプがいいです。単純に気温の問題(あはは)。
麺でいうと、

20161127151611455.jpg

メキシカンタコスラーメン
最近みつけた中で一番好きだったのがこのメキシカンタコスラーメン。あまりにも売れんかったのか、最後は40円になりまして、しこたま買い占めました(ぎゃはは)とうとう賞味期限も切れはじめ、ストックも底をつきました(チーン)。麺はいらんからスープだけでも復刻してほしい。

20170111145037a6a.jpg

カップヌードル ボロネーゼ
ペペロンチーノ、和風たらことボロネーゼの3種類が出てまして、ペペロンチーノは嫌いなのでタラコとボロネーゼを食ってみました。なんていうか、麺にコシがなく昔好きだったママーの茹でスパゲティのような懐かしい食感。見た目少ないですが、存外食べでがありまして、味も妙にアディクティブです。ジャンク好きのジャンクな一品。私的にはケチャッパーなナポリタンを出して欲しかっ(まさにママーなやつ)。今、ネットでみてみたらまだあるんですねぇ、ママーの茹でシリーズ。むかーーし昔、よく通った喫茶店でいつも食ってしまったのを思い出します。
ともかくカップヌードルスカゲキーシリーズ、タラコは記憶に残らないぐらいフツー。でもたまーにバーゲンになって激安になっているのを見るとどちらもつい買ってしまいます。やめられん。

20161017135306ab8.jpg

どんべえ白担々と金担々
最近どん兵衛もいろいろと出てますが、、やっぱり普通のケツネと天そばが一番ですねぇ。担々麺は私はあきませんでしたわ、なんか中途半端にパンチがない。でも、豚骨スープにうどんというのは結構好きです。
いろいろとつい新製品が出たら浮気がちですが、
私のベストカップ食ベストテンは
1、チキンラーメンどんぶり(でもチキンラーメンは袋のほうがよく食う)
2、カップヌードル
3、サポイチ塩
4、赤いきつね・関西版
5、焼きそばUFO
6、どん兵衛天そば
7、マルちゃん食べるスープホットワンタン
8、シーフードヌードル
9、出前一丁どんぶり
10、明星チャルメラちゃんぽん
こんな感じかなぁ、、なんか忘れてるような気もするが(笑)。
チキンラーメン、サポイチ、出前一丁、チャルメラは袋で食うことのほうが多いです。袋なら正麺の冷やし中華も好きやねぇ。番外編としては最近永谷園の遠藤監修煮込みラーメン寄せ鍋にはまってます。具がなくてもうまいです(おいっ)。
そんな感じで、かなり危険です。
応援クリツクころもし嬉しです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

レゴで見る世界遺産

2017.03.29 09:00|museums
鳥屋野潟、ガタ県立自然科学館です。

IMG_8930.jpg

PIECE OF PEACE『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展 PART-3
テリトリー内ですし、チャリティーイベントなので微々たるもんですが協力すんべぇ、と子供の少なそうな日を選んで覗いてきました。
レゴブロックでこしらえた世界遺産です。
残念ながら作品が思ったよりもずいぶん小さくて、ちょいガッカリしましたが、チャリティーなので不平ではない。

IMG_8940.jpg

もちろん和歌山の”紀伊山地の霊場と参詣道”
金剛峯寺の壇上伽藍根本大塔のレゴ
たしか壇上伽藍の建築物では不動堂が国宝だったかと記憶しているが、やはり根本大塔のほうが一般的に人気があるみたいやねぇ。金剛峯寺の宝物もものすんごいです、もちろん国宝がわさわさありますし国宝クラスもうじゃうじゃです。

IMG_8927_20170323101339cfa.jpg

ま、色々最近ややこしい国のんも展示されています。

IMG_8942_20170323101336618.jpg

ニーGタをレゴで作っている。
大きなスペースを割いて、白いレゴブロックがどっさりと置かれていて、無料で好きに遊べるようになっている。これが問題で、子供よりも連れて来ている大人のほうがハマってしまい、子供たちが野放し。かなりアンコンフォタブルだったので、サッサと退出。
売店にはレゴ商品の特設売り場も登場していました。
で、折角なので野外エリアで鳥もみときます。
現在ハシボソガラス夫婦が巣建築竣工間近です。

IMG_8951.jpg

キジのオスがボーっとしていました。
ぼーっとしていたら、園児集団がやってきて

IMG_8952.jpg

走って逃げていきました。
啼きも飛びもせずにダッシュだけで逃げたところが、園児慣れしているように感じられる。科学館、園児団体がたいへん多いです。

IMG_8243.jpg

ツグミ(ダスキー)ももじゃもじゃの中逃げました。
ハクセキレイも居ましたが、隣りの図書館の駐車場に飛んで行きました。

IMG_8532_20170323101242c40.jpg

アオジはあんまり気にせずマイペース
ぶつぶつさえずりながらチクチク飯くってます。

IMG_6367.jpg

シメもけっこう図太いです。
スズメもたくさん居ましたが、微妙に団体で数メートル逃げたりもどったりしてせからしです。

IMG_8497.jpg

カワラヒワもどっさり居ました。
あとはウグイスとミソサザイ、出て来るのを待つほどの忍耐力がないのでちらっとみてオッケー(笑)。
鯉の池のあたりがホットスポットでした(ぎゃははは)。
狭いから、都会だから、人がたくさん居るから鳥は居ないだろう、という人が居ますが、そんな事はありません。カヨワイ女性の独りバーディングならこういうアーバンな環境のほうが本人も家族の方も安心だと思います。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング


続きを読む、かなり気に入ってます。
よかったら見てってください〜。

続きを読む >>

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ